朱蒙(チュモン) あらすじ紀元前1世紀。2,000年以上にわたり栄えながらも、漢によって滅ぼされた大帝国「古朝鮮(コジョソン)」。朝鮮民族の小国群に保護を求め逃げ込む流浪の民。古朝鮮(コジョソン)の流民開放と失地回復という大志を抱く英雄ヘモ 金蛙(クムワ)が朱蒙(チュモン)に対し、大変友好的だったためといわれています。 この部分はドラマのお話も遠からず・・・なんですね。 さて、召西奴(ソソノ)はどうなの? 本当に取り合っていたのでしょうか・・・。 百済の初代王:温祚王(オンジョワン)の母。 卒本扶余の延陀勃(ヨンタバル)の娘。 高句麗の初代国王東明聖王(トンミョンソンワン)=朱蒙(チュモン)の奥さんでもあります。 tvドラマ【朱蒙 -チュモン-】ではハン・ヘジンが召西奴(ソソノ)を演じました。 朱蒙チュモンとは2006年5月15日から2007年3月6日までの間、韓国mbcで放送されたテレビドラマ(時代劇)です。朱蒙チュモンは全部で81話もあります。メインキャストを務めたのはソン・イルグック。さらに、ハン・へジンをはじめとし豪華なキャストさんが勢揃いした作品になっています。 朱蒙チュモンのあらすじや作品情報に加え、キャストや登場人物、相関図を画像を用いてご紹介しました。ドラマの人気は回を重ねるごとに過熱していました。一度見始めたら止まらない、高依存性のドラマで、エンタテインメント性を追求した痛快ストーリーになっています。キャストが多くて混乱してしまう方もキャストそれぞれの画像と相関図の画像を参考にして、是非楽しんでご覧ください! 朱蒙チュモンは韓国MBCで放送されたテレビドラマです。日本での放送時には『朱蒙ーチュモンーPrince of the Legend』のタイトルが用いられました。『三国史記』「百済本紀」の本文と分注別伝に記された東明聖王やその一族(温祚王など)の神話伝承を元に、高句麗初代王とされる朱蒙(東明聖王)を主人公とし製作された韓国の史劇ファンタジーであります。, 次に朱蒙チュモンのあらすじについて触れていきます。紀元前108年に漢の侵略により古朝鮮国が滅亡しました。国を失った流民たちを率いて漢に抵抗する民族の英雄ヘモス(解慕漱)は漢軍との闘いで重傷を負い、河伯(ハベク)族の娘ユファ(柳花)に救われました。やがてふたりは恋に落ちていき、ユファはヘモスの子を身ごもりますが、それを知る間もなくヘモスは漢軍の矢に倒れてしまいます。愛する人を失ってしまった悲しみの中で、ユファはヘモスの親友で扶余(プヨ)の太子クムワ(金蛙)に保護され、男児を出産しました。, その男児をチュモン(朱蒙)と名付けました。心ひそかにユファのことを思っているクムワは彼女を側室に迎えて、友の忘れ形見チュモンにあきれながら、ソソノはなぜか彼のことが心に残ってしまいます。その後、兄たちの策略でついに宮中を追放されてしまったチュモンは、実の父親がヘモスであるとも知らずに、偶然出会った盲目の男性から武芸を学び、強く生まれ変わっていきます。, 誰からも見下されていたチュモンが様々な人々との出会いやそこで起こる試練を重ねるうちに大きく成長し、やがて扶余を旅立ってタムル軍を再組織、そして漢との壮絶な闘いを勝ち抜くことで、高句麗(コグリョ)の偉大な初代大王として歴史に名を残すまでの軌跡が描かれています。, 韓国ドラマ朱蒙チュモンでメインキャスト(チュモン役)を務めたのはソン・イルグック。さらに、ソソノ役をハン・へジン、テソ役をキム・スンス、ユファ役をオ・ヨンス、クムワ役をチョン・グァンリョルといった絶妙なキャストの組み合わせとなっています。. 全部で81話まであり、登場人物の相関図を理解するのも難しいですが、わかりやすい登場人物相関図の画像をのせておいたので是非参考にしてください!また、以下で画像を用いて主要登場人物についてピックアップしご紹介しているので、相関図と照らし合わせて最後までご覧ください! 紀元前1世紀。2,000年以上にわたり栄えながらも、漢によって滅ぼされた大帝国「古朝鮮(コジョソン)」。朝鮮民族の小国群に保護を求め逃げ込む流浪の民。古朝鮮(コジョソン)の流民開放と失地回復という大志を抱く英雄ヘモス。, そのヘモスを救い、やがて恋に落ちるが、漢の鉄騎軍に一族を皆殺しにされた河泊(ハベク)族のユファ姫。ヘモスの同志、親友であり、ユファ姫を心密かに想う扶余(プヨ)の太子クムワ。3人それぞれの愛と信頼関係が世代を超えて絡み合い、因縁となって巡っていく。, そして、ヘモスが漢軍の矢に倒れ生死不明となった20年後・・・クムワは扶余(プヨ)の国王となり、ヘモスとユファの息子チュモンは、実の父を知らぬまま、クムワ王の第三王子として育てられ、王の側室として迎えられた母ユファと共に、その寵愛を受けていた。, 正室である王妃と2人の兄は、嫉妬と憎悪に狂い様々な謀略でチュモンを陥れようとする。意気地が無く軟弱な王子チュモンは、賢く強く美しい娘・ソソノや、運命を共にする仲間達に出会い、数々の逆境や試練を経て、強靭な真の英雄に変貌していく・・・!. 朱蒙チュモンのキャストまとめ!登場人物を画像・相関図で紹介【韓国ドラマ】のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。. 朱蒙チュモンは韓国MBCで2006年5月15日から2007年3月6日まで放送されていたテレビドラマです。メインキャストを務めたのはソン・イルグク。さらに、チョン・グァンリョルやオ・ヨンス、ハン・へジン、キム・スンスなど多くの豪華キャストが勢揃いした作品になっています。そんな素晴らしいキャストさん方が演じた登場人物を画像や相関図を用いてご紹介します! 出典: https://sakurasakurasakura.at.webry.info, メインキャストとしてチュモン役を演じたのはソン・イルグク。チュモンは、ヘモス(解慕漱)とユファ(柳花)の間に授けられた男の子です。実の父親であるヘモスの親友で扶余(プヨ)の王クムワ(金蛙)の息子として扶余の王子として育てられました。ヘモスの成し得なかった祖国を取り戻すという大業のため、あらゆる試練に立ち向かいます。また、朱蒙とは弓の達人に贈られる名称のことであり、作品の中でも百発百中の腕前として描かれています。, ソ・ソノ役としてキャストを務めたのは,ハン・へジン。ソ・ソノは、大商団を率いる君長ヨンタバルの聡明な娘。時代を見通す賢さと死を恐れない大胆さを持ち合わせています。その美しい容姿と賢明さにより、ふたりの王子チュモンとテソ(帯素)に思いを寄せられます。その後に、韓民族最初の女王となります。, テソ役としてキャストを務めたのは、キム・スンス。テソは、扶余の王であるクムワの長男であり、武術・知力・策略に秀でた王子です。チュモンに向けられるクムワとソ・ソノの愛に激しく嫉妬心を燃やし、優れた能力を持ち合わせながらも、チュモンのこととなると手段を選びません。, ユファ役としてキャストを務めたのは、オ・ヨンス。ユファはチュモンの母であり、誰もが一目惚れしてしまうほどの美しさをもつ河伯(ハベク)族の娘です。戦闘で大きな怪我を負ってしまったヘモスを誠心誠意手当し、かくまった罪で漢軍に同族を皆殺しにされるという悲劇を経験します。ヘモス戦死の報せを受け深い悲しみに暮れ、やがてクムワの側室となりヘモスとの間に身ごもった息子チュモンを出産します。, ヘモスの抱いた大業をチュモンに成し遂げさせることを第一に考え、そのためには自他のいかなる犠牲をも躊躇しないなど、果断な母親として描かれています。, クムワ役としてキャストを務めたのは、チョン・グァンリョル。クムワは、扶余の王であり、チュモンの義父にあたります。思慮深く独立心にあふれた君主で、民や家臣から畏れ敬われていました。また、深い友情で結ばれたヘモスとともに流民を導き、漢軍に抵抗しました。その後、漢の力に屈しながらも扶余の王となって勢力を拡大しました。ヘモスを危機に追い詰めた自責の念にさいなまれつつ、彼を慕うユファを側室として王宮に入れチュモンを王子として育てていきます。, 常に自らを戒め、扶余の繁栄を第一に考える名君でありましたが、流民を救うという初心を忘れたために古朝鮮の復興を願う民心は息子のチュモンに集まり、高句麗の台頭を許してしまいました。, ヘモス役としてキャストを務めたのは、ホ・ジュノ。ヘモスは、古朝鮮の滅亡後、流民を助けてゲリラ的に漢に抵抗するタムル軍を率い、韓民族の英雄として活躍します。しかし、漢の圧力に屈する扶余の先代の王に裏切られてしまい、さらに漢軍につかまり両目をつぶされてしまいます。悲惨な経験をしたヘモスのその後の生死は不明となってしまいます。. こんばんは〜本日はドラマ「朱蒙〜チュモン〜」の帯素(テソ)と朱蒙(チュモン)ではなく、史実上の二人の関係を調べてみました。『三国史記』によると、史実の中では帯素(テソ)と朱蒙(チュモン)の間に戦争はなかったとのこと・・・。(えっ、そうなの〜)朱蒙(チュモン)が高句麗を建国した時もその後も扶余(プヨ)の王は金蛙(クムワ)だったためだそうです・・・。帯素(テソ)が王になったのは朱蒙(チュモン)の息子の類利(ユリ)【瑠璃明王(ユリミョンワン)】が第2代王になっってから!金蛙(クムワ)が朱蒙(チュモン)に対し、大変友好的だったためといわれています。この部分はドラマのお話も遠からず・・・なんですね。さて、召西奴(ソソノ)はどうなの?本当に取り合っていたのでしょうか・・・。どう考えても「不可能」みたいです扶余(プヨ)と卒本(チョルボン)は大変遠いため、帯素(テソ)と召西奴(ソソノ)は出会う機会もすれ違う機会もなかったのでは?とされています。召西奴(ソソノ)が原因で、帯素(テソ)が朱蒙(チュモン)を恨む・・・ということはなかったんですねぇ〜なんか・・・事実と創作の両方を見て(すごく)楽しんでいるのは私だけかしら・・・, 韓流ドラマ(特に時代劇もの)にすっかりハマってしまった、お気楽主婦の”備忘録”サイトです。かなり曖昧ですが(笑)見てやって下さい♪.

片岡篤史 成績 なんj 13, 固定資産 20万円 大企業 5, 犬 首 腫れ 10, アキナ 秋山 学歴 5, Grb ドライブ レコーダー 取り付け 位置 4, フォレスター 見積もり ブログ 4, ストレート 握り 薬指 31,

Write a comment