令和5年 司法修習二回試験 【講義】 ・bexa【2020年合格目標】中村充「4s基礎講座」4s条解講義無料終了 【憲法条解】第35回(最終回) 92条~103条まで受講 … トップページ > 試験・資格・採用 > 司法試験 > 司法試験予備試験 > 司法試験予備試験の実施について > 令和元年司法試験予備試験の実施について > 令和元年司法試験予備試験問題 | ⑴ 勾留請求においては、同一の被疑事実について逮捕を前置することが求められているところ(逮捕前置主義)、甲は通常逮捕状により逮捕された同一の被疑事実について勾留請求がなされている。, ⑵ 次に、通常逮捕された令和元年6月6日午後9時10分から「48時間以内」(刑事訴訟法203条1項)に甲はH地方検察庁検察官に送致されている。そして、検察官に送致された同月7日午前8時30分から「24時間以内」(205条1項)に甲の勾留請求がなされている。, 2 もっとも、先行する任意同行が実質的逮捕といえないか。実質的逮捕にあたれば、令状主義(憲法33条、199条1項)に反し違法となるため問題となる。, ⑴まず、任意同行については、本人の意思に基づくものであれば、任意捜査(197条1項本文)として許される。もっとも、任意同行に応じるか否かについて本人の意思が制圧されており、強制的に連行するような場合には実質的逮捕に当たり、令状主義及び法(203条以下)が身体拘束につき厳格な規制を設けた趣旨が没却されててしまうため許されないと解する。, そこで、①同行の時間・場所、②同行を求めた態様、③同行を求める必要性及び④被疑者の態度等諸般の事情を総合的に判断する。, ⑵ 本件では、午前3時頃という深夜に警察署まで同行を求めており、本人の意思が制圧されうる状況にあったようにも思える。もっとも、甲は遅くとも午前2時30分頃には路上に徘徊しており、その存在を認めたPらにより職務質問(警察官職務執行法2条)が適法になされていたことを踏まえると、このような時間帯に警察署への同行を求めることもやむを得ないといえる(①)。そして、甲は本件事件の犯人の人相及び着衣が酷似しており、また、甲が自らポケットから落としたクレジットカードはV名義のものであり、本件事件の被害品である。本件事件は、6月5日午後2時頃発生しているところ、それから12時間程度しか経っていない中で甲が本件事件の被害品を所持していること及びその所持の理由が納得のいくものでないことをかんがみると、本件事件の犯人である高度の嫌疑があり、同行を求める必要性は極めて高いといえる(③)。, もっとも、甲は「俺はいかないぞ。」などど言って、パトカーの屋根を両手でつかんで抵抗していることを踏まえると、甲が同行に応じない意思は明確であった。(④)。それにもかかわらず、抵抗する甲をむりやりパトカーに乗車させて、両脇を警察官で固めて警察署に連行しており、その態様は強度である(②)。, 以上より、甲には本件事件の犯人である高度の嫌疑が認められるものの、甲が明確に同行に応じない旨の意思表示をしているにもかかわらず、Pらはその意思を制圧して連行しているため、実質的逮捕にあたる。, 3 そのため、先行する身体拘束が実質的逮捕にあたり違法となる場合、後行する勾留請求にどのような影響が生じるのか問題となる。, ⑴ 被疑者の身体拘束に際し、裁判官による事前審査を求め、もって被疑者の人権に配慮した令状主義の要請は厳格に貫かれるべきである。もっとも、常にこれを認めないとすると捜査の実効性確保の観点から相当ではない。, ⑵ 本件では、無令状の逮捕であり、令状主義に反するため、その違法は重大であるように思える。もっとも、実質的逮捕時において、甲には本件事件に関する高度の嫌疑が認められていた。そうだとすれば、Pらは通常逮捕の逮捕状を請求した上で、甲に任意同行に応じるよう説得しつつ留め置くこともできたといえる。また、実質的逮捕を起点としても、勾留請求までの時間的制約(203条、205条)は守られていた。, 第2 以上より、先行する手続には重大な違法は認められず、本件交流請求は適法である。, 重大な違法の判断基準として緊急逮捕といえる場合に該当するかということは頭にあったが、本件では緊急逮捕の要件を満たすまでの証拠なく、そのためPらは任意同行という形をとったように思われる。, ただ、犯人の外見と酷使しており、被害品を理由もなく所持していたことは通常逮捕状の要件には当てはまるといえ、その後に被害者の供述を追加して通常逮捕していることを踏まえると、本件交流請求を認めないのは違和感を感じた。, 本件では、甲が任意同行に応じなければ、通常逮捕状の請求をして、その発布がなされるまで頑張って留め置くべきであり、その手段を誤ったことにすぎないこと、通常逮捕自体は適法に前置していること、時間制限を守っていることを踏まえれば適法にすべきような気がする(採点者たる実務家の観点から見て)。, 伝聞は実務基礎で聞くという方針なのだろうか。ただ、いずれにしても、刑事実務基礎で包括的に手続が問われるので、万遍なく勉強する必要があると思われる。, 敢えて来年を予想するとすれば、さすがにそろそろ捜索・差押えがくるのではなかろうか。, yobishiken2019さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 別件逮捕はヤマを張っていましたが、結論の分かれる二つの構成で書け、というのは予想外でした。別件基準説はあまり詳しく知らなかったので論述もそれなり、という感じです。, ⑴ 法が逮捕、勾留について被疑事実を単位としている(刑事訴訟法(以下、法名省略)200条、60条等)こと、裁判官が「正当な理由」(憲法34条)の有無を審査して初めて身柄拘束が認められるという令状主義の趣旨に照らし、逮捕、勾留は事件単位に行われるべきである。, そうだとすると、Rらは①の逮捕、勾留及びそれに引き続く甲の身柄拘束期間中、逮捕の原因となった被疑事実たる本件業務上横領事件(別件)以外にも、本件強盗致死事件(本件)についても捜査を行っている、すなわち①の逮捕はいわゆる別件逮捕にあたるところ、かかる逮捕を含め、甲の身柄拘束は、本件についての司法審査を経ていないため、令状主義に反し違法とならないか。, ⑵ ここで、起訴前の身柄拘束期間の趣旨は、被疑者の身柄を拘束し、逃亡や罪証隠滅を防止した状態で、当該身柄拘束の原因となった被疑事実について、起訴不起訴の決定に向けた捜査を行うことにある。そこで、かかる身柄拘束の期間が、主として本件の捜査に用いられるに至った場合には、別件についての身柄拘束という実体を喪失し、すでに本件についての身柄拘束になっているというべきであり、本件についての身柄拘束の要件を欠き、令状主義に反するため、かかる状態に至った以降の身柄拘束は違法となると解する。, そして、上記のような状態に至っているといえるか否かは別件と本件について捜査が行われた時間、別件と本件についての捜査の進捗状況、捜査の態様、捜査機関の意図等を総合的に考慮して決すべきである。, ⑶ 甲の身柄拘束期間中には、別件についても7日間にわたり20時間の取調べが行われているが、本件については身柄拘束期間18日間中の大半にあたる12日間にわたってその倍の40時間という長時間の取調べが行われている。, また、別件は被害額が3万円と僅少な、軽微犯罪であり、被害者であるX社の社長も処罰を望んでいなかった。また、別件についてはX社社長から提出された被害届、甲に3万円を渡した旨のAの供述調書、Aから集金した3万円がX社に入金されたことを裏付ける帳簿がなかった旨の捜査報告書等の証拠がそろっており、捜査は相当程度進んでおり、捜査を行う必要性は低かったといえる。一方で、本件は強盗致死事件という重大事件であり、被害者のVが目撃したものと同じナンバー、色の原付を甲が所有していたこと、犯行直後、口座に30万円が振り込まれたこと程度しか明らかになっておらず、捜査はあまり進んでいないため、捜査を行う必要性が高かったといえる。したがって、捜査機関としては、本件についての捜査を行うために甲の身柄拘束期間を利用したのではないかと推認される。, 捜査機関は、別件固有のH店、I店への裏付け調査、パソコンデータ精査といった捜査も行っているが、むしろ甲の身柄拘束期間中は本件についての捜査でもあるスマートフォンのデータ精査、周辺者への聞き込み、Yの取調べや、専ら本件のための大家の取調べ、原付に関する捜査を主に行っているといえる。そして、現にYの取調べにおいては本件についての証拠となり得る供述である「平成31年2月初め頃、『臨時収入があったから金を返す』と電話があり、甲から7万円の返済を受けた」旨の供述調書を作成し、手帳を確認してその旨の供述調書を作成している。また、大家からも、「平成31年2月2日に2か月分の家賃として10万円を支払った」旨の供述を得て、その旨の供述調書を作成している。そして、本件について甲の取調べを行う際には、任意の取調べとして行う旨を説明しているが、特に平成31年3月8日以降は連日長時間本件について取調べを行っているから、かかる取調べは甲の身柄拘束状態を利用して行われているものといえる。, また、別件の逮捕に至った経緯は、Pが本件で甲を逮捕するには証拠が不十分であると考え、他の犯罪の嫌疑を探って、X社社長から別件についての情報を聞き出し、X社社長は被害額が僅少であること、世間体から甲の処罰を望まなかったにもかかわらず、Pが繰り返し説得したことで、被害届を提出させたものである。かかる経緯から、Pらは当初から本件の捜査のための建前として別件を利用する意図を有していたものと推認される。, これらの事情を総合的に考慮すれば、少なくとも連日長時間本件についての取調べが行われるに至った3月8日以降は、甲の身柄拘束期間は主として本件の捜査のために利用されたというべきである。, ⑴ 別件逮捕及びその後に引き続く身柄拘束は、たとえ身柄拘束期間中に本件についての捜査が行われようとも、別件についての身柄拘束の要件が備わっている限り、別件逮捕であるからとして違法となるものではないとする見解がある。, ⑵ かかる見解によれば、①の逮捕及びそれに引き続く身柄拘束も、身柄拘束の要件を満たしている限り、違法となるものではない。, 甲が3万円の着服をしたことは、被害者であるX社社長の供述、上記のAの供述調書、捜査報告書等から相当程度明らかになっているといえ、業務上横領の嫌疑は濃厚であるから、甲には「罪を犯したことを疑うに足りる相当の理由」がある(199条1項)。また、甲は無職で、アパートで単身生活をしていることから、逃亡のおそれがないとはいえない。また、X社の書類や自己の銀行口座等について証拠隠滅を図るおそれがないとはいえない。したがって、逮捕の必要性(刑事訴訟規則143条の3)がないとはいえない。, 上記のように、甲の嫌疑は濃厚であるから、「罪を犯したことを疑うに足りる相当の理由」がある(207条1項、60条1項柱書)。また、上記のように、逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれが認められる(207条1項、60条1項2号3号)。したがって、勾留の理由が認められる。, また、甲は無職であり、身柄拘束により特段の社会生活上の不利益を被るわけではないから、起訴不起訴の決定に向けた捜査を行う必要性がなお認められることに照らせば、勾留を行うことも相当であるといえ、勾留の必要性(87条1項)も認められる。, そして、甲は2月28日に逮捕され、翌日勾留されているから、時間制限も遵守されている(203条1項、205条1項)。, ⑶ かかる見解に立ったとしても、被疑者には取調べ受忍義務が認められないことから、取調べは限界がないのが原則であるが、身柄拘束を違法とさせるような余罪取調べは違法となり得る。しかし、上記のように身柄拘束は適法であるから、余罪取調べが違法となることもない。, ⑷ かかる見解は、別件逮捕及びその後の身柄拘束は逮捕権ないし捜査権限の範囲内であることを前提として、これらの権限の濫用なのではないかという問題の本質を看過している点で妥当でなく、採用することはできない。, 1 公訴事実1記載の訴因(旧訴因)は、平成30年11月20日、A方にてAから受け取った3万円を着服したという業務上横領に係るものであるが、公訴事実2記載の訴因(新訴因)は、同日同所において、集金権限があるように偽りAから3万円を詐取したという詐欺に係るものである。, ⑴「公訴事実の同一性」が認められる場合には訴因変更を許可しなければならない(312条1項)とされているところ、まず、新旧訴因間に「公訴事実の同一性」が認められるかが問題となる。, ア ここで、訴因変更が「公訴事実の同一性」の認められる範囲内に限定されたのは、被告人の刑事責任の渉猟的追求を禁止する趣旨である。したがって、「公訴事実の同一性」が認められるのは、新旧訴因間に被告人に対する刑事責任追及原因としての同一性が認められる場合であると解する。, そして、検察官が新旧訴因を被告人に対する刑事責任追及原因として両立しないものとして訴因変更を請求してきた場合には、新旧訴因間の狭義の同一性の有無が問題となる。新旧訴因間の基本的事実関係が同一といえる場合には、新旧訴因のいずれか一方しか、被告人に対する刑事責任追及原因として法律上または事実上存在し得ないといえるため、かかる場合には「公訴事実の同一性」が認められると解する。基本的事実関係が同一といえるかは、第一次的には新旧訴因の共通性から判断し、補充的に両者の非両立性を考慮すべきであると解する。, イ 新旧訴因は上記のように日時、場所、領得された金銭を同一にしており、大部分の事実が共通しているといえる。両者で異なるのは、犯行当時に甲にX社を代表して集金を行う権限があったか否かだけである。そして、甲は当事権限を有していたかいなかったかのいずれかであり、両者は論理的に択一的な関係にあるから、新旧訴因は事実上非両立であるといえる。, ウ したがって、新旧訴因は基本的事実関係が同一といえるから、新旧訴因間には狭義の同一性、ひいては「公訴事実の同一性」が認められる。, ⑵ もっとも、本件では公判前整理手続が行われている。公判前整理手続において検察官は訴因変更請求を行うこともできる(316条の5第2号)ところ、公判整理手続を経た後には訴因変更は許されないのではないか(316条の32参照)が問題となる。, ここで、公判前整理手続が行われる趣旨は争点及び証拠の整理であるところ、かかる趣旨を没却する場合には訴因変更は許されないと解する。, 本件では、公判前整理手続の結果、公訴事実1の事実については争いがなく、量刑のみが争点となった。また、公判前整理手続において、弁護人から甲の集金権限に関する主張はなかった。にもかかわらず、公判期日において、X社社長が甲には集金権限がなかったと供述したところ、甲がこれを認めたものである。このように被告人側が公判前整理手続で事実を明らかにせず、公判期日において供述を変遷させた場合に訴因変更を許さないとすれば、甲に集金権限がなかった場合、裁判所としては甲を無罪にせざるを得ないが、無罪判決には一事不再理効(337条1号)が生じてしまうため、甲に不当な利益を与えることになる。また、訴因変更が認められれば有罪となることが明らかであるのにもかかわらず、無罪とすることは私法に対する国民の信頼を害することにもなる。, そして、上記のように、甲が集金権限を有していなかったという事実は公判前整理手続では顕出されておらず、公判期日になって初めて明らかになったものであるから、検察官としてもこれを把握できず、公判前整理手続終了後に訴因変更をせざるを得ない「やむを得ない事由」があるといえる。, したがって、訴因変更を認めることが公平に合致するといえ、これを認めても上記の趣旨を没却することにはならない。, 3 よって、「公訴事実の同一性」が認められる以上、本件においては公判前整理手続を経ていても、訴因変更を許可すべきである。, shihouyobiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 令和2年予備試験短答式試験の結果について(2) 1.以下は、直近5年の科目別平均点の推移です。一般教養だけは60点満点ですから、比較のため、括弧内に30点満点に換算した数字を記載しました。 令和2年司法試験を終えて. | 令和3年 司法試験予備試験. 令和元年予備試験論文問題再現答案ー刑訴法ー . 予備試験合格・司法試験総合42位合格者作成の論証集。予備校講座の一歩先へ。 2019-09-23 【再現答案】令和元年司法試験刑訴. 刑訴法 ネタばれ無し感想:設問3は予備試験に向けて犯人性とかを勉強していた人にとっては、割ととっつきやすい問題だったのではないだろうか。 私の答案は残念ながら自由作文と化してしまった。 (時間)全然足りねえじゃん! 令和4年 司法試験. 第1 設問について. 再現答案. 司法試験予備試験、司法試験に合格するまでの備忘録として更新していきます。 2020.08.16 Sunday. 令和元年予備試験口述試験(最終)結果について(5),司法試験、司法試験予備試験、法科大学院等に関する情報を掲載しています。※リンクや引用、紹介は自由にして頂いて結構です。ただし、引用、紹介の際には、参照元をリンク等で明示して頂ければと思います。 ブログを報告する. ブログを報告する, 評価A 民事系 220.37 25位 第1 設問1 1 課題1 ⑴ Yは、本件定め…. 忘れないうちに令和元年の予備試験論文再現答案を記録します。 2019-07-17. ャルメディア公式アカウント, 国を当事者とする訴訟などの統一的・一元的処理, 第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス), 新型コロナウイルス感染症関連情報, パンフレット・リーフレット・ポスター, 司法試験予備試験の実施について, 令和元年司法試験予備試験の実施について, 法律実務基礎科目(民事・刑事).

Snow Man ジャケ写 11, 荒野行動 Ipad 音が出ない 8, フォートナイト 音 小さい Ps4 5, ブラウン 洗浄機 液漏れ 4, 手ブレ写真修正アプリ 無料 Iphone 43, ドキュメント72時間 ランキング 2017 5, Css スクロールバー 位置 固定 9, 衝撃 単位 換算 10, ゼノア プライマリーポンプ 交換 47,

Write a comment