その細かい成績が気になりますよね? 詳しく調べてみましたので見ていきましょう。, まず2017年の勝敗は8勝3敗となっています。 しかし、この学校で迎えた3年生の春と夏の大会では、都内8強入りを果たしているんです! ホークス育成出身右腕の覚醒導いた“魔球”パワーカーブ その秘密とは? スタジアムがにわかにザワついていた。4日のオリックス戦(ヤフオクd)。7回に入っても、スコアボートに表示されたオリックスの「ヒット」の欄は「0」のまま。 ここで先発初勝利を収めると、ここから9試合連続で先発登板を果たします。 そして、勝敗は6勝2敗の好成績。 もちろんドラフト指名されることはありませんでした。, そこで進学したのが創価大だったんです。 スタジアムがにわかにザワついていた。4日のオリックス戦(ヤフオクD)。7回に入っても、スコアボートに表示されたオリックスの「ヒット」の欄は「0」のまま。ソフトバンク先発の石川柊太投手のノーヒットノーラン達成への期待が高まり始めていた。, 映像で見ているファンならば、その軌道が独特なものであることが分かるはずだ。一度、右腕から放たれたボールは打者に向かい、そこからブレーキを利かせ、急激に斜め左下へと変化していく。カーブの名手と言われるチームメートの武田翔太とはまた異なる軌道を描く。, 右腕の投球を支える“魔球”パワーカーブ。そこには、どんな秘密が隠されているのだろうか。, 石川のパワーカーブ。その握りを「伊藤智仁さんのスライダーと一緒です。それを真似して握っています」と明かす。かつて高速スライダーの使い手として名を馳せた名投手・伊藤智仁(現ヤクルト投手コーチ)。そのスライダーの握りは、幅が狭くなる部分の縫い目に沿って人差し指、中指を掛け、やや回転させるというもの。2シームに近い握りだった。, その握りから、投じる際のイメージは「叩くイメージが強いですね。右打者の顔に叩き込む感じ」だという。独特のフォームから繰り出されるボールはスライダーの横回転ではなく、カーブの斜め回転となる。カーブでよく言われる「抜く」イメージではなく「叩く」のだという。, 以前から投げていたこのボール。ただ、石川自身の中では「スライダー」の位置付けだった(現に最近まで「スライダー」と呼んでいた)。ただ、その「スライダー」は「大きく曲がってどうしようもないボールだったんです。ずっとスラーブみたいな形で。どうしようもないから、それをスライダーと呼ぶしかないという中でずっとやってきました。決め球にしようとして、空振りを取れるようにというのもやってきましたけど、そうなるとどうしても安定しなかった」。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). ハードカーブって?? メジャーリーグのペドロマルティネス投手のカーブ。非常に強力で、パワーカーブと呼ばれるが、 本人はこれをハードカーブと呼んでいるとインタビューで語った。 ハードカーブの握り …  常時140キロ台後半をマークする直球に対して、その球種は120キロ台。カーブといえば「ドローン」と弧を描くが、石川の投げるボールは「グイッ」と力強く曲がる印象だ。かといって、スライダーのような鋭さではない。 完封勝利はなかなか出来る事ではないので凄いですよね! 昨季はほとんど投げていないとはいえ、2018年8月7日から3年越しで8連勝中だ。 その石川が投げる特徴的なボールが”パワーカーブ”だ。 今シーズン、ここまで3勝0敗と好調を続けているソフトバンク石川 … ソフトバンク対日本ハムの試合で石川柊太投手のパワーカーブが炸裂。 え?パワーカーブって何? そんな一般的な名称なんでしょうか? 気になったんで調べてみました。 パワーカーブとは?何? パワーカーブってなんぞ #sbhawks— second (@second_25_dd) 2017年6月27日 パワーカーブって何? ところで、パワーカーブという名称は報道陣から「何て書けばいい?」と催促されて、石川自身が言い出したのだという。そもそも日本球界で最初にパワーカーブという球種を口にしたのは、今から10年ほど前のダルビッシュ有だった。 「抜くイメージもあったり、縦に切るようなイメージや叩くようしてに投げることもあります。カウント球や決め球など、場面や相手打者にとって変えています」 「『これはカーブなんだ』と考えるようにしました。カウント球にもできる球種。『大きく曲がってもいいんだ』とも」 今までは小川投手の陰に隠れていましたが、4年生の秋には4勝無敗の成績を残して、プロのスカウトが注目。, しかし、まだ経験が浅かったことから、支配下選手ではない育成ドラフトでの指名となったんです! 交流戦の5月31日に先発として初登板、相手は中日ドラゴンズとなっていました。 無断転載を禁じます。. 福岡ソフトバンクの育成出身、石川柊太投手(28)がプロ初完投初完封勝利をおさめたのは8月1日の西武戦だった。育成に定評があるチームらしい勝利だったが、石川の強さの秘密は、伝説の投手から引き継がれた“握り”にあった。いまや、彼の代名詞ともなっているパワーカーブだが、その球種の握り方は、伊藤智仁・楽天投手チーフコーチのスライダーに由来しているという。伊藤コーチは現役時代、その鋭角に曲がるスライダーで三振の山と一時代を築いた。, 「2人には面識がありません。でも、石川の母校・創価大のコーチが伊藤コーチと全日本チームで一緒になり、スライダーの握り方を教わったそうです。創価大のコーチが石川に『伊藤のスライダー』の握り方を伝授したのす」(アマチュア野球関係者), しかし、石川のパワーカーブは大きな曲がり幅が特徴だ。鋭く曲がる伊藤コーチのスライダーとは軌道が異なる。同じ握り方、同じ腕の振りをしても同じ軌道をコピーできないものなのだろう。, 「石川が大学の公式リーグ戦で投げるようになったのは、3年秋。遅すぎるくらいです」(前出・アマチュア野球関係者), この時点でも、伊藤コーチのスライダーはマスターできていなかった。「曲がり具合の大きいカーブ」のままで、石川は試行錯誤を続けていたという。そして、辿り着いた答えが、「自分は自分」、つまり、伊藤コーチのスライダーは習得できなくても、「軌道の大きなカーブ」として、自分だけの武器にしようと考え方を変えた。, 「一般的なカーブは、緩急をつけて打ち損じを誘うもの。しかし石川のパワーカーブはあまりに軌道が大きいため、バッターは球筋がまったく読めずに、翻弄されているのです」(スポーツ紙記者), 近年、カーブを武器にする投手が少なくなった。もっともポピュラーな変化球はスライダーかもしれない。伊藤コーチの変化球を目指しつつも、オリジナルの変化球が出来上がることもあるようだ。, スポーツ

ストーリー 時間差 で 表示 4, Iphone, カレンダー 照会 削除 できない 24, Gta5 車両取引 コレクション 12, Junna 脱退 理由 35, 浪人 秋 伸び 4, Pcb 絶縁油 比重 21, Uipath 文字列 比較 8,

Write a comment