Copyright (c) WireAction, Inc. All Rights Reserved. Copyright (C) 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. 最初の10月、11月のシーズンレギュ... 小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)2020年10月〜. 2019年9月末日をもって番組の卒業しました。 ... 2011年4月から放送開始した Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. 「断ちごはん〜和牛もいただきます〜」 長寿番組だからこそ、メンバーの入れ替えを行いフレッシュな番組を維持していますね。定期的なテコ入れは長寿番組では必須事項でもあります。 『欲張りランチタイム(のぞまぬ&bassick)』が流れた。 情報タイプ:その他音楽 ・ヒルナンデス! 『極上松茸&絶品蕎麦ローカル線旅 東京ディズニーランド新エリア』 2020年11月10日(火)11:55~13:55 日本テレビ というコンセプトの恋愛リアリティーショーです。 レギュラーメンバーだった有吉弘行さんが )は、2011年(平成23年)3月28日から日本テレビ系列で、月曜日から金曜日の11:55 - 13:55(JST)に生放送[2]されている情報・バラエティ番組である[3]。, 2011年3月25日を以て終了した『DON!』の後継番組。これまでの情報番組路線から一転し、同枠としては1968年10月の番組改編以来43年ぶりにバラエティ枠となった。番組の開始が発表された時には『南原清隆のお昼ナンです。』(なんばらきよたかのおひるなんです)という仮タイトルがあった[3]。, 30代以下の若年の主婦の視聴者をターゲットとしており、グルメ・ファッション・エンタメ・ニュースなどの情報をクイズ・ランキング・ゲーム形式にして紹介する企画や、人気スポットを巡るロケ企画、ミュージシャンの生演奏などのコーナーがある。, 番組開始から2012年3月30日までは事前番組として、11:25 - 11:30に『まもなく!ヒルナンデス!』も放送されていた(後述)。一方、クロスプログラムは番組開始当初から継続しており、木曜日のみ2012年4月頃からナレーターではなく出演者が番組予告をVTR画面の下半分にあるワイプからリレー形式で読んでいたが、2016年後期以降は木曜日も他の曜日同様のパターンとなり全曜日でクロスプログラムが統一された。なお、このクロスプログラムは放送されていない地域がある。(RNCなど)2018年6月現在、11:43.45から15秒間放送されている。, スタジオは観覧方式(以前の朝・昼のワイドショーで見られる「サロントーク型」のスタイル)で、観覧者は18歳以上の視聴者からハガキと公式サイトで募集している。, 『DON!』以前までは画面の左上に時刻表示を行っていたが、当番組では実施していない。, ※生放送のため、曜日コーナー・企画を必ず毎週放送するとは限らない。また、一部企画などは2週にわたって放送されることもある。, ※2020年4月現在、新型コロナウイルスの影響により、いずれの曜日のコーナーも継続が困難となり、ロケ中止または過去の映像を再放送する形を取っている。, MC:有吉弘行→SHELLY、久本雅美、(陣内智則)→川島明[17]、黒羽麻璃央[17]→滝菜月、(梅澤廉), のぞまぬ&BASSICK[注 62]「欲張りランチタイム」(2020年10月1日 - 、オープニング・エンディングテーマ曲), 槇原敬之「LUNCH TIME WARS」[注 67](Buppuレーベル)(番組開始 - 2020年2月13日、オープニング・エンディングテーマ曲[注 68]), 番組のタイトルロゴとオープニングアニメに描かれたピンク色の吊り目の猫(フェルナンデスくん)とオレンジ色のビーグル犬に似た垂れ耳の犬(フィル・アンデスくん)。ロゴではフェルナンデスくんには「Do you Enjoy?」、フィル・アンデスくんには「Yes!」というフキダシがついている。オープニングのアニメのほか番組中のロケVTRや週間天気予報内に登場する。彼らがメインのコーナー「フェルナンデスくんが行く!」ではパペット人形になり、視聴者のために得する情報やプレゼントをゲットするべく赤い封筒に導かれてリポートロケを敢行するリポーターとして登場。それぞれの詳細は下記を参照。いずれも、目や眉や口などのパーツを付け替えて表情を変えられるようになっている[注 70]。, 番組開始時は毎日ある程度の出番があったが次第に活躍の場が減っていき、2013年10月以降は下記の通りフェルナンデスくん1号のみセリフ付きの出番がある程度である。またおねがいマイメロディとのコラボグッズなどのキャラクターグッズも多数発売されており、特に2013年5月にはフェルナンデスくん1号をベースにしたハンドパペットが「フェルナンデスくんの兄弟たち」として限定2000体で販売されており、1体ずつシリアルナンバーが入っている[1]。, 2017年10月の番組リニューアルに伴い、各コーナーの開始時などにパペットに準じたデザインのフェルナンデスくん1号とフィル・アンデスくんのCGアニメが流れるようになった。, 2012年8月6日 - 8月10日、2013年8月5日 - 8月9日、2014年8月4日 - 8月8日、2015年8月3日 - 8月7日、2016年8月8日 - 12日、2017年7月24日 - 28日、2018年7月30日 - 8月3日、2020年8月10日 - 8月14日は夏休みのため、曜日MC(曜日レギュラー)が代理でメインMCを務めた。, 正式加入前に主に水曜のVTR企画でゲストに出ることが多かっため、レギュラー加入後も暫くは水曜のつるののロケにゲスト出演していた。, それ以前も2018年1月 - 2019年3月のVTR企画にレギュラー出演していた。, 2019年10月 - 11月までは水曜シーズンレギュラー。2020年4月より正式な木曜レギュラーとして加入。, 番組開始から2012年3月までは水曜隔週レギュラー。2012年4月から2013年3月までは金曜隔週レギュラー。同年4月より毎週出演。ただしそれ以後も回によっては出演しない時もある。, 2012年4月 - 2019年9月は火曜レギュラー。同年10月より金曜に移動。なお、2020年6月8日は火曜日に久々に出演。, 2015年10月から2016年3月までは金曜隔週レギュラー。同年4月より毎週出演。, 自身の不倫報道の影響で2013年5月24日・31日は体調不良により出演を見送っていたが、そのまま降板となった。, 2017年4月以降はVTR企画のレギュラーとして出演していたが、2019年12月を境に出演していない。, 卒業後は金曜VTR企画「東海道レッツ五十三次 新名物探し」のみを2018年9月まで担当。, 2017年4月以降はVTR企画のレギュラーとして出演していたが、2020年10月に出演していた企画が終了。以降の出演については不明。, 2017年1月から3月までは火曜VTR企画「メイプル超合金の突撃!ギリギリアンケート」を担当。, このときテロップは13:30頃のニュースコーナーのテロップは使わず、NNN報道特別番組仕様のテロップが使われた。, この週は梅澤が夏休みのため同局アナウンサーが代打で出演。滝はニュースコーナー担当で固定。出演者は以下の通り, マジシャンはフェイスシールドを着用、レギュラー・ゲストがマジックに参加する際には手袋を着用するなど感染拡大予防の対策が取られた状態で行われた。, 以前は曜日企画によっては実際される場合であったが全曜日実施されるようになった。そして、, 本来は3月の最終週までの出演だが、つるの剛士とブルゾンちえみの卒業が優先され、翌週に卒業となった。, 山之内・島は、2020年5月までが本来の出演期間であったが、島は自身のラジオ「島太星のぽっぷんアイランド」(, 新型コロナウイルスによる編成変更のため、2020年4月6日 - 4月10日は月・火・金曜日を杉野、水・木曜日を杉上が、4月13日 - 6月12日は笹崎と郡司による隔週交代制に変更された。但し郡司が担当する週のうち、火曜日は郡司が, 9月9日(月)は、同じくアシスタントの梅沢もロケのためスタジオを欠席したため、当日の代打で出演した, 通常の曜日企画では、坪倉も出演していたがスペシャルロケ企画では舞台のため不在であった。, 以前は自撮り棒による撮影であったが、7月27日よりスタッフ数人(カメラマン・照明)が派遣される形で撮影を行っている。, 番組中盤より井ノ原を除く4人のメインパーソナリティを番組内で発表し、コーナーにも出演した。, チョコレートプラネットと有岡・八乙女は、同じ会議室内でそれぞれ一定の距離を空けた状態で出演, 有岡・八乙女は8月4日・9月15日では、「謎解きチームバトル」終了後から別の会議室に移動した。, 謎解きバトルの優勝者として優勝商品の贈呈ため、番組中盤よりスタジオ内のクロマキーから出演, 番組冒頭のコーナー終了後に八乙女がいる会議室に移動し、一定の距離を開けた状態で出演, 和牛は6月24日・7月15日・8月12日・8月26日・9月9日・9月16日は、同じ, 9月23日ではオードリーがヒルナンデス!とイッテQ!のコラボレーション企画で春日が購入したTシャツを着用し、最後まで出演した。, 緊急事態宣言解除以降も当面の間、大阪にある自宅から出演する事を発表しており、8月13日に4ヶ月ぶりに, 撮影は八木の妻が担当しており、放送中に出演する事もある。但し、一般の方であるため自作したお面で顔を隠して出演する。, 富田は、7月2日・8月20日に横山、7月9日に中間、9月17日に桐山と同じ会議室から一定の間隔を開けて出演。, 他のスタジオ出演者に比べて間隔が広く取られており、撮影には小型カメラなどが使用された。, 番組オープニング・エンディングのリモート画面では過去のリモート出演時の静止画を流用した。, 5月11日放送時点に南原が2番を完成しており、その歌詞で収録した島の歌声に卒業を記念してサプライズで月曜レギュラー全員が曲に参加した作品, パスを使用したのは、月曜日の藤田ニコル(1問目)、火曜日の八乙女光(2問目)、金曜日の本田翼・河北麻友子(共に1問目), 地上デジタル放送の番組内容には両者の出演が明記されていたが、当日までに該当箇所は削除・修正された。, 火曜日では審査員がレギュラー4人による判定であったため同点になった場合は、コーナーMCの長田が判定に加わり勝者を決定した。※八乙女はモノマネ披露後は、審査員に加わり5人で審査を行った。, 同対決内では、ヒルナンデス!から火曜レギュラーのチョコレートプラネットがイッテQ!への出演権を獲得、こちらは8月9日放送分のイッテQ!で出演を果たした。, 伊藤は、2018年6月13日(水)の放送で福岡からの中継アナウンサーとして出演したことがあったが、スタジオからの出演は今回が初めてであった。, 当コーナーでは、不正解後はコーナー終了まで声だけの出演なのだが横山不正解後のCM明けに客席にいる横山を映し、『横山, 日テレ、昼帯の新MCは南原清隆と新人・水ト麻美アナ 〜同枠45年ぶりにバラエティ復活, 大泉洋、激推し! 新バラエティースター・島太星、『ヒルナンデス!』月曜レギュラーに, 日テレ「ヒルナンデス!」 槇原敬之が手掛けたテーマ曲「今後は使用する予定はありません」, 森三中・黒沢かずこ、2度目のPCR検査が陰性と発表「味覚、嗅覚も回復して、現在は自宅療養」と村上が報告, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヒルナンデス!&oldid=80415729, 佐藤が前日に30歳の誕生日を迎えたことからエンディングに南原から花束が贈呈された。, 演出:冨永琢磨(月、2019年6月3日-、以前は火曜アシスタントディレクター►ディレクター►→2017年12月5日-2019年6月4日までは火曜演出)、木村将士(2019年6月11日-、以前は月・金曜►一時離脱►水曜担当►火曜ディレクター)、前田大輔(2020年4月7日-、以前は火曜アシスタントディレクター►火曜ディレクター)(火)、有田駿介(水、2017年12月13日-、以前は金曜ディレクター►一時離脱►復帰)、中村文彦(木、2020年6月4日-、以前は木曜ディレクター)、高野修(金、以前は金曜ディレクター), TK:大岡伸江(月)、石島加奈子(火)、矢島由紀子(水)、田中彩(木)、桜井えみこ(桜井→以前は金曜►火曜►一時離脱►金曜►一時離脱►金曜►一時離脱)、山岸由佳(山岸→一時離脱►復帰、週によって火曜のみの場合あり)(金、桜井・山岸は交代制), 音効:古川市郎(月・木、以前は木曜日)、古野達生(月・火曜以外、以前は毎曜日→火曜以外)、北澤寛之、浅利聡美(北澤・浅利→火)、井上研一(水、以前は月曜日兼務)、伊藤匡祐(金), 編集:小宮純一、駒井健一郎、大場浩二、上田祐介、岡田秀一、清水良浩(清水→2020年1月13日は沈み良浩名義)、北浦義(美)夫、橋本竜(達)也、井出慧、小森佑(祐)輔、岡本直人、廣(広)川良一、安田裕貞(禎)、岡崎正和、瀬戸口靖治、宮崎章司, MA:佐藤卓也(佐藤→以前はフェルナンデスくん)、松川智実、小林育、村上敏之、大野健志、吉田章太(大)、天野彩花、矢沢知世、加々見信吾、小田島広貴、川端千尋, デスク:三島あずさ(月・水・金→以前は、月~水担当)、中尾有紀(火・木)/近藤由衣(毎曜日→以前は、水担当), 制作進行:森田真由美(水)、池田雅美(木、2019年7月4日-、以前は木曜アシスタントディレクター)、髙橋秀与(金、2020年10月2日-、以前は金曜ディレクター), AP:安原繭子(月、2020年4月6日-)、山田有紀(火、以前は火曜アシスタントディレクター)、大森智紗(木、2019年7月4日-、以前は木曜アシスタントディレクター→一時離脱→制作進行)、廣瀬詩歩(金、2020年11月13日-、以前はアシスタントディレクター►金曜ディレクター), (月)鈴木康裕、中島貴祐(佑)、舟根佳祐(舟根→木曜アシスタントディレクター►一時離脱►復帰)、東場真之、砂口茉耶、村上望、久保田恵菜、佐川祐美、亀谷優佳、久多良木千聡、寺田智香, (火)夷祐衣子、和田遥香、日下部優樹、田中麻梨紗、山形優和、久保瑞希、石川藍人、福田涼太、竹内遥香, (水)伊東理奈、新井祐太朗、佐藤可弥、上田進也、上田桃子、鳥越崇史、日吉理香、伊藤千夏(伊藤→以前は月曜)、小山晴菜、鈴木姫菜、伊藤杏朱、谷之木千穂、小森優花, (木)久保田早紀、渋谷さくら、兵藤圭、南朱里、田島大太、出原逸、沖野晃良、小松輝、曽我部玲奈、櫻木愛耶、黒柳亨、谷内芽生(池田・黒柳・谷内→以前は月曜), (金)安渡信太郎、石神颯太、大平千晶、小林梨菜、石井瑞紀、山本怜佳、市川潤、遊佐雅登、小川夢香、岡﨑歩、荻原未美花、野本開、及部弘右平(市川・遊佐・及部→以前は月曜), (月)日野力、寺野慎一郎、山口大輔、垣見麻里子、藤原亜矢、若菜久利、吉田聖、植村快、髙瀬美緒(髙瀬→以前は月曜アシスタントディレクター)(毎週)、矢島理恵子、大平祥子(大平→以前は木曜ディレクター►一時離脱)、江橋純一、武藤和也(武藤→以前はフェルナンデス担当►一時離脱)、渡邊麻子、東海林大介(不定期), (火)筧友秀、干場備前、渡邊伸、富永恵也、平田里菜、田中真理、鈴木あゆみ、内田義之、森山悠、梅津聡真、吉川愛美(平田・鈴木・森山・吉川→以前はアシスタントディレクター), (水)箙英明(以前は月曜►水曜担当►月曜担当)、長岡新(以前は月曜担当)、吉田雄太郎(吉田→以前は金曜担当)、服部孝司、長田雄磨、宮本勇佑、菅原諒、竹内翼(長田・宮本・菅原・竹内→以前はアシスタントディレクター)、木村智彦(毎週)、上野雅敬、有働可奈子、山村裕一、渡辺梢子、青木孝之、石坂啓人、清水克洋、丸山太嘉志(不定期), (木)森大祐(以前は月曜)、小谷信公(以前は水曜ディレクター)、富山歩、吉田慶介(吉田→以前は水曜►木曜担当►一時離脱)、大畠憲彦、下山美穂(下山→以前は金曜►木曜アシスタントディレクター)、伊藤琴美、中尾光佐、河内大将、荒谷未沙希(荒谷→以前はアシスタントディレクター)、大山藍、内田博樹、坂本侑哉(毎週)、檜垣和孝(檜垣→一時離脱►復帰)、大塚哉太、安部翔子(安部→以前はアシスタントディレクター)、川端洋輔(不定期), (金)若狭真美、渡辺学、土屋正和、神野正義、鈴木潤一郎(鈴木→以前は主に月曜担当、木曜担当兼務)、雨宮佑介、酒井麻衣(酒井→以前はアシスタントディレクター►一時離脱)、泉俊輔、三船淳、金誠貴(泉~金誠→以前はアシスタントディレクター)、本田拓也(本田→以前は月曜アシスタントディレクター→月曜ディレクター►一時離脱)、池田久仁(池田→以前は水曜アシスタントディレクター), プロデューサー:三觜雅人(2017年12月4日 -、以前は木曜演出►2014年4月1日 - 2017年12月1日は総合演出)、小林拓弘(2017年12月1日-)(全曜日)、大朏禎久(2020年4月1日からは水〜金曜、以前は月曜演出►プロデューサー►水曜プロデューサー►月曜プロデューサー)(3曜日)、米澤敏克(2020年4月6日からは月・水曜、以前は金曜►月曜担当►3曜日P)、大野光浩(2020年4月6日からは月・火曜、以前は火曜演出►火曜P)、伊藤彰(2020年4月7日からは火・木曜、以前は情報統括デスク►2014年6月2日-全曜日►4曜日P)(2曜日), (月)藤井良記(2020年6月1日-、2018年12月6日-2020年5月28日までは木曜演出)、橋村青樹、佐々木誠(橋村・佐々木→2020年4月6日-、橋村→以前は火曜ディレクター►火曜AP), (水)久道恵(2018年12月5日-)、村上剛(2019年7月3日-、以前は水曜ディレクター)、金沢浩二(以前は月►木曜ディレクター►一時離脱►木曜プロデューサー)、福留愛(2020年4月1日-、2020年1月13日-3月23日までは月曜プロデューサー), (木)藤戸星妃(2020年4月2日-、以前は木曜アシスタントディレクター►一時離脱)、草場千恵(以前は火・木曜デスク►一時離脱)、片平優子(以前は木曜アシスタントディレクター►ディレクター)、久保田博哉(2020年4月2日-、以前はアシスタントディレクター►ディレクター►2019年12月9日-2020年3月23日までは月曜プロデューサー), (金)渡邊政次(2020年4月3日-)、道下綾子(以前は月曜以外)、入江若菜(2020年4月3日-、以前は2017年6月2日-2019年6月まで火/金曜AP)、古橋光義(以前は金曜ディレクター), 演出:五歩一勇治(2018年8月30日 -、2017年12月1日 - 2018年8月29日までは総合演出), 音効:廣島隼(月曜・水曜・金曜担当)、田村佑資(火曜・木曜担当)、中村由紀(火曜担当)、佐藤裕二(以前は火曜・木曜担当→火曜担当)、松田創(金), 編集:秋田正樹、細川孝幸、青柳香織、兵藤真澄、島田金治、川口達也、曽根隼一、伊藤聡彦、朝日豊、池田博俊、橋本淳一郎、小澤章二、佐々木智司、須川浩之、鈴木裕司、大関秀雄、名雪健太郎、森岡佑次、岩品博之、辻泰治、曽根徹、藤河優、望月浩久、坪野洋季、竹内美穂、村田充、曽根隼一、原田裕文, MA:迫久寿雄(レシピの女王)、守谷由似、大須賀尚子、熊井明子、高橋博臣、小野寺淳、樽川由佳里、岡崎博之、渕野あゆみ、船木拓也、伊藤敬一、稲葉清香、中尾和博、浅井佑人、晴山恵輔、飯田太志、岩倉省吾、岸本権人、河野翔平、迫久寿雄、谷道建斗、中村豪仁、岡崎穣、長谷川真哉, デスク:池田千草、生田目瑞穂、大西真紀(大西→火曜・木曜担当)、志村美果(毎曜日→以前は、火・木・金担当)、太田悠(太田→火・木担当), (月)村上悠貴、山崎睦、馬場瞳、植松綾香、濱本亮、伊藤隼矢、佐藤恵太、澤村佳奈、白(石)井智也、國澤智子、山本航太、西田幸平、野口茉彩、吉田賢人、久保耕陽、川崎萌枝(衣)、吉田大光、井野場太一、土田百恵、武藤美咲、小林達郎、竹中未歩、小林愛、中野宏美、五十嵐力、中根明香、武田実沙子、上澤瑠衣、小竹宏美、青木友香子、真栄城南美、藤井彩加, (火)岸田英理、落合彰吾、長尾京佑、工藤真大、星啓大、大澤和宏、橋本寛之、佐藤貴之、三井那結、梅本大介、小林杏奈、宮城貴志、岩崎秀紀、大越洋学、森有紗、牛嶋満里令、勝間田彩花、本間美月、齋籐奈奈(齋籐→一時ディレクターの回もあった)、岡崎健人、鈴木麗奈、山本京介、木村康子、八松里帆、坂井由莉、島﨑(崎)絵里、小林真理乃、大西雄生、関谷里菜、佐々木啓美(実)、森田祥平、佐々木万由子、奥野雄士、米永圭祐、若山優希、松本恭誠、小山田羽那、岩﨑林太郎, (水)伊藤茉莉衣、田村沙都子、邊ナラ、松本慎太郎、龍田清香、越山理志、伊藤守男、井上千恵美、牧野裕介、富永有美、鈴木大介、柳川雄洋、渡部健太、久保基樹、谷川美樹、田村幸大、永田真里奈、内山智文、浅野菜穂美、大矢悠哉、佐伯美紅、高橋和弘、岡本和己(也)、阿久澤岳登、青井真宏(青井→以前は月曜►一時離脱)、池田美奈子、坂田富美(子)、井上将司、西本幸平、村岡佑亮、田中亜維、根本香奈恵、上野詩織、阿部瑞希、山田雄大、具志堅君代ミリ、柴山英俊、河村哲平、安川舞香、武居隆也, (木)高橋輝臣、越智えりか、城戸由貴子、宮良純子、花巻大祐(花巻→以前は水曜担当)、曳地麻実、毛塚仁志、鉾之原麻美、林優花、佐藤史織、寺村茉莉、吉田太地、呉俊鐸、橋本耕、菊地美帆、中津川大輝、須原翔、藤原亮介、武津岡大介、池田沙也佳、平川拓弥、鈴木保奈美、日比絢菜、並木沙織、井畑実香、柴田クマールアージュン、大元健、井上統暉、小山鹿の子、鈴木富美子、豊田莉加、青木優美、池上陽香、田中裕也、中川ゆりや、仙田尚希、山下宏樹、白仁田恵理、小栗佳世子、藤井友美、渡辺亜美、亀井健太、山内絵理子、織田一輝、渡邊菜月、近藤豪、星野開斗、髙宮由菜, (金)熊本利之、羽根葵、本間かなみ、伊藤優、林見良介、大橋沙緒里、春名美里、荒木優、大畑沙織、新井万季、菊地原将太、東川瞳、齋藤瑞季、佐藤亜沙子、菅田裕之、白井拓人、増田咲紀、落合楓、阿部一樹、伊藤祥太郎、横井啓人、五十嵐香織、長島果穂、今井稜也、宮崎玲菜、鶴田寛人、玄葉明日香、牧野邦彦、横溝加奈恵, (月)轟木勇哉、中原芳、大澤俊介、岩佐学(岩佐→以前は金曜担当►一時離脱)、石橋浩二、小松聡、坂仲久恵、真木健一郎、木下真梨子(木下→以前はアシスタントディレクター)、髙野正樹(髙野→以前は火曜担当)、笹川麻未(笹川→以前はアシスタントディレクター)、小林周一、池端強、伴在正行(伴在→火・水曜担当►一時離脱)、近藤徹也、岩田徹、米田浩平、渡邊友一郎(渡邊→以前はアシスタントディレクター)、水島紳一郎、川上渡(川上→以前は木曜兼務►一時離脱)、野坂琢、川里利(理)恵(川里→以前はアシスタントディレクター)、谷口顕(谷口→以前は水曜アシスタントディレクター►ディレクター►一時離脱)、平川大輔(以前は木曜担当)、狩野正明、小舩井悠輔、竹内孝騎(駿)(竹内→共に以前は月曜アシスタントディレクター)、村松茂樹、中尾有美子、武内淳、塚原和代(塚原→一時離脱►復帰)、猪狩信人、小曽根雅記、萩原博喜、雨宮秀彦(雨宮→以前はレシピの女王のみ)、大川広志、熊澤美麗、古沢将、栗崎圭悟(栗崎→以前は水曜担当)、玉城歩、山泉貴弘(山泉→一時離脱►復帰、以前は月曜►水曜担当)(雨宮以降→不定期), (火)大川貴臣、橋本淳志、森山琢哉(森山→以前は金曜担当)、寺山順二、宇賀神美帆、前川瞳美、稲熊洋介(稲熊→以前はアシスタントディレクター)、太田昌伸、諸田景子(諸田→以前はアシスタントディレクター)、八尋衣美、多田洋一郎(多田→以前はアシスタントディレクター)、水嶋陽、嵐修三郎(嵐→以前はアシスタントディレクター)、松井美保、植木一実、梅澤将, (水)花谷和典、政田もも子、久木野大、黒田伸、中田志保、石井伸吾、安池薫、大谷和久(大谷→以前は火曜担当)、岩淵渡、小俣友紀、畑中真治、高橋篤史、陶山桂輔、平井正寿、市丸信也、加藤清香、今村健二、諏訪陽介、鷹中亮介、名取佑樹(名取→以前はアシスタントディレクター)、松本亮佑、小島和也、小川剛、畠山剛治(畠山→以前は月曜►一時離脱►水曜アシスタントディレクター)、大竹正裕、浅倉俊之、赤木建彦、北川雅朗、河崎進也、村上宗義、蒲龍太郎(蒲→以前はアシスタントディレクター)、田辺昌邦、高田直、白鳥凌、石田一利、佐藤康弘、松尾郁弥、加藤昌義、島袋亮太、森谷将、岩田信歩(岩田→以前は水曜アシスタントディレクター)、浦嵜優(一時離脱→復帰)、本橋宏之、世良田佳男、吉田翔、丸木翔太、小川大輔、松谷夢々、辰巳洋平、三井利行(三井→以前は木曜担当)、(世良田・松谷~辰巳→一時離脱►復帰)、松坂世大(以前は水曜→水・木曜担当)、佐藤真紀子(佐藤→以前はアシスタントディレクター)、大納啓汰、森山智世、佐伯直哉、小倉卓, (木)小西梓美、小元肇、金澤知子、牧戸城司(牧戸→以前はアシスタントディレクター)、白野勝敏、菊池佳(桂)代、吉倉瑞穂、岩鼻優、奥村達哉、河野奈都子、三浦正幸、田中久義、伊澤洋介、松浦健太郎(松浦→以前は水曜►木曜)、坂本健一郎、石井和章、村岡克紀(村岡→以前はアシスタントディレクター)、戸塚謹嗣、相川生(相川→以前はアシスタントディレクター)、大橋達郎、松崎秀峰、菅野優美子、鎌田健太, (金)新井規郎、下山拓也、南川尚人、廣瀬由紀子、岡山眞也(岡山→以前は月曜担当)、奥河内都、長谷川嘉紀、礒田泰市(礒田→以前はアシスタントディレクター)、李英叔、高橋雅樹、辻智子(辻→以前は月曜担当)、増田雄太、大井章生、大嶽一豪, 番組ホームページにて新たなテーマ曲の募集を開始。ボーカルの有無、曲のジャンルやプロ・アマは問わず, 7月31日(金)の放送内では選出方法を、カメラマン・音声・美術・照明といった「ヒルナンデス!」全スタッフ総勢, 2012年7月には新たにミュージック・ビデオが制作され、女性レギュラーによるダンスシーンの配置は、南原・槇原・振り付けを担当した, 槇原の不祥事に伴い、2020年2月13日をもって曲の使用を中止し、翌14日 - 9月30日までは、日本テレビの音楽ライブラリーにある音源を使用していた, 番組ロゴから現実世界に飛び出したピンク色の猫リポーター(姿形は未だ微妙に未完成。2号に関しては若干番組ロゴの公式イラストに近いデザインをしているがこちらも未完成)。足は灰色、尻尾は黒色をしている。イラストでは黒い首輪をしているがパペットはしていない。, 鳴き声は「みゃ」、「みゃあ」、「みゃう」、「みゃは」、「みゃひ」など。3号は「みゃむ」と鳴く。, 体表はボア生地のような質感でフサフサした体毛があり、口を開閉させることができる。イラストに比べ柔和な目つき(イラストは吊り目だがパペットは垂れ目に近い)。, 2013年3月27日放送分で、コピー機に激突したショックでクシャミをすると自分の分身を生成する能力が身についた。これで誕生した分身たちは、その後グッズとして限定販売されている(上記参照)。またこの時期にパペットが新調されたようで、全身の毛足が若干短くなり目や眉も固定式になった(発売されたグッズと同仕様)。, 体表はフェルト生地のような質感で、口は小さく開閉はできない(パーツの付け替えで表情をつける事は可能)。上記の通り1号に比べイラストに近いデザインになったが、目は丸っこい。1号よりやや耳が小さく体色が濃い。, 巨体のためリポーターはしないが、2011年日本テレビ系食ウィークの一環として行った「ヒルナンデス!オリジナルアイスクリーム」の販売マスコット、日テレ屋での店番(ディスプレイ)などが主な仕事。フィル・アンデスくんが登場する前は、時折勝手に1号のロケ先に付いて行きインタビュー対象のタレントを「遊ぼう」と誘うこともあり、そのため1号は3号の強攻的な行動に対しツッコミを入れていた。, 自称・芸能事務所社長のDr.タナカの所属タレント兼部下として、一番イラストに近いデザインで目が小さく、両目の間隔が広く口が開閉する新型フェルナンデスくん(仮)が登場したこともある。少し頭が弱く舌足らずな喋りが特徴で、当初は1号よりもかなり高い声だったが、2011年9月19日放送分からは3号よりもかなり低い声に変わった。Dr.タナカの計略で1号と2号に取って代わる事を目論んでいたが、自身のグッズ製作をメーカーに依頼する際に間違ってサンプルとして1号の写真を提出し、結果1号モチーフのキーチェーンが製作されてしまうという失態も演じている。Dr.タナカはこのキーチェーンと製作費の支払いを1号と2号に押しつけ、1号と2号は支払いのためにキーチェーン500体(後に新型フェルナンデスくん(仮)の発注ミスという設定で2500体を追加)を日テレ屋汐留店内の特設ブースで販売した, 2011年10月より曜日レギュラーとなった春日俊彰(オードリー)の衣装には、お馴染みのピンクの, 2012年6月27日放送分において、1号は番組の資金不足を理由に遠藤正累プロデューサーにクビを宣告された。その後、資金調達のため2号とフィル・アンデスくんと共に「ピンクエージェンシー」なるヒット商品の謎を調査をする組織を結成し、青い封筒に導かれて儲け話を探すことになった。以降、ヒット商品の開発は1号、レポートは2号とフィル・アンデスくんがそれぞれ担当になった。, 番組ロゴから現実世界に飛び出したオレンジ色の犬リポーター(姿形は未完成)。足と尻尾は黒色。, 体表はフェルト生地のような質感である。口は開く場合と開かない場合(この場合は口が完成形に近づく)がある。, 人間ドックの結果「仕事量を減らせ」と宣告された2匹のフェルナンデスくんの負担を軽くするため、2012年4月9日放送分の「フェルナンデスくんが行く!」でリポーターとして現実世界に初登場した。それに先立ち、2012年4月5日放送分では謎の黒い影として後ろ姿、2012年4月6日放送分では全身が公開された。, リポーターデビュー当日の2012年4月9日放送分では、赤い封筒の中身を見ずに飛び出してしまったためフェルナンデスくん1号の負担を増やしてしまい、挙げ句の果てに迷子になりフェルナンデスくん2号に保護されるなど、さんざんなデビューとなった。, 楽天家なお調子者で、実際はフェルナンデスくん達のサポート役だが「コーナーを引き継いだ」と思っている。また非常に単純であり、槇原敬之に「ひろし」と呼ばれた際に「オイラ“ひろし”だっけ?」と勘違いしそうになった。, 9月27日(金)- ニュースコーナー担当だった久野静香が番組を卒業し、翌週より月曜日・木曜日を, 3月25日(水) - 水曜レギュラーだったつるの剛士とブルゾンちえみが卒業しそれを記念したスペシャル企画が行われた。, 3月27日(金) - 金曜シーズンレギュラーだった黒羽麻璃央と同VTR企画レギュラーだった, 3月30日(月) - 月曜レギュラーだった遠藤章造(ココリコ)が卒業しそれを記念した「, この日から、新型コロナウイルス感染防止のためスタジオでは出演者が1人ずつ間隔を開けての放送となる, シーズンレギュラーとして出演し、その後正式なレギュラーで復帰する例は今回が初めてである。, 4月6日(月) - 月曜レギュラーの森三中・黒沢かずこが、新型コロナウイルスに感染したため欠席。黒沢は3月23日・3月30日も体調不良を理由に欠席をしていた。また、残りのメンバーの大島・村上は自宅待機となり欠席した。また、この日から、曜日レギュラーはリモートまたはテレワークで、滝・梅澤は、いずれかが同局の会議室からの中継で出演し、スタジオは南原1人の状態で行うこととなった, 4月13日(月) - 新型コロナウイルスによる自宅待機をしていた大島・村上が復帰し、リモートで出演した。, 番組エンディングでシーズンレギュラーの島から「南原に曲を作ってもらいたい」と懇願したところ南原が承諾し、曲を作成することが決定した。, 4月16日(木) - 木曜隔週レギュラーの友近がリモート出演の予定であったが体調不良のため欠席し、代わりに富田が先週に引き続き出演した。また番組冒頭から数分間、横山の音声が流れないという機材トラブルがあった。, 4月20日(月)- 村上から、新型コロナウイルスに感染し休養している黒沢の状況について2度目のPCR検査を行い陰性の結果が出たこと、現在は味覚・嗅覚も回復し自宅療養となっていることが明らかになった。, 4月27日(月)〜 - 東京都で「STAY HOME週間」が始まったことを受けて、緊急事態宣言施行後と同様に番組内のニュースの後に滝・梅澤が外出についての呼びかけを行った。, 5月18日(月)- 4月より新型コロナウイルス感染によって番組を欠席していた黒沢が復帰して、およそ2ヶ月ぶりに月曜レギュラー全員で出演した。, 6月1日(月)- この日より番組アシスタントの滝・梅澤が2ヶ月ぶりにスタジオに復帰。但し、月曜レギュラーは引き続きリモートで出演する。, 6月2日(火)- 火曜レギュラーがおよそ2ヶ月ぶりに全員で出演。さらに渡部が曜日レギュラーでは初めてスタジオに復帰した。当日以降の出演方法については下記の表に参照。, 番組中盤に、スタジオ出演者が交代またはリモート出演者がスタジオへ移動することがある。, 1つのコーナーのみに出演するゲストは、原則コーナーのMCとして出演した者のみを表記。, 6月3日(水)- 水曜レギュラーの川西が、前日に体温を測ったところ平熱よりも高かったことから、大事をとり番組を欠席, 6月5日(金)- スタジオに復帰した陣内が、番組オープニングで「ヒルナンデス!」ではなく「, 8月14日は、南原が夏休みのため陣内が代理でMCを務め、オープニングでは陣内が「実質、2時間『, 6月9日(火)- 火曜レギュラーの渡部建(アンジャッシュ)が自身の不倫報道を理由に翌10日(水)に当面の間、活動の自粛を発表, 6月19日(金)- 金曜シーズン芸人のかが屋が9月3日(木)時点で公式ホームページの, 6月22日(月)- 都道府県をまたぐ移動が19日(金)より全国的に緩和したことから、月曜シーズンレギュラーの島が、加入以来初めて, シーズンレギュラーがスタジオから出演するのは、4月3日(金)に出演した宮下草薙以来、およそ2ヶ月ぶりである。, 6月29日(月)- 月曜シーズンレギュラーの島太星が卒業し、それを記念して4月27日に披露された南原と島のコラボ曲「, 7月7日(火)- 火曜レギュラーの有岡・八乙女が6月2日に披露した新テーマソング候補「, 7月21日には、火曜レギュラーのダンス練習に密着したVTRが放送され、すでにミュージック・ビデオを撮影したことを発表。その様子などを含めた完成作品は翌週28日に放送された。, 7月22日(水)- 南原が前日の夕方に微熱があったことから大事をとり番組を欠席。当日は、若林が代理でMCを務めた。, 8月10日〜14日(月〜金)- 夏休み特別企画として、曜日横断でモノマネ勝ち残りバトル「, 8月17日〜21日(月〜金)- 新型コロナウイルスによるイベントの中止に伴い、多くの活躍の場が失われている, 通過した応募曲はオープニングロゴに合わせて発表され、選考結果を聞いた応募者のリアクションやコメント等も放送された。, 9月23日(水)にも当企画の完結編を放送された。イッテQ!とヒルナンデス!のコラボ企画であるため、金曜レギュラーの陣内智則や月曜レギュラーの藤田ニコル、水曜レギュラーの春日俊彰(オードリー)も出演, 通過した応募曲は過去のヒルナンデスの名場面とともに流され、選考結果を聞いた応募者のリアクションや選考理由、応募者の概要についても放送された。, 9月28日(月)- ニュースコーナーをアシスタントの滝・梅澤が交互に担当することを発表した。これにより、前担当の郡司恭子・笹崎里菜・杉野真実(全員日本テレビアナウンサー)の出演は9月21日〜25日が最後となる。, また、番組前半に応募者の2人がリモート中継で出演し、テーマ曲に選ばれた心境を語った。, また、6月より出演を休止している火曜レギュラーの渡部建(アンジャッシュ)の写真が公式ホームページの, 『ジンナンデス!』では、フリートークが中心であったが『セトナンデス!』では、瀬戸が考えてきたトークテーマに沿って行なわれる。但し、11月13日では行われなかった。.

川嶋あい 旅立ちの日に Mp3 13, 晶 鱗 魚 餌 28, Jis Q 27002 15, Photoshop Png 開けない 4, 右 ふくらはぎが痛い スピリチュアル 10,

Write a comment