これ、知らんでおったら非加熱はちみつとギーと買って一緒に混ぜちゃうところだったよ。危ない危ない…, ちなみに先の方でも書いたけど、はちみつの加熱は栄養素がぶっ壊れて健康には何の効果もなくなるってだけで、ほんとに毒になって身体を悪くするとかそうゆうわけではないと思う…もしそうなら普通に売られてるはちみつでみんな身体を壊してしまってるのでは? というかお店にはそれしか売ってないので。 「らしい」とか「だ、そうな」ばっかで申し訳ない。, とにかくこの非加熱はちみつ、身体に良さそうとかよりもめんどくさそうの方が私の中では勝っておりまして、今はちょっと手を出す気にならないなあ。, とりあえず今回はいつものはちみつを買ってきました。 疲労回復、肝臓、心臓、血液、咳止め、下痢、便秘、虫下し・・・などには服用として。 加熱することにより、はちみつが本来持つ栄養素は失われ、はちみつ独特の香りも失ってしまう。, 但し、味自体は変わらないので栄養がどうとか気にせず砂糖の代わりと思って使う分には全然問題ないと私は解釈しました。, そもそも私も何でいつもはちみつを使ってるかというと、砂糖よりはカロリー少ないだろうっていうだけの理由であって健康に良い悪いはあんまり気にしてませんでした。, 今回私が購入した「夜のヨガ」に限らず、この非加熱はちみつってのはヨガやアーユルヴェーダ関連ではかなり高い確率で出てくるらしい。, アーユルヴェーダってなんだよって話ですが、インド大陸の伝統的な医学です(世界三大伝統医学のひとつだそうな) このアーユルヴェーダでは、はちみつは食べ物というよりも薬としての位置づけになっているようです。 但し、普通の過熱されたはちみつではダメなのです。 加熱されたはちみつ= 毒素(アーマ) が出て、体に溜まって良くないから。 初心者さんにも分かりやすい♪「アーユルヴェーダ」でバランスのとれた健康な体に | キナリノ, このアーユルヴェーダでは、はちみつは食べ物というよりも薬としての位置づけになっているようです。 蜜の水分はミツバチの体温と羽ばたきのみで飛ばされています。じっくりじっくりと。, 対して通常売られているはちみつは、こうした手間を省くために機械的に加熱して水分を飛ばしているそうです。, が、加熱する理由は手間省きのためだけではありません。 別にアーユルヴェーダとか気にしてなければ、ギーとの組み合わせも気にしなくてもいいことなのでは?, と、思ったけど、やはりガスが溜まるだとか消化不良を起こして病気の素になるなんてな記述を見ると…, 一度知ってしまったからにはねぇ。気になるじゃん。死ぬとか言われると怖いじゃない。 アーユルヴェーダ自然のお薬9:12枚で元気に長生き! あんまり菌が菌がって言うと他所の営業妨害になるかもしれないしね。, あとは、殺菌されていないということで「非加熱」のはちみつを食べて体調を悪くしても制作・販売側は責任を取れないよという意味もあるのかなと。 また、はちみつに含まれているビタミンも加熱によって成分が変化してしまいますし、はちみつの風味や香りも少なくなります。 インドの伝統医学であるアーユルヴェーダによると、はちみつは加熱するとアーマという毒素に変化すると言われています。 全く加熱しないとなると菌がそのまま残ってしまうので、「非加熱」と呼ばれているはちみつが良いかどうかというのははっきりとは言えない」, 良いかどうかはっきり言えないというのは、おそらく「非加熱」と謳ってはちみつを販売しているお店もあるからだと思う。 非加熱のままなら造血や血管強化の作用があるのに、わざわざ加熱して健康リスクを高めるAGEsを増やすのもナンセンスのように思います。, ハチミツを生のままなら、熱に弱いビタミンCや酵素が有効に働きますが加熱してしまうと失ってしまいます。ビタミンCや酵素は「ハチミツ成分とエビデンス」にあるように、わたしたちの健康にとってさまざまな役割を与えてくれます。, スプーン一杯の中に凝縮された成分を余すことなく受けとるには、やはり、加熱しないでいただく方が好ましいといえるでしょう。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 体と心を整えて、本来の美しさや元気を追求するインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では非加熱のはちみつをおすすめしています。, そこで、アーユルヴェーダではちみつのダイエットなどの効能と、シナモンやしょうがを加えたり、はちみつレモンにするなどのおすすめの食べ方や使い方について知りたいですよね。, それから、目薬にはどうかといったことや、ギーとの組み合わせについても気になるのではないでしょうか。, そこで今回は、アーユルヴェーダではちみつの効能と効果的な食べ方、目薬にはどうかといったことについて詳しくお伝えしていきます。, 体と心を整えて、本来の美しさや元気を守り、維持することを追求するインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」には、食べものやその食べ方についてたくさんの知恵が詰まっています。, そして、ギーをはじめ様々な食材について詳しい情報がまとまっていますが、その中の一つが「非加熱のはちみつ」です。, が特徴的で、アーユルヴェーダでは「はちみつ」にいかなる形でも、熱を加えることは良しとしません。, なので、購入する時点で「非加熱」のものでなければなりませんし、使う時にも、次のようなポイントがあります。, 人間の体の質を構成するエネルギーのひとつ、カパのエネルギーは水や地の要素でしたね。, それから、脂肪のつき方が気になるからダイエットしたいけど、甘いものが大好きだからなかなか…という方にも良いのではないでしょうか。, こうした特殊効果のあるはちみつなどにスパイスを加えたものをアーユルヴェーダでは「舐め剤」といって、増えすぎたエネルギーを鎮静するため治療院でも処方しています。, これも舐め剤の一種ですが、シナモンパウダーは咳を止める効果もありますし、はちみつと同じく「脂肪を削り取る効果」があることで注目されています。, ターメリックと混ぜる舐め剤は、風邪の予防や引き始めにも良いので、季節の変わり目で咳や鼻水が出るという人は特におすすめです。, 舐め剤をたくさん紹介しましたが、日本人にはおなじみ「はちみつレモン」も作りやすくておすすめです。, 作り方はとっても簡単で、無農薬のはちみつを用意し、スライスしたら、レモンの間にはちみつを交互に重ねて、保存瓶で保存するだけです。, そして、食べる時はそのままパクっと食べてもいいですし、少し岩塩を加えて、ぬるま湯で割って、朝に飲むとダイエット効果も抜群です。, さらに、生姜のすりおろしを加えると、体も温まりますし、その日1日の代謝をアップさせるので、これまたダイエットに良いですね。, 例えばこちらはネトラプラバといって、アムラなどの収斂作用のあるハーブと、はちみつが入っています。, そして、はちみつは眼球にこびりついた汚れを取り除く効果があるため配合されています。, この目薬をさすと、かなりしみて痛く、涙がボロボロでてきますが、長時間穏やかな爽快感が持続します。, でも、だからといって自分自身で非加熱のはちみつにアムラハーブパウダーなどをブレンドして点眼するのは非常に危険なので、絶対にやめてくださいね。, やる場合は、アーユルヴェーダの専門家に処方してもらえるものがベストですし、それでなくても商品として販売している前述のマハラジャロードの商品などを使うようにしてください。, 「熱に侵されている人が熱いはちみつを食べると死に至る。はちみつと等量のギー、はちみつと等量の雨水、はちみつとハスの種子、はちみつを食べた直後の熱湯も死に至らせる。」, 非加熱のはちみつを、アーユルヴェーダでは熱湯と共に摂ってはいけないということはお伝えしましたが、死に至らせるとは、よほどこの食べ方が毒素をためるということですね。, そんな中、インドでアーユルヴェーダが浸透している地方では、生まれたばかりの赤ちゃんに、, これは「毒を持って毒を制す」の考え方で、生まれたばかりの時点でわざと毒になるものを食べさせることが目的です。, 日本では、1歳未満の赤ちゃんがはちみつを摂って、はちみつに含まれるポツリヌス菌摂取による脂肪事例も出ています。, それでなくても、非加熱のはちみつは取り扱いに注意がたくさんあり、使い方を間違えると毒になるということが伝わったと思います。, ということを覚えて、等量でなくてもギーと一緒に摂ることは避けるようにすると良いでしょう。, 今回は、アーユルヴェーダではちみつの効能と効果的な食べ方、目薬にはどうかといったことについて詳しくお伝えしました。, などの効果があり、ダイエットにも最適なので、脂肪のつき具合が気になっているけど甘いものが好きという方におすすめなのでしたね。, はちみつは、日本でも乳幼児のポツリヌス菌アレルギーの注意など、取り扱いに注意が必要な食材ですが、安全な範囲内で、心地よい体づくりに役立ててくださいね!, インド生まれの伝承医学「アーユルヴェーダ」では人も自然環境と同じエネルギーが養われているとして、個人の体質を知ることが大切と説いています。中でも、アーユルヴェーダで「水」や「地」を象徴とするカパ体質の方は基本的に体が丈夫で寛容な心を持ち、味覚に優…, アーユルヴェーダでは「はちみつ」にいかなる形でも、熱を加えることは良しとしません。, アーユルヴェーダではちみつの食べ方・使い方はシナモンやしょうがとのセットがおすすめ!はちみつレモンも, ナモンパウダーは咳を止める効果もありますし、はちみつと同じく「脂肪を削り取る効果」がある, アーユルヴェーダでオススメのはちみつの食べ方③:非加熱のはちみつ+ターメリック+白湯, 風邪の予防や引き始めにも良いので、季節の変わり目で咳や鼻水が出るという人は特におすすめ, 自分自身で非加熱のはちみつにアムラハーブパウダーなどをブレンドして点眼するのは非常に危険. ギーってのはインド料理によく使われるバターオイルのことですが。, 「一緒に食べたら死ぬかも」とか言われるくらい最悪の組み合わせらしい。 (ギー、これ調べる前に注文しちゃったよ…), 今回のターメリックラテみたいに鍋で加熱したりあつ~いコーヒーや紅茶に入れる場合はきび砂糖にした方が良さそうね。, と、いうことで~ そのレシピの中に「非加熱はちみつorきび砂糖」の文字が。, 私、あんまり料理しない(できない)もんですから食材にも疎いです。 古くからその効能を知って使われてきたハチミツは、知れば知るほど驚きの恵みなのです。. さらにアーユルヴェーダでははちみつが次の4つに分類されています。 1 ナヴィン・マドウ(新鮮なハチミツ) 2 プラーナ・マドウ(古いハチミツ) アーユルヴェーダ自然のお薬3:加熱すると毒に?!はちみつ アーユルヴェーダ自然のお薬4:キュアリングのいらない伝統製法の玉締めごま油 アーユルヴェーダ自然のお薬5:国民的滋養強壮薬「チャヴァナプラーシュ Chyawanprash」 AROUND INDIAでお取り扱いしている大人気のローズウォーターがあるのですが、こちらの蜂蜜は同じ生産者「秋田農園」さんのものです!秋田の深山の栃の木から採集され、加熱は人肌程度のお湯に浸けているだけ。マロニエ蜂蜜は、比較的結晶化しづらいとのことで、お肌に塗るときにも使いやすいですね。 AROUND INDIAオンラインストアでも、お取扱いはじめました!. Parents and caregivers are therefore warned not to feed honey to the infants before the age of 1 year. そもそもはちみつが加熱されるものとも知らなかった私…無知過ぎる。, 非加熱はちみつとは、糖分濃度が80%以上あり、そこへミツバチの唾液に含まれる酵素類が加わり二糖類からブドウ糖と果糖の単糖に分けられたもの。 インド政府認定機関アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト|製薬・診断コース修了|ハタヨガTTC修了|カラリパヤットゥセラピスト|チベット医学入門課程修了 詳しくはこちら…, 【終了】5月20日 第4回 本との土曜日|特集「本のインド、インドの本」|東京・日本橋, アーユルヴェーダ自然のお薬9:12枚で元気に長生き!

側面 隅 肉溶接 5, デリカd5 新型 車内 引き込み 8, 学童保育 料金 民間 5, シンフォギア 甘 潜伏 8, サピックス 夏期講習 ブログ 7, 代官山 香水 作る 7, 包丁柄 交換 横浜 5, セントラル ヒー ティング ガス 4, 割合 人数 問題 13,

Write a comment