内申点が取りにくい中学、取りやすい中学は実際に存在します。内申点の取りやすさにどれほどの差があるのか、そして内申が取りにくい中学に子供がいる場合はどうすればいいかを家庭教師が解説します。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。, よく耳にする「あそこは内申点が取りにくい中学だから。。。」という話。本当に内申点の取りやすさが中学によって異なるのか疑問に思われる方も多いですよね。実際、中学校によって内申点の取りにくさは違ってきます。それも結構大きく違います。これは別の中学に通う数人の子を見るだけで簡単に分かることです。そこで今回は、, 定期テストの点数が同じでも、内申点が取りやすい中学では高い内申が取れ、内申点が取りにくい中学では低い内申になります。この中学校ごとの内申点の取りやすさの差があるのは事実であり、しかも非常に大きな差になっています。まず下のグラフを見てみてください。, このグラフは、都内のある区の2つの中学校で、成績の評定が「5」の生徒の割合を比較したものです。東京都教育委員会が毎年中学3年生の成績評価を調査しており、このデータは平成30年度の調査結果です。見ての通り、A校では「5」がつく生徒が2%~10%ほどなのに対し、B校では30%近い。これがまさに中学によって内申点の取りやすさが違うということです。これは極端に差が表れている例を出しましたが、私の生徒だけでも定期テストの点数が75点で5がつく中学もあれば、90点でも4という中学があります。, 考えられる1番の理由は、中学の雰囲気です。成績を甘くつける習慣・雰囲気がある中学校では甘く成績をつけますし、厳しめにつける習慣・雰囲気がある中学校では厳しめに成績をつける傾向があると思われます。中学の成績のつけ方は一定の基準が設けられていますが、先生の裁量に委ねられている部分も大きいです。そのため、周りの先生が甘くつけていたり、そういう傾向のある中学では成績は甘めにつきがちになってしまうのかもしれません。, また私の体感として、優秀な子が多い中学では内申点が取りにくいように思えます。その理由を理解するためにはまず次の2つの話を知ってもらわなければなりません。, 「絶対評価」「相対評価」一度は聞いたことがあると思います。「絶対評価」とは、周りの生徒を一切考慮せずその子の点数だけで成績をつけるということで、みんな優秀でしたら全員が「5」ということもあり得ます。, 「相対評価」とは、周りの生徒と成績を比べて成績をつけることで、例えば上位20人が「5」といった評定のつけ方です。, 今の中学校で導入されているのは「絶対評価」であり、理論的には純粋にその子の学力だけが成績に反映されます。つまり、中学校間における不公平は生じないわけです。, 中学校間には学力差があります。これは問題にもなっているので知られている方も多いでしょう。私の体感的には、同じ区の隣の中学でさえ大きな学力差が生まれていることがあります。理由は謎ですが、なぜか大きな差があります。, 絶対評価で成績をつけているのなら、どの中学でも同じ成績が出るはず。しかし現実は85点で5がつく中学と4がつく中学があります。その理由は、中学校の先生の立場になってみると分かります。ある子が定期テストで85点を取ったとします。A校では90点以上を取った子が20人いました。評定はどうしますか?たぶんなんとなく「4」をつけますよね。B校では90点以上を取った子が2人でした。評定はどうしますか?たぶん「5」をつけるでしょう。このように「絶対評価」でありながら先生の心理的に他の子の点数との「相対評価」で評定をつけてしまっていることもあると思われます。そのような理由から、優秀な子が多い中学では内申点が取りづらい傾向があるように思えます。, お子様が内申点が取りにくい中学に通っている場合ですが、現状何もできません。理不尽さを感じますが、複数の中学で成績評価を行う以上多少の不公平が生まれてしまうのは仕方のないことです。お子様が内申点が取りにくい中学に通う方にとっては不利としか思えないことでしょう。確かに「同じ学力での内申点」という点では不利ですが、広い視点で見れば不利なことだらけではありません。, 第1に周りに優秀な子が多いという環境は非常に貴重であり、お子様の学力を大きく伸ばします。周りに優秀な子が多いせいで内申点が低くなる。そう考えることも可能ですが、周りの子が優秀なおかげで周りにつられて学力が伸びる。そう考えることもできます。実際、ライバルがいない中学でお山の大将をやっていると、3年生の模試で現実を見ることになります。, 内申点が取りにくい中学では、高い内申点を取るために努力することで学力がつきます。あまり勉強しなくても「5」がもらえる中学では、定期テスト勉強に力を入れることはないでしょう。逆に頑張らないと駄目な中学では一生懸命勉強をします。その分だけ学力がつきます。中学校で1番学力がつくのは定期テスト勉強なので、ここをどれくらい沢山勉強するかで学力は決まってきます。自然とテスト勉強を頑張れる環境にいるというのは有利だと言えますね。, やれることは、今の中学でできる限り内申点を上げる努力をする。これしかありません。内申点が取りにくい中学にいることは今は不利にしか思えないかもしれませんが、3年間の長い目で見れば有利なことも。私自身、内申点のつけ方がかなり厳しい中学校にいましたが、高校の合格実績はかなり良かったです。, 真面目に勉強すればするほど1点でも多く内申点が欲しいので、こういった不公平なところに文句を言いたくなる気持ちはすごく分かります。, ただ私から見れば、文句を言う前にまだまだ内申点を上げるためにやれることが残されています。, 不公平な環境でも内申点を上げることができれば大きく成長することができますから、内申点を上げられるようにもう少し頑張ってみましょう!, 内申点を上げるために見直すべき5つのポイントをまとめてみたのでそちらも参考にしてみて下さい。, 内申点は不公平なシステムではありますが、不満を言っても何も始まりません。お子様の内申点はまだまだ上げられます。何をすればいいかは下の記事で解説しているので、参考にしつつ、ぜひ次の学期から内申点を上げていきましょう!, アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。, 受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。, 対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。, どう見ても勉強ができる子の方が内申点が低いということは非常によくあります。(私も模試では全国1位を取ったことがありますが、内申点は最高43ですしね。。。笑), どうしてここまで大きな差が生まれてしまうのでしょうか?推測することしかできませんが、私なりに原因を考えてみます。, 中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 中3の生徒達は、公立入試の約4割を占める内申が、もうじき確定しようとしている。 この内申、ときに『どういう基準でつけているのか?』『先生の感情でつけてはいないか?』と疑いたくなることがある。, もちろん、5、4、3、2、1を決定するための観点が複数あることは承知している。 ただ、明らかにオカシイだろというときが多々ある。, 例えばある中学校、50点満点の定期テストで『2点』という生徒がいたが、その生徒の内申は『2』だった。 また、別の中学では、同じく50点満点の定期テストで『1点』という生徒がいたが、その生徒の内申も『2』だった。 これらの学校、もしくは、その先生が担当している教科では、『1』なんていないんじゃないのか?と思ってしまう。, それに対し、逆もある。 これは1点の生徒と同じ学校だが、50点満点のテストで『50点』、つまり満点だ。 だが、その生徒の内申は『3』だった。 しかも、あと1つでも観点が悪ければ『2』に下がってしまう『ギリギリの3』だった。 むしろ、そこまでよく分からない基準であれば、この生徒には『2』を取ってもらい、50点の生徒と1点の生徒の内申が、何で同じ『2』何ですか?と問い合わせをしてみたかった。, ここまで極端な例ではないが、他にも不可解な評価を受けた生徒がいる。 1年間に4回ある定期テストで、『50点』『50点』『50点』『49点』という生徒がいた。 何と、その生徒の内申は『ギリギリの5』だった。 観点が1つでも悪ければ『4』に下がってしまう『ギリギリの5』だった。 あの時は、5だったから「〇〇、お前、先生に嫌われているんじゃないか・・・」などと笑い話になったが、やはり解せない。 準パーフェクトの結果だ。 しかも、これだけの結果を出すような生徒が、学校では素行が悪いとか、その先生に対してだけは反抗しているなど考えられない。 私の生徒なので、提出物もちゃんと出していることは確認している。, 私の富水教室は、目の前の道路の北側が城北中学区、南側が泉中学区という立地のため、両校の生徒が通塾している。 道を東に行き酒匂川を渡れば千代中、西の狩川を渡れば岡本中もあるので、そちらから通塾する生徒もいる。 塾内のテストで同じ問題を解かせているので、学校が違っても生徒達の力差は分かる。 『この子、こっちの学校だったら3つは内申上がるのにな』とか、逆に『甘い学校でラッキーだったな』などといった生徒がいる。, 公立入試の約4割、合否を大きく左右する内申のつけ方が、学校や先生によってこれほど大きく違っていていいのだろうか。, 例えば、平均点から±10点未満は『3』、±20点未満は『4』と『2』、それ以外は『5』と『1』というような明確な基準を設けた方が分かりやすく公平だと思う。 先生達の力量にもよるが、各学校の各先生が『平均点が25点前後』になるような問題を作成すれば、50~45は『5』、44~35は『4』、34~16は『3』、15~6は『2』、5~0は『1』となる。 これを基準として、提出物や授業態度などの観点を組み込んでいけば、学校間や先生による評価のブレは少なくなるのではないか。, また、全員とは言わないが、生徒達の力量をまったく分かっていない先生もいる。 ろくな引き継ぎも無く、ただ内申の数字だけを見て、生徒の本当の力(得点力)も知らないまま生徒指導をしているのではないかと感じるときもある。, 昔、『お前無責任すぎるだろ』という先生がいた。 1000%落ちるような生徒に、『受かるか落ちるかは、みんな同じ条件』などと言ったバカ教師、その生徒はもちろん不合格だった。 常に結果が求められる塾屋の我々からすると、そんな無責任な発言、とても信じられない。 もちろん、当落線上にいるような生徒であれば、受かるか落ちるかは難しい判断になるが、その教師以上に素人である保護者に対して、正しく現状を伝えない、いや伝えられないというのは罪だろう。, 多くの中学は、内申が決定する最後の定期テストまで約2週間だと思う。 みんな必死になって勉強に取り組んでいるとは思うが、こんなよく分からないものが内申だ。 これを、志望校合格のために1ポイントでも上げよう、上げたいと寝る間も惜しんで戦っている。 残念ながら、いま『○○中だったらな』『○○先生じゃなかったらな』と言ってもしょうがない。 できる最善を尽くして欲しい。 できる最善、それは勉強や提出物、授業態度だけではないかもしれない。, うちの学院長が、冗談半分で『学校の先生の前ではな、いつもニコニコしてなさい。女の子なんて、それだけで3つは上がるよ。』などと言うときもあるが、あながち嘘とも言えない気がする。 若い男性の先生には『イケメンですね』、女性の先生には『お若いですね』など、お世辞の1つでも言えるような社交性が必要なのか?だとしたら、なんともバカバカしい。 しかし、事実、意味不明な通知票は存在している。, つい先日、うちの娘(卒業生)の1人が、就職試験に合格した。 試験の後、その子のお母様から「先生、うちの娘、面接の時に『誰にも負けないことは?』って質問されて『笑顔です』って答えたそうなんですよ・・・。」といった話を聞いた。 こころがピュアなのかな。 ぜひ、特別講師として招きたいところだ。. 人口90万人を超え、都内行政区の中で人口および転入者数共に最多となる世田谷区。私自身も馴染みある行政区の一つです。, 世田谷区といえば世間では、世帯年収も教育水準も相対的に高く、都心よりも郊外型の環境を求める子育て家族に人気の街というイメージが一般的ではないでしょうか。, 公立中学に着目すると、2020年9月現在、世田谷区には29の区立中学校が存在し、約1万1千人の生徒が通っています。, 都内では八王子、足立、練馬、江戸川に次いで5番目に公立中学の多い行政区であり、総じて教育熱心な家庭が集う印象のあるこの地域について、各学校の教育環境を内申点という観点から考えてみます。, 東京都教育委員会では、都内公立中学校約600校の内、3年生の生徒総数が40人以下の小規模校を除く全ての中学校について、各校9教科の内申点の評定状況を毎年公開しています。, ところが実際には資料を眺めてみても、そこには内申点の割合が並ぶばかりで、どの学校の内申評価が高いのか低いのか、単純に比較することが難しい状況にあります。, そこで東京子育て研究所では、独自の内申評価の基準として、都立高校受験で利用される内申得点を算出することで、学校間の内申比較を行う方法を提案しています。, 結局のところ、生徒や保護者が内申点を意識するのは、学校や教師からの評価を気にしているというよりは、高校受験への影響を懸念しているに他ならないからです。, この一覧は、都教育委員会ホームページ上に公開されている都内全域の公立中学の平均内申点に対して、加重平均から各教科の標準内申点を割出し、その値を基に都立高校受験1,000点満点における内申点300点分の得点として換算算出した指標となります。, この評価基準を各学校について適用し、高校入試における内申得点という具体的な数字を比較することで、学校間の内申評価の差異を確認したいと思います。, 世田谷区では、公立中学29校の内、小規模校1校を除く28校の状況が公開されています。これを内申評価の高い順に並べてみると、以下のようになります。, まず世田谷区全体としては、全都平均と比較すると内申得点は5.2点高いことが理解できます。区全体として、教育意識の高い地域であることが伺えます。, ところが個別の中学校に注目してみると、公立中学に通う生徒や保護者の方にとっては戸惑う状況があるかもしれません。, この特異な状況を実現しているのは、千代田区の麹町中学と並んで近年マスコミ注目度が高い桜丘中学校です。, 桜丘中学の標準内申得点は234.4点となり、先に見た都内中学平均の199点よりも35.4点も高い状況です。世田谷区だけでなく都内の中でも突出しています。, 一方、同じ世田谷区内においても、都内平均よりも低い標準内申点の学校も複数あり、なかなか微妙な状況です。, 標準内申点が中学平均より35.4点高いという状況は、高校進学時の学校選択や受験の際に、同校に通う生徒一人一人に対し、予め35.4点分の潜在的なボーナスポイントが与えられているという状況だと理解すると、その意味の重要性がはっきりするでしょう。, (誤解のないように念のため記載すると、試験の得点は500点満点が700点に換算されるため、試験の1点は1,000点満点中の1.4点となります。このため内申点35.4点は、試験の得点換算では25.2点差となります。それでも大きな差ですが), もちろんこうした数字の差は、生徒本人の資質や努力が積み重なって表れた結果であるのか、内申評価の学校間の基準差、いわゆる内申が緩い学校か厳しい学校かの差であるかは分かりません。, しかしながら、世田谷区内の学校に限定して比較する限りにおいて、その上下得点差が45.2点(35.4-▲9.8)も開いているとなると、その事実に対しては、そもそも評価の方法が根本的に異なるという以外の合理的な説明はつきにくいように感じます。, 例えば、桜丘中学と学区が隣接する最寄りの中学校と比較しても、標準内申点に30点近い開きが認められることから、その差が家庭の教育意識や子どもの能力差とは考えにくいと判断するのが妥当ではないでしょうか。, 桜丘中学は、9教科の平均的内申点について5の割合が最も高く、実に学年の1/3以上の生徒が内申5を取得する状況となっており、その他の27校全ての内申の平均値が3であることと比較すると、やはり突出して高い値です。, では、生徒の主体性を重んじる自由な教育方針で話題の桜丘と麹町、二つの学校の内申状況を比較してみましょう。, 桜丘中では、国語、数学、英語、理科、音楽、技術家庭の6科目について、内申5が最多割合となっており、多くの科目で実に4割近い生徒が5を獲得しているという、他の学校の保護者としては何とも羨ましい状況であることが分かります。, 麹町中学の標準内申点も平均的な学校と比較すると相当高いですが、それでも桜丘中学の状況と比較すると、まだ控えめであるようにさえ感じます。, マスコミの報道や校長の著書などからうかがい知る中では、この二校の内申点が高い理由は、桜丘のシステムを記載した以下の文章が明確に示唆しています。, 積み重ねテストとは、100点満点の定期テストの代わりに、10点満点の小テストを10回、ないし20点×5回に分けて行うというもの。「ミルフィーユテスト」というかわいらしい愛称がつけられ、週3日程度(1日1単元)、始業前の20分間で実施している。, 芳しい点数がとれなくても、後日、敗者復活の「チャレンジ・テスト」も用意されており、通知表の成績には良いほうの点数が反映される仕組みだ。, 定期テストを廃止して、公文的あるいはスモールステップ的な小テストを継続的に実施するのがベターかどうかの議論は別にして、上記のやり直しテスト方式で内申点を評価していることが事実であれば、学校全体の内申評価が相対的に高止まりするのはある種自然な状況と捉えるべきでしょう。, 他の公立中学校に通う子をもつ保護者の方は、少しやるせない気持ちになるのではないでしょうか。, 一部の学校は再試験が認められる複数テスト評価方式、その他大部分の学校は一発方式の学習到達度評価です。得点差が現れるのは、ある種当然の結果といえるでしょう。, こうした方式の差は校長個人の教育理念で決まるものなのか分かりませんが、内申点が高校受験に影響を与えるという点においては、やはり心穏やかでない状況があります。, 入試における制度平等性を確保する意味においては、定期テストを実施する学校においても、テスト結果が返却された後に、少なくとも希望者に対しては、桜丘や麹町と同様に再チャレンジテストの機会を提供し、2つのテストの内、高い方の得点を内申評価の基準点として採用すべきではないかと感じます。, 実際には定期テストレベルの試験を2つ用意するのは教師の負担も大きく現実的ではないというのは容易に理解ができますので、例えば間違った問題を解き直して再提出し、正解であれば得点の半分を加算するなどの方法が運用上現実的かもしれません。, 要するに、一発テストの点数を内申評価に使わないといけない指導要領は存在しないということになりますから、躓いた生徒の学びのモチベーションに訴え、本来の学習理解度や到達度を向上させる意味においては、再チャレンジ方式はむしろ教育の本質に近い考えなのかもしれません。, 図らずも、実施が延期された大学共通テストにおける民間試験において、複数受験が可能という評価方式が今後の受験制度の主流となるのであれば尚更です。, あるいは桜丘や麹町の新しい取組が、報道にたがわず、明らかに生徒の自主性の涵養や能力の向上に寄与するものであれば、教育庁は両校が採用する方式の導入について、むしろ全ての学校に対して進めるような勧告を出すべきでしょう。, ただし桜丘方式が、本当に生徒の将来のためになるかは、吉田兼好が「二つの矢を持もつ事なかれ」と説いた心をよくよく見定める必要があるかもしれません。, いずれにしても私自身は、出る杭を打って、横並びの大多数の価値観に戻せとは思いません。, ただ、都立高校受験という、ある種の都大会競技において、所属校により適用ルールが異なる生徒が同じ土俵で競い合う現在の状況は、改善すべき課題だと感じます。, 仮にルール変更が学校長の裁量で決まるならば、教育委員会や学校長は、現在の状況に対し、もう少し前向きな方向でギャップを埋める努力をしてほしいと思います。, 新たな校長がどのような経緯や目的で選ばれ、その影響がどのような形で今後現れるかは分かりません。, マスコミが好んで取り上げるような公立中学における新たな試みが、更なる進化を遂げるのか、あるいは多くの学校と同じ状況に回帰していくのか。, 教育委員会や学校関係者の一段の努力によって、生徒の学びや成長に前向きな中学において標準内申点が向上して桜丘の水準に近付いた結果、現状明確に存在する学校間の内申格差が生じない状況となるのが、一つの進むべき形ではないかと感じます。, あるいはそのような努力が期待できない場合には、入試における内申点の影響を引き下げるべきではないかと思います。, 現状では、内申点の獲得しやすさには、世田谷区に限らず学校間による格差が存在することは確かなようです。, もちろん、内申点の差が、生徒個人の資質によるものなのか、学校側の評価基準の相違によるものなのか、確かなところは分かりません。, しかしいずれにしても、公立中学における標準内申点の高い地域は、教育に関心の高い家庭にとっては、ある種合理的な住まい選びの基準の一つになるように思います。, 高い標準内申点の地域には、教育意識の高い家庭で育てられた相対的に能力の高い子どもが多く、周辺に良好な教育環境が育まれていると推察される。, ということになり、いずれの場合でも、良好な教育環境を求める家庭にとっては、その学区を積極的に選択すべき理由の一つとなるでしょう。, そのように考えると、中学校の標準内申点という数字には、単に羨望や嫉妬という以上に大きな社会的な付加価値が伴うことが理解されます。, 都内への転入と都立高校進学を希望する家庭にとって、公立中学校の内申点の動向は、敏感にアンテナを張って収集すべき情報であるに違いありません。, mommapapa 目次2021年春(令和3年度)入試用 東京都立高校 偏差値&内申 合格のめやす旧1学区旧2学区旧3学区旧4学区旧5学区旧6学区旧7学区旧8学区旧9学区旧10学区国際専門コース単位制普通科総合学科 2021年 … 高校受験・中等教育・教育不動産研究|家族帯同海外帰国組|海外や地方から都内に転入する子育て家族を応援します|東大生と公立中学生の父, 敗者復活の「チャレンジ・テスト」も用意されており、通知表の成績には良いほうの点数が反映される仕組みだ。. 疑惑中3の生徒達は、公立入試の約4割を占める内申が、もうじき確定しようとしている。この内申、ときに『どういう基準でつけているのか?』『先生の感情でつけてはいないか?』と疑いたくなることがある。真実もちろん、5、4、3、2、1を決定するための観点が複数あることは承知している。 さらに3年生の成績は2倍されるわけだから、学校成績1点分は入試得点の4.4点分〜12.2点分ということになり、3年生の学校成績はかなり重要であるといえる。 内申点が入試の合否に大きく関わるのなら、学校間で内申点の格差があるべきではない。「 標準内申点が中学平均より35.4点高いという状況は、高校進学時の学校選択や受験の際に、同校に通う生徒一人一人に対し、予め35.4点分の潜在的なボーナスポイントが与えられているという状況だと理解すると、その意味の重要性がはっきりするでしょう。 アザラシ塾管理人 中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。.

退職祝い のし テンプレート 10, 児童館 バイト 大学生 10, 窓枠 コーキング やり方 6, 車 鳥のフン 傷 7, 飲食店 売上台帳 テンプレート 18, Ps4 保証期間 ゲオ 9, マーキュリー 5馬力 改造 4, ポケモンgo ユーザー名 禁止 文字 34, 彼氏 返信早い うざい 9, ゴルフ7 コンフォートライン ブログ 6,

Write a comment