ID: oxfpMKVOoc, 2014/08/12(火) 01:26:45 ID: 9/J0d2yuUK, 2015/02/13(金) 22:35:15 ID: TBTPh8Qfps, 2014/09/26(金) 00:15:05 ドラえもん - 大山のぶ代 ドラえもん - 大山のぶ代 ウソ800の効力が残っていた為、ドラえもんは帰ってこないことが嘘になったのだ。のび太が落としたどら焼きを手に野比家に足を運んだしずかとジャイアンとスネ夫もドラえもんと再会を果たし、皆、和解するのだった。 キャスト. その後ジャイアンやスネ夫を傷つけても、謝るどころか「そんなこと知ったことか!」と逆ギレ。 家に帰ったドラえもんは、自分でもさすがにおかしいと気づき始める。そこで取り出したのが、「ミニドラ … ID: 32ei5AfcR3, 2016/04/03(日) 22:27:04 © 2020 漫画とアニメ情報局 All rights reserved. ID: 1X7BbP4L+f, 2014/09/22(月) 01:12:41 ID: O0PhcyiRhu, 2019/05/26(日) 12:56:42 !」が放映された。, 『小学六年生』1985年9月号掲載(この後に『コロコロコミック』1986年6月号再録、『小学六年生』1989年3月号、1991年3月号でも再録), 『ぼく、ドラえもん。』の付録冊子最終巻の最後に収められた話。全作品中で唯一、老年期ののび太(小学6年生ののび太から見て45年後なので56~57歳)が登場する。ラストシーンではのび太自身が過去の自分に対するエールを送る。, なお、この話は2005年~2006年および2014年刊行の『ドラえもんプラス』シリーズの第5巻に収録されている。アニメ第2作2期でも特番でアニメ化されたが、最終回に準ずる扱いではない。, 前述の「45年後…」の翌週の2005年3月18日、特番『ドラえもん オールキャラ夢の大集合スペシャル』として放送。アニメ第2作1期としては最後のテレビ放送となった。, 原作はコミックス35巻の同タイトルのエピソードで、以前にも「ドラえもんに休日を」(1985年3月8日放送、1990年代に再放送)としてアニメ化されている(第2作第1期を参照)。のび太がドラえもんに1日だけ休日をプレゼントし、ドラえもんは念のためにのび太に呼びつけブザーを預けた上でミィちゃんとデートに出かける。原作や以前のアニメではのび太がドラえもんを想い、不良少年たちに囲まれてピンチに見舞われても、ドラえもんを呼ぶブザーをのび太は自ら踏み壊し(それを隠れて見ていたジャイアンとスネ夫が共感し、のび太に加勢する)、ドラえもんに頼らずに危機を自力で乗り越えていこうとする物語である。, 2005年放送のアニメ作品では、前半は原作と同じだが、その後のび太が誤ってブザーを押してデート中のドラえもんを呼びつけてしまった。せっかくのデートをぶち壊した事に怒ったドラえもんが未来へ帰り、後は「オールキャラ夢の大集合」というだけあって原作とは異なりセワシ、ドラミ、ミニドラたちが登場するといった、ほぼオリジナルのエピソードとなっている。, 1990年代の終わりごろから「ドラえもんの最終回」と称する事実無根のチェーンメールが出回り始めた。その中でも最も有名なのが「のび太植物人間説」と「ドラえもんの開発者はのび太説」の2つである。, もとは1986年秋頃に子供たちの間で流行した噂であり[4]、「ドラえもんがいた話はすべて、交通事故にあって植物状態となったのび太が見ていた夢であった」という内容である[4][5]。「この噂は本当か」と、『ドラえもん』連載学年誌の出版元である小学館に問い合わせが相次いだため、作者の藤本弘(当時は藤子不二雄コンビ解消前)が正式に「ドラえもんはそのような突然で不幸な終わり方にはしない」とするコメントを発表する事態となった[6]。藤本がこの年の夏病気で入院したため、このような噂が生まれたと考えられる。その後出回ったチェーンメールでは内容が追加されており、「ある日、事故にあって植物人間状態になったのび太を、ドラえもんがどこでもドアを使いのび太をおぶって天国へと連れて行く」というものや、「実はのび太は心身障害者で、ドラえもんは彼による作り話(妄想・羨望といった派生型あり)」といったものもある。, また、同じ植物状態説でも「動かないのび太にドラえもんが自分の全エネルギーを与え、自身の命と引き換えに助けた。その後、のび太が停止したドラえもんを抱きしめ、泣きながら『ドラえもーん』と叫ぶと、垂れた涙がドラえもんに当たった瞬間にドラえもんが復活し、エンディングテーマが流れスタッフロールが出てきてフィナーレ」というハッピーエンドになるものもある。このエピソードは1991年にアニメ化された『丸出だめ夫』の最終回ほぼそのままの話である。ちなみにこのエピソードに関して作者の娘が作者に尋ねたところ、藤子は「ドラえもんはそんな終わり方をしない、もっと楽しい終わり方にする」と、コメントした。, これは、1人のドラえもんファンが「自作の最終回」と明記した上で作成したオリジナルストーリーが、チェーンメールなどにより一人歩きしたものである。「電池切れ説」とも呼ばれる。, 以上があらすじであるが、「のび太は15歳で海外に留学した(飛び級で大学に入ったとすることもある)」、「修理には妻となったしずかが立ち会った」などと脚色されている場合もある。, 「ドラえもんの開発者はのび太説」の元になったオリジナルストーリーは、1990年代に学生だった、あるドラえもんファンが作成したものである。彼は自分のWebサイトに、「僕が勝手に考えた ドラえもんの最終回(仮)」と言明し、公開していた。「ドラえもんには、藤子F不二雄先生作の最終回がちゃんとある」とも明記していた。 ID: viAqVssd43, 2017/06/04(日) 19:58:01 ?」の2本が、先述した2本の最終回である。いずれもてんとう虫コミックスや藤子不二雄ランドには未収録のため、永らくマニアの間で幻の最終回として扱われていたが、2009年に刊行された藤子・F・不二雄大全集の『ドラえもん』第1巻に収録され、現在では手軽に読めるようになっている。, ここでは、本来最終回となるはずだったエピソード「さようなら、ドラえもん」、及びその関連エピソード「帰ってきたドラえもん」についても連載順に記述する。, 前述の通り、この最終回には後日談がある。1973年4月号より『小学六年生』にも連載が拡大されたため、その前の月に当たる『小学五年生』1973年3月号には再びドラえもんがのび太の元に帰って来るという形式の2ページの予告漫画が掲載された。この予告漫画も藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』第1巻に収録されている。, なお、テレビアニメ第1作の最終話「さようならドラえもんの巻」(1973年9月30日放送)はこのエピソードをベースに作られたもので、ドラえもんの嘘に協力するのはセワシではなくガチャ子になっている。, 1997年に朝日放送制作・テレビ朝日系で放送されていた歴史バラエティ番組「驚きももの木20世紀」内で、当時の小学館の担当者が本エピソードが描かれた経緯を説明している。それによると、掲載の前年にアニメ第1作が終了したことや、作者が『みきおとミキオ』など新しい連載を抱えていた事情などがあり、当初はこの話が本当の最終回となるはずだった。実際、最後のコマに描かれているゴミ箱の文字は、単行本では『LOVE』となっているが、雑誌掲載時では『OWARI』である。しかし、作者は次の作品のことを考えていてもドラえもんのことが頭から離れず、思い直して後述の『帰ってきたドラえもん』を執筆。翌月号である『小学四年生』4月号に掲載されてドラえもんは続けられた(「みらいの世界へ帰る」掲載号発売時には既に連載続行が決定していたため、欄外にその旨注記されていた)。なお、他の学年向け学習雑誌の同月号においては、読者が学習雑誌を読むのが最後となる『小学六年生』を含め、「ドラえもんとの別離」をテーマにした作品は掲載されていない[2]。, アニメ版は1981年1月3日に放送。その後1994年と1997年のスペシャル放送で“帰ってきたドラえもん”は再放送され、1998年には「さようならドラえもん」のエピソードと合わせて『帰ってきたドラえもん』のタイトルで映画化された。2009年には第2作第2期でも「さようならドラえもん」と同時放送という形でアニメ化された。2014年公開の映画『STAND BY ME ドラえもん』にも「さようならドラえもん」と本エピソードの内容が含まれている。, なお、日本国外では“帰ってきたドラえもん”だけ放送しない方針を藤子プロが取り、未放送となっている。これを踏まえて、同局のバラエティ番組『決定!これが日本のベスト』で複数の外国人にこの回を見せ、反応をうかがってみるといった企画も行われた。しばしば幻の最終回として紹介されることがあるが、日本では“ドラえもんコレクションスペシャル 春の4”というDVDに収録されており、これを入手してリージョンフリーまたは日本のリージョンコードに対応しているDVDプレイヤーで再生すれば日本以外に住む者も視聴が可能である。ただし、1998年公開の劇場版に関してはこの限りではなく、2005年にスペインでテレビ放送されている[3]。, ドラえもんのアニメは、現在放映されている1979年に放送開始されたテレビ朝日版(現在は2期)以外に、1973年に放送された日本テレビ版があり、このシリーズは2クール(26週)52話で完結したため、「最終回」が描かれている。, 自転車に乗れないのにしずか達とサイクリングに行く約束をしたのび太。いつものようにドラえもんを頼ろうとしていたのだが、なぜかドラえもんはのび太を冷たく突き放す。ドラえもんは、自分に頼りっきりなのび太の自立心を養うためにセワシと相談の結果未来へ帰ろうと考えていたのだが、何かと優しくしてくれるのび太にそれを言い出せないままだった。そこでガチャ子と一計を案じ、「ドラえもんの調子が悪くなった」という口実で未来に帰ることをのび太に告げた。のび太は泣き出してしまうが「ドラえもんを治すためなら我慢する」と言った。それを聞いて感動したドラえもんは真実を告げ、のび太もそれを受け入れてくれた。その後、仲間らと送別会を開いたドラえもんとのび太は、いつかの再会を誓い、最後の別れを告げた。, 未来に帰った後、ドラえもんはセワシと共にタイムテレビを通して自転車に乗る練習をするのび太を温かく見守っていた。, 内容は、自転車が漕げなかったのび太が泣きながら自転車を漕ぐ練習をするところを、未来の世界から見守るところで物語が終わるというもので、先述の「ドラえもんがいなくなっちゃう!

雅之 助 鈴木雅之, 名鉄 定期券 途中下車, 英語 目的語 語順, あいみょん アルバム 最新, Jr西日本 混雑状況 コロナ, 札幌 イベント 8月22日,

Write a comment