【4位】ハワイ(11%) まず、国内旅行と海外旅行、どちらが良いのかをお聞きしました。 結果は、「国内旅行」が良いと答えた方が半数近くを占め、最多回答となりました。国内旅行が好きな方が多いというだけでなく、言語や治安など、海外へ行くことを不安に感じる方もいらっしゃるためかもしれません。 また、3割近くの方が「両方行きたい」と答えていたことも特徴的。お祝いの旅行ですから国内にも海外にも行きたいと考えている方も大勢いら… 南の島のビーチリゾートが大好きな「カジノ開発エンジニア」兼、不動産投資を行う「サラリーマン大家」。リゾートホテルのオーナーになる事を目標として、副業で資金を稼ぎ不動産に再投資、趣味のDIYと激安リフォーム術で高利回り物件に仕上げるのが得意。家賃収入は現在「月130万円」を超えた。このド素人の資産構築の過程を、役立つ情報として発信中。不動産賃貸業で法人設立したサラリーマン経営者。, 今回は、老後を楽しく過ごすための「海外旅行おすすめ人気スポットと費用、必要貯金額について」深掘りしていきますよ!, 年に一度は海外旅行できるような、満ち足りたセカンドライフを送るために、定年退職までの年収の変化を考慮して、人気おすすめ旅行先ごとに「費用と必要な貯金額」を算出していきましょう。, 特に、現在の40代世代と50代世代は、学生の頃に極端な円高による「海外旅行」ブームが巻き起こり、学生の頃はアメリカやアジア、ヨーロッパ旅行を謳歌してきた世代です。, それは社会人になってからさらに拍車がかかり、週末グアムをはじめ、3連休があれば有給休暇をつけてハワイやアジア、そしてもちろん長期の休みはアメリカ、ヨーロッパと、休みの多くを海外旅行に費やしてきた人も多いのではないでしょうか。, 国内旅行派の人は、週末になったらキャンプ三昧、温泉三昧、スキースノボ三昧の世代です。, そんな40代50代も役職定年により、あと10年すれば収入がガクッと減り、老後を意識した生活にならざるを得ないのが現実です。しかし、今までずっと続けてきた旅行をやめることは、自分の人生の喜びを失ってしまうことにつながるかもしれません。, いったいどれぐらいの人たちが、老後の海外旅行人生を楽しむ生活を手に入れているのでしょうか?, 実は、見落としがちなのが、「同じ内容の旅行でも、若い時と老後では、かかる費用が違う」という点です。, つまり、体力の落ちた老後の海外旅行は、若い時には不要だったサービスが必要になることが多く費用も高くなりがち、という現実があります。, 実際どれぐらいの人が、相対的に高くなってしまう老後の海外旅行を楽しめているのかを、具体的に調べてみました。, インターネットによる旅行の申し込みが主流になるなかでも、街の中には、至る所に旅行代理店があり、広い窓口を抱えて、多くのパンフレットが所狭しと置かれています。, 40代50代の現役世代からすると、「窓口での申し込みって、高いし、そもそもネットで調べた方がいろいろな会社が簡単に比較できるのにね?」と思ってしまいますが、旅行代理店は未だ高い需要を抱えています。, それは老後の旅行を楽しむ、シニア世代に対する相談や、計画のケアの需要が非常に多くあるからなのです。, 先日、旅行代理店に久しぶりに入ってみました。すると、パンフレットで目につくのは「ビジネスクラスで行く○○旅行」や、「グランクラス利用、最高級温泉宿」など、富裕層向けのツアーです。, 富裕層といっても、20代30代のIT社長ではなく、時間ができて、かつ退職金や年金によって余裕があるシニアに向けた、老後旅行へのアプローチなのです。, 実際、2017年度の世代別人口に占める「出国率」(その世代の全人口に対して、何人が1年間の間に出国したか、その割合)は、男性の場合20代から伸び始め、50代の26.5%がピークになります。そして定年を迎える60代に急激に下がり、15.1%となり、70代には5.2%となります。女性の場合は、20代の32.7%がピークで、その後徐々に減少し、60代では10.3%となります。, つまり、役職定年を迎える前後の50代男性が、海外旅行を謳歌するメイン層であり、また安定した収入がなくなった60代でもなんと6~7人に1人が、毎年1回海外旅行を楽しむ幸せな老後が送れているわけです。, でも、そのためには老後旅行に対するしっかりとした分析と準備を、現役の時からおこなっていないと、難しいかもしれません。, 退職金や年金のなかから老後旅行の費用を出そうだなんて、そんな甘い時代ではありません。人生100年時代、老後の普通の生活を送るだけでも、年金以外に約2,000万円が必要と算出されています。, 特に早期退職制度などを使って50代半ばで会社を引退する人は、まだ身体に無理がきく50代後半に老後旅行を楽しみ、豊かな人生を過ごしたいですよね。老後の選択肢を増やすためにも、早めの老後の資金計画が重要なわけです。, まず、知っておきたいことは、「老後旅行の旅費は、今の経験や感覚、常識を捨てること」から始めなくてはなりません。なぜなら、老後旅行の単価は、ぐっと上昇するからです。, 国内旅行ならば、青春18切符を使って日本1一周を2万円以下とか、夜遅い飛行機を使って最安値の航空券を手に入れ、宿泊はユースホステル、空港や道の駅などにも泊まった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。, 海外旅行に至っては、格安航空券を雑誌で比較し、1円でも安い航空会社を選ぶ。宿は決めずに現地で交渉し、水しかでないシャワーの部屋・・・。もちろん良い思い出ですが、それから20年30年経った40代50代になった今、その旅行を心から楽しめますか?, 体力的に、難しいのが現実です。今からさらに体力が落ちる10年、20年経てば、それと同じ状況を迎えます。40代50代で楽しんでいた普通の旅行が、60代以降は辛くなるのです。, それは、役職も貰った50代前半に会社でエグゼクティブ扱いされることや、役職にプライベートでの旅行も人生の中で最高に裕福な期間なるため、役職定年を迎えた50代後半で急激なダウングレードできないことが理由とされています。, 【40代のチョイス】 定年後の生活費用 夫婦二人で老後生活を過ごす上で、必要な生活費を調べると最低日常生活費平均額は、月額で22万円だそうです。 経済的にゆとりのある老後生活を過ごすための費用としては、老後の最低日常生活費以外に必要と考える金額の平均は月額で13万4千円だそうです。 © Copyright 2020らくらく情報局All rights reserved. 【2位】国内旅行で行きたい場所がある(19.0%) 定年後に毎年旅行を楽しむ、という夢を叶えるために、現役時代にこそ検討してみてはいかがでしょう。, ※ 2019å¹´8月現在の情報です。今後、変更されることもありますのでご留意ください。, 三井住友銀行のホームページはこちら>, サービス向上、利用状況の把握のため、当サイトではCookieを使用しております。, 定年後に「毎年、旅行をする」夢、いくらかかる?, iDeCo(イデコ)、NISA、つみたてNISA、どれが得? 併用できる?, 定年後、少ないお金で楽しめるのはどんな人?, 年金の追納~年金保険料を追納すると受給額が増える仕組みを解説~, 定年後、イキイキと過ごすために必要な費用は!?, 「定年後の夢、How Much?」の記事一覧を見る.

不織布 テープ つかない, 4人乗り オープンカー ハードトップ, 離乳食 冷凍食品 スーパー, 横浜 お祝い カフェ, 高島易断 2021 三碧木星, 埼玉りそな銀行 支店コード 369, 小学生 走幅跳 平均, 箱根駅伝 戦力 2021,

Write a comment