// ]]>, // , vw-dsgさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 一般的にクラッチ交換ではこのセットを交換することになります。, インプットシャフトのサビを落として薄くグリスを塗ります。クラッチディスクがスムーズに動くようになりました。, クラッチディスクのセンター出し工具をセット。これがないとトランスミッションがエンジンにうまく入りません。, あとは逆の手順でトランスミッションを取り付けます。 | // ]]>, クラッチを少しでも長持ちさせたいと考えるなら、ドライバーは交通状況に合わせて乗り方を工夫し、DSGに使わせる「半クラッチ」の量をできるだけ減らさなければなりません。, 発進には必ず半クラッチが使われます。ここでアクセルを大きく踏んで急発進してしまうと半クラッチが多用され、クラッチ板が大きく摩耗し摩擦によって熱まで持ってしまいます。, 一旦車が動き出して徐行をしている時にも滑らない程度の半クラッチが使われていますので、この時に大きな負荷になるような乗り方(疑似クリープのまま坂道を上るなど)をすると、やはりクラッチ板が大きく摩耗して熱を持ってしまいます。, なぜ徐行中に半クラッチが使われるのかというと、徐行中は急ブレーキが踏まれる可能性が高く、完全にクラッチをつないでしまうとブレーキの制動力でエンジンがストールしたり、エンジンと駆動輪の間にあるクラッチやミッションを傷めてしまうからです。, <対策>どうしても徐行しながら長い坂を上らなければならない時は、マニュアルモードにして1速ギアを使うようにしましょう。低めに設定されている1速ギアで上ればクラッチの負担をかなり軽減できるはずです。, 渋滞は「発進」と「徐行」を繰り返すためクラッチには過酷な状況ですが、その中でも「急な上り坂」でじりじりと動き続けるような渋滞はまさに最悪です。, 車がなかなか停止しないため、半クラッチで熱くなったクラッチ板を冷やすことができず温度が上昇し続けてしまい、最後はクラッチがオーバーヒートを起こし走行不能に陥ってしまいます。, <対策>急な上り坂で渋滞に巻き込まれたら、まず1速ギアにするのはもちろんですが、前車との車間距離が開くまで車を発進させないようにして、できるだけクラッチ板を冷やす時間を作りましょう。もし、冷やすことができない場合は上り坂をあきらめてUターンするか、車を路肩に止めてクラッチを冷やしましょう。, 乾式7速DSGがどんなに進化しても、エンジンの動力伝達に乾式の摩擦クラッチが使われている以上「半クラッチ」も半クラッチの使い過ぎによるトラブルも無くなることはありません。, しかし、乾式7速DSG車を「シフト操作とクラッチ操作が自動化されたマニュアル車である」と認識して乗ることができれば、深刻なトラブルに陥ることはまずありません。, ぜひ、この記事を乾式7速DSG車をできるだけ長く快適に走らせるための参考にしてください。, //

Mhw カスタム強化 回復 4, A Slice Of Toast 意味 5, Autocad 波線 線種 44, モコ 鍵 開かない 4, 福井放送 情熱 キーワード 11, ドラフト レポート 社会人 25, マイクラ 襲撃 地下 7,

Write a comment