溶接・アーク溶接, 「金属加工」という言葉は聞いたことがありますか? 加工にともなう技術や資格などはどんなものがあるのか、技術がどのような製品に使われているのかなど、知らないことが多いのではないでしょうか。今回は、私たちの生活の中で重要な役割を果たしている金属加工にスポットを当てて、仕事の内容や加工方法の種類などをご紹介します。, 金属加工の仕事といってもさまざまな種類がありますが、主なものとして以下に紹介するものが挙げられます。, 文字どおり金属を切断する仕事ですが、切断方法は電線を使うものや、2次元や3次元のレーザーを使うものなどがあります。「旋盤」や「フライス盤」などを使った穴開けや中ぐりなどの加工もこれに当たります。, 金属を磨くことで表面を滑らかにし、切削では落とし切れない無駄な部分などを落とす仕事です。一般的な平面磨きや外面磨きのほか、「ホーニング加工」のような内面の研削もこれに含まれます。, 機械を使って金属を曲げたり成形したりする仕事です。金属加工の仕事としてプレスをイメージする人が多い傾向があり、上から圧力をかけてつぶすことを連想しがちですが、パンチを使った「抜き」や、金属を絞って円筒型などにする「絞り」も、このプレスに分類されます。, プレスが使われる金属加工の幅は広く、自動車産業をはじめ工場で金属を加工して作られる製品の多くで重要な役割を果たします。, こちらも金属加工の仕事としてイメージしやすい仕事です。金属同士を熱や圧力を加えることにより溶かして接合させることを指します。溶接と一口にいっても、ガスやアークなどさまざまな溶接方法があるのも特徴です。, 一昔前は、ハンドルを回して動かす仕組みの「汎用工作機械」と呼ばれるものを作業する人が動かす仕事も多かったですが、最近は「マシニングセンタ」などNC工作機械などをオペレーターとして動かす仕事の割合が増加傾向にあります。, 金属加工といっても実際どのようなものに使われているのかをご存知でしょうか? ここからはいくつかの製造物を例に挙げていきます。, 金属を加工して製品を作り上げる上で必要なパーツ・部品を作ります。この金属加工で作られた部品はそのまま製品に使われることも多く、自動車や航空機といった乗り物などにもたくさん使われています。, 金属加工は製品を作るためだけに使われるものではなく、「金型」を作ることにも利用されています。この金型を使ってプラスチック素材などを成型することにより、携帯電話や家電、パソコンなどといった普段から使うものも作られているので、日常生活の中でもっとも金属加工の恩恵が得られるものといえるでしょう。, 部品や金型以外にも、金属加工をして作られたものが製品として販売されている例もあります。これには金属のワイヤーやプレートなどが挙げられます。, 金属の加工方法は大きく分けて「機械加工」「熱処理加工」「表面処理加工」という3種類にわけることができます。それぞれの加工方法について詳しくみてみましょう。, 材料となる金属を工具や機械を使って制作図に示されている形状に加工することを機械加工と呼びますが、機械加工の中でも形状の作り方に応じて「成形」「除去加工」「付加加工」「結合」という4種類に分けられます。, 金属加工というとこの機械加工のことを指すことも多く、旋盤やフライス盤といった昔から使われている機械はもちろん、マニシングセンタやターニングセンタなど、数値制御によって動く「NC機」と呼ばれる機械を使った金属加工もこれに分類されます。, 上記で紹介した金属加工の仕事の中でも「プレス」は所定の形状を作る工程を意味する「成形」に分類され、「切断(切削)」は不要な部分を取り除くので、「除去加工」になります。また「溶接」であれば材料同士を結合して形状を作る工程を意味する「結合」に分類されることになります。, この機械加工には、大きな工場で行われている仕事はもちろん、最近話題になっている「3Dプリンター」を用いた造形なども含まれます。, 熱処理加工は部品に熱処理を施すものですが、全体を熱処理して改質させる「全体熱処理」と、部品の表面に熱処理を施して変質させる「表面熱処理」の2種類があります。熱処理加工の多くは焼き入れなど高熱処理を施すものですが、「特殊熱処理」と呼ばれる冷却による熱処理もあります。, 表面処理はめっきや塗装などの処理を施すことで、部品に耐性や潤滑性などをつける目的があります。この表面処理にも「電気化学処理」や「塗装」「物理的表面処理」と3種類に分かれます。, ここまでご紹介した金属加工の中で、もっとも私たちが目にしやすい金属加工の方法といえるでしょう。, 金属加工は専門的な技術が必要となることも多く、資格が必要になることも多くなります。ここからは主にどのような資格が必要になるかを紹介していきます。, 切削などの機械加工に関する技能に関連した国家資格で、普通旋盤や立旋盤、フライス盤など作業ごとに実技試験が行われるので、その道のスペシャリストだと証明できる資格です。, 旋盤やフライス盤など複数の加工をひとつの機械で行える「マニシングセンタ」での作業も機械加工技能士の実技試験にあるので、機械加工において重要な資格といえるでしょう。機械加工技能士の資格は特級と1級~3級に分かれており、特級と1級は一定年数の実務経験が必須となります。, こちらも名前のとおり、めっきに関連した国家資格で、実技試験には「電気めっき」と「溶融亜鉛めっき」という二種類のめっき作業が含まれるので、めっき作業をする上で重要な資格になります。, めっきは車や精密機器はもちろん、アクセサリーなど私たちが日常の中で目にするものにも多く使われる金属加工技術のひとつで、ものづくりの製造工程において広く活用されている技術です。めっき技能士も特級と1級~3級に分かれており、特級と1級は一定年数の実務経験が必須となります。, 溶接は金属加工でも広く使われています。さまざまな種類がある溶接の資格の中でも金属加工に必要とされるものとして、ガスバーナーを用いて金属の溶接を行う「ガス溶接技能者」、アーク放電と呼ばれる放電現象を利用して行う「アーク溶接作業者」、アルミニウム合金の溶接を行う「アルミニウム溶接技能者」の3種類が挙げられます。, このうちアルミニウム溶接はこれらの溶接の中でももっとも難易度が高いとされており、専門性の高いので、金属加工の現場において重要な資格といえるでしょう。, 金属加工というと、プレスや切断などのイメージが思い浮かぶかもしれませんが、今回ご紹介したように、私たちの日常生活の中で使っている様々なものに関わっていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。, また専門性が求められる仕事でもあるので、スキルを証明する国家資格も充実していて、実際に仕事をする人はもちろん責任者や管理者などの資格も仕事をする上では重要になります。, 今では手動からコンピュータープログラムによって細かい作業のニーズも多い金属加工ですが、ものづくり大国とも呼ばれる日本の中で果たす役割はとても大きく、さらに注目を集めていくといえるでしょう。, 夕方帰宅途中の小学生女児…両頬つかまれ"キス"される 20代~30代 やせ形・作業着姿の…, 辛酸なめ子が行く! ニッポンのものづくり 〜作業用品の総合商社が、うんこグッズで世界へ⁉…, はじめてのスナック! 入門編♪ 浅草キッド・玉袋筋太郎が説く | 疲れたココロ、癒します①, 【ヨガ動画】1分で集中力アップ! 女優・馬渕英里何(まぶちえりか)の『明日が楽になる!ヨ…, 【爆笑動画】つぶやきシローが社員食堂で美女をナンパ⁉ クロネコヤマトのハイテク物流ターミ…, 全員を「派遣社員から正社員に」業界の常識を覆すユニークな人材派遣会社【UTエイム株式会社】. 鋏(直刃・えぐり刃・やなぎ刃) 鑢(丸・半丸・平・角), 旋盤、ディスクグラインダー(グラインダー)など。 NC旋盤 1969. 国内の自動車市場は、人口減少などの影響で頭打ちになると予測されている。一方、グローバル規模で見れば、市場は好調だ。日本自動車工業会によると、2015年における四輪車の世界生産台数は9080万台で、2010年(7761万台)に比べ17パーセント伸びた。けん引役となっているのが中国で、2015年の四輪車生産台数は2450万台に上っている。ただし、中国経済は減速の危険性も指摘されており、仮に中国市場の伸びが鈍化すれば各社の業績にも影響が出るかもしれない。中国など新興国市場の動向には注意が必要だ。, 鉄鋼業界は、鉄を加工して作った鋼板などを、輸送機器(自動車など)、建築、家電などの業界に提供していて、その需要は根強い。鉄鋼メーカーは、原料の鉄鉱石から粗鋼まで一貫生産する高炉メーカーと、くず鉄などを溶かして鉄鋼を生産する電炉メーカーとに大別される。また、電炉メーカーの中で高度な鉄合金を生産する企業を特殊鋼メーカーとも呼ぶ。, 食品業界の企業は、加工食品(菓子、乾燥めん、レトルト・冷凍食品、大豆製品、乳製品など)、清涼飲料水やアルコール類、また調味料や小麦粉などの食品原料などを製造し、小売店などを通じて消費者に販売している。, 化粧品メーカーは、「化粧品」の開発、製造、販売などを手掛ける企業である。 研磨は、「研磨材」を使用して表面を削ったり磨いたり加工しています。「研磨剤」は砥石(といし)と砥粒(とりゅう)に分類できます。砥石は天然物と人工物で種類が豊富にあり、原料やつくり方で性質によって使い分けられています。砥粒は砂状の粒になっている研磨剤を加工物にこすり 鉄鋼業界とは、主に鉄鋼メーカーとその製品を仕入れてさまざまな業界に販売を行う金属卸事業を行っている事業者を指す。鉄鋼メーカーは、高炉メーカー、電炉メーカー、特殊鋼メーカーなどがある。, 高炉メーカーでは、原料となるのは鉄鉱石とコークス(石炭を蒸し焼きして炭素の部分だけを残したもの)だ。まずは高炉を使って、鉄鉱石とコークスから炭素分の多い「銑鉄」(せんてつ)を生み出す(=製銑)。続いて、溶けた銑鉄から炭素などの不純物を取り除いて「鋼鉄」を作る(=製鋼)。そして、ドロドロに溶けていた鋼鉄を一定の形に冷やし固めること(=鋳造)で出荷できる状態となる。, 電炉メーカーは、くず鉄(鉄製品を作る際にできた鉄や鋼のくず。また、廃品となった鉄製品)を原料として、電気の熱で溶かすことで鉄を作る。, 特殊鋼メーカーは、電炉を使って鉄スクラップを溶かす点では電炉メーカーと共通だが、マンガンやニッケル、クロムなどのレアメタルを添加することで特殊な機能を持つ鋼材を作る。, 鉄鋼製品は、鉄鋼メーカー系列のグループ会社や商社などに、あるいは直接、自動車、建設、造船、産業機械などの各種メーカーに卸される。商社に卸した場合は、一次商社から加工業者を経る場合や、二次商社(特約店)を経て卸される場合もある。, 原料から製鉄し、鉄鋼製品になるまでを一貫生産しているのが高炉メーカー。高炉は巨大な装置や設備を必要とする装置産業であり、企業規模は大きい。, くず鉄などを溶かして、建物や乗り物などの骨格部分などに使われる普通鋼材を製造する。一貫生産の高炉メーカーに比べると一つの炉で生産できる量は少ないが、生産量の調整が行いやすい。, くず鉄を電炉で溶解して不純物を取り除き、マンガンやニッケル、クロムなどを加えることで、特殊な機能を持たせた鋼材を作る。, 自動車や航空機のエンジンや、ベアリング(軸受け)、パソコンなどの情報機器に使われる。, 鉄鋼は建設、産業機械、自動車、造船など幅広い産業で利用されており、特にビルや鉄道、橋など社会インフラを担うものに欠かせない材料だ。, 世界鉄鋼協会によると、2018年の世界の鉄鋼消費量は17億1210万トン。アジアを中心に需要が伸び2020年には17億5160万トンになると試算されている。これに対し2018年の日本の鉄鋼生産量は、1億432万トンで世界第3位。近年は、特に経済発展著しいアジア地域への輸出が増加している。, しかし、グローバルに展開する事業だけに国際競争も激しい。特に近年は、中国などのメーカーが生産能力を増強。中国メーカーの生産量は、世界の粗鋼生産量の半分程度を占めるほどになった。ところが、中国経済の成長率が鈍り国内需要が低迷したため、中国メーカーは安い価格で鋼材を輸出。日本の鉄鋼メーカーはそのあおりを食っている面もある。国内では需給ギャップを解消するために、2015年ごろから工場休止などの措置が相次いだ。, 今後は、インフラ整備を必要とするインドなどアジアが成長マーケットとみられている。しかし、中国の成長が頭打ちとなれば鉄の過剰供給に対して、いっそうの国際競争力の強化が求められる。, 国内メーカーでは、生産拠点の集約による効率の見直しやM&Aによる設備の統合などを図っている。また国際的な提携や合併による、海外での生産拠点設立も進んでいる。, 価格競争ではなく、技術力の高さを生かし、付加価値の高い製品を生み出して利益を確保しようとする取り組みも活発だ。, 日本の鉄鋼技術は世界的に見ても高く、コンテナ船の大型化に対応した安全性・強度の高い「高アレスト鋼」や、自動車などに使われる高い強度で加工性にも優れる「ハイテン鋼」などの製造を得意としている。高い技術力でグローバルな競争をリードしていくことが、各社の経営のカギを握るだろう。, 地球温暖化対策が世界的な問題となる中、日本の鉄鋼業界では、省エネルギー設備を導入し、その普及率はほぼ100%に達している。排エネルギー(鉄鋼の製造を通じて生じるガスや熱など)の回収や有効活用も、世界でも特に高い。, しかし、鉄鋼の生産には大量のエネルギーが必要となり、業界全体で二酸化炭素の排出は不可避である。各鉄鋼メーカーではさらなる取り組みが重要な課題になっており、製造過程で発生する二酸化炭素を分離して回収する技術の開発などが進められている。, ここでは、国際競争力を強化する取り組みの一つとして、技術力を生かして開発された2つの高付加価値製品を紹介する。, コンテナ船用の厚鋼材。鋼材にき裂が発生した場合、亀裂の伝播(でんぱ)を抑えることで船体の損傷被害を最小限にとどめるアレスト特性を備えている。輸送力向上のためにコンテナ船の大型化が進む中、船舶事故による海洋汚染の被害を回避するために開発が進められている。, 高張力鋼板。合金元素を添加することで引っ張りに対して強さを実現し、焼き入れ・焼き戻しで高い強度を付けた鋼板。世界各国で研究されている合金鋼で、日本の技術力は高く評価されている。, 一般の鋼板に比べ、薄くても十分な強度が得られるため、自動車の車体などに使われて軽量化に貢献している。そのほかにも、橋梁(きょうりょう)や建築などに使われている。, 車体部分に使われる鉄鋼を提供。近年は、自動車の燃費を向上させるために、薄くて軽いのに十分な強度を保つ、高付加価値鋼材が求められている。, 鉄の原料となる鉄鉱石、コークスを輸入したり、大量の鉄鋼を国内外に運搬したりするためには、大型の輸送用船舶が欠かせない。, ビルや橋などの大規模建築物には、大量の鉄鋼が使われている。オリンピック・パラリンピックの開催で一時的には国内需要は増えたが、中長期的に見れば人口減少による住宅や大型施設建設の落ち込みは避けられない。, 簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診断!企業選びのヒントにしてくださいね。, 【監修】 株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 上席主任研究員/シニアマネジャー 吉田賢哉(よしだ・けんや), 東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了。新規事業やマーケティング、組織活性化など企業の成長を幅広く支援。従来の業界の区分が曖昧になり、変化が激しい時代の中で、ビジネスの今と将来を読むために、さまざまな情報の多角的・横断的な分析を実施。, 志望業界や志望企業を絞り込んだり、志望動機をまとめたりするうえで、業界や業種への理解を深めるために「, 業界ナビでは、各業界の仕組みや現状など、業界研究に役立つ情報をわかりやすく解説しています。業界の平均, 日本の自動車メーカーの存在感は、グローバル市場においても非常に大きい。世界の自動車販売ランキングの上位には、複数の日本企業が入っている。 ワーク・お仕事 Asimov, Isaac: "The Solar System and Back", page 151 ff. 金属加工 現在では、プレス職人、溶接工など、細分化された名称が主として用いられている。, いずれの場合も、最終的な製品に合わせて原料となる金属材の寸法を計測し、レイアウトを決める必要がある。デザインやパターンを金属材に転写する工程を Marking out という。大量生産ではこの工程は省略されるが、個人が金属加工する場合には必須である。, ノギスは2地点間の距離を正確に計測する道具で、0.1mmから0.01mmといった精度で計測できる。それほど精密さを要求されない用途では普通のメジャーもよく使われる。, 成形加工は、金属材の一部を除去することなく変形させる工程である。成形には熱や圧力、機械力などを使う。他の加工法にくらべ生産性が格段に高い。これらに用いる金型・工具等は金属同士の衝撃や高温にさらされるため、ほとんどが鉄鋼材料の一種である強固な工具鋼で製造される。, 鋳造は熔解した金属を型に注ぎ、機械的な力を加えずに単にそれが冷却することで特定の形状にする。鋳造には以下のようなものがある。, 塑性加工とは、熱と圧力を使って金属材を機械力で扱いやすくして成形することをいう。歴史的には鍛冶屋のやっていたことが塑性加工と鋳造にあたるが、今では産業化されている。, 切削加工は金属材から最終的な形状に不要な部分を除去することで最終的な製品の形に近づける各種工程の集まりである。切削加工によって生まれるのは、最終的な金属の部品や製品と金属屑である。木工で言えば、おが屑や木片が生じるのと同じである。金属の切削加工で出る屑も、削り屑と切断された金属片である。切削加工の多くは、削り屑を生じる何種類かの機械加工に分類される。酸水素ガストーチなどを使った溶接技法で金属を切断する溶断加工もあるが、これは機械加工ではない。他にもいくつか特殊な化学的切削加工がある。, 金属に穴を開ける穿孔加工は削り屑を生じる加工工程の一例である。ガス溶接トーチを使って鋼板を溶断するのは溶断加工の一例である。化学的切削加工とは、化学薬品を使ってマスキングとエッチングを行うなどの技法である。, 切削時には刃先や切断面に多大な摩擦熱が生じるため、切削油や冷却材が必須である。冷却材は一般に切削対象や道具の表面に広範囲に吹きつけ、温度を低下させることで道具の過度の摩滅を防ぐ。冷却材による冷却方法には様々なものがある。, 機械加工は、金属などの素材から最終形状に不要な部分を除去することで複雑な形状を作る加工技術である。一般にフライスなどの工具と作業台から成るフライス盤という工作機械を使用する。フライスは回転切削工具であり、作業台は複数の方向に移動可能である(通常X軸とY軸方向の2次元の動きをする)。回転工具はZ軸方向に動く。作業台全体を持ち上げることもできる。このような工作機械は手動操作も可能だが、CNC(コンピュータ数値制御)も可能である。様々な複雑な作業が可能で、溝削り、平削り、穴あけ、ねじ切り、リューターによる加工などがある。主軸の方向によって、立フライス盤と横フライス盤に分けられる。, 複雑な3次元形状のものを製作でき、設計図からX, Y, Z軸の座標をCNCマシンに入れてやると、必要な作業を実行する。フライス盤は様々な3次元形状を作ることができるが、場合によっては加工対象物をX, Y, Z軸で回転させる必要がある。公差は1インチの数千分の1程度で、機械によって異なる。, 刃先と加工対象物を冷却しておくために冷却剤が使われる。多くの場合冷却剤はホースから直接刃先と加工対象物に吹き付けられる。冷却剤の噴射はユーザーが制御する場合と機械が自動制御する場合がある。, アルミニウムからステンレス鋼まで様々な素材が加工可能である。ただし素材によって切削可能速度に違いがある。硬い素材では切削速度は遅い。柔らかい素材では一般に切削速度が速くなる。, フライス盤を使用することで様々な工程コストが付加される。まず、刃先の摩滅を防ぐために冷却剤の噴射が欠かせない。また、ある程度使った刃先は交換する必要がある。加工にかかる時間もコストに大きく影響する。複雑な部品の製作には時間がかかるが、単純な部品なら短時間でできる。加工時間の差は製品全体の完成までにかかる時間にも影響を及ぼす。, 工作機械では安全性が重要である。刃先は高速回転して高温の金属片を削っている。CNCでは作業員が刃先に近づく必要がないため、安全性が高い。, 旋盤加工は、1点を削る工具を使って円筒状の表面を作り出す切削加工である。対象物を1つの軸を中心に回転させ、軸に対して垂直に、または軸方向に工具を接近させて削っていく。回転軸に対して垂直な面を削りだすことを「面削り (facing)」と呼ぶ。軸に対して放射状の方向からの切削と軸方向の切削を組み合わせて表面を削りだすことを「プロファイル加工 (profiling)」と呼ぶ[5]。, 旋盤は工作機械の一種で、ブロック状または円筒状の素材を回転させ、研磨工具や切削工具を使い、回転軸を中心として対称な形状の物体を作る。例えば燭台、テーブルなどの脚、ボウル、野球のバット、クランクシャフト、カムシャフト、軸受の台などの形状を作ることができる。, 旋盤は、主軸台、往復台、心押し台の3つの部分から成る。主軸台の主軸には加工対象を固定するチャック装置があり、3つから4つの爪で物体をしっかり挟む。主軸を高速で回転させることで、対象物を切削するエネルギーを与える。古くは天井からベルトで動力を伝達していたが、最近の旋盤は電動機を使っているものが多い。加工対象物は主軸の先に回転軸方向に設置される。往復台は回転軸方向に移動可能な台で、その上の横送り台で回転軸に対して直交する方向に移動可能となっている。その上の刃物台にバイトという切削工具を固定する。往復台を回転する加工対象物の周囲で移動させることで切削工具が対象物の切削を行い、必要な形状に切削していく。心押し台は回転軸方向に移動可能で、必要な位置に固定できる。センタと呼ばれる工具で加工対象物を主軸台の反対側から支えることができ、切削工具で対象物の回転軸に対してなんらかの加工を施すこともできる。, 最近のCNC旋盤では独自に駆動された工具を使うこともでき、その場合は対象物自体は回転させない。そのため、最近のCNC旋盤は単なる回転体以外の様々な3次元形状も作ることができる。, 旋盤加工の対象とする素材は比較的柔らかい金属だが、硬い金属でも切削に時間がかかるだけで不可能ではない。, バイトの素材は切削対象の金属より硬くなければならない。生産性は対象の素材の種類とそれに対して可能な切削速度で決まる。また、最終的な形状が複雑なほど時間がかかる。, ねじ切り工程には様々なものがある。ねじ切りダイスを使った方法、専用のねじ切り盤を使う方法、ねじ転造盤を使う方法などがある。タップはドリルで開けた穴の内側に雌ネジを切るのに使われ、ねじ切りダイスは丸い棒に雄ネジを切るのに使われる。, 研削加工は金属素材を研磨する工程である。工作機械の一種であるグラインダーで、軽く切削することで非常に滑らかな表面仕上げをしたり、砥石車を使って高精度な仕上げをする。砥石車には様々な大きさのものがあり、石やダイヤモンドや無機化合物でできている。, 最も単純なグラインダーとして、金属部品のバリ取りに使われるベンチグラインダーや小型アングルグラインダーがある。, グラインダーはテクノロジーの進化とともに大きさと複雑さが増していった。手動の砥石車から、ジェットタービン製作に使われる毎分3万回転のCNCグラインダーまで様々なものがある。, グラインダーで仕上げをするには、対象とする金属より硬くなければならない。中にはCNCの軸の位置決めに使われるガラススケールの製造に使われるグラインダーもある。一般にある機械の部品を製造する機械は、対象機械の10倍の正確さでなければならない。, かつての砥石車は表面仕上げに使える場面が限られていた。現代の砥石車は工業用ダイヤモンドなどの人工コーティング材(立方晶窒化ホウ素)を使っており、利用できる用途が広がっている。, 現代ではCNC制御を含む進んだ研削加工があり、高精度に材質を削ることができ、航空宇宙用途や高精度部品の大量生産にも使えるようになっている。, やすりがけ加工は、やすりを使って研磨と切断を行う加工技法である。工作機械が登場する以前は相対的に精密な小型部品を作るのに使われていた。特に平らな表面仕上げを得意とする。かつて熟練した機械工はやすりで微妙な調整を行うことができ、それが技能の証明にもなっていた。やすりがけは標準的生産技術としてはめったに使われないが、バリ取りにはよく使われている。, 金属に空いた穴の内面を様々に切削するブローチ加工がある。電子ビーム加工機 (EBM) は高速な電子を金属材に当て、金属を微細に気化させて加工する。超音波加工機は超音波を使うもので、非常に硬い素材や脆い素材に適している。, 溶接は金属材同士を金属または熱可塑性物質で溶融・一体化させる工程である。通常、金属材の接合部を溶かし充填材を付加することで溶融物質のプールを形成し、それが冷却することで一体化する。熱と同時に圧力を加えて溶融させることもある。, 溶接のエネルギー源は様々であり、ガスの火、電弧、レーザー、電子ビーム、摩擦熱、超音波などがある。工場で行うのが一般的だが、屋外、水中、宇宙空間などでも溶接は行われている。どんな環境であっても溶接は危険な作業であり、やけどや感電、有毒ガスの発生、紫外線への当たりすぎなどに注意が必要である。, ろう付けは充填金属を溶かし、毛細管現象を利用して金属材の接合部に流し込んで、金属材同士を接合する。充填材は冶金的に金属材と反応し、金属材の細部に侵入して凝固することで強固な接合を実現する。溶接とは異なり、金属材自体は融けない。はんだ付けとよく似ているが、ろう付けの温度は450℃以上である。溶接に比べると金属材に与える熱応力が小さく、合金の性質を変えにくいため、溶接よりも展延性が優れている。, トーチろう付け、抵抗ろう付け、炉内ろう付け、拡散ろう付け、誘導加熱ろう付けなどの技法がある。, はんだ付けは450℃以下の温度で行う接合工程である。ろう付けと基本原理は同じだが、充填材が異なり温度がさらに低い。そのため金属材との冶金的反応は最小限であり、接合は弱いものとなる。, 以下に挙げる加工工程は本質的には金属加工とは言えないが、金属加工工程の前後に実施されることが多い。, 金属は熱処理することで、強さ、展延性、剛性、硬度、耐腐食性などの特性を変化させることができる。一般的な熱処理工程として、焼きなまし、析出強化、焼入れ、焼き戻しがある。「焼きなまし」は金属を軟化させる。「焼入れ」は鋼などを硬化させる。「焼き戻し」は焼入れで硬化した鋼に対してじん性を強化する(衝撃への脆さを改善する)。, 熱処理と物理的な力を組み合わせることで金属の性質の改善を行うことが多い。これらの技法は特殊鋼や超合金やチタン合金でも共通である。, 金属材の表面処理として電気めっきがよく行われる。金、銀、クロム、亜鉛などの薄い膜を金属材表面に形成する。腐食を防ぎ、見た目も改善される。.

Toeic 時間配分 500点 16, Viber グループ 退会 4, グータンヌーボ 2 9tsu 18, モリワキ マフラー レブル 12, Microsoft Complete 量販店 13, Teraterm マクロ Ssh転送 25, ロッテ ジャクソン インスタ 21, フォートナイト Pc リローンチ 20, 中学 歴史 問題集 5, 森七菜 写真集 ポストカード 6, 三井住友カード Id 一体型 4, ドヒドイデ 再生力 捕まえ方 剣盾 5, 害獣駆除 報奨金 兵庫県 25, スッポンモドキ 販売 大阪 18, Jcb The Class ホテル 上級会員 4, 歴戦 イヴェルカーナ 弓 7, 不安神経症 原因 親 41, Cd トレイが開かない 修理 11, Zzr1100 リアサス オーバーホール 8, Yzf R25 タコメーター 5, アメリカ 人 カラオケ 盛り上がる 4, 打刀 極 カンスト 5, ゼノブレイド つながる未来 タルコ 4, 菜の花 パスタ シェフ 4, ミッドサマー 配信 Youtube 4, 上沼恵美子 ディナーショー 値段 5, 周期 1ms 周波数 9, プラージュ カラー 色 8,

Write a comment