floppy0.fileName = "vmware-null-remote-floppy" migrate.hostLog = "test.hlog" Time limit is exhausted. scsi0:0.fileName = "newname.vmdk" ESXiのIPアドレス ホスト名(例 192.168.0.2 esxi-host) floppy0.clientDevice = "TRUE" RSPAN_SRC ミラー セッションに割り当てられたポートに接続した仮想マシンが別のホストに移行され、ターゲット ホストのターゲット ネットワークで必要な物理 NIC が設定されていない場合、ポートでの RSPAN_SRC ミラー セッションの構成が失敗します。そのためポート接続は失敗しますが、vMotion 移行プロセスは成功します。, NFS vmknic が一時的に IP アドレスを失うか、ステートレス ホストが再起動した後に、ホストの NFS データストアが読み取り専用になることがあります。, 回避策:データストアをアンマウントしてから再マウントすると、NFS vmknic を介して接続を回復することができます。NFS vmknic の IP アドレスと管理 vmknic の IP アドレスの両方に NFS データストアの書き込み権限を設定することもできます。, [仮想マシン ストレージ ポリシーの編集] ダイアログで、ドロップダウン メニューから [ホスト - ローカル PMem ストレージ ポリシー] を選択して [OK] をクリックすると、タスクが次のいずれかのエラーで失敗します。, 回避策:ホスト - ローカル PMem ストレージ ポリシーを仮想マシン ホームに適用することはできません。仮想ディスクの場合、移行ウィザードを使用して仮想ディスクを移行し、ホスト - ローカル PMem ストレージ ポリシーを適用できます。, この問題は、クラスタ内のホストが数多くのデータストア(たとえば 512 〜 1,000 個)を共有する環境で発生する可能性があります。クラスタ内のホストが PDL 状態から復旧すると、データストアはホスト レベルで正常にマウントされます。ただし、vCenter Server では、複数のホストに対していくつかのデータストアが引き続きアクセス不能として表示されることがあります。, 回避策:vCenter Server ビューにアクセス不能なデータストアが表示されるホストで、vCenter Server からストレージの再スキャン操作を実行します。, ホストの混在する環境では、ESXi 6.5 ホストに接続された VMFS3 データストアから、ESXi 6.7 ホスト上の VMFS5 データストアに仮想マシンを移行することはできません。, 回避策:VMFS3 データストアを VMFS5 にアップグレードして、仮想マシンを ESXi 6.7 ホストに移行できるようにします。, 通常、ESXi のアップグレード中にアップグレードに失敗した VMFS3 データストアをアップグレードするには、CLI を使用します。VMFS3 データストアのアップグレードは、次のような理由により失敗することがあります。, 障害の原因を修正し、CLI を使用して VMFS3 データストアを VMFS5 にアップグレードすると、ホストは引き続き VMFS3 データストアを検出して次のエラーを報告します。, 廃止予定の VMFS (ver 3) ボリュームが見つかりました。vSphere 6.7 ホストで引き続き使用するには、このボリュームを VMFS (ver 5) にアップグレード必要があります。, 回避策:エラー メッセージを削除するには、/etc/init.d/hostd restart コマンドを使用して hostd を再起動するか、ホストを再起動します。, Receive Side Scaling (RSS) テクノロジーは、受信ネットワーク トラフィックを複数のハードウェアベースの受信キューに分散し、入力側トラフィックが複数の CPU で処理されるようにします。Default Queue Receive Side Scaling (DRSS) モードでは、デバイス全体が RSS モードです。ドライバは単一の論理キューを OS に示し、複数のハードウェア キューによってバッキングされます。, Mellanox ConnectX-4 および ConnectX-5 アダプタ カードの native nmlx5_core ドライバは、デフォルトで DRSS 機能を有効にします。DRSS は多くのワークロードのパフォーマンスを向上させることができますが、特定のマルチ仮想マシンおよびマルチ vCPU ワークロードのパフォーマンスが低下する可能性があります。, 回避策:パフォーマンスの大幅な低下が見られる場合は、DRSS 機能を無効にすることができます。, ホスト プロファイルを抽出したときに、ホスト プロファイルのコアダンプ ファイルの設定で [データストア名] フィールドが空になります。この問題は、esxcli コマンドを使用してコアダンプを設定すると発生します。, vmkfcoe ドライバによりサポートされるネイティブ ソフトウェア FCoE アダプタ (vmhba) を有効にしてから、ホストを再起動すると、アダプタがアダプタの一覧に表示されなくなることがあります。これは、qfle3 ドライバでサポートされている Cavium QLogic 57810 または QLogic 57840 CNA を使用している場合に発生することがあります。, または、次の End-to-End 構成に切り替えることもできます。ESXi ホスト > Cisco FCoE スイッチ > FC スイッチ > DELL EMC VNX5300 および VNX5700 シリーズのストレージ アレイ。, ユニコードを含む一部のバックアップには、ブラウザおよびファイル システムのパスとは異なる形式で Windows エクスプローラのファイル システム フォルダに表示されるものがあります。, 回避策:http、https、または ftp を使用すると、Windows エクスプローラ上でストレージ フォルダの場所に移動するのではなく、Web ブラウザ上でバックアップを参照できます。, 送信元の vCenter Server Appliance で NTP の時刻同期が無効になっている場合、vCenter Server Appliance 6.7 へのアップグレードを実行すると、アップグレードが正常に完了した後に新しくアップグレードされたアプライアンスの NTP 時刻同期が有効になります。, デフォルトの root パスワードは、vCenter Server Appliance のデプロイ時に設定したパスワードです。, 新しくアップグレードされた vCenter Server Appliance 6.7 では、NTP の時刻同期は使用されなくなり、代わりにシステムのタイムゾーン設定が使用されます。, バージョン 54 以降の Firefox を使用して vSphere Web Client にログインし、認証に Windows セッションを使用すると、VMware Enhanced Authentication Plugin がユーザー名の入力に失敗し、ログインできません。, 回避策:Windows セッション認証を使用して vSphere Web Client にログインする場合は、次のいずれかのブラウザを使用します。Internet Explorer、Chrome、または バージョン 53 以前の Firefox, ESXi ホストの同じカテゴリの複数のセンサーが 5 分未満の時間内でトリップした場合、トラップは受信されず、E メール通知は送信されません。, 回避策:なし。ハードウェア センサー セクションにアラートがないかをチェックできます。, [VCSA インストーラ] > [ステージ 2] > [アプライアンス設定] > [時刻同期オプション(ESX/NTP サーバ)] から [NTP サーバとの時刻同期] を選択する場合、ESX 管理の [時刻と日付の設定] でターゲット ESX が NTP サーバに接続されていないと、インストールに失敗します。, Windows vCenter Server では健全性サービスを使用できません。vCenter Server を選択し、[監視] > [健全性] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます:, vSAN の健全性情報をクエリできません。詳細については、vSphere Client ログを確認してください。, この問題は、Windows vCenter Server をリリース 6.0 Update 1 または 6.0 Update 2 からリリース 6.7 にアップデートした後に発生する可能性があります。このメッセージは無視してかまいません。, 回避策:なし。ユーザーは、vCenter Server Appliance を介して vSAN 健全性情報にアクセスできます。, ESXi 6.5 Update 1 以前のバージョンが vCenter Server 6.7 に追加されると、CPU 温度の上昇、ファンの障害、電圧の変動などのハードウェア イベントが発生したときにハードウェア健全性に関連するアラームが生成されません。, 最新の vmodl を使用して Storage DRS 対応のクラスタに仮想マシン ディスクを構成すると、vCenter Server の動作が停止します。以前の vmodl を使用するというこれまでの回避策では問題は解決せず、その場合も vCenter Server は動作を停止します。, vCenter Server for Windows 6.0.x または 6.5.x を vCenter Server Appliance 6.7 に移行すると、データのエクスポート ステージで次のエラーが発生して移行が失敗することがあります。圧縮された zip フォルダが無効または破損しています。, 回避策:データ エクスポート フォルダを手動で圧縮し、次の手順を実行する必要があります。, vSphere 6.7 では、vCenter Server Appliance 管理インターフェイス (VAMI) の [サマリ] タブに vCenter Server および vCenter Server Appliance 製品の ISO ビルドが表示されます。vSphere Client の [サマリ] タブには、vCenter Server 製品内のコンポーネントである vCenter Server 製品のビルドが表示されます。, VAMI の [使用可能なアップデート] セクションに次のエラー メッセージが表示されます。, このメッセージは、vCenter Server Appliance がパッチまたはアップデートを検索して見つけられなかった場合に生成されます。この問題の影響を受ける機能はありません。この問題は、vSphere 6.7 の最初のパッチ リリースで解決されます。, この問題は、仮想マシンが常駐するデータストアが APD (All Path Down) の状態になり、アクセス不能になると発生する可能性があります。hostd が 仮想マシンの状態をロードまたは再ロードするときに、仮想マシンの名前を読み取ることができず、代わりに仮想マシンのパスが返されます。たとえば、「/vmfs/volumes/123456xxxxxxcc/cs-00.111.222.333」のようになります。, 回避策:ストレージの問題を解決すると、仮想マシンが再ロードされ、名前が再び表示されます。, AMD システムでは、vSphere 仮想マシンは vIOMMU を提供しません。DMA 保護には vIOMMU が必要になるため、AMD ユーザーは「仮想化ベースのセキュリティをオンにするとき」に Windows グループ ポリシー エディタで「セキュア ブートと DMA 保護」を選択することができません。代わりに「セキュア ブート」を選択します。間違ったオプションを選択すると、VBS サービスは Windows によって自動的に無効になります。, 回避策:AMD システムのゲスト OS で「セキュア ブート」プラットフォーム セキュリティ レベルを選択します。, Virtualization Based Security (VBS) は、Windows 10 および Windows Server 2016 で導入された新機能です。vSphere 6.7 リリースから、VBS を有効にした状態での Windows の実行がサポートされます。ただし、Virtualization Based Security (VBS) が有効になっている場合、メモリと CPU のホット アドは Windows 仮想マシンでは動作しません。, 回避策:仮想マシンをパワーオフし、メモリまたは CPU の設定を変更して、仮想マシンをパワーオンします。, vSAN ネットワークの障害は、vSAN オブジェクトおよび仮想マシンのアクセスに影響を与える可能性があります。ネットワークが復旧すると、vSAN オブジェクトは回復してアクセス可能になります。hostd サービスはストレージから仮想マシンの状態を再ロードして仮想マシンを復旧します。ただし、リンククローン仮想マシンの場合、hostd は親仮想マシンの名前空間がアクセス可能になったことを検出しないことがあります。その結果、仮想マシンはアクセス不能の状態のままとなり、仮想マシンのスナップショット情報は vCenter Server に表示されなくなります。, 回避策:仮想マシンを登録解除してから再登録して、hostd に強制的に仮想マシンの状態を再ロードさせます。スナップショット情報がストレージからロードされます。, vSphere Client では、OVF テンプレートのデプロイ ウィザードでの vService 拡張機能の選択をサポートしていません。その結果、OVF 仮想アプライアンスが vService 拡張機能を使用し、ユーザーが vSphere Client を使用して OVF ファイルをデプロイすると、デプロイは成功しますが、仮想アプライアンスは起動に失敗します。, 回避策:vSphere Web Client を使用して、vService 拡張機能を使用する OVF 仮想アプライアンスをデプロイします。, vSphere 6.7 RC ビルドで Proactive HA を手動/混合モードで設定し、Proactive HA プロバイダのプラグインから問題のある健全性の更新が送信されると、[クラスタ] - [監視] - [vSphere DRS] - [推奨] で推奨を適用するように 2 回求められます。最初は、ホストをメンテナンス モードにするように求められます。次に、メンテナンス モードに切り替わるホスト上のすべての仮想マシンを移行するように要求されます。vSphere 6.5 では、これらの 2 つの手順はメンテナンス モードへの切り替えに対する 1 つの推奨として提示され、移行するすべての仮想マシンが一覧表示されます。, 回避策:ワークフローや結果には影響はありません。推奨を 2 回適用する必要があります。自動化されたスクリプトを使用している場合は、追加のステップを含めるようにスクリプトを変更する必要があります。, VCHA 機能は、vSphere 6.5 リリースの一部として提供されています。vSphere 6.5 の時点では、VCHA 構成を保持したまま VCHA クラスタをアップグレードすることはできません。推奨されるアップグレード方法は、vSphere Client を使用するか、VCHA を破棄する API を呼び出して、まず VCHA 構成を削除します。したがって、VCHA 構成が存在しないため、遅延インポートのアップグレード ワークフローでは、VCHA との相互通信することはありません。, 遅延インポートの進行中は、新しい VCHA を設定しないでください。VCHA のセットアップの前に、アクティブ仮想マシンのクローンをパッシブ/監視仮想マシンとして作成する必要があります。進行中の遅延インポートの結果、クローンを作成する必要のあるデータの量が大きくなり、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。, vSphere Auto Deploy によりプロビジョニングされた ESXi ホストが再起動すると、以前に設定された numRxQueue 値が失われます。ホスト プロファイル機能は、ホストの再起動後の numRxQueue 値の保存をサポートしません。, ステートレス キャッシュの場合、ESXi イメージが 512n、512e、USB、または 4 Kn のターゲット ディスクにキャッシュされた後、システムの再起動時に自動デプロイからの ESXi ステートレス ブートが失敗することがあります。これは、自動デプロイサービスが停止している場合に発生します。, システムは、ディスク上でキャッシュされた ESXi イメージを検索し、次にブート順序で検索しようとします。ESXi キャッシュ イメージが見つかると、ホストはそのイメージから起動されます。レガシーの BIOS では、この機能は問題なく動作します。ただし、BIOS の UEFI モードでは、キャッシュされたイメージを持つ次のデバイスが見つからないことがあります。その結果、ディスク上にイメージが配置されていても、ホストはイメージからブートできません。, 回避策:自動デプロイ サービスが停止している場合、システムの再起動時に、キャッシュされたイメージを持つディスクを UEFI ブート マネージャから手動で選択します。, 場合によっては、ESXi 6.7 のホスト プロファイルが、VMware NSX-T ベースの不透明ネットワークに接続された vmknics からの PEERDNS をサポートしないことがあります。この問題は、[ホスト] > [設定] > [TCP/IP 設定] > [デフォルト] > [DNS 設定] > [VMkernel ネットワーク アダプタから設定を自動的に取得] に移動するときのシナリオに固有の問題です。NSX-T ベースの不透明ネットワークに接続されている vmknic を選択した場合、このホストから抽出されたホスト プロファイルは機能しません。このようなホスト プロファイルでは、DNS サブプロファイルに「DNS で使用される VMkernel ネットワーク アダプタをバッキングするポートグループ」ポリシーが含まれていません。ホスト プロファイルを編集すると、検証エラーになります。, 回避策:なし。NSX-T ベースの不透明ネットワークに接続されている vmknic からの PEERDNS を選択しないでください。, 1,000 個のデータストアが構成されたステートレス ESXi ホストのブートには、20 分以上かかることがあります。, qfle3i ドライバによって要求される iSCSI LUN で仮想マシンが実行している場合、I/O が実行状態の仮想マシンを使用してサーバを再起動しようとすると、ESXi が起動に失敗することがあります。, VXLAN のステートレス ハードウェア オフロード機能を使用するように構成された Cisco UCS VIC 13xx アダプタの場合、VXLAN によりカプセル化された IPv6 経由の TCP トラフィックで問題が発生することがあります。IPv6 経由のゲスト OS TCP トラフィックを含む VXLAN デプロイの場合、TSO を使用する TCP パケットは Cisco UCS VIC 13xx アダプタによって正しく処理されず、トラフィックが中断します。ステートレス オフロードは正しく実行されません。TCP プロトコルから見ると、不正なパケット チェックサムが ESXi ソフトウェアスタックに報告され、ゲスト OS で不正な TCP プロトコル処理が発生する可能性があります。, 回避策:この問題を解決するには、Cisco UCS VIC 13xx アダプタ上で、VXLAN によりカプセル化された IPv6 経由の TCP トラフィックに対する VXLAN ステートレス オフロード機能を無効にします。UCS マネージャで VXLAN ステートレス オフロード機能を無効にするには、イーサネット アダプタ ポリシーの Virtual Extensible LAN を無効にします。Cisco C シリーズ UCS サーバの CIMC で VXLAN ステートレス オフロード機能を無効にするには、イーサネット インターフェイスの vNIC プロパティ セクションで Enable VXLAN フィールドを選択解除します。, ESXi はバッチ QueryUnresolvedVmfsVolume API を提供するので、未解決の VMFS ボリュームまたは LUN スナップショットをクエリして一覧表示できます。次に、他のバッチ API を使用して特定の未解決の VMFS ボリュームの再署名などの操作を実行できます。デフォルトでは、ホスト上で API QueryUnresolvedVmfsVolume が呼び出されると、システムは見つかったすべての未解決ボリュームに対して、追加のファイルシステムの稼動状態チェックを実行します。  稼動状態チェックは、指定した LUN が他のホストにマウントされているかどうか、アクティブな VMFS のハートビートが進行中かどうか、またはファイルシステムが動作中かどうかを検出します。この処理には時間がかかり、LUN ごとに少なくとも 16 秒必要です。その結果、環境に数多くのスナップショット LUN がある場合、クエリと一覧表示の処理にかなりの時間がかかることがあります。, 回避策:クエリ処理の時間を短縮するには、ファイルシステムの稼動状態チェックを無効にします。, FALSE, または、vSphere Client で ESXi の詳細オプション VMFS.UnresolvedVolumeLiveCheck を FALSE に設定することもできます。, 回避策:カーネル起動オプション iovDisableIR を TRUE に設定して、割り込み再マッピング機能の使用を無効にします。, AMD EPYC 7002 シリーズ プロセッサなどの特定の vCenter Server システム構成およびデバイスでは、PCI パススルー デバイスが割り当てられた仮想マシンのパワーオンに失敗することがあります。vmkernel ログに次のようなメッセージが表示されます。4512 2019-08-06T06:09:55.058Z cpu24:1001397137)AMDIOMMU: 611: IOMMU 0000:20:00.2: Failed to allocate IRTE for IOAPIC ID 243 vector 0x3f4513 2019-08-06T06:09:55.058Z cpu24:1001397137)WARNING: IOAPIC: 1238: IOAPIC Id 243: Failed to allocate IRTE for vector 0x3f, アップグレードされた ESXi 6.7 ホストで特定のタイプのネットワーク ワークロードを実行すると、次の条件では CPU 使用率が高くなります。, 注:レガシーの VMKLinux ixgbe インボックス ドライバ バージョン 3.7.x は、Intel X550 NIC をサポートしません。Intel X550 NIC には VMKLinux ixgbe 非同期ドライバ バージョン 4.x を使用してください。, 更新リポジトリにステージングされたパッチを持つ VMware Appliance の管理インターフェイスを使用して外部の Platform Services Controller(MxN トポロジ)にパッチを適用し、パッチのステージングを解除しようとすると、次のエラー メッセージが報告されます。メソッドの呼び出しエラー [Errno 2] 次のファイルまたはディレクトリが見つかりません:'/storage/core/software-update/stage', サードパーティの CIM VIB をインストールすると、応答に失敗することがあります。, 回避策:この問題を解決するには、次の 2 つのコマンドを入力して sfcbd を再起動します。, VMware vSphere Update Manager のインストールと管理について, Auto Deploy でプロビジョニングされたホストの VMware Tools, vCenter Server Appliance、vCenter Server、vSphere Web Client、vSphere Client の問題, 2403863、2379544、2400052、2396958、2411015、2430010、2421035、2388157、2407141、2387638、2448171、2423301、2367001、2419339、2445066、2432096、2382664、2432530、2240272、2382662、2389011、2400262、2409342、2411738、2411907、2412159、2413837、2380198、2417593、2418327、2423588、2430947、2434152、2349230、2311565、2412845、2409136、2340752、2444667、2398163、2416514、2412475、2435882、2386978、2436227、2411494、2385716、2390792, 2403863、2379544、2400052、2396958、2411015、2430010、2421035、2388157、2407141、2387638、2448171、2423301、2367001、2419339、2445066、2432096、2382664、2432530、2240272、2382662、2389011、2400262、2409342、2411738、2411907、2412159、2413837、2380198、2417593、2418327、2423588、2430947、2434152、2349230、2311565、2412845、2409136、2340752、2444667、2398163、2416514、2412475、2435882、2386978、2436227、2411494、2424231、2438108、2390792, VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.89.14840358, VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.89.15160138, VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.89.15160138, VMW_bootbank_vmkusb_0.1-1vmw.670.3.89.15160138, VMW_bootbank_net-vmxnet3_1.1.3.0-3vmw.670.3.89.15160138, VMware_bootbank_elx-esx-libelxima.so_11.4.1184.2-3.89.15160138, VMware_bootbank_native-misc-drivers_6.7.0-3.89.15160138, VMware_bootbank_esx-update_6.7.0-3.85.15160134, VMware_bootbank_vsanhealth_6.7.0-3.85.14840327, VMware_bootbank_esx-base_6.7.0-3.85.15160134, VMware_locker_tools-light_11.0.1.14773994-15160134, 「Embedded User Partition」オプションが BIOS で有効になっている。, インストール中に複数の USB ドライブを使用する(1 つの USB ドライブには ks.cfg ファイルが含まれ、その他の USB ドライブはフォーマットされていない状態で使用できない)。, サーバ BIOS で「Embedded User Partition」オプションを無効にします。, フォーマットされていない USB ドライブをファイル システムを使用してフォーマットするか、サーバから切り離します。, vCenter Server 6.7 に正常にアップグレードした後、vCenter Server Appliance 管理インターフェイスにログインします。Web ブラウザで、https://, Client キーには 2 つの DWORD(32 ビット)値を作成し、それぞれ DisabledByDefault および Enabled という名前を付けます。, Server キーには 2 つの DWORD(32 ビット)値を作成し、それぞれ DisabledByDefault および Enabled という名前を付けます。, 値フィールドが 0 に設定され、ベースが DisabledByDefault に対して 16 進数であることを確認します。, 値フィールドが 1 に設定され、ベースが Enabled に対して 16 進数であることを確認します。, パブリック/プライベート キーを有効にする方法については、ナレッジベースの記事 KB, 仮想マシンが vSphere Distributed Switch の分散ポート グループに接続されている, 仮想マシンにバンド幅割り当て予約が設定され、仮想マシンのネットワーク アダプタ (vNIC) に予約が設定されている, 分散ポート グループのチーミング ポリシーが [フェイルオーバー] に設定されている, Distributed Switch 上のすべてのアクティブなアップリンクが停止しているこの場合、vSphere DRS はスタンバイのアップリンクを使用できず、仮想マシンはパワーオンに失敗します。, esxcli storage core adapter list コマンドを実行して、アダプタがリストにないことを確認します。, 見つからない FCoE アダプタに関連付けられている vmnic の vSwitch 構成を検証します。, ESXi 6.7 ホストにネイティブのソフトウェア FCoE アダプタが構成されている。, Cisco FCoE スイッチが、Dell EMC VNX5300 または VNX5700 シリーズのストレージ アレイの FCoE ポートに直接接続されている。, vCenter Server Appliance 6.7 に正常にアップグレードした後、vCenter Server Appliance 管理インターフェイスに root としてログインします。, vCenter Server Appliance の管理インターフェイスで、[時刻] をクリックします。, ESX と同期するため、[ステージ 2] > [アプライアンス設定] の [時刻同期] オプションを設定します。, NTP サーバと同期するため、[ステージ 2] > [アプライアンス設定] の [時刻同期オプション] を設定し、ESX と vCenter Server の両方が NTP サーバに接続するように設定されていることを確認します。, ソース システムで、環境変数 MA_INTERACTIVE_MODE を作成します。, [コンピュータ] > [プロパティ] > [システムの詳細設定] > [環境変数] > [システム変数] > [新規] の順に移動します。, 変数名に「MA_INTERACTIVE_MODE」と入力し、値を 0 または 1 に設定します。, クライアント マシンから移行を開始します。移行が一時停止し、Migration Assistant コンソールに「, 注:Migration Assistant コンソールのキーまたはタブを押さないでください。, 移行を続行するには、エクスポート フォルダから export.zip ファイルを手動で作成します。, 期待される numRxQueue 値を使用してホスト上に vmknic を作成します。, テキスト エディタを使用して hostd の構成ファイルを開きます。設定ファイルは, アップグレードされた ESXi ホストから新しいホスト プロファイルを抽出し、ホストをプロファイルに接続します。, アップグレードされた ESXi ホストから [ホストから設定のコピー] を使用してホスト プロファイルを更新します。, ESXi ホストの NIC が、Intel 82599EB または X540 ファミリの NIC である, ワークロードには同時に実行する複数の仮想マシンが含まれ、各仮想マシンに複数の vCPU が構成されている, ESXi 6.7 にアップグレードする前に、VMKLinux ixgbe ドライバが使用された, アプライアンス シェルにアクセスして、スーパー管理者ロールを持つユーザーとしてログインします。, VMware Appliance の管理インターフェイスを更新します。これで、パッチが削除されたことが通知されます。.

京都 市バス 時刻表 アプリ, 森 を 走る ミニ 鉄道, 新横浜 名古屋 新幹線 特急料金, 七 つの 大罪最強 2020, サンダーバード スコット トレーシー, パスワード よく使われる 2020, ジュニアサイズ 型紙 150cm 無料, Youtube動画変換 Mp4 ダウンロード, 投資信託 ポートフォリオ 債券,

Write a comment