今回は自転車のカスタマイズをする上で、敷居が高いと思われているクランクの取り外し方について解説していきます。自転車のクランクを外し方は内容を覚えてしまえば、難しい作業ではないです。今後覚えておくことで自転車のカスタマイズの幅も広がるので参考にしてみてください。 自転車のBB辺りから音が出ると言う事で預かった友人のロードバイク今回はクランクを外してみますチェーンホイールはCampagnoloカンパニョーロのCHORUSコーラスウルトラトルクです友人のロードバイクCARRERAERAKLETSこの自転車のBB付近から音が出ると言う事で預りここまでに洗車とオイルアップ … 今回は自転車のカスタマイズをする上で、敷居が高いと思われているクランクの取り外し方について解説していきます。自転車のクランクを外し方は内容を覚えてしまえば、難しい作業ではないです。今後覚えておくことで自転車のカスタマイズの幅も広がるので参考にしてみてください。, 自転車に必ず取り付けられているクランク。ロードバイクやクロスバイクなどに乗っている方だと、自分の脚力や目的によって交換する方もいるでしょう。ですが、いざ変えようと思っても「クランクの外し方がわからない」「クランクを外そうとしたけど外れない」と困ったことはありませんか? 実はクランクの外し方は、内容が分かってしまえば、簡単に交換できるものです。, そこで今回は、クランクを取り外す方法、必要な工具、取り付け方までをわかりやすくお伝えしていきます。クランクには種類、使われている規格、などでも必要な手順・工具・作業方法に違いがありますので、具体的な解説の流れとして, CAAD(@caad0705)がシェアした投稿 - 2019年12月月9日午前2時46分PST, ここではクランクを交換するとき最初に必要な、今使っているクランクはどの種類になるのか? を確認します。現在のロードバイクなどの自転車ではボトムブラケットに合わせて、大きくわけて3つのクランクの種類に分類されます。, ホローテック式のクランクは、クランクの中央部にネジ山がなく、クランクの裏には太い棒の筒がついているタイプがホローテック式になります。, その他にマウンテンバイク用のホローテック式クランクは、クランクの中央部が空洞になっていおり、こちらもクランクの裏側には太い金属の棒がつながっています。, オクタリンク式クランクは、クランクの真ん中にボルトがついていて、ボルトを取り外すと6つの爪がついています。, スクエアテーパー式はオクタリンク式クランク同様、クランクの中央部分にボルトがついています。ボルトを外し、正方形の突起物が出てきたらスクエアテーパー式になります。, クランクの種類がわかると、クランクの取り外しの工具が決まります。必要な工具は、種類に関係なく1つ、その他種類別の必要工具が必要になります。また必須ではないですが、持っておくと今後も便利になるものも一緒に紹介します。, また六角レンチは100円均一でも売られていますが、自転車のメンテナンスにはおすすめできません。100円均一の六角レンチは金属の強度が弱いです。六角レンチはクランク交換以外でも、自転車のメンテナンス道具として、よく利用する工具なので、六角レンチを持っていない場合は、商品レビューなど確認し、評価の高い自転車メンテナンス用六角レンチを用意すると安心です。, これはクランクがshimano性のホローテック式クランクの、左足側のクランクを取り外す工具で、名前は「TL-FC16」です。値段は高くはないですが、専用工具だけあってTL-FC16がないと取り外しができません。, こちらは自転車専用工具でコッタレス抜き工具(リムーバー)です。このコッタレス抜き工具は、オクタリンク式・スクエアテーパー式、どちらも対応しているものや、オクタリンク専用・スクエアテーパー専用などがあるので、工具を購入する際は、自分の自転車の種類で使える、コッタレス抜き工具を確認してください。, こちらはコッタレス抜き工具リムーバーを使うときに同時に使用します。今回はモンキーレンチを紹介してますが、通常のレンチでもコッタレス抜き工具リムーバーを、挟めるものであれば通常のレンチでも問題ありません。, このゴム製のハンマーは、クランク交換をするうえで必須ではありません。ですが、クランクが手の力だけでは外せないことや、自転車に取り付けられているボルトが、手の力のみだと動かない場合があるので、ゴム製のハンマーはあると便利です。100円均一でも販売されてますので、余裕があれば用意しておくと安心です。もし金属製ハンマーしかない場合はウエスで叩く箇所を保護して利用してください。, 自転車専用グリスは主に、ロードバイクやクロスバイクなどに、ボルトを取り付けをする際、ブリスを少量つけて利用します。グリスをつけずにボルトを締めこんでしまうと、ボルトが外れなくなることがあるので注意してください。, 自転車にパーツをつけるときに、パーツごとでネジやボルトを、適切な強さで締めるつけることが、必要になります。特にロードバイク本体がカーボン製のフレームだと、何ニュートンで締め付けてくださいなどと書かれていて、規定を守らないとフレームの破損などにもつながるので、今後自身でロードバイクのパーツの取り扱いをする上で、必要な道具にになってきます。持っていない場合は購入しておくことをお勧めします。, 自転車はオイルや土埃などで汚れている場合は多いので、素手で作業をすると手が汚れます。薄めの手袋であれば作業をするときに、手を汚す心配をしなくていいので、余裕があれば持っておくといいでしょう。. 新しい部品 ペダルとクランク、そしてレバーです。 工具類 左から3つまでが、新しく買ったレンチ・ゴムハンマー・クランク抜き?です。 右は、うん十数年前に宇都宮のカンセキで買った工具箱です。 新しいクランクとペダル とりあえず完成! ( ログアウト /  (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" パワースプラインでもオクタリンクでもISISでも作業方法は共通。 ①キャップボルトを外す. 今回は自転車のカスタマイズをする上で、敷居が高いと思われているクランクの取り外し方について解説していきます。自転車のクランクを外し方は内容を覚えてしまえば、難しい作業ではないです。今後覚えておくことで自転車のカスタマイズの幅も広がるので参考にしてみてください。, ここではクランクの外し方、取り付け方について解説します。3種類のクランクのうち、オクタリンク式・スクエアテーパー式は全く同じ工程になるので、, 手順①左手で自転車の後ろの変速機(リアディレイラー)のチェーンが通っている三角型の場所を指で持ち上げる、, 手順②左手は変速機(リアディレイラー)の三角形部分を上にあげたまま、右手でクランク側のチェーンも指でつまみ、持ち上げれてチェーンをクランクから外す, 3つの作業はクランクの種類問わず必ず行うことになるます。クランクの歯に近いところを、指でチェーンと持って行うことになるので、手袋があると手が汚れないのと、クランクの歯による怪我も防ぎやすいです。またチェーンをボトムブラケットにかけるときは、自転車に傷がつかないように、優しくチェーンをかけるように心がけてください。, 最近のロードバイクはホローテック式がメインにです。ホローテック性クランクの取り外し方について解説します。大まかな流れとしては、, クランクアームのボルトにTL-FC16を取り付けて半時計周りに回します。クランクアーム中央のボルトはプラスティック製で、工具を使えば手で簡単に回りますが、硬くて外れないなどであれば、手袋を付けるとより回しやすいです。, 中央のクランクアームボルト取り外し後は、クランクアーム根元についているボルトを外していきます。このとき六角レンチは5mを利用します。ボルトはクランクアーム根元に左右ついています。左右均一に緩めていくとボルトを取り外しやすいです。, クランクアームのボルトを取り外した後は、クランクアーム根元に隙間がありので、この中のクランク脱落防止用の小さいプレートを、マイナスドライバーやつまようじなど、隙間に入るものであればなんでもいいので、プレートを上に持ち上げます。わざわざ外す必要はないですが、外れてしまった場合はなくさないようにしましょう。, クランクアームのプレートを上に持ち上げると、クランクアームが自転車から取り外せます。あとはクランク本体を、自転車から引っ張り出して取り外し完了です。このとき手でクランクが外せない場合は、ゴムハンマーなどで、左側のクランクアームがついていた、金属製の筒になっている場所を、叩いてあげると取り出しやすいです。, クランクをボトムブラケットに挿入します。その時しっかり奥までクランク本体が入っていないと、左側のクランクアーム取り付けが難しくなるので、しっかりクランク本体を押し込んでください。クランク側の中央部をゴムハンマーで軽く叩いてあげると安心です。, クランク本体をボトムブラケットに挿入後、左側のクランクアームの取り付けします。このときクランク本体のクランクアームとは反対の方向に、左側のクランクアームを取り付けます。左側クランクアーム奥に押し込んだ後、クランクアームの根元にあるプレートを、クランクアーム根元の隙間にいれてください。, クランクアームプレートを入れたあとは5mの六角レンチで締めていきます。ボルトを締めるとき、ボルトのネジ山部分に、グリスを薄く塗り、クランクアームの根本にある、ボルトを左右均等の力で締めていきます。このときトルクレンチがあれば12~14n(ニュートン)で締めていくのが、適切な締め付け強度ですが、トルクレンチが無い方は六角レンチで、ボルトが外れない程度に締めてください。, 最後にクランクアーム中央部のプラスチック製ネジをTL-FC16で締め付けます。プラスティックボルトにはあらかじめ、ブリスを少量つけておいてください。左側のクランクアームのネジの締め付けの時、力はそれほどいりません。プラスチックボルトが外れない程度であればOKです。, ホローテック式クランクの取り外し・取り付け方法の解説は以上となります。注意するのはネジをなくさない。プレートを外してしまったとき、プレートをなくさないことです。, ここではオクタリンク式、スクエアテーパー式のクランクの取り外し方法と、取り付け方法の解説をします。流れとして, 主にクロスバイク、マウンテンバイクなどで使われている種類になります。クランクの取り外し方は2つの工程となります。, 六角レンチをボルトの穴に差し込み、クランクアームを右手で押さえ、左手で六角レンチを持ちます。クランクアームが動かないように手で押さえながら、六角レンチを反時計回りに動かすとボルトが外れます。, ボルトがはずれたら内部にワッシャーが、内部に残っていないか確認してください。ワッシャーが残っていると、クランクの取り外しができなくなるだけではなく、クランクの故障の原因になります。, もし、潤滑油を使ってもボルトが外せない場合は、この段階で自転車専門店に、クランクの取り外しを依頼してください。無理にご自身でボルトを外そうとしてご自身が怪我をされてしまう可能性があります。また潤滑油をボトムブラケットに吹きかけないように気をください。, 次にコッタレスクランク工具リムーバーを準備します、先端にネジ山がついている側を、クランクのネジ山にねじ込んでいきます。コッタレスクランク工具は本体中央から後ろ側も、ネジ式になっていますが、クランクを外すときは、事前に後ろ側のネジを最大まで幅を広げてください。, クランク側のボルトがついていた場所に、コッタレスクランク工具リムーバーを付けていきます。クランク側のネジ山をつぶさないように、コッタレスクランク工具リムーバーの先端を、手で時計周りに回してください。, コッタレスクランク工具リムーバーの先端部分を、クランクのネジ山の奥まで入れたあと、手でコッタレスクランク工具リムーバーの後ろのネジを、時計周りに回していきます。, コッタレスクランク工具リムバーの後ろのネジが、手で回らなくなったとき、モンキーレンチを使い、時計回りにさらに締めこみます。このときクランクアームをしっかり押さえながら、締め込みを続けてください。締め込みを続けていると、モンキーレンチで締め込みがいらなくなるぐらい、コッタレスクランク工具リムーバーの回転が軽くなります。, 再度コッタレスクランク工具りの後ろのネジが、手で回せるまで軽くなり、コッタレスクランク工具りの後ろのネジが締まらなくなりましたら、モンキーレンチを外して、手でコッタレスクランク工具リムーバーの先端部分を、半時計周りに回し、コッタレスクランク工具リムーバーを取り外します。コッタレスクランク工具リムーバーを外した後は、クランク本体を両手で持ち、自転車の外側へ引っ張ると、クランク側の取り外しが完了となります。, クランク本体の反対側も取り外し方法は、クランク本体側と同じ作業になります。まず六角レンチでボルトを外します。このとき、クランクアームは右手で押さえ、六角レンチを左手で反時計回りに回していきます。ボルト取り外し後、ワッシャーが残っていないか確認してください。, コッタレスクランク工具リムーバーの先端を、ボルトが入っていた場所に時計回りで締めこんでいきます。クランク側と同様、ネジ山がつぶれないようにしっかりネジ山を合わせて、手でコッタレスクランク工具リムバーの先端がまわらなくなるまで締めていきます。, コッタレス工具りの先端のねじ込み終わったあと、コッタレスクランク用具リムーバーの後ろ側のネジを、手で時計回りに回していきます。, コッタレスクランクりの後ろのネジが手で回らなくなったとき、モンキーレンチを使ってさらに時計回りに、締めこんでいきます。このときクランクアームは左手で押さえ、モンキーレンチは右手で持ちながら、締めこんでください。, モンキーレンチで締め込みが終わり、コッタレスクランク用具リムーバーの後ろのネジを回らなくなるまで、締めこんだ後、コッタレスクランク先端を半時計周りに回し、取り外します。コッタレス工具り取り外し後、クランクアームを手で持ち、自転車の外側へ引っ張ると取り外し作業が終了になります。, ボルトを付ける際に、グリスを塗るのが推奨されています。少量で問題無いのでネジ山全体を軽くグリスをつけてください。ボルトにグリスを付けておかなければボルトが外れない原因にもなります。, この作業はクランクがついている右側、クランクがついていない左側同様の手順です。左手でクランクアームを押さえ、六角レンチで時計回りにボルトを締めこんでいくだけです。ここで注意が2つあります。, 取り付け作業後はクランクを回してみて、異音やがたつきがないかを確認をすると事前にトラブルを防げます。, 今回は自転車のクランクの外し方について解説しましたが、クランクを外すときのポイントは, WEBライターとして活動しております。

スパークル ピアノ 楽譜 上級, ハイエース サンシェード ユーアイビークル, 英語 使う 業界, グラクロ Pvp 回線切り やり方, 隣人 鳥 うるさい, 近鉄 松阪 から 上本町, ツイート 著作権 文章, かぎしっぽ 猫 名前, 鹿児島 女子駅伝 2019 メンバー, Moz ショッピングバッグ セブン, 糸 カバー 演歌歌手, タガタメ 舞台版ユニット 入手方法, 大阪 フェス 2020 10月, ワンピース スタンピード 動画サイト, カーテン マグネットランナー ダイソー, スピッツ 花と虫 解釈, 靴 消臭 袋 手作り, 雅之 助 鈴木雅之, ゆうちょ 通帳 カードなし 引き出し, Jdサウザー ユアオンリーロンリー 和訳, 博多 名古屋 電車, 綾部守人 天才 てれび くん,

Write a comment