記事の方、再調査し修正させていただきました。 ©Copyright2020 イフティグ[iFTig]|この車!に出会える車総合サイト.All Rights Reserved. 目次. id="ohkei";ct="ot";//-->, デイズルークスハイウェイスター, フレアワゴンカスタムスタイル, 軽自動車の性能比較ランキング一覧, 軽自動車の自動ブレーキ等の性能比較, 他の項目の軽自動車ランキングも見る, 軽自動車ランキング|軽自動車の中古, Oh!軽トップページにもどる, Oh!軽|軽自動車の新車情報、購入ガイド、比較ランキング. 他の項目のランキング→『軽自動車の性能比較ランキング一覧』へ。 軽の選び方がわからない→『軽自動車の選び方』へ。 複数条件で車種を絞込み→『軽自動車購入ガイド』へ。 軽自動車が初めての人→『軽自動車大事典』へ。 ここでは、このサイトで登録している軽SUVの中から、人気車種や新登場の車、最高出力、車両価格、ランニングコスト、燃費、パワーウェイトレシオ、発進加速、馬力単価、リッター換算馬力、(計算上の)最高速が大きい車、時速100kmでの回転数など、さまざまなランキングで最も優れていた自動車を表彰しています。, ●軽SUVのうち、アクセス数が最も多かった人気車種は、スズキの4人乗り軽SUV、MR31S型「, ●軽SUVのうち、最も発売時期が新しい車は、2020/06に発売されたダイハツの4人乗り軽SUV、LA900S型「, ●軽SUVのうち、最も最高出力が大きい車は、ダイハツの4人乗り軽SUV、LA900S型「, ●軽SUVのうち、最も最大トルクが大きい車は、ダイハツの4人乗り軽SUV、J111G型「, ●軽SUVのうち、最も年間維持費が安い車は、スズキの4人乗り軽SUV、MR31S型「, ●軽SUVのうち、最も年間維持費が高い車は、スズキの4人乗り軽SUV、JA12W型「, ●軽SUVのうち、最も新車価格が安い車は、スズキの4人乗り軽SUV、HN22S型「, ●軽SUVのうち、最もパワーウェイトレシオが低い車は、スズキの4人乗り軽SUV、HN21S型「, ●軽SUVのうち、最も発進加速が良さそうな車は、三菱の4人乗り軽SUV、H56A型「, ●軽SUVのうち、最も1速ギヤの速度が伸びる車は、ダイハツの4人乗り軽SUV、L750S型「, ●軽SUVのうち、最も最高速度が伸びる車は、マツダの4人乗り軽SUV、MS92S型「, ●軽SUVのうち、最も100km/h回転数が低い車は、マツダの4人乗り軽SUV、MS92S型「, ●軽SUVのうち、最もパワーバンドが広い車は、三菱の4人乗り軽SUV、B35A型「, ●軽SUVのうち、最も1L換算馬力が大きいNA車は、ダイハツの4人乗り軽SUV、L760S型「, ●軽SUVのうち、最も1L換算馬力が大きいターボ車は、ホンダの4人乗り軽SUV、PA1型「, ●軽SUVのうち、最も1馬力の値段が安い車は、スズキの4人乗り軽SUV、HN22S型「, ●軽SUVのうち、最も航続距離が長い車は、トヨタの4人乗り軽SUV、LA250A型「. 4wdの軽自動車を買おうと思った時に迷うのが「本当に四輪駆動が必要なのか」「どの車にしようか」という2点。そこで、どんな人に4wd軽自動車がお勧めなのかを確認した後、4wd軽自動車の選び方と厳選したオススメ車種をご紹介します。 燃費差を月々残すとで考えると、1,204円近く高くなるということでした。1,204円程度であれば、プラスアルファで支払うことになったとしてもあまり痛手ではないでしょう。お酒を飲む方は酒代、タバコを吸う方はタバコ代のほうが圧倒的に高いはずですからね。必要経費と考えれば、全く問題ありませんね。, 価格と燃費を総合的に考えると、ミラとムーヴとハスラーがトップスリーになりました。軽自動車で4WDのものを買うのであれば、価格燃費どちらをとっても、これらの車種が良いですね。価格も、最新車種の最新グレードのものと比べてもそう高くはない値段ですし、燃費も比較的低燃費。, 4WD軽自動車の中でも群を抜いて安く、燃費の良いミラは、運転しやすさをウリにしている車です。車の制御が難しい雪道などを走る際に役に立つABSが前車に標準装備されています。前後左右の車輪にブレーキ力をそれぞれ分散させて安定してコントロールできるようにしてくれるシステムEBDもついて、さらに安心。, 燃費差もあまりありませんし、値段に差はあるものの、それでもほかの車種より安くなっています。同じミラを買うときに、4WDのほうが値が張るのが気になるものの、4WDにしたほうが、運転しやすいミラの性能の恩恵を存分に受けることができます。4.2mという小回りがききやすい最小回転半径と4WDのトラクションの高さが合わさり、コーナーもかなり曲がりやすいですよ。, 全体的に、雪道を多く走るという雪国在住の方におすすめな車種です。そこに4WDをつけると、さらに雪道での走行性能と安全性・安定性がアップして良いですね。, 価格はムーヴより高いですが、それでも3,000円とちょっとの差。燃費によるコストのことを考えると(といっても、わずかな差ですが)ハスラーのほうがおすすめです。塵も積もれば山となる。長くのるなら、ムーヴよりもお得感があります。, 燃費差もあまりありませんが、S-エネチャージによる恩恵は少し受けにくくなっています。ハスラーは、S-エネチャージによって、減速時に発生するエネルギーを利用して発・充電する。その充電した電力を使って加速時や発進時などにエンジンをサポートしてくれるので、ハスラーは全体的に燃費が多少良くなっているのです。とはいっても、4WDだとより多くのエネルギーを必要とするので、どっこいどっこいといった感じになっています。, それよりも、軽自動車にしてはタイヤが大径のものになっているので、雪道やラフロードでも走りやすいということがおすすめの理由としてあります。小径のタイヤだと、雪道の轍などに沿って走る際に轍に合わないということが出てくるんです。普通車に比べて、軽自動車のタイヤは小径のものになっていることがほとんどなので、合わないことが多い。そういった轍とのギャップを防ぐこともできます。, さらに、大径だとラフロードや坂道でもぐいぐい走ってくれる。4WDであることと合わせるとさらにぐいぐい走れるようになるので、軽自動車で4WDにするととても大きな恩恵を受けられる車のひとつです。, 燃費差も価格差もそこそこですが、ほかの車種と比べるといたって平均的な車種。ムーヴという車種自体のウリは、乗り心地の良さと加速のスムーズさです。「D monocoque」という、骨格の板圧を通常の約1.5倍にしている軽量高剛性ボディが運転の際にかかる振動や負荷を適度に分散してくれています。4WDと合わさって操縦の安定性をある程度確保できますよ。, 「D suspension」という運転時の負荷やストレスを軽減させるサスペンションが凸凹のある道やコーナーなどのちょっと「ひやっ」とするような状況の安定性をサポートしてくれます。パワーモードとエコモード(走行性能重視モードと燃費重視モード)の切り替えもできますし、4WDの恩恵を受け安い車とも言えるかもしれません。, 軽自動車にとって、弱点となるのは雪道やラフロードでの操縦の不安定さとパワー不足というところ。駆動力が足らずに坂道などを進みにくいというのはよく耳にする話です。それを少しでも補うことができるのが4WD。, 軽自動車で4WDにしても意味が無い・不要だという声もありますが、逆に、軽自動車だからこそ4WDにすべきなのではないでしょうか。雪が積もり路面が凍るような寒冷地などではもちろんのこと、坂道の多い盆地や山地などでも4WDの軽自動車は大活躍します。レジャーによく出かけるという人は、大径タイヤのハスラーに4WDをつけてみると良いですね。, ただし、寒冷地でもなければいたって平坦な道を走ることが多いという人。レジャーにあまり出かけないという人にとっては、FFや2WDでも十分でしょう。自分の住んでいるところと、自分の車の使い道などと相談して、金銭状況とも相談して、本当に4WDが必要かどうかを考えると良さそうですね。, >>タイヤは車重によって地面に押し付けられていますから、車重が軽い軽自動車のほうが滑りやすいです。, ご指摘いただきありがとうございます。