125 “Choral”: IVb. 92: I. Poco sostenuto – Vivace, カラヤンのベートーヴェン:交響曲全集 などがおすすめ。このベルリンフィルとの録音は特に評価が高いもの。, Symphony No. 弦楽四重奏はヴァイオリン2挺(1st+2nd)、ヴィオラ1挺、チェロ1挺で演奏されます。 それぞれがおおよそ歌でいうソプラノ、アルト、テノール、バスの音域を担当します。 今になって色々社会勉強中。. 90 – “Italian”: I. Allegro vivace, Symphony No. 101 – “The Clock”: II. ワーズワスが1770年生まれだとは知りませんでした。The Daffodilsなんかを暗誦してこれは立派な人だと思い、他も読みたいと思っているのですが、機会がなかなか廻ってきません。, お手数をおかけしました。ありがとうございました。 2 in D Major, Op. Presto ma non troppo, 第101番はハイドンの交響曲の最高傑作の一つといわれるもの。「時計」というのは第二楽章の特徴的な伴奏からとられたニックネーム。, Symphony In D, H. I No. 今後も愉しみにしています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大学では社会情報を専門にするも、音楽と語学の勉強に勤しんだため見事な情報弱者となる。 全部で83曲も弦楽四重奏曲を書いています。 すべてが名曲というわけではないですが、またカルテットの宝とも言うべき作品もたく さんあります。 私もこれから初めてクラシック音楽を聴こうとする人に敢て交響曲を薦めようとは思いません。 ですから僕はこの記事を通りすぎて、書いてある曲とCDをただそのままに聴くのではなく、散らばる色々な情報をもとに読んだ人が自分で曲や指揮者を選ぶ可能性を記事の指針として考えました。 Feierlich, ブルックナーは後期ロマン派に属する作曲家で、後半生ほとんどを交響曲の作曲に費やしました。, オルガンの名手であったブルックナーは交響曲もまたオルガン的な発想と響きをもっています。熱烈なファンもいれば、全くわからない人もいるという不思議なもので、音楽の内容はベートーヴェンのようなドラマティックなものではなく神や自然への賛美を表します。, ブルックナーの音楽は”原始霧”(絃の細かい刻み)と呼ばれる神秘的な始まり方を多くとります。, ブルックナーの交響曲のうちではロマンティックな要素が強い曲で親しみやすい。他に第七番なども聴きやすいです。, 冒頭ホルンの音が静かに鳴るが、夜明けのひんやりした空気が感じられるよう。現代の喧騒からは程遠いところにあります。, Symphony No.4 in E flat major – “Romantic” : 1. 別にわざわざいう必要もないのでしょうが、おすすめの曲や名盤というのはかなり曖昧なものです。結局は自分の考えや趣味と自分の信頼する人・物から得る情報をもとに自ら比較判断していくしかありません。 特にはじめての人は先ず交響曲を聴けという意味でつけたのではないのですが、とりようによってはそう考えることもできますね。今後タイトルを考えるときは気をつけます。, もえぎさん Šy‡‘t‹È, ‚PD‚Ü‚¸‚Í‚â‚Á‚Ă݂悤I----‚í‚è‚ƈՂµ‚¢‚à‚Ì‚©‚çA‚µ‚©‚µ‰œ‚͐[‚¢. 73: II. 5 in C-Sharp Minor (1998 Remastered Version): IV. 僕ははじめCDの裏なんかに書いてある評を読んでとにかく凄そうなものを選んで聴いていました。稀代の名演とか書いてあると避けられません。 Saltarello (Presto), ベートーヴェンが成し遂げた交響曲による”詩と音楽の融合”という偉業の継承を自らの課題として積極的に取組んだのがシューマンでした。, 彼の四曲の交響曲はその成果であるわけですが、シューマンは道半ばで体を悪くしてその道をブラームスに譲ってしまいます。しかしシューマンの音楽はまぎれもなく”詩的”な音楽であってそのロマンティシズムを聴き味わう価値はあります。, シューマン本人がつけたわけではありませんが、シューマンが音楽監督としてライン地方にいったときに経験したことがもとになって書かれたのでこう名付けられました。, 伝統的な四楽章構成ではなく、五楽章構成。第四楽章が挿入された形になっていますが、これは初めてケルンの大聖堂を訪れた時にみた式典から受けた感動が音楽化されたもの。, Symphony No. “O Freunde nicht diese Töne”, ベートーヴェンによって完成された古典派交響曲は、ロマン派の音楽家たちによって枝葉を広げていくことになります。, 交響曲を作曲する作曲家は常にベートーヴェンを意識し、ベートーヴェンとどう違うか、どう超えるか、ということが考えられました。, そのためにロマン派の作曲家でハイドンやモーツァルトのように膨大な数の交響曲を書いた人はいません。一曲一曲が非常な重みをもっており、徐々に規模を大きくしマーラーに至っては超大規模の曲が生れました。, シューベルトは亡くなった年(1828)をみるとベートーヴェンとほぼ同じ時代の人ですが、ロマン派に位置付けられています。 歌曲作曲家として有名なシューベルトですが、歌曲以外にも膨大な数の曲を残しています。交響曲は全部で八曲あり、最後の二曲が特に有名です。, 最後の二曲は昔、第8番「未完成」、第9番「ザ・グレイト」と呼ばれていましたが、今は第7番「未完成」、第8番「ザ・グレイト」と呼ばれることが多いです。, この曲の楽譜はシューベルトの兄の家に埋もれていましたが、シューマンがそれをみつけだし、メンデルスゾーンが初演しました。, シューマンはこの曲について「ベートーヴェンからの完全な独立」を示し、「ロマン主義の精神」が見出されると言っています。, ◇フルトヴェングラー/シューベルト : 交響曲 第9番 「ザ・グレート」&ハイドン : 交響曲 第88番 (Amazon), Symphony No. 1 in D, Op. もちろん選んだ名盤などは定評のあるものばかりですが… 以下は(クラシックの)弦楽四重奏曲がどのようなものか簡単に説明します。 使われる楽器. おっしゃることは尤もだと思います。 Finale. 8 in E-Flat – “Symphony of a Thousand”: Part One – I. 68, “Pastoral”: I. Awakening of cheerful feelings upon arrival in the country. このブログの、クラシック敷衍に取り組むきつねさんのまじめな態度に常々感心し 41 in C Major, K. 551, “Jupiter”: Iv. 7 in A, Op. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); しかし、ただ紹介するだけではなく、交響曲を楽しく聴けるようになるポイントも書きますから是非読んでみてください。, おすすめ曲は聴きやすさや人気という点から主に選びましたから、必ずしも最高傑作といわれるものを選んだわけではないことを断っておきます。, 古典派は交響曲を成長させそして完成させた時代で、重要な作曲家はハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンの三人です。, ハイドンはおよそ108曲、モーツァルトは41曲、ベートーヴェンは9曲の交響曲を完成させています。, ベートーヴェンの交響曲は第一番から第九番まで全て重要ですが、ハイドンとモーツァルトの交響曲で普通問題にされる(よく演奏され、聴かれる)のは後半一定の曲だけです。, ハイドンは108という膨大な数の交響曲を書いていますが、よく演奏されるのは第82番から第87番までの「パリ交響曲集」以降の曲です。, 特にロンドンで書かれた第93番以降は「ロンドン(ザロモン)交響曲集」と呼ばれて充実した作品が集まっています。, ハイドンの交響曲の多くは注文主の趣味に合わせて書かれたものですから、易しく聴きやすいものが多いのが特徴です。, ハイドンは1791年にロンドンに渡って、それからしばらくの間ロンドンの聴衆のために作曲をしますが、第93番から第98番までを一般に(第一期)「ロンドン(ザロモン)交響曲集(ロンドン・セット)」と呼びます。, 一般聴衆のために書かれたこれらの作品は、質が高いのはもちろん、わかりやすさ親しみやすさを追求しています。, 第94番「驚愕」は第二楽章に驚かされる演出がありそう呼ばれています。全体を通して親しみやすいです。他に第100番「軍隊」などもききやすいです。, ◇フルトヴェングラー/ハイドン:交響曲第94番&モーツァルト:交響曲第40番「驚愕」(Amazon), ・メーカー等によって聴こえ方は変り得ますが、 試聴して雰囲気を確かめてみてください。(以下同様), Symphony No. 97 – “Rhenish”: IV. ©Copyright2020 きつねの音楽話.All Rights Reserved. 「読む」という作業は、消化するだけでなく異化してこそ自分のものとなりますので、理解に幅が出て深まることと思われます。 3 in E flat, Op. イタリア弦楽四重奏団/ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」「セレナード」「五度」「皇帝」(Amazon), アマデウス弦楽四重奏団/ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」「皇帝」/モーツァルト:弦楽四重奏曲「狩り」(Amazon), スメタナ四重奏団/モーツァルト:弦楽四重奏曲第15番・第17番「狩」(Amazon), アルバン・ベルク四重奏団/モーツァルト : 弦楽四重奏曲第14番 ~第19番 (ハイドン四重奏曲全曲)(Amazon), ラサール弦楽四重奏団/ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集(第12-16番、大フーガ)(Amazon), アルバン・ベルク四重奏団/シューベルト:弦楽四重奏曲《死と乙女》、《ロザムンデ》(Amazon), <オーガニックコーヒーを箱買い>小川珈琲店の有機ドリップコーヒーがおいしくておすすめ. 【カルテットがおもしろい】弦楽四重奏曲の名曲と名盤をまとめてみた 楽曲紹介 2016.5.20 死ぬ前に聴きたい曲はこれ クラリネットの魅力的な音色と超おすすめの名曲 この記事の表題は「クラシック初心者」ではなく「交響曲初心者」が適切だと思いますが、いかがでしょう?, 半世紀以上生きててもクラシック初心者です(笑。 Allegro Ma Non Troppo, テレビドラマ「のだめカンタービレ」でとりあげられて一挙に有名になった感のある曲。もちろん非常に評価されている曲でもあって、リストが「リズムの神化」と称したりワーグナーが「舞踏の聖化」と評したりしています。, Symphony No. 今になって色々社会勉強中。. このちょっとした連想が、興行的に窮地だと耳にするクラシック音楽業界の活性化に繋がるのでは?と余計な事も考えたりするわけです。余裕がありましたらよろしくお願いします♪, えきさん Bewegt, nicht zu schnell, ブラームスが第一番の交響曲を発表するのに20年ほどかかったというのは有名な話です。ベートーヴェンに課された課題の大きさがその理由の一つではありますが、本人の性格が自己批判の強く、慎重で、優柔不断のところもあったといいます。音楽を聴いているとなんとなくその辺は察せられるような気もします。, シューマンの保護のもとで活動を始めたブラームスは、わかりやすくいえば”交響曲をかかない”という方向をとっていたリスト・ワーグナーと対立関係にありました。, 第一番の交響曲で堂々とベートーヴェンの後継者たることを示したブラームスですが、最後の交響曲第四番に向かって、なんというかその事情を考えると、面白い道をたどりました。, ブラームスが非常に気負って20年かけてかいた曲で、”ベートーヴェンの第10番”などと呼ばれる曲です。冒頭から重々しいので、打ちのめされそうな人は第二番がいいかもしれません。, Symphony No. 68: I. Un poco sostenuto – Allegro – Meno allegro, Symphony No. Adagio non troppo – L’istesso tempo, ma grazioso, これまで紹介してきた作曲家はいずれも(広い意味での)ドイツ人でしたが、チャイコフスキーはロシア人です。交響曲のスタイル自体がおそらくドイツ(・オーストリア)的で、ドイツ人の得意とするところなのでしょう。チャイコフスキーの交響曲は交響曲という名前はありますが、ベートーヴェン的なものではありません。, チャイコフスキーの音楽の特徴は旋律の美しさとハーモニーの華麗な響き、そしてロシア土着の踊りのリズムです。, チャイコフスキーの交響曲は全部で六曲(+一曲)ありますが、第四番から第六番までの三曲が特に人気です。, チャイコフスキー交響曲第6番を初演したあと数日して亡くなりますが、その最後の第6番がチャイコフスキーの最高傑作といわれます。しかし第6番は全く難解なものですから、第4番あたりから聴くのがよいでしょう。, 第4番は非常に暗い始まりですが、最後は生命の火花がはじけるような盛り上がりをみせます。, 交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 第1楽章: Andante sostenuto – Moderato con anima, 交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 第4楽章: Finale (Allegro con fuoco), ドヴォルザークもまたチェコ人というドイツから離れたところの人間で、日本人にとってはチャイコフスキーとともになじみやすい作曲家です。, ドヴォルザークはブラームスに推薦され、また影響されて世にでた作曲家で、交響曲にもブラームスの影響がみられます。, ドヴォルザークの交響曲は全部で九曲あって、この第九番が有名な「新世界より」です。これはドヴォルザークが新世界たるアメリカに渡って書いたもので、インディアン音楽の影響などがみられます。チェコ(ボヘミア)の要素は第8番等のほうがより強く表れていますから、第8番も 聴いてみると面白いでしょう。, ◇クーベリック/ドヴォルザーク:交響曲第8番&第9番「新世界より」(Amazon), 交響曲 第9番 ホ短調 作品95《新世界より》 第4楽章: Allegro con fuoco, マーラーはロマン派の最後にあって、ブラームスのとってきた純粋器楽の交響曲、ワーグナーが生み出した楽劇、また宗教的要素の強いブルックナーの交響曲の要素を取り入れた綜合的なものです。, 曲の長さも、オーケストラの規模も巨大化し、その音楽はありとあらゆるものを表現しようとするものです。, マーラーはアルマという女性と結婚し、しばらく幸福な結婚生活を送りますがこの曲はその幸せの絶頂期にかかれたもの。, Symphony No. 4 in A, Op. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); カルテットをテーマにして毎回演奏シーンがあるというのが珍しい気がしますが、実はカルテットといいながら弦楽四重奏曲は演奏されていない・・・, まあ弦楽四重奏曲はあまりポピュラーではないし、カルテットが必ず弦楽四重奏曲を演奏しなければならないということもないのですが、音楽ファンとしてはちょっとがっかりしないでもない。, カルテットの本分である弦楽四重奏曲にも名曲はたくさんあるよというわけで、この記事では弦楽四重奏曲の名曲をまとめます。, カルテットは四重奏のことで弦楽四重奏は正確に言えばstring quartetになりますが、ただカルテットというとふつうは弦楽四重奏を表すといってよいと思われます。, 弦楽四重奏曲がどういうものかは記事の後半に書きますから、気になる方は参考にしてください。, ハイドンは25才から死の6年前にあたる71才まで、77曲もの弦楽四重奏曲を書きました。, 古典派以降主流となるスタイルはハイドンが確立したもので、つまり若いころの作品と晩年の作品は全く違うスタイルをもっているのですが、主要な作品とされてもっともよく演奏されるのが、およそ1793年から1803年までにつくられた曲です。, この曲は1790年につくられた曲で、第一楽章のかわいらしい主題から「ひばり」と呼ばれて親しまれています。, ◇イタリア弦楽四重奏団/ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」「セレナード」「五度」「皇帝」(Amazon), 1793年に作曲された作品71と74はそれぞれ三曲の弦楽四重奏曲からなっていて、「ロンドン四重奏曲」あるいは「ザロモン四重奏曲」と呼ばれています。, これらの曲はロンドンの一般聴衆の前で演奏されたもので、簡潔な表現を基本にしています。, 当地(ザロモン)のヴァイオリン奏者が達人だったために、第一ヴァイオリンの優位が目立ち、この曲でもヴァイオリンの俊敏な動きがみられます。, ハイドンの作品は有名なもの以外はちょっと手に入れにくく、この曲もあまり録音されていません。, この曲は1794年に作られた作品76(6曲)のうちのひとつで、これらの作品は各声部(楽器)のバランスがとれ、充実した響きをもっています。, 品のよい曲ですが、音楽の純粋単純な楽しみが保たれている部分もあってその辺ハイドンのすごいところです。, この曲はハイドンの最高傑作のひとつとされ、第二楽章のテーマは今のドイツ国家になっています。, ◇アマデウス弦楽四重奏団/ハイドン:弦楽四重奏曲「ひばり」「皇帝」/モーツァルト:弦楽四重奏曲「狩り」(Amazon), 1799年に第81番とともにかかれたもので、ハイドンの弦楽四重奏のうちもっともすばらしいものです。, この曲も録音が少ないですが、上記のコダーイ四重奏団やアマデウス弦楽四重奏団の演奏で聴けます。, モーツァルトの弦楽四重奏(ハイドン四重奏曲以降)は終楽章の重要性を増したことや、1stヴァイオリンに重きをおいていたハイドンに比べ四人の奏者がそれぞれ活躍することなどが特徴です。, 1782年から85年までに作曲された6曲はハイドンへ献辞されたことから、「ハイドン四重奏曲」と呼ばれます。, この曲はハイドン四重奏曲のうちの第4番で、狩のときに用いられた角笛を模倣する”五度”が使われていることから「狩」と呼ばれています。, ◇スメタナ四重奏団/モーツァルト:弦楽四重奏曲第15番・第17番「狩」(Amazon), ハイドン四重奏曲の第6番にあたる曲で、この「不協和音」というのは第一楽章の序奏からつけられたものです。, ◇アルバン・ベルク四重奏団/モーツァルト : 弦楽四重奏曲第14番 ~第19番 (ハイドン四重奏曲全曲)(Amazon), ベートーヴェンの弦楽四重奏曲はあらゆる弦楽四重奏曲中もっとも重要なものですが、またそれだけ難解なものでもあります。, ベートーヴェンも四人それぞれが役割をもって活躍するような書き方をしていて、最後には有名な「大フーガ」などがでてきます。フーガということは各声部が対等ということです。, ベートーヴェンは1816年以降しばらく弦楽四重奏をつくりませんでしたが、1722年から26年にかけての最晩年、5曲の弦楽四重奏をかきました。, この曲は全部で6楽章からなる曲ですが、事情があってフィナーレが2つあります。「大フーガ」がその一つです。, 第5楽章のカヴァティーナは”無限旋律”という切れ間のないメロディを持つ非常に美しい曲で、ベートーヴェンの室内楽曲の頂点のひとつです。, ◇ラサール弦楽四重奏団/ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集(第12-16番、大フーガ)(Amazon), 古典派の時代弦楽四重奏は相当流行っていたようですが、ベートーヴェン以降は、なんというかクラシック音楽あるあるというか、あまり盛んに作られなくなります。, シューベルトはベートーヴェンと同時代を生きた人で、弦楽四重奏を比較的多くつくっています。, シューベルトは人生の後半1824年から26年の間に3曲の弦楽四重奏曲をかきましたが、その中この「死と乙女」が特に有名です。, ◇アルバン・ベルク四重奏団/シューベルト:弦楽四重奏曲《死と乙女》、《ロザムンデ》(Amazon), ブラームスは古典派の大作曲家を意識して、というかしすぎたことで有名ですが、弦楽四重奏においても交響曲と同じ具合でした。, ドヴォルザークはブラームスに並ぶほど室内楽の発展に貢献した作曲家で、14曲もの弦楽四重奏をかいています。, ドヴォルザークがアメリカへ渡って交響曲「新世界より」等を書いたのは有名な話ですが、この曲も現地の音楽を吸収してうまれたものです。, 第一楽章に五音音階的なメロディーがでてきますが、これは日本人にも親しみやすい音楽です。, フランクは遅咲きの作曲家で、有名な曲も少ないのですが弦楽四重奏曲は傑作のひとつとされ、後世の作曲家達におおきな影響をあたえました。, この曲はフランク最晩年の1890年に完成した曲でベートーヴェンやシューベルト、ブラームスをよく研究してできたものです。, フランクの特徴である循環形式(全曲を通して同じテーマが用いられる)で作曲されています。, 19世紀の終りになってもベートーヴェンの影響は強く残っていて、弦楽四重奏は簡単には手がつけられないジャンルだったようです。, フォーレも長く弦楽四重奏をかきませんでしたが、最晩年になって構想し、完成させました。フォーレ最後の作品です。, ドビュッシーの音楽はそれまでのどんな音楽にも似ていないものですが、弦楽四重奏曲もまた伝統的なクラシック音楽以外のものを吸収した結果できたものです。, バルトークは民族音楽収集とそれに基づく作曲が有名な作曲家ですが、弦楽四重奏曲を6曲残しています。, バルトークの弦楽四重奏は古典派のものとくらべると楽器の奏法も拍子もハーモニーも極端なものです。, この第5番は全5楽章からなりますが、第3楽章のスケルツォ・アラ・ブルガレーゼ(ブルガリア風)では3拍子と5拍子が組み合わされた特殊なリズムがでてきます。, 弦楽四重奏はヴァイオリン2挺(1st+2nd)、ヴィオラ1挺、チェロ1挺で演奏されます。, これらの楽器は同じヴァイオリン属に属しており、演奏法も音質も似ているので、均一で豊かな響きが得られます。, 交響曲をはじめ、ピアノソナタやこの記事で扱っている弦楽四重奏は上の記事で書いたつくりを基本としていますが、場合によっては楽章数が減少、あるいは増加することがあります。, 楽章数が減少する場合は基本の4楽章のうちどれか(一つあるいは二つ)が欠けることになります。, どこにいくつ挿入されるかは曲によって違いますが、楽章数は多くて7楽章までが普通です。, 今回の記事では最も代表的と思われる作曲家とその代表作を紹介しました。この他にも名曲はたくさんあるので、いろいろ聴いてみると面白いです。, 弦楽四重奏はシンプルな編成ですが、難しい内容をもつことも多いので、クラシック音楽になれない人はハイドンやモーツァルトなどの明るい曲から聴くことをおすすめします。, また、今回紹介できなかった作曲家のうちにも幾人か重要な作曲家がいます。たとえばシューマン、ボロディン、リムスキー=コルサコフ、チャイコフスキー、サン=サーンス、ラヴェルなどです。, この記事で紹介したような一流の演奏家達の手によると弦楽四重奏というものが、というか何でも、簡単なもののように聴こえるが、自分で演奏するとそれが全く演奏家による”演技”だったことに気が付く。, 僕もいくらか弦楽四重奏曲を演奏したことがあるが、曲全体が難しいのはもちろんのこと、”演奏を始める”ということだけで相当難しいことだった。, 自分ひとりで弾いているのならば自分の好きなときに好きなようにはいればよい。(聴衆が置いてけぼりになる可能性はあるけれど), ヴァイオリン奏者は身体の”フリ”とブレス(軽く息を吸う)だけで、他三人に合図して気持ちを一つにする必要がある。, 一斉に入る曲はまだよいとして、例えばモーツァルトの14番の入りなどはなかなか難しい。, これだけだとまだ簡単に思うかもしれないが、ソを鳴らしてからレが入るまでの時間で、その演奏のテンポがおおよそ決まってしまうのだから難しい。, ヴァイオリン奏者は身振りとブレスの”感じ”で、「こういう雰囲気、テンポでやるから、ここで入って」というような複雑微妙なあれこれを伝えるわけである。, 演奏を始めるだけでこれだけ難しいのだから曲を成り立たせるというのは奇跡的なことである。, こういうことを考えると一流の演奏家の演奏の見事さがわかるし、そういう”キキドコロ”もできてくるものである。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大学では社会情報を専門にするも、音楽と語学の勉強に勤しんだため見事な情報弱者となる。 (ちょっとずれたことを書いてしまったようです) 1 in C Minor, Op. “Veni creator spiritus”, 20世紀にはいると、それまでの音楽とはまったく異なる音楽、例えば”無調の音楽”などがつくられるようになり、まあなんにせよロマン派の音楽とは違う音楽ができるようになります。, 時代のものとして、現代に生きる我々が強いシンパシーを持つ作品群のはずですが、実際はそうでない場合も多いようです。, 交響曲は全部で九曲あります。第一番はドイツ・ロマン派やチャイコフスキーの影響を多分に受けたものですが、第二番は祖国への愛を高らかに歌ったもので、それ以降は一曲ごとに違う、独特の交響曲をつくりあげました。, シベリウスの交響曲のうちでもっとも親しまれているもの。民謡風の主題や、色彩感の強さでフィンランドの自然を想像させる曲。, Symphony No. Gavotta (Non troppo allegro), それらはショスタコーヴィチの苦悩とまたソ連の伝記のようなもので、あるいは我々に最も共感をよびうるものかもしれません。, ショスタコーヴィチの交響曲は現代の曲の中ではよく演奏される曲ですが、第5番はそのうちでも特に人気のある傑作。ロシア革命20周年の記念に初演され大成功を収めた。, Shostakovich : Symphony No.5 In D Minor Op.47 : IV Allegro Non Troppo, 交響曲は、実際聴いたことがある方はわかると思うのですが、一曲の中に四曲もあって、それぞれが長くて聴いているうちに眠くなる・・・(音が大きいから不可安眠), ”シンフォニーとは何か”というと実はちょっとややこしい問題があって、作られた時代等によって形に結構な違いがあります。, ただ、ふつう交響曲というと(ウィーン)古典派という時代に属する大作曲家が確立したスタイルのことをさしますからここではそういう難しいことはひとまずおいておいて、その普通いう交響曲の形式(特徴)について少し説明します。, ロマン派や近代の交響曲を聴くときはここからどれほどの差があるか、というところに注目するとよいです。, 形式というのはある曲を構成する類型のことで、つまり〇〇形式というと、その曲がどういう構造をもっているかを表しますが、交響曲で一番重要なのが第一楽章におかれる”ソナタ形式”です。, AとかBというのがあるいはわからないかもしれませんが、クラシック音楽では曲が4小節とか8小節とか、またはもっと大きい単位でまとまりをつくっているのが普通で、それをAとかBとかで表しているわけです。, 同じ文字が複数あるのは何らかの意味で大きな共通要素をもった部分が再び現れるからです。(とりあえずは簡単に同じ部分と思っておけばよい。), 三部形式というのはいわば原始的な、素朴なもので、みてなんとなく察せられるように多くの形式はこの三部形式から発展したものです。, Cは展開部といって、AやBで出て来た主題(テーマ)や動機(モチーフ) を用いて一場面をつくります。, ソナタ形式を第一楽章にもつ多楽章楽曲をふつう”ソナタ”といいますが、形式的な観点からいえば、”管弦楽のためのソナタ”が交響曲になります。, 三部形式はABAという”三部”で出来ていますが、Aがもうひとつ増えてABA〇Aという五部形式になると、普通これをロンド形式といいます。, 形は七部形式と同じですが、ちょっと難しくなりますが、和声的なありかたがソナタ形式に近いです。, つまり初めBは主調とは別の調で提示されますが、あとででてくるほうは主調で再現されます。, ※ロンドソナタ形式は「ソナタ的なロンド形式」で「ロンド的なソナタ形式」ではありません。しかしロンド的なソナタ形式というのも存在します。, 変奏曲は以上の形式とはことなる部類のもので、まずテーマAが奏されたあと、それが次々に”変奏”されます。, 変奏というのはテーマで提示された曲の”原型”を基にして音楽をつくることで、変奏曲ではテーマの後変奏1、変奏2、変奏3・・・と続きます。, 多楽章構成やソナタ形式は交響曲だけでなく他の曲種、例えばピアノソナタやヴァイオリンソナタ、弦楽四重奏などにもみられます。, 交響曲独特の要素といえば、大編成のオーケストラによる音量とそのうちに含まれる様々な楽器による音色、そしてそれらの綜合です。, 交響曲を演奏するオーケストラは、当初弦楽五部に木管何本かとホルン位の大きさでしたが、, それに打楽器(ティンパニ)が二つから四つという大編成になりました。現代の曲では他に多彩な打楽器が加えられます。, 実はまだ書こうと思っていたことがいくつかあるのですが、記事が非常に長くなってしまったため断念します。別の記事にするかもしれません。, 日本人に人気のある交響曲はチャイコフスキーとかドヴォルザークとかちょっと中心からはずれたようなものが多くて、極東の野蛮人たる日本人にはやっぱり東の音楽が合うのかなどと思いますが、ブラームスの人気があるのはちょっとわかりかねることです。, 日本人に人気の交響曲ベスト10とかランキングをつくると、このあたりが入ってくるでしょう。, クラシック音楽のファンともなると、もちろんそんなことはなく古典派から現代までことごとく愛するようですが・・・, クラシック音楽のなかで交響曲はもっとも重要なものですが、それと同時にもっとも親しみにくいものでもあります。規模が大きくて、また多くは抽象的だからです。, なんというか交響曲を聴くにはある種の忍耐力みたいなものが必要で、ほとんど修業のような姿を呈することもあります。, そうなってくるとベートーヴェンがめざした音楽と詩の力を中心に人々が手をとりあうということ、つまりそのためには万人に理解される必要があるわけですが、そういう理想からはちょっと遠ざかっているのではないかなどと、特に”難解”なものを聴いていると思われてしまいます。, クラシック初心者は交響曲ではなく、短く明快な管弦楽曲から入るのではないでしょうか。

アサシンクリードオデッセイ コスモスの目 報酬 24, 今井翼 ファンクラブ 会員数 18, Pso2 人口推移 2020 32, Pmda 医師 年収 4, マインクラフト 広さ 限界 6, 長所 診断 大学 26,

Write a comment