最高速度:330km/h 最大トルク:800Nm(71.4kgm)/2500-4000rpm 最終更新日 : 2020/10/24 11:55, 911の最高峰といえるターボSが、タイプ992となって生まれ変わった。3.8リッターの水平対向6気筒ツインターボは最高出力650ps/最大トルク800Nmを発揮。AWDとAWS、そして数々の先進装備を纏い、恐ろしく速く、そして恐ろしく快適で安全なマシンの誕生だ。, 搭載する3.8リッター水平対向6気筒ツインターボユニットは、最高出力650ps/最大トルク800Nmを発揮。最高速度は330km/h、0-100km/h加速は2.8秒を計上する。, 「スポーツ性と快適性」「伝統と革新」「パフォーマンスと実用性」といった相反する要素の両立こそポルシェの本質だとすれば、911ターボほどポルシェのブランドバリューを明確に体現したモデルはほかにないといえる。, なにしろ新型ターボSは、カブリオレにもかかわらず最高速度は330km/hに達し、0-100km/h加速を2.8秒でクリアしてしまうのだ。これだけのパフォーマンスを持ちながら、2+2とはいえ後席を備え、フロントをリフトアップせずに歩道の段差を乗り越えられるスーパースポーツカーが他にあるなら、是非、教えて欲しいものだ。, 専用のディフューザー形状バンパーや昇降式のスポイラー、大口径マフラーなどでリヤのスタイルは迫力十分。ボディは先代より20mmワイドとなった。, こうした動力性能はタイプ992用水平対向6気筒エンジンをベースに開発された新しいパワーユニットから生み出されるもの。吸気系レイアウトが大幅に見直された排気量3745ccの新エンジンは、直径55mm(+5mm)のタービンホイールと直径61mm(+3mm)のコンプレッサーホイールを組み合わせた2基の可変タービンジオメトリー・ターボチャージャーを装備して650ps(+70ps)と800Nm(+50‌Nm)を生み出す(カッコ内は従来比)。, これを受け止めるシャシーもパフォーマンスの向上が図られており、タイヤはカレラSよりもワンサイズ上の255/35R20と315/30R21の組み合わせを採用。リヤトレッドを1557mmから1600mmに拡大し、これを覆う全幅1900mm(+20mm)の迫力ある“ターボ・ボディ”が与えられた。さらにリヤには大型ウイングを、フロントには“空気圧展開式スポイラー”を装備してダウンフォースを15%増強し、高速スタビリティを確保した。, カレラ系と同様のインテリアデザインだが、ツートーンレザーインテリアが最高峰のスポーティさとラグジュアリーさを演出。スポーツクロノパッケージも標準装備。, まず印象に残ったのは、神経質さを微塵も感じさせない柔軟なドライバビリティだった。短くなったセレクターレバーでDレンジを選択し、スロットルペダルを軽く踏み込むだけで650psのモンスターは滑らかに走り始める。この種のスーパースポーツカーとしては比較的コンパクトなボディと優れた視界のおかげで、ビルの狭い駐車スペースから苦もなく抜け出ることができた。こういうシーンで緊張感を覚えるかどうかで、スーパースポーツカーの“登板回数”は大きく変わるはずだ。, 続いて高速道路に足を踏み入れる。ドライブモードはノーマルのままだが、乗り心地はやや硬めになったように感じる。試乗車が下ろし立ての新車だったせいかもしれないが、“魔法のじゅうたん”と形容したくなる先代のターボSとはいささか趣が異なる。サスペンションの方向性が見直されたのかもしれない。, そうした印象はいつものワインディングロードを走り始めて確信に変わった。路面のギャップでタイヤが跳ねて安定したグリップ力を得られないのだ。そこでタイヤ空気圧をチェックしたところ、最高速度までカバーできる2.4/2.9barに設定されていたので、これを270km/hまで対応可能な2.1/2.4barに落とすと、見違えるほどしなやかさが増し、ロードホールディングが格段に向上した。個人的には、これがターボS本来の姿だと信じたい。, センターの10.9インチTFTモニターでドライブモード選択やPDCCの設定などが行える。スマホと同期できるポルシェコネクトも搭載する。, 気を取り直し、再びコーナーを攻める。試乗当日は生憎のヘビーウエットだったが、それでもフルタイム4WDが生み出すスタビリティは圧倒的で、何の不安を覚えることもなくステアリングを切り込んでいける。ハンドリングの正確さはいわずもがな。かすかな操舵にもまったく遅れることなく的確に反応する一方で、予想を裏切るような過敏な反応を示すこともない。リニアリティに優れ、安心感の強い“ポルシェらしい”操縦性だ。, ただし、いま思い起こしてみると、タイプ991よりもアンダーステアの傾向が若干弱まっていた気がする。いや、タイプ991でもそれほど明確なアンダーステアだったわけではないが、タイプ992ではそれがさらにニュートラル傾向に近づいたように感じられたのだ。この辺はできれば新旧の比較テストを行ってみたいところだが、サスペンションのセッティング変更がアンダーステア対策のために行われたのだとすれば納得もいく。, 「タイプ991に比べると低回転域のトルク感が相対的に抑えられたようで、このおかげで回転数の上昇とともにパワー感が炸裂するドラマ性が強まった」と、タイプ991よりスポーツイメージが強調されたと筆者は評価する。, エンジンは相変わらず無慈悲なまでにパワフルだ。しかもラフなところが一切なく、緻密な回転フィールを完璧に守ったまま7000rpmのレブリミット目指してレブカウンターは登り詰めていく。ただし、タイプ991に比べると低回転域のトルク感が相対的に抑えられたようで、このおかげで回転数の上昇とともにパワー感が炸裂するドラマ性が強まった。マニュアルで高回転域まで引っ張ってからシフトアップしたとき、ノーマル・モードでもアフターファイアを思わせる「パパパパパッ」というノイズを響かせる点を含め、タイプ991よりスポーツイメージが強調されたともいえる。, 911ターボは911のなかでもとりわけグランドツーリング性を重んじ、パフォーマンスだけでなく快適性にも長けたモデルと受け止めてきた私にとって、今回の微調整はやや意外なものだった。ただし、幅広いラインナップを取りそろえる911の場合、単にターボのポジショニングだけを論じてもあまり意味がなく、タイプ992という新たな世界を構成する各モデルのバランスがどう変わるのかのほうが興味深い。その意味でいえば、ターボの登場によって来るべきGT3への期待がより高まったともいえるだろう。, REPORT/大谷達也(Tatsuya OTANI) 総排気量:3745cc ポルシェ 911カレラ4S(8速AT・PDK), メルセデス・ベンツ Bクラスがフルモデルチェンジ。MBUX搭載やSクラス級の安全装備を搭載. 【試乗レポート ポルシェ 911】992型へと進化した911。これぞポルシェの神髄だ グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん! タイヤサイズ:前255/35ZR20 後315/30ZR21  だが、そのネガを類い稀なエンジニアリング能力で克服してきたのが911のヒストリーそのものなのだ。先代の991型ではホイールベースが延長されて安定性が大いに高まり、現行992型では前後トレッドが拡がり操縦性のポテンシャルが高められた。くわえてPDCC(ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム)やPTV Plus(ポルシェ・トルク・ベクタリングプラス)、リアアクスルステアリングなどといったハイテクも高度に使いこなすことによって、いまではネガを感じさせないどころか文句をつけようがない完璧な躾のシャシー性能を誇るにいたっている。, 最初の日本導入モデルとなったカレラ4Sに初試乗したときにまず驚いたのは、街中を普通に流して走らせるだけでも只者ではないと伺いしれたことだった。スポーツカーだからといって身構える必要はまったくなく、よくできたプレミアムサルーンのように快適で、望外なほどに運転しやすい。免許取り立ての初心者や運転が苦手な人でも、アイポイントの低さにさえ慣れてしまえば、むしろ他のクルマよりも運転が楽で、上手になったと錯覚するかもしれない。それは、操作に対する反応がじつに正確で、いわゆるドライバビリティが優れているからだ。 992型ポルシェ911ターボSの右ハンドル車へ、英国編集部が試乗しました。650psと四輪駆動を獲得し、息を呑むほどのスピードを叶えた最新のターボS。先日試乗した欧州仕様車に続いて、英国の道で評価 … 文●石井昌道 写真●内藤敬仁、澤田和久  乗り心地も抜群にいいのだが、サスペンションがソフトというわけではない。スポーツカーらしく引き締まってはいるのだが、圧倒的なボディ剛性の高さとスムーズなサスペンションのストロークによって、たとえ路面の凹凸からの入力が大きくても角張った感触がなく、まろやかでしっとりとしたテイストにしているから不快感がまったくないのである。 ポルシェのフェアに行ったら、新型ポルシェ911(992)の試乗をさせて頂けることに!!感動でした。あとはパナメーラでも5人乗りに出来ることがわかったのと、パナメーラでの駐車練習をさせて頂けたのもよかったです(笑)。 車両重量:1785kg 公開日 : 2020/10/24 11:55 Porsche 911 Turbo S Cabriolet ポルシェ911ターボS カブリオレ . スポーツカーの代名詞といえる最新のポルシェ911に、最強版のターボSが登場。650psというパワフルな新エンジンに加え、数多くの技術的なアップグレードが図られています。英国編集部がドイツ・シュツットガルトで初試乗しました。  一方RRのカレラSでは、フロントがスッと沈み込んでシャープな回頭性をより強調した味付けになっている。安定志向のカレラ4Sよりも軽快なハンドリングでドライバーを楽しませてくれる。ただし、車両安定装置を解除して振り回すにはそれなりのスキルが要求されそうだ。, エンジンは先代991型の後期からNAではなくターボとなった。そこは好みが分かれるところで、素直で高回転域が気持ちいいNAが好きなファンも多いが、それでもさすがはポルシェでターボであっても水平対向6気筒らしいエモーショナルな回転上昇感やサウンドは健在だ。トップエンドのわずかなところでの違いはあるが、ターボは中間加速が頼もしいなどのメリットが多く、だれもが納得いく仕上がりになっている。  最新のインフォテイメントシステムなどを採用して現代的に大きく変身したインテリア、コネクテッドや先進運転支援システムなども充実した911。硬派なスポーツカー乗り以外にもオススメできるモデルだ。 価格:3180万円, AMGがニュルでポルシェ越えを達成! AMG GT 63 Sが部門最速の称号を獲得【動画】, デビュー50周年を迎えた「ランボルギーニ ハラマ」、ブランド最後のFRグランツーリスモを多数の写真で振り返る, 最高出力400psを発揮、アウディQ3シリーズにハイパフォーマンス仕様の「RS Q3」が登場, クラシック・ミニをEVにチェンジ。英国のレーシングサプライヤーがEVコンバージョンキットを発売, フェラーリ SF90 スパイダーがワールドプレミア! 進化したリトラクタブルハードトップを搭載 【動画】, 世界で唯一のロードコースが千葉に誕生。コーンズがアジア初の会員制ドライビングクラブを2022年に開業【動画】, TOYO TIRES、ニュル24時間レースに向けて始動! 10年ぶりに挑戦する狙いとは【動画レポート】【PR】, BMW 2シリーズ グランクーペとメルセデス・ベンツCLAを国内最速比較! 渡辺慎太郎が吟味する, ヴァンテージの7速MTに試乗! 最新アストンマーティンを島下泰久がマニュアルで操る【動画レポート】, ルノー メガーヌ R.S. ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック) トランスミッション:8速DCT トロフィー Rに山田弘樹が挑む! 筑波サーキットでタイムアタックを決行【動画レポート】【PR】, ディーゼルでもスポーティ! アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」を味わう【動画レポート】【PR】, SUV対決!「ポルシェ カイエン」の実力と魅力は最新のメルセデスやBMWに勝るのか?【動画レポート】【PR】, フォード GT40はいかにして神話になったのか。60年代の英雄たちの物語を辿る【Vol.1】, アストンマーティン初のSUV「DBX」試乗! プロトタイプとは思えない高い完成度を確認, アルファロメオ ジュリア GTAをF1ドライバーがバロッコでドライブ! 開発特別ムービーが公開中【動画】. ホイールベース:2450mm  高速道路では、一昔前では考えられなかったぐらいに直進安定性がいい。911は速度が高まるほどにフロントの軽さが仇となって真っ直ぐ走らせるのが難しくなっていくのが以前の常識だったが、いまではその影響は見事に消されている。そこに優れたスポーツカーらしいフラットライド感が加わって、高速ロングツーリングも得意科目になっているのだ。, ハイライトはワインディングロードでのハンドリングだ。ノーズの軽いRRは、しっかりとフロントタイヤに荷重をかけないと曲がりづらいというのが以前の常識だったが、992ではそんな感覚はなく、ステアリング操作に対して正確かつ素直でドライバーの思い通りにコーナリングラインを描いていける。ロールやピッチングは少ないが、前後左右のどこのタイヤに荷重がかかっているかがわかりやすくグリップを引き出しやすい。だから自信を持ってコーナーを攻めていけるのだ。タイトコーナーではリアアクスルステアリングが効いて俊敏にまわり込み、そこからアクセルを踏み込めばリアエンジン車ならではの強烈なトラクションが味わえるのは911ならでは。四肢動物が後ろ足で地面を蹴っていく感覚が野性的で病みつきになるのだ。AWDのカレラ4Sはリアタイヤが滑りそうになると瞬時にフロントへ駆動配分するので安定性が損なわれることはない。文句のいいようがないシャシー性能だ。 0-100km/h加速:2.8秒 ALL RIGHTS RESERVED. エンジン:水平対向6気筒DOHCツインターボ スポーツカーの代名詞といえる最新のポルシェ911に、最強版のターボSが登場。650psというパワフルな新エンジンに加え、数多くの技術的なアップグレードが図られています。英国編集部がドイツ・シュツットガルトで初試乗しました。, ー輝く中心は秀逸のステアリングー呆れるほど速いが、穏やかさが残る乗り心地ー完全に引き出すにはサーキットが必要ー最も完璧で万能なスーパーカーーポルシェ911ターボS(欧州仕様)のスペック, 最新の992型ポルシェ911ターボS。もはや明確なターボラグは存在しない。アクセルを深く踏み込んだ瞬間、1000rpmから、リミッターのかかる7200rpmまで、桁違いの鋭さで1640kgの911を推し進める。, 極めてスムーズで切れの良いトランスミッションが、新しいエンジンの即時的なレスポンスを引き立てている。フラットプレーン・クランクのユニットほど、最新のフラット6は狂気の吹け上がりは見せないものの、ポルシェとしての強い意思が伝わってくる。, 特に高回転域でのシャープさが、走りを表すようだ。従来のユニットよりも力強く、気勢を感じる。, もちろんターボSが持つダイナミクスの魅力は、直線加速とスピードだけではない。すべてを輝かせる中心は、秀逸のステアリングにある。, 速度感応式の電子制御4輪操舵システムは、素晴らしい滑らかさと反応の良さを兼ね備えている。ステアリングホイールに伝わる重みは、速度域を変わらず一定。近年のターボSでは叶えられなかった、強い一体感を生み出している。, 俊敏さを引き上げるため、ポルシェはリアタイヤ側のステアリング動作を見直し、レシオを6%増やした。その結果、シャープでピタリと決まるターンイン特性が得られている。, 数多く施されたシャシー周りの改良の中でも、アクティブ・ロール制御システムは目玉といえる。これは、アダプティブダンパーによるポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントシステム(PASM)と同調して機能する。, 992型のポルシェ911ターボSでは初めて、車高が10mm低いオプションのスポーツサスペンションが用意された。歩道の段差などでフロントの車高を40mm持ち上げる、フロントリフト機能もオプションとして選べる。, このスポーツサスペンションは、波長の長い路面のうねりとも上手に息を合わせ、細かな凹凸や隆起部分に対しても、優れた衝撃吸収性を備えている。先代の991型で見られた、フロントの上下動も見られない。, よほど酷い路面でない限り、ターボSを路面に吸い付くように保ってくれる。サスペンションのメインスプリングに追加された、ヘルパースプリングの採用も効果的に働いているのだろう。, 弱点があるとすれば、極めて滑らかな路面以外、常にタイヤから発せられるロードノイズ。特にリアタイヤからのノイズが大きい。, 初代911ターボから2倍以上の馬力を獲得している992型のターボS。すべての技術が、即時に生み出される大パワーへのアクセスを可能としている。呆れるほどに速いが、乗り心地には穏やかさすら残っている。, 足回りの設定は充分にドライバーに優しい。コンフォート・モードを選んでいれば、充分なしなやかさで長距離ドライブを楽しめる。スポーツとスポーツプラス・モードでも、引き締まるとはいえ、乗り心地はよく調整できている。, 【詳細データテスト】アルピナB3ツーリング 圧倒的なパフォーマンス パフォーマンスカーでは異例の快適性 アルピナの最高傑作, 【3気筒ガソリンPHEV登場】ランドローバー・ディスカバリー・スポーツP300eへ試乗, 【クワトロ40周年記念モデル】アウディRS6 GTOコンセプト 学生のアイデア採用, 【はかなく消えた妖艶ボディ】コード810 ビバリー 1935年生まれの未完の名車 前編, 【日産の新車攻勢】新型ノートは年内発売 新型エクストレイルは? 売れ筋、打倒トヨタ 社長は自信, 【電動でオープン・ドライブも】フェラーリSF90スパイダー PHEVの新型オープン・モデル登場, 【オープンでもスーパーファスト】フェラーリ812 GTSへ試乗 0-100km/h 3.0秒 339km/h超, 【ちょっと複雑な気持ち……】よ〜く見たら他車種のパーツ 部品流用していたクルマたち Zや86、ランボまで, 【価格/サイズ/内装は?】新型キャデラック・エスカレード、日本発売 3列7人乗りSUV 東京オートサロン2021に展示へ.

プライド ドラマ 曲 4, Sound Blaster X3 ライン入力 10, 保育士 出し物 簡単 5, クオン エスコット ランプ点灯 24, Core I3 4000m 交換 5, Webp 変換 一括 Mac 4, Android ロック画面 アラーム 7,

Write a comment