コーンスネークもボールパイソンと同じくペットとして知名度も高いですね。 ... 販売・値段・餌・寿命など飼い方について。 ヘビ 2019.5.28 アオダイショウは毒ヘビのニホンマムシを食べる話と見分け方に …  です。, 原産地のアメリカ東南部では、森林や牧草地の他、納屋などで見つかることもあるようです。, ノーマルな色のコーンスネークの場合、6千円から7千円ほどで購入することができます。, ヘビに限らず、  Oops! - 個体によって様々な色や模様が美しいコーンスネーク。 ヘビの怖いイメージからかけ離れた、つぶらな瞳もチャームポイントです。 比較的体も丈夫で性質も穏やかと、ヘビの中でも飼いやすい品種と言えます。 適切な飼い方をすれば、10年以上も一緒にいられるご長寿ペットでもあります。 It appears that you have disabled your Javascript. 爬虫類 コーンスネークはかわいい顔つきと飼育のしやすさ、カラーバリエーションでペットとしてトップクラスの人気を誇っているヘビです。, 今回はそんなコーンスネークについてヘビ初心者にもわかりやすいように生態や寿命、性格、値段、レイアウトなど飼育方法について紹介していきます。, 野生種は森林や草原など草木が多い場所を好み、主には地表で行動していますが、木登りも上手です。半夜行性で朝や昼は石の隙間で休んでおり、夜が近づくと小動物や両生類などの餌を求めて動き始めます。細長い体をしており、想像以上に素早い動きをすることができます。毒性はないため餌は丸のみが基本になります。, 最大の特徴は体色で、数え切れないほどのカラーバリエーションと斑点模様の組み合わせがあります。このコレクション性の高さから世界中で人気を集めるヘビとなりました。, コーンスネークは飼育と繁殖が簡単なため、世界中でモルフ(カラーバリエーション)が生み出されています。ここでは人気種に厳選して紹介していきます。, オケッティはコーンスネークの原種でオレンジ色の体色をベースに赤色の斑点模様が黒色で囲まれています。, 黒色の色素が欠乏した種類で、黒い斑点模様や目の色が赤色になっています。目立つ色合いが美しく、初心者におすすめです。, アメリをアルビノ化した種類で、全身は白く目は赤色になっています。完全な白色は珍しく、アメリの斑点模様が薄い黄色で出ていることが多いです。, 一般的にアルビノ個体は弱いことが多いですが、コーンスネークのスノーは他種と変わらずに丈夫なので心配いりません。, 赤色がさらに濃く、深みを増した色合いになっている種類です。ベビーは模様がありますが、アダルトになると赤一色になります。, ねずみ色をベースに、薄い赤色の斑点模様が入っている種類です。コンクリートに溶け込むような色合いで、薄いピンク色が出てくる個体は人気があります。, コーンスネークはほとんど動かないため、体の大きさのわりには小さな容器で飼育することができます。レイアウトも非常にシンプルで大きなプラスチックケースと水容器があれば飼育できてしまいます。, 飼育にかかる費用は最初に3万円、月に1,000円ほどみておけばしっかりと器具を揃えることができますよ。, コーンスネークは上下に移動しないので、床面積が大切になります。大きさは最低でもとぐろを巻いた時の3倍、5倍以上あると余裕がでてきます。, 最大サイズの1.5mだととぐろを巻いた時に直径で25cmほどになるので、床面積は60cm(横幅)×30cm(奥行き)が必要になります。理想は体のサイズに合わせてケージを大きくしていくことで、最初は45cmのものを使ってあげましょう。, 上から接近されるのを嫌うので、前開きタイプのものを選んでください。おすすめのケージはケースバイケース60Mやグラステラリウム6030などの、横幅があって高さが低いケージです。, 最後に脱走がとても上手で、頭を使ってグイグイとこじ開けることがあるため、しっかりと戸締りを忘れないようにしてくださいね。, コーンスネークは夜行性のため、紫外線やバスキングライトを必要としておらず、ケージの温度調整はパネル式のヒーターでできるので、照明は必要ありません。観賞用にほしいときは温度が上がらないLED式のものを選んでくださいね。, 人気なのは広葉樹のチップやウッドチップ、ヤシガラマット、ハスクチップなどです。他にも新聞紙やトイレットペーパーで代用することができます。後者は管理が楽なので、複数のコーンスネークを飼育している人によく見られる床材です。, 餌を捕食する時に床材を誤飲することが多いため、食べても問題のない小さな床材を選んでくださいね。, コーンスネークは体に何かが接触している状況が最も落ち着くため、とぐろを巻いていたり、ガラス面の近くにいます。なので体がぴったりとおさまるシェルターを置いてあげることは大切です。, 水容器は水を飲むときや脱皮前の体に水分が欲しい時に水浴びにきます。水容器の中でもとぐろを巻くため、シェルターと同じように全身がぴったり収まるくらいの大きさのものを用意してください。, ひっくり返されるようでしたら、プラスチックタッパーの蓋の中心に円形の穴を開けて、出入りさせる方法が効果的です。, コーンスネークは体が丈夫で、餌の量が少なくケージもなかなか汚れないので、初心者にもおすすめです。, 飼育のデメリットとしてあまり動いてくれなかったり、神経質で長時間触るとストレスを感じさせてしまうので、触れ合ったりできないことです。, コーンスネークは人気の基本種であれば1万円〜2万円で販売されており、ベビーとアダルトともに同じくらいの値段です。ベビーは食が細かったり少し手間があるので、ヘビ飼育の初心者であればアダルトの購入をお勧めします。, 爬虫類は対面販売が義務付けられているため、大きなペットショップがあるホームセンターか爬虫類専門店を探してください。春から夏にかけて入荷量が増えてきますよ。, コーンスネークは臆病な性格をしているため、飼育環境の変化にはとても敏感で、落ち着かないことが多いです。, 特に初日はストレスを抱えているので、じろじろ見たりせず、3日ほど経過してから観察や餌やりを始めてください。, コーンスネークに適している温度は25度前後です。冬眠することができますが、飼育下での冬眠はとても難しいので、パネル式のヒーターを使って暖めてあげましょう。, ヒーターはケージの下に敷きますが、前面に敷くと暑い時に逃げ場がなくなるため、半分くらいを目安にしておいてください。, コーンスネークは完全な肉食性ですが、冷凍のピンクマウスを食べてくれるので、餌やりは簡単です。まれに餌付けされていない個体もおり、初心者には大変なので、購入前に確認しておきましょう。人口餌は食べません。, 給餌方法はピンクマウスを水に濡れないようにジッパーに入れて、60度のお湯で解凍してください。冷凍されている部分がなくなったら、ピンクマウスをピンセットで掴んで、口先までもっていきます。ピンセットに警戒しているようでしたら、底床においておきましょう。, 餌の頻度は30cmの成長期には週に2回、それを超えてくると10日に1回で大丈夫です。餌の大きさは胴体部分より少し小さいものを選びましょう。コスパがよく、餌の費用は月に1000円もいかない程度です。, コーンスネークの餌については蛇におすすめの餌で詳しく紹介しているので、ご参考ください。, コーンスネークはおとなしい性格をしているためハンドリングを楽しむことができます。たまに餌と間違えて噛まれることがあります。ベビーの時は問題ありませんが成体サイズだとかなり痛いので、注意してください。, 飼育を始めて1ヶ月はハンドリングをせずに新しい環境に慣らしてから、手を近づける回数を増やすことで飼い主の匂いを覚えさせていってください。, 毎日のハンドリングはストレスになってしまうので、多くても週に2回程度におさえておいてくださいね。, ケージの掃除はこまめにフンは取り除くようにして、汚れが目立ってきたら床材を取り替えましょう。夏場は特に水が腐りやすいため、2日に1回は交換するようにしてください。, 脱皮不全は脱皮がうまくいかずに、部分的に古い皮が残ってしまう症状です。ケージの湿度が不足しているときになりやすいです。, 脱皮不全をみかけたら、30度のぬるま湯で湿らせたタオルでコーンスネークを30分ほどつつみ、ふやけた皮を優しく指でこすり落としてください。, 餌を全く食べなくなることを拒食といいます。原因は次の5つが多いです。ストレスを感じていることが多いので、環境を改善していきましょう。, 今回はヘビのなかでも圧倒的な人気を誇るコーンスネークについて紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。, 体が大きくなるので、ずっしりとした重みを感じながらハンドリングを楽しんだり、慣れてきたら繁殖を楽しんだり。カラーバリエーションも豊富なので、自分だけの1匹を見つけて、育て上げてくださいね。, コーンスネークと同じ小型蛇だとシシバナヘビが人気です。シシバナヘビの特徴と飼育方法で詳しく紹介しているので、ご参考くださいね。. コーンスネークの飼育・飼い方まとめ。寿命や性格、値段は? 2017年11月11日 pepy. 床材の選び方. > コーンスネークは順応性が高く、餌への食いつきが良いのが特徴です。 寒さにも強い種類で、寒い地方の野生下では冬眠をして冬を過ごします。 生体は最大120cm~150cmになるので、サイズに注意をしてください。 ヘビ コーンスネークは、初めて蛇を飼育すると言う方にも比較的飼いやすい品種だと言われています。, 床材として一番用使用されているのは、新聞紙やキッチンペーパーなどの紙類だと言われています。, ただし、吸水性が悪く、フンの水分を吸収しきれずに、ケージの床まで汚れてしまうことがあるそうです。, コーンスネークの体が小さいうちは良いですが、大きくなったら別の床材を検討したほうが良いでしょう。, 価格も安く交換にも便利ですが、めくれやすいので、下に潜って排泄してしまうことがあるそうです。, また、餌と勘違いして誤食することもあるようですので、餌を与える際には注意が必要だとされています。, ウッドチップは他の床材よりもコストはかかりますが、天然素材のため、誤食をしてもそのまま排泄されるので安心だと言われています。, 匂いや水分の吸収性にも優れており、掃除や交換も汚れた個所を取り除くだけで済むそうです。, ただし、針葉樹チップはヘビの飼育にはあまり向いていないようですので、広葉樹チップ、特にアスペンが多く使われているそうです。, 人工芝はケージの大きさに合わせてカットでき、何度も使えるので経済的にも良いと言われています。, ただし幼体のうちは、人工芝で怪我をする危険がありますので、1歳を過ぎてから使い始めたほうが良いそうです。, 天然素材の砂は見栄えもよく、誤食などの心配もないですが、夏場はカビが生えやすくなるため管理が大変だと言われています。, また、猫砂は水分を含むと固まる性質があり、誤食した場合に体内で固まる危険があるので、避けたほうが良いとされています。, 新聞紙やキッチンペーパー、ペットシーツなどは、プラスチックのケージの底では滑ってしまうことがあるそうです。, ケージの底にテープなどで張り付けると言う方法がありますが、掃除、交換に手間がかかることと、誤食の心配があるためあまりおすすめできないそうです。, 幼体のうちは、新聞紙やキッチンペーパーなどの安全でコストのかからないものがおすすめだとされています。. Copyright (C) 2020 ヘビのすべて All Rights Reserved. RSS. コーンスネークの飼育に良い床材は? 砂や人工芝はどう? 床材として 一番用使用されているのは、新聞紙やキッチンペーパーなどの紙類だと言われています。. Top は人に触られるのを嫌います。, ただ、あまり触りすぎるとさすがのコーンスネークも拒食症になってしまうことがあります。, 猫 > 犬 In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. 動きがコーンスネークよりも活発な分だけ飼い主はそれに驚いてしまうかもしれません。 環境によっては神経質になる個体もいますので、飼育したばかりの頃はハンドリングをするのは控えた方が良いで … 最近では、女性でも爬虫類を飼う人が増えるほど、爬虫類のペットに注目が集まっています。中でもヘビのコーンスネークはその代表格ともいえますよ。 蛇の種類/飼い方/豆知識, 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。, コーンスネークは、ナミヘビ科の毒のない とは違うので、あくまでも控えめにするようにしましょう。, オケッティから黒い色素が抜けたアルビノで、ブロッチに黒い縁取りがなく、目の色も赤くなります。, 白い体色に薄い黄色のブロッチが出るのがベーシックなスノーですが、色が白いだけに少しの色の違いが体色を変え、そのバリエーションによりそれぞれ名称が付けられています。, その他、淡い紫を基調としたラベンダー系、キャラメル系、黒みを帯びた赤が基調のブラッドレッド系など、その色だけでも様々。, そこにブロッチのあるものはストライプ柄のものなど、色と柄の組み合わせで更にそのバリエーションが増え、個体によっても差が出るため、まるで人間かのように一匹一体匹に個性があるのがコーンスネークの魅力です。, 特にヘビは環境の変化に敏感ですから、後であたふたしないようきちんと用意をしておきましょう。, コーンスネークは丈夫なヘビですが、無用なストレスを与えないようにすることが大切です。, ヘビは脱走の名人で、プラケースの蓋を閉めておいたのに逃げられたという話は珍しくありません。, ただ、アメリカ南東部はとても暖かいところですし、温度が下がりすぎると消化不良を起こしてしまうことがあります。, 水入れの大きさは、中でとぐろを巻けるくらいであることが理想なので、浅めのタッパーでも問題ありません。, マウスを丸ごと与えると、カルシウムをはじめ様々な栄養素が十分入った食事となります。, その他、衛生管理は病気の予防に欠かせないので、一週間に一度はケージ全体を掃除します。, 最初は乗りたがらないかもしれませんが、だんだん慣れてきて、手に絡みつくようになりますよ。, 体色:原種(オケッティ)はオレンジ。その他、白やクリーム、黒、模様ナシなど、新しい体色が続々と生み出されています。, 値段:大きさや色によってかなり違いがあります。原種(ノーマル)は6千円から7千円ほど、人気のある体色は1万円から2万円以上することもあります。, かかりやすい病気:コーンスネークに限らず、ヘビはダニなどの寄生虫、脱皮不全、口腔内出血に注意してください。雌の場合は卵詰まりにも注意が必要です。, 「ヘビを飼いたい」と言うと反対されてしまうことも多いようですが、コーンスネークなら家族がOKしてくれる可能性もあります。, ホーム 蛇/ヘビ コーンスネークの床材は清潔に保つことができればなんでも構いません。 人気なのは広葉樹のチップやウッドチップ、ヤシガラマット、ハスクチップなどです。他にも新聞紙やトイレットペーパーで代用することができます。 運営会社 最近では、女性でも爬虫類を飼う人が増えるほど、爬虫類のペットに注目が集まっています。中でもヘビのコーンスネークはその代表格ともいえますよ。, 女性でも飼いやすい種類の蛇で初心者におすすめのコーンスネークは危なくないのでしょうか。, コーンスネークは成長すると体長が120~150cmにもなることがあります。 とぐろを巻くので大きく感じないかもしれませんが実際体の長さはそれなりにありますよ。, まず、ケージはプラスチックケースやアクリルケースよりも「爬虫類ケージ」がおすすめです。よくペットショップなどでスターターセットで売られているアクリルケージなどでは、すぐにサイズが小さくなってしまうからです。あらかじめサイズの大きい爬虫類ケージを購入しておくと便利ですよ。, とぐろを巻いた状態の3~5倍の大きさがあれば問題ありません。大体2000~2500c㎥のサイズがあれば十分です。, コーンスネークは水も多く飲みますよ。直接飲むこともあれば水に使って体温調整をすることもあります。常にコーンスネークの全身が浸かるくらいの大きさで、深すぎないサイズの水入れに、新鮮な水を入れてあげてくださいね。, また、パネルヒーターや暖突などの「保温器具」や「床材」なども必要ですよ。室温を図る「温度計」もあれば最適です。部屋の室温は25~30℃に保つのが最適です。冬場はパネルヒーターでは保ちきれないので、暖突も利用します。, コーンスネークは温度の低い環境でも生活ができますが、餌への食付きが悪くなったり消化不良を起こしたりと体長に支障をきたします。, コーンスネークの平均寿命は18年だといわれています。比較的長寿なペットで、世界には32年も生きたコーンスネークもいますよ。, 性格は基本的に穏やかで、人懐っこい一面があります。ハンドリングのしやすさはペットスネークの中でトップクラスで初心者でも飼いやすいです。ただし中にはハンドリンが嫌な個体もいますので、購入時に確認してくださいね。値段は大体が1万円前後です。高くても3万円ほどですよ。, コーンスネークは、臆病な生き物ですので、人が攻撃しなければ咬まれることもありません。カラーバリエーションも豊富で、慣れればハンドリングもできるコーンスネークはまさにペットスネークの王者といえます。, そんなコーンスネークの飼育では給餌と飲み水の交換、ケージ内の掃除が大切です。忙しい方でも飼うことができので、毎日に癒しが欲しい方にはおすすめのペットですよ。.

1歳4ヶ月 歩かない 話さない 4, Bmw ビックリマーク 三角 9, 大野智 個展 チケット 48, みじん切り チョッパー ドンキ 10, 四柱推命 優しい 星 8,

Write a comment