vmwareでUbuntuを起動すると以下のような画像の画面になりubuntuを選択すると以下のようになりますrebootしても上のGNUがなんたらのところに戻ってきます これはなにが起きてどうやったら解決できるのかさっぱり分からないのですがどうしたらいいのでしょうか?このようになる前はlatex LinuxMintが起動できない場合のGrubの修正方法 ひとつのHDDに複数のLinuxがインストールされている場合、 起動時に、黒背景に白文字で「GNU GRUB Version x.xx」と表題された、OSの選択画面が表示さ … マシンが起動したら、以下のようなプロンプトが表示されます。 grub > Linuxを起動させるためには以下の様にコマンドを入力します。 grub > root(hd0,1) →(1) grub > kernel /boot/vmlinuz boot=/dev/fd0 →(2) grub > boot →(3) (1) GRUBが格納されているパーティションの指定 CentOS 7が「Booting from Hard Disk...」で起動しない レスキューモードでgrub2を再設定しました。CentOS 7が重いさくらのVPSの上で、CentOS 7をインストールしてGitlabを使っているのです そのせいでwindows10アップデートのよってLinux、windowsともに起動不能になりました。, このノートパソコンのHDDの容量は750GB。windowsプリインストール機でリカバリディスク無しでした。UEFI/GPTフォーマットです。, 工場出荷時にリカバリ用のパーティションがあり、システム(windows)用のパーティーション、データのパーティーションに分かれていました。, Linux導入時にデュアルブートにするべく空き容量を更にパーティーション分けしています。パーティーションの順番がいまいち整理されていないのは、デュアルブートシステム構築時にいろいろトラブルがありつつ作業を進めた結果です。, 一応この構成でデュアルブート機として問題なく動いていたのですが、先日@MINOにもwindows10アップデートの時限タイマーが発動しやがりました。, あんまり10のアップデートのことを気にしていなかったので、「8時間後にアップデートします」的なメッセージを見逃していました。, 用事から返ってくると、ノートが再起動してLinuxが立ち上がっていました。@MINOのgrubの設定では再起動後10秒経つと自動的にLinuxが立ち上がるようになっています。, まだ先延ばしにするつもり(なんならアップデートしないつもり)だったのですが、始まったものはしょうがないと思い、windows10アップデートを受け入れることにしたのです。, windows10アップデートは何段階かに分かれていて数回再起動がされるようです。, grub rescueはブートローダが何らかの理由でOSを立ち上げる(準備する)ことができなかった場合に現れる無慈悲な画面です。, ブートローダ系のトラブルはそれほど体験していないので知識が浅く、どう対処していいかこの時点ではわかりませんでした。, とりあえずggrkということでいろいろ調べたところ、まずは落ち着いてパーティション・ファイルシステムを確認しろとのことでした。, まずlsコマンドで構成を確認します。@MINOの場合トラブル直後は以下のような出力がありました。, Linuxはsda5つまり(hd0, gpt5)に入っているはずです。とりあえずLinuxでも起動できればいいのですが…。, もしHDDが物理的損傷を受けたりしているとどうしようもありませんが、おそらく今回はwindows10アップデートに端を発する不具合のはずで物理的な損傷ではないだろうと踏んでいました。, しかしこの知識不足の段階でいろいろいじり回すのはまずかろうと思い、まずは情報収集に努めてみることにしました。, HDDの中身を見たりするにはLinuxを何らかの方法で立ち上げる必要がありますので、この時点で別PCにてUSBメモリにubuntuをインストール、復旧用USBとしてノートを起動することができるようにしました。, USBからたちあげたubuntuでHDDを確認してみると、ディレクトリやファイルは普通に存在しており、アクセスも可能です。どうやらデータが失われた訳ではなさそうなので、少し安堵しました。, マウントできておりファイルも見えているとなるとファイルシステムも問題ないように思えます。, ああ!!sda5がWindows recovery environmentになっている!!, どうやらwindows10のアップデートではリカバリ領域を作るようです。当たり前といえば当たり前かもしれないけど。, 今回の運の悪いところは、Linuxをwindowsの後ろのパーティーションに入れていたこと。, windows10のアップデートはwindowsが入っているパーティーションの直後にリカバリパーティーションをつくるようなので、windowsパーティーションより後ろのパーティーションは順番がずれることになります。, 事前の情報収集からsda6にlinuxが入っていることがわかったので、またgrub rescueに戻り、sda6の中身を見ます。, コマンドの出力結果の中に/bootがあるかと思います。その中身にgrubのモジュールがあるのですが、そのモジュールを念の為確認します。, /boot内のディレクトリ構成はシステムによって異なる可能性がありますが、.modという拡張子のファイルが大量に存在するディレクトリがあるかと思います。, このnormal.modはgrubのノーマルシェルを立ち上げるモジュールです。このモジュールを立ち上げられるとLinux、windowsを起動できる可能性が高いです。, normal.modを読み込みには以下のようにします。@MINOの環境での例です。各位の環境に読み替えてください。, このコマンドでgrubのノーマルシェルが起動するはずです。多くの場合はOS選択画面が起動されるかと思います。, 立ち上げたLinuxで(usbブートではなく復旧した方のLinux)以下のコマンドを実行します。(デバイス名は@MINOの場合のものです), でどうしてもunkownになる場合、ファイルシステムが壊れている可能性もあります。この場合、fsckコマンドでファイルシステムを復旧できる可能性(ブートメディアから立ち上げたLinuxから行う)がありますが、データが飛ぶ可能性もあります。, もし存在するパーティションのすべてがunkownになる場合は、ブートメディア等から立ち上げてストレージの状況やパーティション、ファイルシステムの調査をちゃんと行ったほうが良いかと思います。, ストレージが物理的に逝っていない限り、データを救える可能性は高いですので焦らず対処しましょう。, grubは@MINOのような初心者には難しい領域です。あまり日本語の情報が無いのもそれに拍車をかけている気がします。, @MINOが頼っている日本語情報の1つにArchLinuxのwikiがあります。膨大な量の情報があるwikiですがgrubについても詳しく書かれています。ちょっと理解するのはむずかしいですが…。, GRUB https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/GRUB, VirtualBoxで64bit版Linuxディストリビューションがインストールできない現象の理由, cssファイル・jsファイルを埋め込む!wordpressサイトのスピードアップ作戦!, PHPの正規表現(preg_match_all)で抽出した要素に任意のキーをつける, Linuxの恐怖体験「rmで間違ってファイル消してしまった!」そんな時はextundeleteでリカバリ, Docker公式MySQLのDockerfileを頑張って読んで理解しようとしてみた[docker-entrypoint.sh編], Docker公式MySQLのDockerfileを頑張って読んで理解しようとしてみた[Dockerfile本体編], Dockerの公式MySQLは日本語が文字化けするのでutf8かutf8mb4にしたい, 長年働いていた会社をリストラされてしまったおっさん。なにを思ったか未経験のプログラミングで再起を図ろうとする。 4 redhat9とwin98環境で、起動時にos選択画面が出ない 5 grub2のグラフィカルメニュー作成について 6 grubの起動選択メニューが表示されません 7 grubをインストールしたらosが起動しなくなりました。 8 アップデート後のgrubの選択画面 プログラミングを勉強していく上で苦しんだこと、ハマったことを中心に記事を書きます。, Arch Linuxインストールメディア環境下でのWi-Fi接続(ワイヤレス設定)について, これもリファラスパムの一種なのかな? 「Vote for Trump!」ってなにさ?, Linux(debian)でVirtualboxをアップグレードする【ver4.3からver5.0.2へ】, @MINOのgrubの設定では再起動後10秒経つと自動的にLinuxが立ち上がるようになっています. ュレッダーが良いか, とうとうエコノミークラスにフルサイズのベッド搭載, アパホテルとアルファーワンの比較〜秋田の場合, [Scala]IntelliJでデバッグできない, [Scala]IntelliJでsbtがバッチ実行してくれない. そのため、たとえばsda1はgrub 0.97では(hd0,0)ですが、grub 1.97~beta4では(hd0,1)となります。 grubインストール後の最初の起動では、UNetbootinからの起動オプションが有効になっているため、これを編集して(hd0,3)から起動できるようにします。 ューティングも参照の事., grubを再インストールする.以下では,root-directoryを/mntに設定している./mntを/とみなした時の/boot(つまり/mnt/boot)以下にgrubのステージ2以降(?)をインストールする.最後の引数はgrubのステージ1(?)のインストールデバイスである.以下では,/dev/sdbのMBRにgrubのステージ1(?)をインストールしている.ちなみに,ステージ1.5はステージ1と同一のところ(次のセクタ)にインストールされると思ってほぼ問題なさそう.通常は,BIOSからブートされるデバイスを指定すれば良いと思う.ブートフラグの要不要に関する調査はしていない., ブート全体のお話し.オススメ.grubもstage1.5がない場合の説明だけど分かりやすい., grubの説明.図があって分かりやすい.grub回りの知識の確認にオススメ., /etc/grub.confの説明.grubコマンドによりstage2をインストールする場所は,/etc/grub.confに書くか,grubに--boot-deviceや--install-partitionを与える様だ.. ×2 / grub-install/dev/sda ×2 / redhat ブートローダ修復 ×2 / Redhat OS 再インストール ×2 / redhat 起動しない grub ×2 / "grubシェル" "0.97" "コマンド" ×2 / grubエラー ×2 / Linux 起動エラー grubコマンド ×2 / does not have any corresponding BIOS drive. このコマンドでgrubのノーマルシェルが起動するはずです。多くの場合はOS選択画面が起動されるかと思います。 この状態で電源を切るとこのコマンドをまた打たないといけなくなります。 なので起動出来ている間にgrubを修正します。

ちはる 英語 ニックネーム, 英語学 論文 テーマ, エブリイ バン おすすめグレード, 白猫 どき わく 旅館 秘境, 中国語 オンライン 初心者, センチ ミリ メンタル 歩 歌詞, 横浜市営バス 41系統 路線図, 安い株 おすすめ 2020, すみすみ 称号 一覧, サンシェード 自作 ワイヤー, アイアンマン マスク 安い, 英語 日記 あらい りお, 啓明舎が紡ぐ小学国語 読解の基礎 3年~5年向け, アメリカ 戦争 ドラマ, 2サイクルエンジン キャブレター 調整, Lol サモナーレベル 上げ方, スパークリングワイン 缶 おすすめ, 北海道 車中泊 旅行, Ipad Pro Icカードリーダー, 調布 ラーメン しばた, エブリイ リアシート 快適化, タガタメ 舞台版ユニット 入手方法, Ipad Pro Icカードリーダー, パラサイト アカデミー賞 なんj, ツイート 著作権 文章,

Write a comment