チェコ料理は私たち日本人にはあまり馴染みがありませんが、じつは日本人の口にもとてもあう料理ばかりです。隠れたヨーロッパの名物料理の宝庫であるチェコのご家庭やレストランでの食事の数々。ここでは知られざるチェコのおすすめ料理を徹底的にご紹介します。 425–30 Appendix G: Works in order of composition, Letter to Adolf Cech 4, December 1882, quoted in Clapham (1972), p. 100. また、自らもアマチュア弦楽四重奏に参加するなど、精力的に音楽活動を行い、やがて「音楽こそが自分の生きる道」と確信します。, しかし、プラハでの生活は長くは続きませんでした。当たり前ですが、不登校であることが親にバレます。, 結局スメタナは父にプラハから連れ戻され、プルゼニという街にて残りの学生生活を送りました。, 夜会でピアニストとして名声を博すなど、プルゼニにおいても音楽活動を多岐にわたって展開。, やがてスメタナが音楽家を目指すことに反対していた父も、息子の音楽に対する姿勢を見ているうちに考えが変わり、音楽家の道を追うことに賛成します。, そして19歳の夏。プルゼニの学校を卒業し、音楽を目指すために再びプラハへと赴きました。, プラハで音楽家として活動を始めたスメタナですが、音楽科による教育を受けていなかったことから、まずは作曲の専門的な勉強が必要でした。, そんなスメタナに救いの手を差し伸べた人物がプラハ音楽大学の長であるヨゼフ・プロクシュ。, 彼はスメタナの師となり、スメタナの経済的貧困を救うために貴族トゥーン家の音楽教師の職を与えるなど、公私ともにサポートを惜しまなかったという記録が残されています。, 3年に及ぶプロクシュによる修行を終えたのちは室内楽コンサートの伴奏者として生計をたて、音楽家としてのキャリアを積みました。, スメタナに転機が訪れたのは1848年のこと。フランツ・リストに才能を認められたことをキッカケに援助を得ることができるようになり、スメタナの作曲活動は加速的に広がりを見せます。, その後フェルディナント1世の常任宮廷ピアニストの職につき、金銭的な余裕を得たスメタナは作曲活動を幅広く展開させ、『祝典交響曲』『婚礼の情景』といった作品を作曲。, ただ、この時期のスメタナは公演が上手くいかず、作曲家としての評価はイマイチだったといわれています。, 妻カテジナも結核の診断を受け、旧友カレル・ハヴリーチェク・ボロフスキーもこの世を去りました。, また、コンサートでの酷評が続いたことに加え、プラハの政治的治安が悪化の一途を辿っていることからスメタナは「プラハ」という街に嫌気がさしてしまい、32歳になるころにチェコを見限り、スウェーデン・ヨーテボリへ旅立ちました。, 「プラハは私を認めようとしない」と両親へ手紙を残し、ヨーテボリへと移住したスメタナですが、ヨーデボリでは僅か数か月で認められるようになり、社会的地位を得ます。, 『舞踏会のおもかげ ポルカ編曲』 Large, p. 374, from an undated letter to Bettina, See Large, pp. 交響詩『リチャード三世』 4分, 国民楽派の作曲家といえばシベリウスやグリーグ、ドヴォルザークといった作曲家が浮かびますが、チェコを代表とする大作曲家「スメタナ」も忘れてはいけません。, 今回はチェコ国民楽派の開祖とされるスメタナの生涯とヴァイオリンで弾きたい代表曲について解説していきます。, ビール醸造業者の家にて育ち、音楽好きであった父の影響を受け、幼少期からヴァイオリンとピアノに親しみました。, 6歳の時には公の場で演奏するほどの腕前になり、その後「フランチシェック・イカヴェッツ」に師事し、作曲を若くして学んだといわれています。, この頃のスメタナは父の仕事の影響から転勤が多く、再度転校するなど環境の変化が大きい幼少期を過ごしました。, ただ、それが人格形成に悪い影響を与えたわけでなく、クラシック音楽家の中では比較的穏やかな幼少期を過ごしたとされています。, スメタナは家族の元から離れ、プラハ「アカデミック・グラマー・スクール」に進学しますが、学校に馴染むことができず不登校になります。, スメタナは学校に行かずコンサートに通い、幅広い音楽の教養を身につけます。 有名な作曲家を29名紹介していきます。人間の歴史上で偉大な功績を遺し、世界的にも名前が知られる作曲家達について見ていきましょう。, 人間が音楽を奏でるようになって以降、その長い歴史の中では、音楽を創作して人々を魅了する作曲家達がたくさん生まれてきました。, その数は無名な者まで含めると数え切れないほどで、彼ら作曲家によって、人間社会における芸術や文化は大きく発展してきたと言えるでしょう。, この記事では、誰もが知るモーツァルトやバッハ、そしてベートヴェンを始め、音楽の歴史において重要な役割を果たし、多大な影響を遺した、世界的にも有名で歴史的に偉大な作曲家29名を紹介していこうと思います。, ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1097〜1179年)は、作家、神秘家、作曲家、そして中世ドイツを代表する宗教家であり、キリスト教カトリック教会において、聖人の中でも博学で偉大な業績を残した者へ送られる教会博士にも選ばれた女性。, 当時、宗教界のみならず、社会全般において女性が重要な役割を担う事は滅多にありませんでしたが、ヒルデガルト・フォン・ビンゲンは例外的に、非常に高い学識を備えていたため、強い影響力を持ち、中世ヨーロッパ最大の賢女とさえ言われました。, 作曲家としては、従来のグレゴリオ聖歌の境界を押し広げる多くの典礼用の宗教曲を作曲し、中でも、宗教音楽劇の「オルド・ヴィルトゥトゥム(諸徳目の秩序)」は彼女の代表作です。, 中世からルネサンス期に活躍したジョン・ダンスタブル(1390〜1453年)は、両期間の移行期に大きく音楽の発展に寄与したイングランドの作曲家。, 初期のルネサンス音楽の楽派として知られる「ブルゴーニュ楽派」は、このジョン・ダンスタブルから影響を受けて発達していったと言われます。, イタリアのルネサンス期の聖楽作曲家であるジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ(1525年頃〜1594年)は、イタリアルネサンス後期に生きた音楽家。, ミサやモテット、マドリガル、オッフェルトリウムなど、キリスト教の音楽分野で様々な作品を残したことから「教会音楽の父」とも言われます。, ウィリアム・バード(1543〜1623年)は、ルネサンス期にイングランドで活躍した作曲家。, 作曲家ウィリアム・バードは、宗教的ポリフォニー(複数の独立したパートからなる音楽)や世俗的ポリフォニーなど、当時イングランドでは最先端となる様式で多くの曲を作曲したことで知られ、「ブリタニア音楽の父」とも言われます。, バロック期におけるイングランドの作曲家であるヘンリー・パーセル(1659〜1695年)は、「テ・デウム」や「ユビラーテ・デオ」など、初期バロック音楽の名作を作曲しました。, イタリアやフランスの影響を受けながらも独自の音楽を生み出したことで、歴史上で最も優秀なイギリス人作曲家の一人として知られます。, 作曲家・音楽家のヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685〜1750年)は、18世紀に活躍したドイツ出身の作曲家で、史上最も偉大な作曲家の1人だと考えられています。, 現在も人気がある合唱曲や管弦楽曲を作曲し、西洋音楽の基礎を作り上げた作曲家であると言われることさえあり、生涯において作曲した数々の曲によって、音楽史上最も多作な作曲家の一人に数えられます。, ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685〜1759年)はドイツで生まれ、多くの時間をイングランドで過ごした作曲家。, 古典派を代表するオーストラリアの作曲家フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732〜1809年)は、ピアノ三重奏曲や弦楽四重奏など、室内楽曲の発展を助けました。, また、非常に多くの交響曲や弦楽四重奏曲を作曲した多作家であり、交響曲の父や弦楽四重奏曲の父とも呼ばれます。, 歴史上で初めて大規模な交響曲を作曲した作曲家の1人であるのみならず、ソナタの発展にも貢献しました。, オーストリアの古典派音楽の作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756〜1791年)は、6歳の時に作曲を始めた天才で、600曲以上の作品を残し、史上最も偉大な音楽家の1人だと考えられているドイツの作曲家です。, ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンに代表される18〜19世紀初頭にウィーンで活躍した作曲家達の総称「ウィーン学派」の三代巨匠の一人と言われ、神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家としての称号を持っていました。, 現在のドイツ領にあたる神聖ローマ帝国ケルン大司教領のボンで生まれた作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年〜1827年)は、古典派音楽とロマン派音楽の橋渡しをした音楽の天才。, 作曲家として活動し始めた当初は問題なかったものの、徐々に持病の難聴が悪化して、28歳頃には最高度の難聴者となってしまいました。, しかしそれでもベートーヴェンは、交響曲第9番、ピアノソナタ、弦楽四重奏曲、ミサ・ソレムニスなど、多くの大作を残したのです。, 並外れた才能の持ち主であったルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作品は、聴いた人に対して、深い感情と同時に湧き上がる力を呼び起こさせます。, アドリア海に面した町ペーザロ出身のジョアキーノ・ロッシーニ(1792〜1868年)は、イタリアの有名な作曲家。, また、フランス革命に共感したロッシーニは、パリへ移住してフランスでも作曲をし、グランドオペラ「ウィリアム・テル」を世に出したことでも知られます。, オーストリアの作曲家であるフランツ・シューベルト(1797〜1828年)は、古典派音楽とロマン派音楽の橋渡しをした人物です。, また、世俗音楽の偉大な作曲家でもあり、「アヴェ・マリア(エレンの歌第3番)」や「ピアノソナタ第20番」、他にも「交響曲第8番」や「交響曲第5番」を作曲しました。, さらにドイツ歌曲に関しては特に功績が大きいとされ、歌曲の王と呼ばれることさえあります。, ロマン派音楽のフランスの作曲家エクトル・ベルリオーズ(1803〜1869年)は、「レクイエム(死者のための大ミサ曲)」や「幻想交響曲」を作曲したことで知られる歴史的な音楽家。, ロマン派音楽と近代的なオーケストラの発展に大きく貢献した人物で、特に色彩的な管弦楽法によってロマン派音楽の動向を先取りしました。, ロマン派音楽のドイツ人作曲家フェリックス・メンデルスゾーン(1809〜1847年)は、交響曲や協奏曲、オラトリオ、ピアノ曲、室内楽を作曲した人物。, フランスのパリで活動していたことで知られる歴史的に有名な音楽家「フレデリック・ショパン(1810〜1849年)」は、現在のポーランドに当たるワルシャワ公国に生まれた人物です(※当時ポーランドの領土は他国に支配されており、国家として存在していなかった)。, 歴史上で最も影響力を残したピアニストであると同時に、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家として有名でした。, ショパンが作った夜想曲やワルツなどは、音楽に詳しくない人でも耳にしたことがあると言える曲で、音楽史に残した彼の影響力を理解出来ます。, ハンガリーの作曲家でピアノの名手であったフランツ・リスト(1811〜1886年)は、有名な作曲家であるワーグナーらと共に、新ドイツ派と呼ばれる楽派に含まれ、また交響詩の創始者としても知られます。, フランツ・シューベルトなど他の作曲家が作曲した曲をピアノ曲に編曲したり、交響詩など新しい音楽のアイデアを展開したのでした。, リヒャルト・ワーグナー(1813〜1883年)は、「ニーベルングの指環」などの壮大なオペラを作曲した作曲家です。, また、19世紀のヨーロッパを中心とする音楽を指す「ロマン派」を代表する人物と知られ、作曲だけではなく指揮者としても活躍しました。, さらに、作家としても活動しており、哲学的なものを中心とした複数の著書を残しています。, 19世紀の代表的なイタリア人オペラ作曲家ジュゼッペ・ヴェルディ(1813〜1901年)は、オペラの質を向上させた音楽の天才だと考えられている人物。, 例えば、「椿姫」や「アイーダ」などは、オペラ自体は知らなくても名前を聞いたことがあるかもしれません。, また、ジュゼッペ・ヴェルディは、イタリアの統一運動においても強い影響力を持った人物として知られていました。, オーストラリアを中心に活躍したヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899年)は、作曲家であり指揮者として知られる人物。, ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキー(1840〜1893年)は、ロマン派作曲家としては最も偉大であったと言われる人物。, 19世紀後半のロシアで、民族主義的な芸術音楽の創造を目指した作曲家集団「ロシア5人組」の一人であるニコライ・リムスキー=コルサコフ(1844〜1908年)は、多くの管弦楽曲や民族色の強いオペラを残しました。, イングランドの作曲家であり指揮者であったエドワード・エルガー(1857〜1934年)は、世界中の演奏会で取り上げられる数々の楽曲を残しました。, また、エルガーの作品の多くは、イングランドとイギリスの音楽的アイデンティティにおいて重要だとされ、代表作には、, オーストリア帝国ボヘミア・イーグラウ近郊のカリシュト村(現在はチェコにあたる)に生まれたグスタフ・マーラー(1860〜1911年)は、ロマン派音楽後期の作曲家。, 「交響曲第1番」や「交響曲第2番」、そして「交響曲第5番」は、クラシック音楽の中で特に有名な曲で、また、彼自身も交響曲と歌曲の大家として知られています。, フランス出身の印象主義音楽の作曲家クロード・ドビュッシー(1862〜1918年)は、従来とは異なる音階と半音階を使い、新しいクラシック音楽を展開しました。, このように伝統から外れた技法で独自に作曲をしていったため、彼が生きた時代には最も影響力を持った作曲家だと言われます。, 代表作にはベルガマスク組曲の「月の光」、他にも「夢想」や「牧神の午後への前奏曲」などが含まれます。, イギリスの作曲家グスターヴ・ホルスト(1874〜1934年)は、イングランド各地の民謡や東洋的な題材を用いた作品、そして吹奏楽曲などで知られます。, 彼の曲は当初、リヒャルト・ワーグナーの影響を受けていましたが、後にはイングランドの民族音楽とインド神話のヴェーダからインスピレーションを得たことで、独自のスタイルを確立していったのです。, ちなみに、ホルストの曲で最も世界的に有名なのは、「惑星」という管弦楽のための組曲です。, フランスとアメリカで暮らしたロシア出身の作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882〜1971年)は、新古典主義の発展に貢献した影響力の大きい作曲家です。, また、20世紀を代表する作曲家の一人であり、音楽のみならず芸術面全般へ広く影響を与えました。, ストラヴィンスキーのバレエ曲「火の鳥」、「ペトルーシュカ」、「春の祭典」は特に有名です。, ロシアのサンクトペテルブルク出身で、ソビエト時代に活躍した作曲家ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(1906〜1975年)は、新古典主義と後期ロマン派音楽を融合させたことで知られ、特に交響曲に関しては大家とされています。, 「ワルツ第2番」や「交響曲第15番」、そして「ピアノ協奏曲第2番」などを遺し、20世紀における最も偉大な作曲家に数えられます。, ユダヤ系アメリカ人の作曲家レナード・バーンスタイン(1918〜1990年)は、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の指揮者の指揮者としても知られ、クラシック音楽とポピュラー音楽の橋渡しをした人物でした。, 「オン・ザ・タウン」や「ワンダフル・タウン」、「ウエスト・サイド物語」などのミュージカルを作曲したことで知られ、また、アメリカ生まれの人物としては、音楽の歴史上で初の世界的なレベルの指揮者となったことで有名です。, このような業績から、20世紀後半のクラシック音楽界においては、偉大なスター音楽家だったとされています。, ドイツ出身のハンス・フロリアン・ジマー(1957年〜)は、エンターテイメント業界が盛り上がる現代においては世界的に名前が知られる作曲家。, 特に、映画音楽の分野において非常に有名で、これまでアカデミー賞受賞を始めとして、多くのアカデミー賞ノミネートや、ゴールデングローブ賞ノミネートを経験しています。, 彼が音楽を手がけた作品はヒット作になることが多く、例えばその代表として、アカデミー賞およびゴールデングローブ賞の作品賞を受賞した「グラディエーター(2000)」は有名でしょう。, このような優れた才能を持つ作曲家がいるからこそ、人間の文化や芸術は飛躍的に発展してきたと言えるでしょう。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。.

安室奈美恵 Finally~ Mp4 8, Cf B11 無線lan 交換 13, Ff11 ジョブ 装備 9, 落合博満 名言 監督 5, S Works Tarmac Sl4 2014 5, Xファクター 審査員 女性 14, 26歳 焦り 人生 14, ポスタス タイムレコーダー 管理画面 12, Wifi 中継器 作り方 5,

Write a comment