エル・プリメロ A384 リバイバル LUPIN THE THIRD EDITION 『ルパン三世』(ルパンさんせい)は、漫画家モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTV第4シリーズ。日本では2015年10月1日から2016年3月17日まで放送された。, 第4シリーズなどのサブタイトルは付いていないが、本項ではBD・DVDで使用されている「PART IV(PART4)」を付け、TV第1シリーズなどと区別する。, 2014年10月にフランスのカンヌで開催された『MIPCOM』で制作が発表された。ルパン三世が主人公のテレビシリーズとしては『ルパン三世 PARTIII』以来30年ぶりとなり[1][2]、プロデューサーの浄園祐は本作を「大塚康生ルパンの継承」と語っている[3]。, タイトルは「ルパン三世」であるが、BD・DVD版のタイトルにTVシリーズの『PART IV』と明記されたことや、アイキャッチにてルパンがTV第1シリーズの強敵たちに変装する描写などで、過去の作品との繋がりも暗示されてはいる。, 総監督には過去のアニメシリーズにアニメーター・作画監督として参加した友永和秀、シリーズ構成には『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』で脚本を務めた高橋悠也が起用された[4][1]。また、キャラクターデザインの横堀久雄は、バイク王のCM「次元のバイク愛篇」を制作し好評を得たことが起用の理由となっている[4]他、「テレコム・アニメーションフィルム内外のアニメーターから"制作に参加させて欲しい"という依頼が数多くあった」と浄園は語っている[5]。, オープニングでは大野雄二が再度編曲した「ルパン三世のテーマ」が使用されている。テレビシリーズで「ルパン三世のテーマ」が使用されるのはTV第2シリーズ以来35年振りである[6][7]。また、劇中BGMには新曲の他に「斬鉄剣(石川五ェ門のテーマ)」、「スーパーヒーロー」、「黒い陰謀」、「ミステリアス・ジャーニー」、「サンバ・テンペラード」などTV第2シリーズのBGMのアレンジ版が使用され、演奏名義も第2シリーズの「You & Explosion Band」が復活している。その一方、長年アニメシリーズで選曲や音楽監督を務めてきた鈴木清司が本作では降板したほか、TV第2シリーズ以降恒例となっていたオープニングクレジットにおけるメインキャストの声優表示も本作では姿を消している。, 1995年のTVスペシャルからルパンを演じる栗田貫一や2011年からの新キャストである山寺宏一、沢城みゆき、浪川大輔等にとっては、スピンオフではないテレビシリーズへの初出演作品となった。, ルパンたちの年齢は20代後半 - 30代前半に設定され、イタリア・サンマリノが舞台となる[8][4]。イタリアを舞台としたことから、ルパンのジャケットは「こじゃれた感じにしたい」「イタリア側から好評を得た」という理由で青がデザインされた[4]。また、過去の3シリーズは一話完結で過去の話の内容が後の話に影響することはほとんどなかったが、本作はルパン一味と銭形警部以外にシリーズを通しての準レギュラーキャラクターが登場し、それぞれの回では後の話に繋がる伏線が張られてシリーズ全体のストーリー構成が構築されている。次回予告のナレーションは、基本的にルパンだけが行っていた従来のテレビシリーズとは異なり、メインキャラクターが交代で担当している。, 本作ではイタリアで先行放送の後に日本で放送するという、シリーズ初の放送展開が成される。当初、イタリアでは5月からイタリアRTI局で放送が開始される予定だったが、何度か時期変更され[1][9]、最終的に8月30日からイタリア1で『Lupin III - L'avventura italiana』のタイトルで放送される[10]。日本では10月2日(1日深夜)から、これまで通り日本テレビをはじめとした各局で放送されている。日本では全24話だがイタリアでは26話放送されており、未放映エピソード2話が存在する。BD/DVDの特典映像として、「ヴェニス・オブ・ザ・デッド」はVol.4、「ノンストップランデブー」はVol.8に収録[11]。2016年12月13日からの日テレプラスでの帯放送にて12月15日と2017年1月11日にそれぞれ日本初の放送をされ、同局での以降の放送では組み込まれるようになった。2016年1月8日には、『金曜ロードSHOW!』枠で本作の第1話・第3話、「ノンストップランデブー」をベースに新作映像を追加したテレビスペシャル『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』が放送された[12]。, 2015年12月12日には有馬記念とのコラボレーションCMが発表された。オープニングアニメーションの冒頭部分から、ルパンたちが新たなお宝として有馬記念に着目するという新作アニメへつながる内容となっており、ルパン編、次元編、銭形編の3パターンが放送されている[13]。, 本作終了の2年後となる2018年からは『ルパン三世 PART5』が放送を開始した。スタッフや衣装デザインは本作から引き継いでおり、本作の後日談的エピソードも制作されたほか、オリジナルキャラのレベッカもゲスト出演している。, 2015年10月20日発売された『漫画アクション』同年No.21より、TVシリーズのコミカライズが連載開始。作画は早川ナオヤ。, 『PartIII』では大野が劇伴を担当しているものの権利の都合上テーマ曲が使用不可能、『峰不二子という女』では大野が劇伴担当から外されたため。, ただし、海外版(後述)にはラップ調の独自のオープニングがつけられ、このテーマは使用されていない。, 第18話では「偉大なるスター」と敬称され、「偉人たち」を総称した表現になっている。, http://www.oricon.co.jp/news/2051828/full/, “「ルパン三世」、30年ぶりの新TVシリーズを2015春から放送! 奇しくも50年前の1969年に発売されたエル・プリメロのA384がモチーフになっているのは、「ルパン三世」のアニメ放送がはじまった時期と登場時期が近いからだ。, マットブラックの文字盤にグレーのクロノグラフカウンターとタキメーター目盛り、そしてゴールドの針とアップライドのアワーインデックスを採用。, シースルーバック仕様のケースバックには、お馴染みのハットをかぶった次元大介のシルエットを印刷する。  いずれも時計好きなら誰もが知る傑作であり、審美眼の高さがうかがえる。そんな次元大介に憧れて“次元が身に着けていた腕時計、実際に着けてみたいな…”と思っていた人は、決して少なくないのではないだろうか。, そんな『ルパン三世』世代の時計好きに朗報。なんと次元大介が身に着けた腕時計にインスパイアされたモデルが現実のモデルとしてリリースされたのだ。 20代のルパンたちを描く「100%テレコム」なアニメーションに”, “「ルパン三世」新シリーズ、まずイタリアで8月29日放送開始 新ビジュアルも公開”, http://animeanime.jp/article/2015/07/24/24243.html, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/13/kiji/K20151213011669620.html, “JRA×『ルパン三世』 有馬記念スペシャルコラボCMを日本テレビ系列全国ネットで放送!”, http://www.jra.go.jp/news/201512/121203.html, ルパンファミリーに新たな化学反応を!?

中国語 オンライン 初心者, フィギュアーツ アイアンマン マーク3, すみだ 水族館 クーポン ベネフィット, パラサイト アカデミー賞 なんj, 法医学者 ドラマ 女優, 塗り絵 応募 子供, ディーゼル 年齢層 服, ニューイヤー駅伝 2021 中止, ハイエース サンシェード ユーアイビークル, 関西 夏 旅行, やまびこ 座席 おすすめ, Ipad 写真 フォルダ分け, 新横浜 名古屋 新幹線 特急料金, Googleフォト 印刷 L判, Fallin' 歌詞 Generations,

Write a comment