ブログを報告する, 【14年ぶり】けんいち(元ロードオブメジャー)、CDTVにて『大切なもの』を歌唱!!. ラズベリーは花の時期というよりは果実の収穫期だろうと思いましたが、夏という説明だったり梅雨の時期という説明だったりで迷いました。しかし梅雨と夏の中間と解釈してここに。 ヘチマの花といえば夏休みなのでここ。 北へ吹く風に 身体を委ねてたら. | スピッツ「花と虫」 作詞・作曲/草野正宗. 【花と虫】 花と虫 スピッツ ロック ¥250 provided courtesy of iTunes アルバム『見っけ』の5曲目に収録されている曲です。 この曲を聴いて真っ先に思ったことは、物語性が強いなぁということでした。それはもちろん、大いに歌詞によるところが大きかったのですが、16ビートの明るい曲調とも相まっ… そんなスピッツの頻出ワードを2つも備えた、短いけれど贅沢なタイトル「花と虫」。 花を離れた(多分)小さな虫さんの、壮大な冒険物語が展開されます。 花と虫; ブービー; 快速; ym71d; はぐれ狼; まがった僕のしっぽ; 初夏の日; ヤマブキ; おわりに 「見っけ」全体の印象. スピッツの「花と虫」歌詞ページです。作詞:草野正宗,作曲:草野正宗。(歌いだし)おとなしい花咲くセピア色の 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 『花と虫』と聞いて、ぱっと思いついたイメージが、白い百合みたいな花と蜂みたいな虫でした。実際、百合の花の花粉を蜂が運ぶかどうかは分かりませんが…。, イントロからすごく爽やかで、音もきれいで、メロディーを奏でるギターの音がまるで花びらについている朝露が滴っているような感じがします。すごく瑞々しさが溢れているイントロになっていると思います。, 花、虫、それぞれに何かの象徴としての役割があると思うんですが、最初聴いたときは、花が女性で、虫が男性の象徴なのかなと思いました。, 「セピア色のジャングル」は、自分の故郷とか、生まれ育った場所、という感じがします。セピア色というと、昔の思い出とか、懐かしい写真といったイメージと結びつけられていますね。, 「ジャングル」という言葉からも、まだ未発展で、都会とは違う、自然あふれる場所というイメージから、故郷というイメージが合うかもしれません。, 自分の故郷で、ただ今まで通り生活することに、主人公はもの足りなさを覚えるようになったんでしょうね。主人公は、"虫"なようです。, 「おとなしい花」は、故郷にいる、小さなころから好きな女性のことを指す気がします。おとなしいという表現から、おしとやかな女性がイメージされますね。, 故郷で生活することに物足りなさを感じていた主人公は、流されるようにして(風に飛ばされるようにして)新しい世界へ踏み込むことにした、ということだと思います。, 「痛くても気持ちのいい世界」と聴いて、最初そのまま言葉通りに受け取った時は、『うわエロっ…』と思ったのですが、たぶんそういう要素はないのかなと思います。(あるかもしれませんが), 色々周りから揶揄されたり、注意されたり、怒られたりしながらも、新しい世界で活動することに喜びを感じている、ということを表しているような気がします。イメージは、田舎から上京した若者が、先輩にめちゃくちゃ仕事で怒られながらも、その仕事にやりがいを感じるようになる、という感じですかね。, 「広がっていた」の部分で、だんだん力強くなっていく歌声が、本当に世界が広がっていくような感じがしていいなと思います。, ここのサビ、すごくいいですよね。少し一本調子な感じのメロディーを一本の横棒に例えるとしたら、それが階段のようにだんだん上がっていくような感じがします。, また、ハモりもすごくきれいで、冒頭のイントロに加えて、ますます瑞々しさを感じさせてくれます。, 先ほどまでの解釈の流れでいくとしたら、いくつ年をとっても、まだまだ半人前なところが残っていて、それを『君はまだ若々しいね』とか、『フレッシュだね』とか捉える人もいるけれど、逆に本人の中では、自分がまだ未熟だということを認識すると、自分はまだまだなんだ…と萎縮してしまう、ということなのかなと思いました。, 相手はその主人公の初々しさを褒めているけれど、本人はそれを否定的に捉えているイメージです。, そもそも、「青さ」は、未熟さを表す言葉ですが、それをマイナスと捉えるか、プラスと捉えるかで、意味が変わってくると思います。, 別解釈として、エロな方面で解釈するとしたら、自分は大人になっても、まだ依然として中学生男子みたいに性的なことに強い関心を持っていて、そのことが恥ずかしい、とも取れるかな…とは思いましたが、不適切ですね。スピッツの曲に、なんでもかんでもエロをはめ込むのは良くありませんね。(笑), 「罪で~怯えた」については、故郷を捨ててきてしまったことへの罪の意識や、そのことへの後悔という心の傷を持っていて、そんな中新しい世界で日々を過ごすことに罪悪感を感じている、ということにとれるかな、と思いました。, 2番に入ると、1番よりも事情が分かりますね。まず、「生まれ故郷のジャングル」とうたわれていることから、やはりジャングル=故郷だったわけですね。, 「それは~食べて」というのは、新しい世界での生活を始めてから、現実として何年も時間が経っていた、ということなのでしょうか。1番で描かれていたことは、夢ではなく、現実であり、実際に時間が進んでいた、ということを言っていると思います。, 故郷を出てから何年も経ってしまったがために、故郷にいる昔好きだった大切な女性の存在までもを忘れてしまった、ということでしょうか。, そして、故郷が「冷えた砂漠に飲まれ」るというのは、活気がなくなる、人がいなくなる、実家がなくなる、自分の思い出がなくなるということを表していると思います。, 砂漠からイメージするものは、何もない、ということです。また、故郷とは、自分が生まれ育った地であり、また家族が住む実家があることから、温かいものである(心理的に)というイメージがありますが、それが冷えていくということは、自身の思い出やルーツがなくなっていくことを表している気がします。, 自分の故郷から、思い出がなくなってしまう(例えば、大規模開発に伴い、思い出の公演が取り壊されるとか、シャッター街が広がるようになるとか)ために、故郷に戻ろうかな、と心が揺れるわけですね。, 地元に戻ろうかな、と心が揺れたけれど、主人公は結果としてもどらなかったようです。その理由は、「終わりのない青さの 誘惑に抗え」なかったからのようです。ここの解釈もまた難しいですね。, ここでの「青さ」を、若々しさ、と捉えるならば、新しい世界でやりたいこと、かなえたいことがたくさんあるがゆえに、その地を離れることができない、ということともとれそうです。つまりは、自分の夢を優先した、ということですね。, 「止まらなかった歩み」ともあるので、やはり、その「終わりのない青さの誘惑」が主人公の歩みを止めなかった(=故郷へ引き返させなかった)ということではないでしょうか。, 「砂利の音に凍え」るって、すごい表現ですよね。これもまた解釈が難しいですが、私個人としては、現実に歩いていて、『本当にこれで良いのだろうか?』と自問自答して、自分を責めている様子が思い浮かびます。, 故郷に戻らなかったことに罪悪感や責任を感じながらも、新しい朝はやってくる、つまり日々の生活は普段通りやってくる、ということなのかなと思いました。, 故郷に置いてきた(?)好きな人のことを思い出しているのだと思います。変わってしまった故郷で、彼女はどう過ごしているのだろうと。街も変わってしまって、もしかしたら彼女もどこかへ引っ越してしまっているんじゃないか、とか考えたんですかね。, はらいのけるとは、取り除くことですが、『幼い日の記憶をはらいのけ』るということは、幼い時の好きな人(=花)との思い出を忘れようとしているということかなと思いました。, 彼女はどうしているんだろう、会いたいと思っても、彼女には彼女の生活があるし、自分もこの新しい世界での生活があるから、会いに行くことは難しいだろうと判断したのでしょう。もう会えないのだから、その好きな人との思い出を忘れて、前に進もうとしているのだと思います。, あえて、「はらいのけて」と言っているのには、彼女との大切な思い出は、(忘れている時があったとはいえ)常に主人公の頭の中にあるからこそ、自らの手で取り除くという意味を持たせているんだと思います。, 「つぶやいて噛み締める」という表現から、彼女を置いて故郷を出てきてしまったことへの後悔を感じるのですが、私だけですかね……?, 解釈の1つめとして、この若々しさは無限のものだと思っていたけれど、実は有限のものだと気づいた、というのとかもしれません。主人公は、老いを感じてしまった、ということですかね。, 解釈の2つめとして、やりたいことや叶えたいことが次々と浮かんでくるのも、ずっと続くものだと思っていたけれど、実はそれに終わりが見えてきてしまった、ということかもしれません。主人公は、意欲、才能に限界を感じてしまったということです。, おまけとして、エロをはめ込んだ解釈としては、いつまでも性的関心が高く、ある種の幼さを持っていると思ったけど、どうやらそうでも無いということでしょうか。つまり、主人公は性的な衰えを感じるようになった、ということです。, 「気づかないフリし」ている対象は、おそらく青さには終わりがあるということだと思います。だとすると、青さの有限性に気づきながらも、今は気づかないフリをしたまま、とにかく前へ進もう、今を生きよう、ということを表現しているのだと思います。, もし、「気づかないフリし」ている対象が、「冷えた砂漠」になる故郷だとしたら、故郷への思いは断ち切って、新しい世界でこれからも頑張っていこうという感じですかね。, いずれにせよ、「青さ」が有限なものであると気づいたので、その「青さ」がある今こそ、それを活かしていこうということを表現したいのかなと思いました。簡単に言えば、いつか終わってしまうものだから、今から大事にしよう、的な感じです。, とくるわけですが、この「爽やかな」のフレーズがすごく好きです。最後にいいアクセントになってますよね。, 曲の最後にこれまでのメロディーと少し変えたメロディーをアクセントとして入れる方法が、世間ではよく見られますが、これによって次にまたさっきと似たフレーズが続いても、しつこさを感じにくくなっているなと思います。, 故郷に戻ろうかな、とか、あの子はどうしているだろう、とか、ともかく置いてきてしまった故郷に対して後ろ髪を引かれるけれども、故郷に対する思いを断ち切って、新しい世界での生活を頑張ろうと決意しているように思いました。, 「爽やかな」とあえて付け加えているということは、思いを断ち切ってスッキリして、すがすがしい気持ちになったということを強調したいのかなと思いました。つまりは、色々な迷いを断ち切ったからこそ、いつもの朝が爽やかなものに感じるということだと思います。, 詳しく解釈してみると、なんだか切ない曲ですね。変わりゆく故郷、「青さ」に終わりがあると気づく、幼少期の思い出をはらいのける…など。曲調の儚さ(間奏のコーラスなど)と併せて考えると、ますます切なくなってしまいます。, jumping_wanwanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 痛くても気持ちのいい世界が その先に広がっていた 主人公の置かれている環境や心理状態などが伝わり、次の場面を考えるにあたって大切な部分。 ◇パターン >新しい季節は なぜかせつない日々で 主人公は、変わらない日常や倦怠気味の「君」との関係の中にいて、新しい季節になってもこの変わらない毎日を憂いています。 そして今日も同じように、いつもの道を自転車で君の後に続く。 ただ、「なぜかせつない日々」とあるようにそれが原因なのかどうかはわからず、深く考えようともしていない印象。 ・思い出のレコード=変わらない大切なもの ・大げ … おとなしい花咲く セピア色のジャングルで. 一部歌詞抜粋. いつもの羽広げて飛ぶのも 飽き飽きしてたんだ. | ちなみに「花」の付いた曲はたくさんあります♪ 「花泥棒」「砂漠の花」「花の写真」などなど! . ①花=故郷に置いてきた、昔好きだった女性、虫=故郷を飛び出した自分 ②花=故郷に置いてきた大切なもの、虫=故郷を飛び出した自分 という風に考えました。 ブログを報告する. この曲を聴いて真っ先に思ったことは、物語性が強いなぁということでした。それはもちろん、大いに歌詞によるところが大きかったのですが、16ビートの明るい曲調とも相まって、おとぎ話というか、アニメのワンシーンというか、そういうものが浮かんできたんです。, この【花と虫】という曲は、朝ドラの主題歌に選ばれた【優しいあの子】よりも前に、朝ドラを意識して作られた曲だったようで、もちろん歌詞はできていなかったんだと思いますが、なるほど、自分が感じた物語性については、そういう経緯があったからかと合点がいったんです。, そもそも、前作『醒めない』や前々作『小さな生き物』などに関しては、アルバム全体で1つの物語を感じて聴いていたんですけど、アルバム『見っけ』に関しては、アルバム全体というより、1曲1曲ごとに語られている物語が強いなって思ったんです。もうこの辺りが、最終的にも、アルバム全体に関する感想になると思います。, ■さて、では音楽雑誌でこの曲はどんな風に語られているのか、ちょっと紹介しつつ考えてみます。, まずは基本情報として、この【花と虫】という曲は、先述しましたが、朝ドラでスピッツの曲が使われるとしたら…というイメージで、【優しいあの子】よりも先に作った曲だったようです。, *草野「朝ドラの話をいただいた時、最初はどういう曲がいいとかあんまり聞いてなかったんですよ。でも『スピッツでドラマで流してもらえるっていうことは。こういうのを求めているのかな』っていうイメージが自分の中にぼんやりあって。…………その状態で作った曲が実はこの曲(これは【優しいあの子】のこと)ではなく、”花と虫”なんですけど」*, 音楽雑誌「MUSICA」では、このように語られています。で、その後に、オープニングでアニメが流れると聞いて、もう1曲作ったのが【優しいあの子】だったということだそうです。, まぁ結局、朝ドラには【優しいあの子】が選ばれたわけですが、ひょっとしたら、この【花と虫】が朝ドラの主題歌になっていたのかもしれません(歌詞やタイトルは変わっていたかもしれませんが)。, こういう話を聞くと、何かまた色々と想像が膨らんで面白いですよね。【花と虫】の歌詞は、後に作詞されたものでしょうけど、朝ドラのイメージも不思議と浮かんでくるようになりました。, *インタビュアー「”花と虫”って、言ってみれば花が女性で虫が男性とも取れる……。」, 草野さん「逆でもいいんですけどね、メタファーとしてはそういう。あとは故郷と都会っていうところもあるし」, 草野さん「日本だけじゃないかもしれないけど、今って地方の街とか元気ないじゃないですか、シャッター通りとか多くなってるし」*, 僕はあんまり、”花と虫”を男女のメタファーとして聴いてはいなかったんですけど、まぁとにかく、”花”と”虫”を対比する何かに置き換えて考えてみると、色んな物語が想像できるって感じですよね。, 僕は、”花”は元々いた場所で、”虫”はそこから離れて行った人、みたいな感じで聴いていたんです。, ”花”っていうものは、それ自体は動くものではなくて、最初に咲いた場所でひっそり生きていく感じですよね。だから、そのもの自体のイメージというより、場所的なイメージですかね。その一方の”虫”のイメージとしては、これは”花”との対比ですからね、やっぱり蜜蜂とか蝶とか、そういう羽を持っていて、花が咲く場所を自由に飛び回るイメージです。, *おとなしい花咲く セピア色のジャングルでいつもの羽広げて飛ぶのも 飽き飽きしてたんだ*, 1番の出だしの歌詞はこういう感じです。”花”と”ジャングル”という言葉は、両方とも同じような意味を表わしていて、両方とも、"元々いた場所"や"故郷"などのイメージで聴いています。, つまり、元々居た場所に飽き飽きして、そこから飛んでいきたい、離れていきたいと”虫”が思っているということを表していると考えています。, ここから続く1番の歌詞には、”痛くても気持ちのいい世界が その先には広がっていた”とあるので、もう”虫”の気持ちは、自分が元々居た場所よりも別の場所へ向いているということなのでしょう。, *それは夢じゃなく めくるめく時を食べていつしか大切な花のことまで 忘れてしまったんだ巷の噂じゃ 生まれ故郷のジャングルは冷えた砂漠に呑まれそうだってさ かすかに心揺れるけど*, ここも、具体的で分かりやすいですよね。”花”や”ジャングル”、つまりは元々自分が居た場所から離れて、時間が経っていることが描写されています。時間が経過したことを、”時を食べて”と表現しているのが面白いですよね。, ”生まれ故郷のジャングル”という風に、そのものずばり”故郷”という言葉が使われているところも、”花”や”ジャングル”を、そのまま”故郷”という言葉に繋げやすい理由になると思います。, しかも、その”生まれ故郷のジャングル”は、”冷えた砂漠に呑まれそうだ”ということで、これは先程の草野さんの言葉をそのまま借りるとするならば、元気のなくなった地方の街を指していると考えることができそうです。, シャッター通り、ということもおっしゃっていますが、要は人口も減って、若者も居なくなって、活気がなくなっていくことを、”冷えた砂漠に呑まれそう”と表現していると考えています。, *終わりのない青さは 終わりのある青さで気づかないフリしながら 後ろは振り返らずに*, という風に、そういう自分の廃れていく故郷のことを思い出し、葛藤しながらも、今の自分が居る場所で生きていくことへの決意も歌っているのだと思います。, 例えば、自分の夢を追いかけるためだとか、就職や進学のためにだとか、そうういう理由で、自分の故郷である地方の街から、都会へと出てきたと。, 夢を追いながら、あるいは、ある程度その夢は叶ったかもしれない、とにかく都会で生活をし続ける間で、自分がかつて暮らしていた故郷は廃れていく。そんな地方の街を横目に(忘れたわけではないとは思うが)、都会で生活をしていく、という感じの物語ですかね。, ■あるいは、これも先述の通り、この曲は朝ドラをイメージして作られた曲だということを意識すると、僕は何となく、【優しいあの子】のアンサーソングっぽくも思えるのです。, 例えば【優しいあの子】では、(北海道の)自然の美しさを”優しいあの子”に伝えたい、と僕が思っている歌でしたよね。なので、自然の美しい故郷である町を”花”、都会へ出てきた優しいあの子は”虫”とすると、【優しいあの子】は、花→虫という方向の歌になりますよね。, で、【花と虫】は逆に、都会へ出ている優しいあの子が、故郷の町のことを思っている、という風に思えば、虫→花という方向の歌であると考えることができます。, ■あとは、サビの冒頭ごとに”青さ”という言葉が出てくるのですが、音楽雑誌「音楽と人」において、草野さんはこのように語っています。, *草野さん「(”青さ”という言葉について)この曲の中に出てくるのは、やっぱり大人になれない、なりたくない、って気持ちがおじいさんになっても続いていくような感じですね。…(中略)…自分もこの歳でバンドなんてものをやらせてもらってますから。…」, ということで、これまたありきたりな考えになりますが、”虫”は他でもない、草野さんやスピッツメンバーであるという物語も浮かんできそうですね。, itukamitanijiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

バンドック ソロティピー たたみ方 9, Tfas 3d 表示 24, Toeic ナレーター 変わっ た 4, フロント インパネ 歪み 17, 東北出身 女優 堀越高校 15, Amazarashi もう一度 歌詞 4, ぬいぐるみ バンダナ 作り方 8, マイクラ Ps4 日本語 6, Vb6 Windows10 サポート 5, Sugar アプリ 枠の色 14, アムウェイ 論破 洗剤 8, 中央大学 移転 2ch 12, フォートナイト ボイチャ できない 5, Vmware マウス スクロール 4, 山崎 育 三郎 ファンクラブ 5, Javascript Mousedown 発火 4, 子供靴 幅広 4e 8, 髪 根元 うねり 4, 高 所 作業車 Cad 4, Gta5 オフライン カジノ Mod 34, 男性 精神年齢 実年齢 8, 宮城野親方 白鵬 仲 4, プロデュース101 Japan 順位 8, Ana Rewards Program 請求 6, 実家を出る 寂しい 男 8, Qposket 偽物 見分け方 48, 洗脳 方法 本 6, マイクラ ボス 作り方 19, ルーム ランプ Led 暗い 7, 眠くなる話 朗読 台本 12, Bmw F40 コーディング 5, 同軸ケーブル 曲げ 損失 4, 本の 一 部 Twitter 4, クイーンメアリー バッシュ 降板 8, 商品購入 お礼 メール 15, Mac エクセル 掛け算 4, ニコン D3500 中古 5,

Write a comment