店舗名:スケートボードショップ砂辺. デッキ以外の各種パーツは複雑な可動にも耐えうる高品質なキャスターやベアリング、ダンパーが採用されており、子供が乗る際の安全性も担保されている一品です。, 静音性に優れた街乗り向けのキッズ用スケートボードです。 自然との調和をコンセプトにしたグラフィックデザインも魅力です。, "BAKER(ベイカー)"は、パンクスタイルを貫くスケートブランドです。 デッキは癖のないシェイプでオールラウンドに使えます。 キッズ向けの激安コンプリートデッキは人気を集めています。, スケートブランドといってもその数は非常に多くあります。 名前を知っておくことでスケートボードを購入する際にも役立ちます。 基本的なスケートボードを選びたい人は一択です。, ロングスケートボードは、デッキが長く大きいスケートボードです。 ウィールにソフトウィールを採用しており、静音性と身体への負担を軽減させる効果を向上させた街乗り向けの設計に仕上げています。, デッキは本格派な7枚フルカナディアンメイプルであり、コールドプレスで軽量なため子供や女性でも持ち運びが楽になっています。, 昔ながらの「滑ること」を目的としたスケートボードを復刻させたペニーのミニクルーザーボードであり、そのポップなカラーバリエーションからティーンにも大人気の一品です。, 非常に軽く持ち運びもしやすいため、スケートボードとしてだけでなくファッションアイテムとしても扱うことができます。, 全17種類の豊富なデザインバリエーションがあるロングスケートボードであり、子供らしく可愛らしいものから凝ったデザインのものまで取り揃えられています。, ロングスケートボードなためクルージングやトリックを楽しめるだけでなく、他のボードスポーツの練習用としても使うことができる一品です。, おすすめブランドのコンプリートデッキもいくつか紹介しましたが、記事内でも述べたように比較的安価に入手できる通販で売られているコンプリートデッキがダメという事はありません。, 目標や目的を見極めて、購入するデッキは選びましょう。 といってもその違いはわずか5mmほどです。 「どんなスケボーを選べばいいの?」、「どこで買えばいいの?」といったよくある疑問に詳しく答えていきたいと思います。, (ショート)スケートボードは、最も普及している定番のスケートボードです。 グリップ力、スライド性、耐衝性などが変わり、乗り心地に大きく影響します。, ウィールの大きさ(直径)は、サイズによってスピードが変わってきます。 ブランドロゴが全面に印刷されたデッキはインパクト大です。 スケートベアリングには「ABEC(エイベック)」という規格があったり、「潤滑油」にタイプがあります。, ABEC(エイベック)は、ベアリングの回転性を表す規格でスピードが変わります。 下記の表を参考に選んでください。, 初心者のデッキ選びは、サイズ(横幅)は7.5以上が安定しておすすめです。 柔らかければ荒れた路面に強くなりますが、トリックには不向きです。 またメンテナンスが不要なグリスタイプの方が最初はおすすめです。, ここまでスケートボードのギアについての特徴などを解説してきましたが、スケートボードを初めて購入する場合は「コンプリートデッキ」がおすすめです。 主にプラスチックかゴムでできており、「大きさ(直径)」や「硬さ」に種類があります。 トリック向けの場合は53mm前後が主流となっており、クルージング向けの場合はそれより大きめが一般的です。 今回は"スケートボード初心者の人でも分かるくスケートボードの選び方"を分かりやすく解説していこうと思います。 サーフィンのオフトレーニングとしてサーファーや、大人、女性に人気があります。, クルーザーボードは、クルージングスケート向けのスケートボードです。 価格:¥8,800(税込) ポップでかわいらしいグラフィックが魅力です。, DARKSTAR(ダークスター)は、ハードコアの代表格のスケートブランドです。 硬いほどトリックなどやりやすくなりますが路面の影響を強く受けます。 最新の人気おすすめコンプリートスケボー10選を紹介しますので、 選び方は自身の重視するスケーティングスタイルに合わせましょう。 そこで! いずれも上級者にも人気の高いブランドで国内でも取り扱いが多いブランドになります。, "ELEMENT(エレメント)"は、トップレベルのライダーを抱える大ブランドです。 スケボー初心者から上級者まで満足のできるラインナップとなっています。 あまり気にする必要はありませんが、どちらかというと安定するLOW(ロウ)がおすすめです。, ウィールとはスケートボードのタイヤの部分のことです。 Copyright © SAKIDORI All Rights Reserved. キッズ用のコンプリートデッキを選ぶ際に大事なポイントをご紹介。 スケボーキッズにおすすめのブランドから価格やサイズの重要性など、お子様にどのようなスケボーを購入したら良いのか悩んでいる親御さんは是非とも参考にしてみてください。 また、レンタル料は別途かかりますが道具の貸出をしてくれる教室もあります。, 基本的に、デッキはもちろんですが安全に滑る為のヘルメットやサポーターは準備しておくと間違いないでしょう。子供が突然スケボーを始めたいと言い出した時、教えられる状況や条件が揃っていればいいのですが、スケボーを全く知らない親御さんの場合は困ってしまうものです。<, 少し足をのばせばスケボー教室がある、という方は安全で正しい走行を覚えてもらう為にもスケボー教室の利用を考えてみるといいかもしれません。, サイズはもちろんながら、デザイン性や機能性の面でも子供向けというのは意外と幅広いものです。 価格も安価なので選びたくなりますが購入しないようにしましょう。, スケートブランドの各ギアの相場価格をまとめました。 高品質ながら圧倒のコスパのコンプリートデッキは、非常に高い評価を獲得しています。 数値が大きいほどスピード速くなります。, ベアリングには潤滑油がグリスのタイプとオイルのタイプがあります。 回し系トリックなどをメインとするストリートスケート重視なら細め、エアー系トリックを中心とするランプスケート重視には太めが適しています。, デッキの長さは身長に合わせて選びます。 国内での取り扱い数が多く購入しやすいブランドです。, "TOY MACHINE(トイマシーン)"は、スケーター兼アーティストのエド・テンプルトンが立ち上げたブランドです。 目安として98A以上であればハードウィール、97A以下であればソフトウィールといえます。, 初心者にはトリックの練習がしやすい「ハードタイプ」で、サイズは51~55mm前後のウィールがおすすめです。 単にスケートボードといえばこのタイプを指し、ロングに対しショートスケートボードとも言われます。 大人も子供も楽しめる「スケートボード」。しかし、スケートボードを始めたくても、さまざまな種類があってどのように選んでよいか分からない方も多いはず。そこで今回は、スケートボード初心者におすすめのスケートボードをご紹介します。 大人も子供も楽しめる「スケートボード」。手頃な価格で始められるので、注目を集めているスポーツです。しかし、これからスケートボードを始めたいと思っていても、どのように選んでよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。, そこで今回は、おすすめのスケートボードをご紹介します。初心者の方に向けて選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。, スケートボードは主に3種類です。そのなかで、最も代表的なのが「ストリート」モデル。別名「ショートスケート」とも呼ばれており、パークやストリートで楽しめます。, さまざまなトリック(技)を繰り出せる機能性に優れた一般的な定番モデル。本格的にスケートボードを楽しみたい方やトリックを重視したい方には、ストリートがおすすめです。, コンパクトで持ち運びしやすいのが「クルーザー」モデル。最大の特徴は、高い加速力によるスピードの速さです。ストリートモデルよりも扱いが難しいですが、上手く乗れば街乗りに取り入れられます。, また、プラスチック素材が使われているモノが多く、耐久性に優れているのも特徴です。かわいらしい見た目とスピーディな走りから、注目を集めています。スピードを重視するならクルーザーがおすすめです。, 大きなデッキを採用しているのが「ロングスケート」モデル。ストリートやクルーザーより安定性に優れているので、スケートボード初心者にも乗りやすいという特徴があります。サーフィンの動きに似たロングスケートもあり、サーファーのトレーニング用としても使われているモデルです。, しかし安定性は高いですが、持ち運びが不便で激しいトリックが難しいデメリットもあります。自宅近くでまったりとスケートボードを楽しみたい方には、ロングスケートがおすすめです。, デッキとは、スケートボードの板のことです。クルーザーやロングスケートタイプは、基本的にデッキのサイズで選ぶことは少ないため、主にストリートタイプを選ぶ際にサイズが重要になります。, デッキを選ぶときには、身長160cm以下の方は「29.1インチ以下」、170cm以下の方は「30.7インチ以下」、180cm以下の方は「32.2インチ以下」、180cm以上の方は「32.2インチ以上」のデッキを選びましょう。自分の身長に合わせた長さを選ぶことで、より滑りやすくなり、上達しやすくなります。, また、初心者の方はそり返しがゆるくて横幅が広いデッキを選ぶと、バランスがとりやすいので安定して滑ることが可能です。, トラックはデッキとタイヤをつなぐ接続部分のパーツ。トラックには「ハイタイプ」と「ロウタイプ」があり、用途に合わせて選ぶ必要があります。ハイタイプは地面との距離が遠いので、その分トリックしやすいのが魅力です。しかし、地面から離れていることもあり、強い脚力が必要となるため街乗りを目的とする初心者には不向きといえます。, ロウはハイに比べ地面との距離が低く、弱い力でも進みやすく安定性もあるので、初心者の方はロウタイプがおすすめです。また、トラックの素材には軽量性や耐久性のあるアルミを採用しているモノもあります。, スケートボードのウィールはいわゆるタイヤ部分です。ウィールによって硬さやサイズ、幅間などに違いがあるので、スケートボードスタイルによって合わせる必要があります。, 53mm以下の小さいウィール(ハードタイプ)は軽いため、トリック向けのサイズです。57mm以上の大きいウィール(ソフトタイプ)は重いためトリックには不向きですが、速いスピードを出せます。53~57mmの中間サイズはオールラウンドに使えるので、初心者の方におすすめです。, また、硬めのウィールであればトリックに向いていますが、クッション力が弱いので着地に安定性がありません。初心者の方は、着地に安定性がある柔らかめのウィールを選ぶようにしましょう。, スケートボードのウィールのなかには、回転を補助するベアリングが搭載されています。ベアリング性能が高いほど、スピードが速くなるのが特徴。ベアリングには性能等級を表す、ABEC(エイベック)があり、主に「3」「5」「7」と数字が大きいほど性能に優れています。, コンプリートデッキはパーツごとに購入する必要がなく、「デッキ」「トラック」「ウィール」などがあらかじめセッティングされている製品です。パーツごとに揃えると、自分のスタイルに合わせたスケートボードが手に入りますが、コンプリートデッキよりも費用がかかってしまいます。, まずはコンプリートデッキでコツを掴み、スケートボードに慣れてきたら、お気に入りのパーツごとに取り揃えていくのがおすすめ。ただし、最初だからといって格安のコンプリートデッキを選んでしまうと、すぐに壊れてしまう恐れがあるので注意が必要です。, 価格が安く、耐久性に優れていることから、コスパを重視する方におすすめのスケートボードです。デッキは割れにくいよう、8層のメープル材で構成されており、防水加工が施されています。, また、トラック部分には安定性を高めるために強化アルミニウム合金ブラケットを使用。さらにウィールには弾力性が高いPU素材を使用しており、柔らかいため、快適な乗り心地を得られます。, なお、デッキデザインのバリエーションが豊富なのもポイント。好みに合うデザインを選べば、街中で個性をアピールすることも可能です。, デッキには耐久性に優れた7層のメープル素材を採用。安全性を高めるために滑り止め加工が施されています。抵抗性能が高い95Aウィールを使用し、ベアリングには、摩擦が少なく回転性能に優れた高精度のABEC7を採用。路面の凹凸による衝撃を吸収し、快適な乗り心地を実現しています。, そり返しがゆるく横幅が広いため、初心者でもバランスを取りやすいのが魅力。子供から大人まで楽しめるおすすめのスケートボードです。, ウィールが光る個性的なクルーザースケートボードです。90Aウィールを使用しているため、適度なグリップがあります。ベアリングにはABEC7を採用しているので、安定した加速が出せるのも魅力。サイズは54mmと中間サイズなので、初心者でも滑りやすいモデルです。, デッキは、7層のメープルから構成されており、耐荷重は100kgなので大人から子供まで楽しめるのもポイントのひとつ。また、デッキのサイズは31インチのため、身長170〜180cmの方に適しています。, デッキを適度に湾曲させて滑り止めを施したスケートボードです。メープルを冷加工した素材を7層重ねて加工しているため、耐久性が高いのも特徴。耐荷重は250kgです。, また、両端には適度な反り返りがあるため、トリックを練習したい方にも適しています。ウィールの硬さは、グリップ力が高い95Aなので、ストリートだけでなく、多少荒れた路面でもスムーズなスケーティングが可能です。, ウィールのグリップ力が非常に少ない101Aなので、トリックを磨きたい中〜上級者におすすめのスケートボードです。デッキサイズは31インチなので、170〜180cmの方向け。トラック部分には、高反発のPUパッドが使われているため、クッション性が高いのもポイントです。, また、高速ミュートベアリングを採用しているので、スムーズなスケーティングが可能なのも魅力。デッキはメープル素材を7層に重ねているうえに、冷却加工が施されているため、耐久性に優れているのも魅力のひとつです。, デッキの湾曲、両端の反り返りが共にゆるめに設定されている、初心者でも乗りやすいスケートボードです。ウィールサイズは52mmと小さめなので、トリックを練習するのにも最適。高速静音ベアリングを使用しているため、スムーズな乗り心地を得られます。, また、デッキは、メープル材を7層に重ねて加工されているため耐久性が高いのもポイントです。街乗りからパークでのスケーティングまで幅広いシーンで使用したい方は、ぜひチェックみてください。, ベアリング性能が高いスケートボードを探している方におすすめのモデルです。ABECは11と高く、ウィールには抵抗力が強いPU素材を使用しています。地面からの衝撃を吸収しやすいため、コンディションが悪い道でもスムーズに滑れるのが特徴です。, また、デッキ両端の反り返り具合や、デッキの横幅の湾曲具合を、初心者でもバランスが取りやすいように設定しているのもポイントです。, さらに、本製品には収納用のスケボーカバーが付いているので、持ち運びしやすいのも人気の理由。デッキのサイズは31インチと170〜180cmの方に適しています。, なお、デッキのデザインは、いなずま柄・アメリカ国旗柄・ドクロ柄の3種類から選べます。, デッキの両面におしゃれなデザインが施してあるのが特徴のミニクルーザー。デッキテープが不要なため、テープが剥がれる心配もなく、お手入れも簡単です。また、ウィールは快適な乗り心地を追求するためにPU素材で作られています。, ベアリングはABEC7なので、走行音を抑えつつスムーズなスケーティングが可能です。さらに、デッキサイズが22インチと小さいのもおすすめポイント。重量も約1.9kgなので持ち運びしやすいモデルです。耐荷重は80kgのため、大人から子供まで幅広く楽しめます。, なお、子供が使用する際は、怪我を防ぐためにもヘルメットやプロテクターを着用しましょう。, ABEC7と高性能なため、スピードを出しやすいクルーザーを探している方におすすめ。タイヤには耐久性に優れたPU素材を使用しており、悪路でもスムーズな滑り心地を維持できます。また、デッキ部分も高品質な素材で作られているため、体重90kgまでであれば使用可能です。, さらに、デッキの反り具合や柔軟性に優れているので、初心者が乗りやすいのも魅力のひとつ。デッキサイズは22インチと小さく、バッグに収納して持ち運べるのもポイントです。, 通常のモデルとは異なりウィールが3輪なのが特徴のクルーザースケートボードです。前輪にはフリーキャスターを、後輪には固定式のウィールを採用。前後左右自由自在にスケーティングを楽しめるのが人気の理由です。, また、デッキの後方部には反りが備わっており、ブレーキの役割も果たすため、クルーザー初心者でも安心して使用できます。さらに、おしゃれな見た目から、部屋に飾ればインテリアとして機能するのもおすすめポイントです。, スピード感を味わったり、サーフィンの陸トレ用として使用したりと、幅広い用途に活用できるモデルを探している方はぜひ検討してみてください。, 安心して街乗りを楽しみたい方におすすめなのが、スケートボード専門ブランド「リマブル」のスケボー。トラックには高品質のアルミ素材が使われているので、耐久性に優れているのが特徴です。, また、ベアリングには1回の蹴りだけで長く走行できるABEC7を採用。ウィールにはクッション性のあるPU素材が使われています。ウィールの硬さは78Aと比較的柔らかいので、グリップ力が高いのもポイント。よりスムーズな乗り心地を得たい方にもおすすめのモデルです。, さらに、デッキは軽量性と耐久性を兼ね備えているプラスチック製。滑り止めが施されているので、初心者が乗りやすいモデルとしてもおすすめです。, オールトラリア発の横乗り系ブランド「グローブ」が手掛けるクルージングボードです。デッキには、ウッドとココナッツ素材を使用。裏面に描かれたレトロなグラフィックが目を引きます。, 軽さに定評のあるTENSOR製のトラックと高精細なABEC7のベアリングを搭載。 音が静かで振動が少ないソフトウィールを採用しており、多少荒れた路面でもスピードを落とさずスムーズに滑れます。, 乗り心地のよさはもちろん、デザイン性にもこだわって選びたい方におすすめのスケートボードです。, 高い安定性能とスピード性能を兼ね備えた、ロングスケートボードです。デッキの素材には耐久性の高いメープルを使用。 凹面設計が施されたデッキによってスケーティング中の空気の流れをスムーズにすることが可能なため、安定感のある乗り心地を得られます。, また、ウィールには、耐衝撃性・耐摩耗性に優れた素材を使用。ベアリングはABEC9を採用しているため、加速がスムーズなのも魅力です。, さらに、デッキの前・後方には適度な反りがあり、初心者でも乗りやすいよう横幅を広めに設計。街乗りからパークでのスケーティングまで、幅広いシーンで使用できます。, セクター9は、世界57カ国に愛されるスケートボードブランドです。本製品はおしゃれなグラフィックが描かれた、ロングスケートボード。未使用時にインテリアとして機能するモデルを探している方におすすめです。, ウィールは65mmと比較的大きいうえ、ウィールの硬さは78Aと比較的柔らかいので、多少の凹凸や小石を簡単に越えることが可能です。安定した走行性を有しているため、初心者が乗りやすいモデルを探している方も購入を検討してみてください。, デッキ中央に凹みがあるデザインが特徴の、ロングスケートボードです。個性的なデザインのモデルを探している方におすすめ。素材には竹とカナディアンメープルが使われており、適度な弾力性と優れた耐久性を兼ね備えています。, また、トラックには軽量かつ耐久性に優れたアルミ素材を使用。さらに、デッキにはヒートプレスが施されているため、長期間使用しても劣化しにくいのも魅力です。なお、ウィールのサイズは70mmと比較的大きく、硬さは78Aと柔らかめなので、スケーティング時の振動や騒音を抑えられます。, デッキが大きく、カービング性能が高いため、陸上でよりサーフィンをしている感覚を味わえるロングスケートボード。特に、サーフィンの陸トレ用のモデルを探している方におすすめです。ウィールの大きさは90mm。ベアリングにはABEC7を採用しているので、スピードを出しやすいのも人気を集める理由です。, また、ウィールの硬さが78Aと柔らかいのもポイント。凹凸のある道でも安定した乗り心地を得られます。, ローデッドは、全米で高い人気を有するロングスケートボードブランドです。本製品は、軽量かつ高い耐久性を持ち合わせているのが特徴。素材には、玄武岩や石油を含む素材の多くを木の樹液に置き換えスーパーサップエポキシを使用しているので、低コストかつ環境に優しいモデルに仕上げているのも魅力です。, なお、デッキサイズは、長さ約123×幅約24cmと広々しています。サーフィンの陸トレ・クルージングなど、さまざまな用途で使用できるロングスケートボードを探している方におすすめです。, スケートボードは主に、「ストリート」「クルーザー」「ロングスケート」の3種類あります。そのなかでも定番なのが、新しくオリンピックに採用されているストリートタイプのスケートボードです。初心者の方はどのようにスケートボードを楽しみたいかをはっきりと決め、自分に合ったボードを選びましょう。, オール家電キャンプを実現! 「Jackery ポータブル電源 1000」を実機レビュー, 【2020年版】ドライブレコーダーのおすすめ18選。取り付け簡単モデルから全方向モデルまでご紹介. そんな怪我から身を守ってくれるのがプロテクターです。 圧倒的な品揃えであらゆるスケートアイテムが購入できます。 店頭販売は、地域や店舗によって異なるため店頭で購入を検討している方は実際に足を運ばれて確認すると良いでしょう。, 多くのトリックを生み出してスケボーのスタイルに大きな影響を与えたとされるRondey Mullen(ロドニー ミューレン)と同じくテクニカルトリックの進化に大きく貢献したとされるDaewon Song(ダエウォン ソン)らによって設立されたブランドです。, オールモストの大きな特徴として、デッキの素材にカナディアンメープルを採用している事が挙げられます。 東京オリンピックの正式種目ともなるスケートボード。通称Sk8。 非常に多くのスケートブランドを扱っており、ギアからアパレルまで品揃えも超豊富です。 デッキ上でのバランス感覚を鍛えるのに向いており、初心者にオススメのスケートボードです。, スケートボードの進化系としてアメリカで開発されたリップスティックは地面を蹴るのではなく身体をひねることで前進する新感覚のボードです。 参加費用は無料の教室もありますが、平均すると2000~3000円程度かかります。 是非参考にしてみてください。, ブラインドは、カリスマと呼ばれゴンズの愛称で親しまれたMark Gonzalesが設立したブランドです。スケーター以外からも知名度が高く、世代を問わず愛されているブランドですね。, デザインもキッズらしく可愛いデッキからCoolなデザインまで幅広く、死神をモチーフとしたマスコットキャラクター「リッパー」は有名です。デッキの性質で言えば比較的硬さがありキックの弾きが良いデッキが多いです。, 価格帯としては、キッズ用コンプリートデッキは1万円前後のものが多く、高すぎず性能もあるコンプリートデッキとしてはおすすめ出来るブランドの一つです。, ムラサキスポーツなどの総合スポーツ店のオンラインショップなどでも取扱っています。 スケートツールがあればギアの取り外し作業をこれひとつで行うことができます。 スケボーを全く知らない親御さんも、デッキを購入する前に読んでほしい内容となっております。, コンプリートスケボーとはあらかじめパーツが全て揃って組み立てられた状態で販売されているスケートボードです。, スケボーにはデッキやトラック、ウィールなど様々なパーツが存在しており、熟練者になると一つ一つのパーツを選ぶことも重要になってきます。, しかし初心者の方はパーツの名前や機能を覚えるのもいきなりは難しいと思うため、まずは一定の信頼がおけるメーカーのコンプリートスケボーを購入して練習を行うのが良いでしょう。, スケボーの選び方は様々ですが、コンプリートの場合は基本的には種類とサイズ、デザインがポイントとなってきます。, 特に子供向けの場合は体格に合わせたサイズ選びが重要になってきます。

鬼滅の刃 グログランリボン 輸入 15, 芸能事務所 ホワイト 企業 7, Foodie シャッター音 消せなくなった 12, トイレ 流すと泡 タンクレス 4, Ps4 サブ垢 使えない 4, Svg マスク アニメーション 9, Bora Wto 45 Db 6, ニトリル手袋 S 粉なし 4,

Write a comment