Prompts the user to supply text, which is assigned to the variable name . To postpone commit in this mode, you must enter a BEGIN or START TRANSACTION SQL command. Plain ASCII characters work everywhere, but Unicode characters look nicer on displays that recognize them. First load the file into a variable and then interpolate the variable's value as a quoted string: (Note that this still won't work if my_file.txt contains NUL bytes. If + is appended to the command name, each object is listed with its associated permissions and description, if any. Both OIDs and comments can be viewed with the \lo_list command. Sets the string to be printed in place of a null value. Variables are simply name/value pairs, where the value can be any string of any length. The database user you are currently connected as. Unique abbreviations are allowed. psqlでsqlファイルにパラメータを渡して指定したスキーマ作成をしたいのですが、正しくパラメータを渡すにはどのようにすべきでしょうか? 環境:PostgreSQL 9.5.3、Windows 10 1.うまくいかない例(外部SQLファイルにパラメータを渡す)・psqlコマン What is going on with this article? This feature was shamelessly plagiarized from Bash. Note that Readline behavior will be used only if it is active at the outermost level. Lists installed extensions. To insert a percent sign into your prompt, write %% . In HTML format, this specifies attributes to be placed inside the table tag. In addition, if columns is zero then the wrapped format only affects screen output. The general functionality of running SQL commands and displaying query results should also work with servers of a newer major version, but this cannot be guaranteed in all cases. Notice the changing prompt: Now we change the prompt to something more interesting: Let's assume you have filled the table with data and want to take a look at it: You can display tables in different ways by using the \pset command: When suitable, query results can be shown in a crosstab representation with the \crosstabview command: This second example shows a multiplication table with rows sorted in reverse numerical order and columns with an independent, ascending numerical order. which is translated to . The user's personal startup file is named .psqlrc and is sought in the invoking user's home directory. psql supports the Readline library for convenient line editing and retrieval. The \if and \elif commands read their argument(s) and evaluate them as a boolean expression. Lists replication publications. Lists tables, views and sequences with their associated access privileges. These variables are examined in the order listed; the first that is set is used. ストリームがEOFに達したときに発生します。 このオプションは、SQLスクリプトファイル内でテーブルをインラインで設定する場合に便利です。 \copy ... to stdout 、出力はpsqlコマンド出力と同じ場所に送られ、 COPY countコマンドのステータスは印刷されません(データ行と混同される可能性があるため)。 現在のコマンドソースや\oオプションに関係なく、psqlの標準入力または出力を読み書きするにはfrom pstdinまたはto pstdout from pstdin書き込みます。, このコマンドの構文は、SQLのCOPYコマンドの構文に似ています。 データ・ソース/宛先以外のすべてのオプションは、 COPY指定されています。 このため、 \copyメタコマンドには特殊な解析規則が適用されます。 他のほとんどのメタコマンドとは異なり、行の残りの部分は常に\copyの引数とみなされ、引数には変数補間もバッククォート拡張も実行されません。, この操作は、すべてのデータがクライアント/サーバー接続を通過する必要があるため、SQL COPYコマンドほど効率的ではありません。 大量のデータの場合は、SQLコマンドが望ましい場合があります。, 現在のクエリバッファ( \g )を実行し、結果をクロスタブグリッドに表示します。 クエリは少なくとも3つの列を返す必要があります。 colV識別される出力列は垂直ヘッダーになり、 colH識別される出力列は水平ヘッダーになります。 colDは、グリッド内に表示する出力列を指定します。 sortcolHは、水平ヘッダーのオプションのソート列を指定します。, 各列の指定には、列番号(1から始まる)または列名を使用できます。 通常のSQLの大文字と小文字の区別の規則が列名に適用されます。 省略した場合、 colVは列1、 colHは列2 colHなりますcolHはcolHと異なる必要があります。 colDが指定されていない場合、照会結果には正確に3つの列がなければならず、 colVおよびcolHではない列はcolHとみなされます。, 一番左の列として表示される垂直ヘッダーには、列のcolVにある値がクエリ結果と同じ順序で含まれますが、重複は削除されます。, 最初の行として表示される水平ヘッダーには、 colH列にある値が含まれ、重複が削除されます。 既定では、これらはクエリ結果と同じ順序で表示されます。 しかし、オプションのsortcolH引数が指定されている場合は、値が整数でなければならない列を識別し、対応するsortcolH値に従ってソートされた水平ヘッダーにcolHの値が表示されます。, クロス集計グリッド内では、 colH各別個の値xとcolH各別個の値yについて、交差点(x,y)に位置するセルは、 colDの値がクエリ結果の行にあるcolD列の値をcolHますxとcolVの値はyです。 そのような行がない場合、セルは空です。 このような行が複数ある場合、エラーが報告されます。, patternに一致する各リレーション(表、ビュー、マテリアライズド・ビュー、索引、順序または外部表)またはpatternに一致する複合型の場合は、すべての列、型、表領域(デフォルトでない場合)およびNOT NULLデフォルト。 関連する索引、制約、ルール、およびトリガーも表示されます。 外部テーブルの場合、関連する外部サーバも表示されます。 ( 「 パターンの一致 」は、以下のpatternで定義されています)。, いくつかのタイプの関係では、 \dは、列の列値、索引の索引付き式、および外部表の外部データ・ラッパー・オプションの各列に関する追加情報を示します。, より詳細な情報が表示される以外は、コマンド・フォーム\d+は同じです。表の列に関連付けられているコメントが表示されます(表内のOIDの有無、ビューの定義はビュー、デフォルトのレプリカID設定。, デフォルトでは、ユーザー作成オブジェクトのみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにパターンまたはS修飾子を指定します。, \dがpattern引数なしで使用されている場合は、表示可能な表、ビュー、マテリアライズド・ビュー、順序および外部表のリストを表示する\dtvmsEと同等です。 これは純粋に便利な手段です。, 集計関数とその戻り値の型およびそれらが処理するデータ型をリストします。 patternが指定されている場合は、名前がパターンと一致する集約のみが表示されます。 デフォルトでは、ユーザー作成オブジェクトのみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにパターンまたはS修飾子を指定します。, アクセス方法をリストします。 patternが指定されている場合は、パターンに名前が一致するアクセスメソッドのみが表示されます。 +がコマンド名に付加されている場合は、各アクセスメソッドが関連付けられたハンドラ関数と説明と共にリストされます。, 表スペースをリストします。 patternを指定すると、名前がパターンと一致する表スペースのみが表示されます。 +がコマンド名に追加されると、関連するオプション、ディスク上のサイズ、パーミッション、および説明とともに各表スペースがリストされます。, 文字セットのエンコーディング間の変換をリストします。 patternを指定すると、パターンに名前が一致するコンバージョンのみが表示されます。 デフォルトでは、ユーザー作成オブジェクトのみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにパターンまたはS修飾子を指定します。 +がコマンド名に付加されている場合、各オブジェクトは関連する説明と共にリストされます。, 型キャストをリストします。 patternが指定されている場合は、ソースまたはターゲット・タイプがパターンと一致するキャストのみがリストされます。 +がコマンド名に付加されている場合、各オブジェクトは関連する説明と共にリストされます。, タイプconstraint 、 operator class 、 operator family 、 rule 、 triggerのオブジェクトの説明を表示します。 他のすべてのコメントは、それらのオブジェクトタイプのそれぞれのバックスラッシュコマンドで表示できます。, \ddは、 patternに一致するオブジェクト、または引数が与えられていない場合は適切な型の可視オブジェクトの説明を表示します。 しかしどちらの場合でも、説明を持つオブジェクトのみがリストされます。 デフォルトでは、ユーザー作成オブジェクトのみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにパターンまたはS修飾子を指定します。, ドメインを一覧表示します。 patternを指定すると、パターンに名前が一致するドメインのみが表示されます。 デフォルトでは、ユーザー作成オブジェクトのみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにパターンまたはS修飾子を指定します。 +がコマンド名に付加されている場合、各オブジェクトは関連する権限と説明とともにリストされます。, デフォルトのアクセス権設定を一覧表示します。 デフォルトの特権設定が組み込みのデフォルトから変更された各ロール(および該当する場合はスキーマ)のエントリが表示されます。 patternを指定すると、パターンに一致するロール名またはスキーマ名のエントリのみが表示されます。, ALTER DEFAULT PRIVILEGESコマンドは、デフォルトのアクセス権を設定するために使用されます。 特権表示の意味はGRANTで説明されています。, このコマンド・グループでは、 E 、 i 、 m 、 s 、 t 、およびvは、それぞれ外部表、索引、マテリアライズド・ビュー、シーケンス、表およびビューを表します。 これらの文字のいずれかまたはすべてを任意の順序で指定して、これらのタイプのオブジェクトのリストを取得することができます。 たとえば、 \ditは索引と表をリストします。 +がコマンド名に付加されている場合、各オブジェクトはディスク上の物理的なサイズと関連する記述(もしあれば)とともにリストされます。 patternが指定されている場合、名前がパターンと一致するオブジェクトのみがリストされます。 デフォルトでは、ユーザー作成オブジェクトのみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにパターンまたはS修飾子を指定します。, 外部サーバーをリストします(ニーモニック: " 外部サーバー " )。 patternが指定されている場合、パターンに名前が一致するサーバのみがリストされます。 form \des+が使用されている場合は、サーバーのACL、タイプ、バージョン、オプション、および説明など、各サーバーの完全な説明が表示されます。, 外部テーブルを一覧表示します(ニーモニック: " 外部テーブル " )。 patternが指定されている場合は、テーブル名またはスキーマ名がパターンと一致するエントリのみがリストされます。 \det+形式を使用すると、汎用オプションと外部表の説明も表示されます。, ユーザーマッピングを一覧表示します(ニーモニック: 「 外部ユーザー 」 )。 patternを指定すると、ユーザー名がパターンと一致するマッピングのみが表示されます。 \deu+形式を使用すると、各マッピングに関する追加情報が表示されます。, \deu+にはリモートユーザーのユーザー名とパスワードも表示される可能性があるので、公開しないように注意してください。, 外部データラッパーをリストします(ニーモニック: " 外部ラッパー " )。 patternが指定されている場合、パターンに名前が一致する外部データラッパーのみがリストされます。 \dew+という形式を使用すると、外部データラッパーのACL、オプション、および説明も表示されます。, " agg " (集約)、 " normal " 、 " trigger " 、または" window "に分類される結果データ型、引数データ型、および関数型と共に関数をリストします。 特定のタイプの機能のみを表示するには、対応する文字a 、 n 、 t 、またはwをコマンドに追加します。 patternが指定されている場合、パターンに名前が一致する関数のみが表示されます。 デフォルトでは、ユーザー作成オブジェクトのみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにパターンまたはS修飾子を指定します。 \df+という形式を使用すると、ボラティリティ、並列安全性、所有者、セキュリティ分類、アクセス権、言語、ソースコード、および説明など、各機能に関する追加情報が表示されます。, 引数を取ったり、特定のデータ型の値を返す関数を調べるには、ページャの検索機能を使って\df出力をスクロールします。, テキスト検索設定を一覧表示します。 patternが指定されている場合、名前がパターンと一致する構成のみが表示されます。 \dF+形式が使用されている場合は、基本的なテキスト検索パーサーと各パーサートークンタイプの辞書リストを含む各構成の完全な説明が表示されます。, テキスト検索辞書を一覧表示します。 patternが指定されている場合、名前がパターンと一致する辞書のみが表示されます。 \dFd+形式を使用すると、基礎となるテキスト検索テンプレートとオプション値を含む、選択した各辞書に関する追加情報が表示されます。, テキスト検索パーサを一覧表示します。 patternが指定されている場合は、名前がパターンと一致するパーサーのみが表示されます。 \dFp+形式を使用すると、基礎となる関数と認識されたトークンの種類のリストを含む、各パーサーの完全な説明が表示されます。, テキスト検索テンプレートを一覧表示します。 patternを指定すると、パターンに名前が一致するテンプレートのみが表示されます。 \dFt+形式を使用すると、基礎となる関数名を含む各テンプレートについての追加情報が表示されます。, データベースの役割を一覧表示します。 ( 「 ユーザー 」と「 グループ 」の概念は「 役割 」に統一されているので、このコマンドは今では\duと同じです。)デフォルトでは、ユーザー作成の役割のみが表示されます。 システムの役割を含めるためにS修飾子を指定します。 patternを指定すると、パターンに名前が一致するロールのみがリストされます。 \dg+という形式を使用すると、各役割についての追加情報が表示されます。 現在のところ、これは各役割のコメントを追加します。, 手続き型言語を一覧表示します。 patternを指定すると、パターンに名前が一致する言語のみが表示されます。 デフォルトでは、ユーザー作成の言語のみが表示されます。 システムオブジェクトを含めるためにS修飾子を指定します。 +がコマンド名に付加されている場合は、各言語がコールハンドラ、バリデータ、アクセス権、およびシステムオブジェクトであるかどうかによってリストされます。. Except for that behavior, \g without an argument is essentially equivalent to a semicolon. This can be used to give your output descriptive tags. ShellでSQLファイルを実行する方法②. If command is an asterisk ( * ), then syntax help on all SQL commands is shown. If value is omitted the command toggles between regular and locale-specific numeric output. 例えば、. The switch for this behavior is -b . when in a failed transaction block, or ? Expressions that do not properly evaluate to true or false will generate a warning and be treated as false. If pattern is specified, only those publications whose names match the pattern are listed. Lines following an \else are processed only if no earlier matching \if or \elif succeeded. It is probably not too useful in interactive mode. Sends the current query buffer to the server for execution. Copyright © 2020 Programmer Life All Rights Reserved. NULL fields are ignored. The default is to print nothing, which can easily be mistaken for an empty string. This setting has no effect when VERBOSITY is set to terse . Alternative location of the user's .psqlrc file. (The expansion of this value might change during a database session as the result of the command SET SESSION AUTHORIZATION .). 例えば、. If no filename is given, the current query buffer is copied to a temporary file which is then edited in the same fashion. To show the values of all variables, call \set without any argument. By default, only user-created roles are shown; supply the S modifier to include system roles. Unspecified output columns use the last specified value. Controls use of a pager program for query and psql help output. If + is appended to the command name, then the output lines are numbered from 1. If this variable is set to an integer value greater than zero, the results of SELECT queries are fetched and displayed in groups of that many rows, rather than the default behavior of collecting the entire result set before display. Note that you probably don't want to specify border here, as that is already taken care of by \pset border . This command is unrelated to the SQL command SET . If the argument begins with | , then the entire remainder of the line is taken to be the command to execute, and neither variable interpolation nor backquote expansion are performed in it. Variables that control psql's behavior generally cannot be unset or set to invalid values. All the backslash commands of a given conditional block must appear in the same source file. Like %/ , but the output is ~ (tilde) if the database is your default database. \gx is equivalent to \g , but forces expanded output mode for this query. The character with the indicated octal code is substituted. If the environment variable PAGER is set, the output is piped to the specified program. * , ? If \pset columns is zero, controls the width for the wrapped format and width for determining if wide output requires the pager or should be switched to the vertical format in expanded auto mode. A value of ignoreboth combines the two options. The argument types must be given if there is more than one function of the same name. If set to none (the default), then no queries are displayed. Unfortunately (or fortunately? The \ir command is similar to \i , but resolves relative file names differently. If a line number is specified, psql will position the cursor on the specified line of the file or query buffer. For editors such as Emacs or vi, this is a plus sign. また作りとして、バッチファイルとSQLファイルを分けて作成したいのです。 ※相対パスはpsql起動時のカレントディレクトリが基点なら指定できるようです。 対応. (This does not apply to lines read interactively.) The three variables PROMPT1 , PROMPT2 , and PROMPT3 contain strings and special escape sequences that describe the appearance of the prompt. After the editor exits, the updated command waits in the query buffer; type semicolon or \g to send it, or \r to cancel. If no value is given, the table attributes are unset. If set to a negative value, no limit is applied. psql does not support embedded NUL bytes in variable values.). When set to off (the default), a statement in a transaction block that generates an error aborts the entire transaction.

桑田佳祐 スマイル 歌詞, 気仙沼 朝ドラ 撮影, イタリア語 単語 かっこいい, 住宅 先に 買 われ た, 気仙沼 朝ドラ 撮影, ハーゲンダッツ Line クイズ答え, かぐや様は 告 ら せたい Op2 歌詞, ハイエース モデリスタ スポーツ マフラー, 阪急バス 鈴蘭台 神戸駅南口, Pso2 8周年 ポイント,

Write a comment