◯おもちゃ(ThreeA,アートトイ,デザイナーズトイ,インディーズソフビ,民藝):50% 2020年に発売された『ゼノブレイド』のリマスター版である『ディフィニティブ・エディション』に収録されている追加シナリオ。 シュルク 約10年前にWiiで発売したゼノブレイドのリマスター版『ゼノブレイド・ディフィニティブエディション』の本編完結後を描く、完全新規追加ストーリー『つながる未来』を13時間ほどでクリアしました。 多分、サブクエストは全部クリア出来たと思います。 ラダム 通常モンスターやユニークモンスターとは別に「霧乃獣」が登場する。霧乃獣は周囲のモンスターよりレベルがやや高い上に、波動のようなものを出して周辺のモンスターを自分と同じレベルに引き上げ、強制的に戦闘に参加させる力を持つ。ゆえに霧乃獣を見かけた際は、まず周囲のモンスターをおびき寄せて倒しておくのが無難。なお、レベルを上げられたモンスターはマインドブラストやモナドブレイカーでオーラを消去すれば元の状態に戻せる。 ◯ガジェット:10% キズナトークに代わってナカマトークという会話イベントがフィールド上で見られる。選択肢による分岐はないが、ボイスがついており、キノやネネの口からリキ一家の様々な逸話が聞けるほか、メリアとタルコの関係性の変化について重要なシーンも含まれている。, 巨神の左肩のこと。本編でもエギルの回想シーンやラストシーンでわずかに登場するが、実際に訪れることはできなかった。 ザンザとの戦いの後、ハイエンターの代表として復興作業の指揮にあたっていた。全ての戦いが集結し人々に平穏な日々が訪れたものと考えていたが、巨神肩の実情を目の当たりにしてその考えが甘かったことに気づかされる。 シュルクは未来視の力を失っているため、戦闘中にもこれが発生することはない。強力な技は比較的長いチャージモーションから繰り出されるので、プレイヤーが自分でこれを読んで対抗策を打つ必要がある。 CV:勝田詩織 ゲルガー 約10年前にWiiで発売したゼノブレイドのリマスター版『ゼノブレイド・ディフィニティブエディション』の本編完結後を描く、完全新規追加ストーリー『つながる未来』を13時間ほどでクリアしました。, 多分、サブクエストは全部クリア出来たと思います。オリジナル版を未プレイだったので、美麗になったビジュアルと(不満は残るものの)改善されたシステム・UI、大満足のボリュームと10年経ってもやりごたえのある傑作と思いました。, ネタバレなし感想と重複しますが、『つながる未来』は本編1年後、本編では未踏のエリアであった巨神肩へと移ります。本編より続投のシュルク・メリアに新キャラクターのリキの子供達のネネとキノがパーティーメンバーになります。ハイエンター達の故郷奪還のために、正体不明の敵「霧乃王」と戦います。その背後には、本編では解決しきれなかった人種問題、メリアとタルコ……血のつながらない姉妹の物語があります。, メリアとタルコ姉妹の関係修復には、ネネとキノの血のつながらない姉弟が強い影響を与えます。血の『つながらない』家族を通して、『つながる未来』というタイトルは秀逸に感じました。, 本編では、実の息子に王位を継がせたいと画策し、不義の娘タルコに汚れ仕事を課すというイジワルな継母としか思えなかった光姫ユミア。タルコの口から巨神教(を裏で操っていたであろう宰相ロウラン)の教唆によるものだったとは言え、その行動は全てはハイエンターの未来のためと信じたがゆえということが、今回のエピソードから知ることができます。, 現実の我々の世界でも、当時は正義とされたことが、後々においては悪いことであったということがは良くあります。, 今回のもうひとりのキーパーソンとして、ゲルガーがいます。彼はメリアを混血のハイエンターの象徴として、狂信者のように一方的に奉り、テレジア化した純血のハイエンターを元に戻す研究をしているテトを亡き者にしようと考えます。最後は、変革していく未来を受け入れることができなず、タルコとは対照的な最後を迎えます。ゲルガーがこうしてまで、純血のハイエンターを受け入れられなかったのは、おそらく自身が混血だったからこそ、純血のハイエンターからの差別や迫害を受け、自身の血にコンプレックスを感じたからなのでしょうね。, 巨神界の住人と機神界の住人の間に残った軋轢を解消するのに、正体不明の敵をぶつけるというのは、ちょっとありきたりに感じるストーリーでしたが、重層的に種族の歴史と家族の物語を加えることで奥深いものになったと感じました。, 今回の舞台となる巨神肩は、実はオリジナル版の本編に、未使用ながら没データとして残っていたそうです。このフィールドは、始祖民族である巨人族がかつて暮らしていたエリアで、フィールドの各所には朽ち果てた住居や遺跡が残っています。, かつて、巨人のアガレスは、最初のモナドを鍛えてつくり、その結果ザンザに支配されます。巨人肩にのこる遺構をみると、どうも巨人族というのはモナドを作れるほどの文明レベルが無いように思えるのです。これは、製作者が何も考えていないから……?, ここからは僕の妄想なんですけど、モナドのデザインって巨人界由来ではなく、やはり機神界の影響を感じるのです。, 本編で語られますが、かつてマシーナたちは、巨神界の種族とも仲がよく、技術伝達も行っていました。本編でエギルはその口から語っていませんが、モナドを作る技術力を伝えたのはマシーナなのではないでしょうか? つまり、宿敵であるザンザ復活に、実はマシーナも加担していたという考察です。これはハイエンターの未来のためにと一方的に思い込み、混血を差別排除しようとした光姫ユミアのように、マシーナも良かれと思ったことが回り回って自身の窮地に追い込む結果になったのです。, マシーナたちが伝えた機械技術は、ザンザモナド誕生にもつながりましたが、一方でハイエンターたちの遺伝情報の解明……テレジア化を知ることにもなりましたし、ホムスのコロニーで無くてはならない機械技術としても伝わったのでしょう。科学技術は、使う者次第で最悪の兵器にもなりうるということ。, テキストにはなっていませんが、巨神肩のフィールドを見ていて、想いを馳せることができました。, 今回も登場した広い皇都。本編以上にだだっ広いだけで勿体なかったです。ラストダンジョンっぽく仕上げてほしかった……離宮のゲートを開くためにエネルギー供給のラインを復活させるとか。, そこはちょっと残念でしたが、ラストバトルのムービーシーンは、キャラの大立ち回りがド派手で見応えありました。, 空の裂け目から突如現れた正体不明の敵『霧乃王』。残念ながら、ラストは盛り上がりもなく正体不明のまま、原因不明状態で消滅します。, ここでまたしても僕の勝手な妄想なのですが、今回本編のオープニングには、ゼノブレイドクロスを彷彿とする演出がありますが、もしかしたら霧乃王とは次回作に登場する敵なのではないかと思いました。そういう意味も含めてタイトルは『つながる未来』になったのではないでしょうか。, Xenoblade Definitive Edition(ゼノブレイド ディフィニティブ エディション)-Switch, Xenoblade Definitive Edition Collector's Set(ゼノブレイド ディフィニティブ エディション コレクターズ セット)-Switch, smogbom……それは私の財布が爆発する音。 つながる未来がイラスト付きでわかる! つながる未来とは、Nintendo Switch向けRPG「ゼノブレイドディフィニティブ・エディション 」の追加シナリオである。 ※この記事はゼノブレイド本編のネタバレを含みます。 概要 2020年に発売された『ゼノブレイド』のリマスター版である『ディフィニ … 皇都であればジャンクスを修理する部品が手に入ると踏んで皇都へ向かおうとするも、巨神肩で出会ったハイエンターの生存者・マクシスから、皇都に霧乃王と呼ばれる正体不明の怪物が出現したこと、それにより皇都への接近は危険であることを告げられる。 ネネ CV:山盛由果 メリアとハイエンターの生き残りたちを中心とした物語となっており、ソレアンやカリアンから託された想いを胸に残されたハイエンターたちを一つにまとめ、皇都を襲った新たな脅威へと立ち向かう彼女の冒険が綴られる。, 最終決戦から1年、すべての種族が手を取り合って復興を進めていた最中、シュルクは所在不明となっていた皇都の位置を突き止める。メリアはシュルクと共に飛行艇ジャンクスに乗り込み皇都を目指すが、突如謎の攻撃を受け、「巨神肩」に墜落してしまった。 CV:高橋花林 CV:宮崎寛務 ゼノブレイドdeの追加要素まとめです。新ストーリー「つながる未来」やゲームシステム、クリア後の追加要素を全て掲載しています。ゼノブレイドdeのボリュームや追加要素が気になる方はこちらを参考にして下さい。 CV:相沢舞 かつてハイエンター墓所でメリア暗殺を図った元刺客にして、メリアの血縁なき姉。本ストーリーではテトの研究に助力しており、テトの研究所を訪れたメリアと再会を果たす。 ゼノブレイド本編をクリアしていなくても遊べる仕様となっており、Wiiや3DSで既プレイの人にも嬉しい仕様となっている。 2匹のノポンについては、『つながる未来の』感想で(ネタバレ注意) 『つながる未来』の感想&レビュー(ネタバレあり) 『つながる未来』あらすじ 物語の始まりは、 ザンザを倒し、新世界が創造された一年後 皇都アカモートがあるという噂を調査するため. 巨人族発祥の地とされており、マクナ原生林のランドマークなどにその名を残すアギニの生誕地も存在するほか、大戦の生存者や霧乃王から逃れたハイエンターたちが暮らす古代都市グランデルをはじめとして、巨人族の遺構が多く残されている。 桃色の毛並みが特徴。盾のような武器を使用し、アーツはラインと同じ構成になっている。 黄緑色の毛並みが特徴。エーテルを撃ち出す武器を使用し、アーツはカルナと同じ構成になっている。 キノの姉で、しっかり者のノポン。キノと共にジャンクスに乗り込んでいた。 チェインアタックが廃止され、代わりに先述のノポンジャーとの連携アクションが使用可能。大ダメージを与える、味方に大幅な回復を行う、敵全体を気絶させる、の3種類を選択できる。 CV:間宮康弘 ここでは、ゼノブレイドdeの追加エピソードである「つながる未来」をクリアした感想をつらつら書いていきます。 ※クリア後の観点から書いているのでネタバレ注意です マクシス ◯その他:1%, ゼノブレイドDE(ディフィニティブエディション)‐30時間プレイ やっぱりUIが欠点. また、あるNPCノポンからのクエストでは勝手にリキの借金の保証人にされていたことが明らかになったりする。 付近には元々エルト海にあった皇都アカモートとソルタナ封印島が流れ着いている。 ◯山道具(UL系):8% (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 当サイトに記載されている 会社名・製品名・その他固有名称等は、 各社の登録商標もしくは商標です。, 攻略情報・レビューは全て 管理人独自作成によるものです。 発売されている攻略本等と 内容は異なります。, ファイナルファンタジーⅦリメイクの売上はいったいどのぐらいなのか?予想と結果をお話します。また、分作となっている絵リメイクの、次の作品はいつ発売されるのかどうか、何部作になるのかどうか、全部PS4で遊べるのかどうかなど、細かな部分もお話します。, ゼノブレイドシリーズ全作品に登場したキャラクターを五十音順にまとめました。それぞれのキャラクターの登場作品や、種族などについてもまとめています。メインキャラクターから脇役まで、ストーリーに関わったキャラを余すことなく紹介していきます。, スクウェアエニックスのRPGゲーム「ラストレムナント」の感想と、ストーリーネタバレを語っていきます。発売予定になっていたプレイステーション3版の情報や、作中の担当声優の一覧、今から買うとしたらどの機種のバージョンが一番良いのかについてもお話します, 独特な世界観が魅力の「エンドオブエタニティ」のレビューと、漫画版「シークレットアワーズ」のレビューをお送りします。また、作中のネタバレ、犠牲者の一覧、発売機種とおすすめのバージョン、関連商品のまとめなど、エンドオブエタニティを語りつくします。, キングダムハーツⅢは発表から発売まで非常に長い時間のかかった作品です。情報がほとんど公開されないような音信不通の時期もありましたし、発売日の延期もありました。そんなKHⅢが発売されるまでに行った色々な予想や、展望などをそれぞれまとめてみました。, ペーパーマリオシリーズを徹底的に語って行きます。シリーズの一覧からシリーズの年表、実際にプレイしてみた感想から、黒ペンキ、ノワール伯爵、メガバッテンなどの敵組織の考察、ストーリーのネタバレ考察などなど、マリオストーリーから続くシリーズを語りつくします。. CV:根谷美智子 盟友の岬に暮らすハイエンターの1人。メリアが皇主メリア・エンシェントであることを初対面時から認識しており、慇懃な態度で接してくるが、その思想にはどこか過激なところが垣間見える。, 本編とは連続していないため、レベルやアーツの設定などは引き継がれない。Lv.60(ネネとキノはLv.58)、全アーツレベルVの状態から始まる。上級アーツ書はユニークモンスターの討伐などで手に入る独自通貨を使うことで入手可能。また、スキルやスキルリンクの制度は廃止されている。 ◯自転車(Giant MR4r):1% CV:青山穣 また、メリアはその巨神肩の地で、一部のハイエンターたちが機神界人(マシーナ)を先の大戦の元凶だとして彼らと共に暮らすことを拒絶し、全ての種族の生存者が身を寄せ合って暮らす"古代都市グランデル"と、そこを離れたハイエンターたちが暮らす"盟友の岬"に分断された状態にあることを目の当たりにする。 ゼノブレイドシリーズのストーリー上で 犠牲になってしまうキャラクターが どのように最後を遂げたのか、それぞれご紹介していきます。, ・ゼノブレイド(初代) ・ゼノブレイドクロス ・ゼノブレイド2 ・ゼノブレイド2 黄金の国イーラ(※2の追加コンテンツ) ・ゼノブレイド つながる未来(ディフィニティブエディション収録の後日談), 初代ゼノブレイドの犠牲者をご紹介します。 Wii版、3DS版、 ディフィニティブエディション、どのバージョンも共通です。 ディフィニティブエディションの追加ストーリー、 つながる未来については別途記載しています。 (※サブストーリーにしか登場しないキャラは除きます。, ・ゾード 中央採掘場でシュルクらと敵対。 シュルクらの活躍により、エーテルの中に転落するも、 その後も、ボロボロになった状態で再びシュルクらの前に姿を現す。 最終的に、その戦いでも敗北し、 意味深な言葉を残して、自ら中央採掘場の奥へと転落し、そのまま自爆した。 (※終盤で、ジュジュたちを助けた顔つきが、 ゾードなのか量産型なのかは明言されておらず、不明です), ・ソレアン ハイエンターの皇主。アルヴィースからビジョンで 自分の最後を先に見せられており、それを回避することも できたものの、自らの運命を受け入れて、監獄島へ。 そこで現れた黒いフェイスと敵対するも、 最後は黒いフェイスの攻撃からメリアをかばい、 事前にアルヴィースから見せてもらっていたビジョン通り、犠牲となる。, ・アガレス 監獄島でシュルクらと会話を交わしている際に現れた 黒いフェイスが放った”盟主の槍”に貫かれて そのまま肉体が腐敗、消滅してしまう。 後のシーンで、ザンザに乗っ取られていたことが判明している。, ・ムムカ 黒いフェイスとして、シュルクらと何度も敵対。 大剣の渓谷の戦いで、シュルクらに敗北後、 それでもダンバンたちを攻撃しようとしたものの、 大剣の渓谷の一部が崩落し、そのまま崩れた部分と共に転落、 最後を遂げることに。 後に、転落した黒いフェイスの残骸を発見することができる。, ・ガド 緑のフェイスとして、記憶を消去された状態で敵対するも、 無事に正気を取り戻す。 後に、帝都アグニラータの崩落が発生した際に、 逃げ遅れそうになったシュルクやカルナらをかばい、 自らが盾となり、そのまま最後を遂げた。, ・メイナス フィオルンの肉体を借りる形でシュルクらを 導いていたものの、復活したザンザの攻撃から 仲間たちを救うため、自らが攻撃の盾となり、 シュルクらに後々のことを託すカタチで、消滅した。, ・エギル シュルクとの激闘後、シュルクの言葉によって改心。 シュルクらに過去を語ったのち、目覚めたザンザとの 戦いを一人で引き受けることに。 機神を操り、復活したザンザに立ち向かうも、 巨神に機神ごと斬り捨てられて、そのまま最後を遂げる。, ・ロウラン 終盤で、ザンザの使徒としての本性を現して敵対。 テレシア化したカリアンと融合する形で、 シュルクらに挑んだものの、敗北。 最後は自我を取り戻したカリアンによって 道連れにされる形で、そのまま肉体が崩壊して消滅する。, ・カリアン ロウランの陰謀によって、テレシア化。 ロウランに融合される形で、そのままシュルクらと対決 することになるも、最後は自我を取り戻し、 ロウランを道連れにする形でそのまま消滅した。 最後の瞬間に、白い世界でメリアと言葉を交わしている。, ・ディクソン ザンザの使徒としての正体を終盤で現わして、 終盤でシュルクたちと敵対。 監獄島で対決し、激闘の末に敗北。 ”命を懸けてまで足止めする義理はない”と 強がりながらシュルクらを先に行かせたものの、 既に致命傷を負っており、 ”俺より強くなったことを知らずに生きていけ”という 言葉を残し、その場で一人、息絶える。 (シュルクやフィオルンもディクソンが助からないことは 理解していた模様), ・ザンザ 最終決戦の際に「神」の文字が発現したモナドによって 斬られて、そのまま最後を遂げる。, ・ユミア(サブストーリー) 他のハイエンターがテレシア化してしまった際に ユミアもテレシアになってしまう。 最後は、メリアやタルコの手によって、葬られた ※本編にも登場していたものの、本編をクリアするだけでは その最後は分からず、サブストーリーで描かれている。, ・ゲーティア グロウスの一員。エルマとの2度目の対決の際に、 ドールに乗って勝負を挑むものの、敗北。 そのまま最後を遂げた。, ・ダガン グロウスの一員。リーズと共にズ・ハッグと呼ばれる兵器に 乗り込み、エルマたちと対決するも敗北。 そのままズ・ハッグの崩壊に巻き込まれて最後を遂げた。, ・リーズ グロウスの一員。ダガンと共にズ・ハッグと呼ばれる兵器に 乗り込み、エルマたちと対決するも敗北。 そのままズ・ハッグの崩壊に巻き込まれて最後を遂げた。, ・ルクザール セントラルライフの内部でエルマたちと対決。 乗っていたドールを破壊されたのちもしぶとく敵対するも、 駆けつけたラオの攻撃を受けて、命を落とした。, ・アデル 作中開始時点で既に故人。回想シーンなどにのみ登場。 命を落とした理由は語られていない。, ・ラウラ 作中開始時点で既に故人。第8話において マルベーニが起こした戦乱の最中に シンをかばって攻撃を受けて命を落としていることが 明かされている。, ・ヴァンダム 第3話終盤、カラムの遺跡での戦いの際に、 レックスらが追い詰められたのを助けるため、メツたちに挑む。 メツたちを前に、一歩も退かずに戦っていたものの、 最後はメツによって斬られて命を落とす。, ・ザンテツ 第3話終盤、目覚めたヒカリの攻撃を受けて消滅。 コアクリスタルに亀裂が入っていたため、再同調できないと思われる。 (なぜか第3話では一言もしゃべらないまま倒れてしまいました), ・オオツチ 第4話終盤で、ヒカリの攻撃を受けて、ラゴウ共々消滅。 ザンテツたちと同じく、再同調できない可能性が高い。, ・ファン レ ノルン 第5話終盤で、レックスたちと共にシンに立ち向かうも 一瞬の隙をついたシンに、コアクリスタルを直接刺されてしまい、 そのまま息絶える。 第6話では葬儀が行われている。, ・サクラ バーンが作り出した人工ブレイド(ほとんど、ロボのような感じ) 第6話で、グレートサクラとして復活するも、 レックスたちによって完全に破壊された。, ・ヘルテル マルベーニの側近。第9話でアーケディアが爆発した際に アーケディアに乗り込んでいたために、命を落としたと思われる (明確な描写はなし。その後は一切登場しない), ・サタヒコ 第9話で、イーラの仲間たちを先に行かせて、自分は マルベーニの操るアーケディアと対決。 マルサネスを操り、アーケディアを追い詰めていたものの、 最後は相打ちとなるカタチで、マルサネスごと爆発し、犠牲に。 (2周目では生存しており、再会できるものの、 おそらく1周目では犠牲になっていると推測される), ・ベンケイ 第9話でシンのもとに駆け付けた際に、 シンを救うため、一度引き返すことに。 が、その直後に現れたマルベーニの不意打ちによる 攻撃を受けて、そのまま絶命する。, ・ヨシツネ 第9話で、ベンケイが倒された直後、 マルベーニに攻撃を仕掛けるも、そのまま捕らえられてしまい、 最後はマルベーニの触手に貫かれて投げ捨てられ、 そのまま命を落とす。, ・マルベーニ 第9話で、レックスたちと対決後に敗北。 最後の力を振り絞ったシンの攻撃を受けて、 「神(ちち)よ…まだ届かぬのですか…」と呟き、 最後には母親の幻を見ながら、そのまま消滅する。, ・シン 第9話でレックスたちに敗れて、改心。 現れたマルベーニを最後の力を持って葬り去り、 力を使い果たしたシンもまた、その直後に 後を追うようにして消滅してしまう。, ・クラウス 最終話で、”もう一つの世界の自分”(ザンザ)が シュルクによって倒されたことにより、 そのまま自分も消滅する。, ・メツ 最終話で、レックスらと対決。激闘を繰り広げた末に 敗北し、「楽しかったぜ」という言葉を残して そのまま満足そうに消滅する。, ・イーラ王 最終決戦の攻撃により、イーラが崩壊。 ゼッタに脱出を促されたものの、それを拒み、 自らイーラへと残り、運命を共にした。, ・ミルト 最終決戦の際に王都で待機していたものの、 メツの放った攻撃が王都を直撃し、 その際にサタヒコを庇って負傷する。 シンたちが、合流した際には、既に息絶えていた。, ・ユーゴ 最終決戦の際に、聖杯同士の攻撃の余波から アデルをかばい、その攻撃が直撃、 そのまま命を落としてしまう。, ・ゴウト アーケディアによって捕らえられて、ブレイドイーターの 実験体にされてしまう。 最終決戦の後に、ラウラたちの前に姿を現すも 返り討ちに遭ってしまい、そのまま最後を遂げる。, ・バルトリッチ 聖杯戦争終結後のエンディングで、 マルベーニが放ったコモンブレイドに背後から攻撃されて あっけなく命を落とす。, ・ラダリア 聖杯戦争終結後のエンディングで、 マルベーニにより、飲んでいた飲み物に毒を盛られており、 それを飲んでしまったラダリアは苦しみながら命を落とす。, ※ゼノブレイドディフィニティブエディションに収録された 追加ストーリー「つながる未来」の犠牲者一覧です。, ・ゲルガー メインストーリーで撃退後、サブストーリーで再度登場。 その際に追い詰められて、メリアから改心を促されるも 崖から飛び降りて自ら命を絶つ。.

モンベル 登山靴 痛い 10, あつ森 ケーキ 帽子 10, Jrtt 入札 結果 26, 3歳 しつけ 甘い 7, レヴォーグ E 型 燃費 14, Nec パソコン 起動 しない 4, ピアノ 練習曲 子供 5, パワプロ 国分 追放 15, Kingdom Come: Deliverance仕事の対価 24, ロードバイク 立ちゴケ 怪我 4, パワーオン3 和訳 Lesson1 単語 4,

Write a comment