対応 ACアダプター Power IBM Lenovo 92p1. Lenovoから発売されているThinkPad(シンクパッド)シリーズには、7つの製品ラインがあります。それぞれのモデルラインナップについて違いを紹介するとともに、価格面での選ぶべきポイントをまとめ … Lenovo ThinkSystem SR550は処理能力、内蔵ストレージ容量およびコストのバランスを最適化するためにデザインされた2ソケット2Uラック型サーバーです。 多くの用途で必要とされるオプションやシステム管理機能に対応します。 Lenovo Services継続保守(サービス提供期間1年、2年のお得なパック) また、これら契約によらないオンサイト保守サービスをご希望されるお客様には、時間制保守サービスもございます。 Lenovo Services ThinkPad R61は光学ドライブの違いで2モデルが用意される。 上位の「8932A15」はDVDスーパーマルチドライブを搭載し、価格は166,950円。 本日付けで、インテル Core 2 Duo プロセッサー E6300/E6700(1.86/2.66GHz 1066MHz FSB 2/4MB L2キャッシュ)を搭載した、新しいIBM IntelliStation M Pro(9229) を発表いたします。 写真上 : 新しい IBM IntelliStation M Pro ※モニターは別売りとなっております。 Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. モバイルパソコンと言えばThinkPadと言われるくらい、レノボ(昔はIBM)のパソコンは定評があります。IBMからレノボへPC事業が売却されましたが、ThinkPadは開発・研究は日本の大和事業所で行っているため、品質はなんら変わっていません。頑丈でキーボードの操作性が良く、価格も比較的安いため、ThinkPadシリーズは大変おすすめです。, 家庭向けのideapadシリーズは、コストパフォーマンスの高い製品が多く、たまに飛びぬけて良いモデルが登場します。イマイチな製品も存在しますが、そのあたりの見極めは当サイトのレビュー記事をご覧いただければと思います。, 2015年2月からは、一部のモデルを国内の米沢工場で組立するようになりました。品質面でも安心です。, ただし、ThinkPadシリーズは、技術的な質問が購入後1ヵ月間のみ(詳細)といった点が残念です。30日以降は有償となります。PC操作が不慣れな方は、他メーカーの方が良いかもしれません。ideapadシリーズは、保証期間内の技術サポートは無償なので、PCの操作に不慣れな方はideapadのほうがいいかもしれません。なお、筆者はThinkPad製品について、たまに技術サポートに電話したりチャットしたりすることがありますが、特に問題のない対応です。, また、注文してから納品されるまで日数がかかるので、余裕を持った注文が望ましいです。ただし、短納期モデルであれば、通常3日以内での商品が到着します。, マニュアル類はほとんど無いに等しいので、ある程度PCのことが分かっているユーザーにおすすめです。, 筆者は検証のために、レノボのパソコンをよく購入します。過去50台以上のレノボPCを購入したことがあると思いますが、クリックボタンの反応が片方だけやや悪かったり、キーを押すと突っかかったような感じがあったり、LTEの調子が悪かったり、ボディが汚れていたりなど、他のメーカーに比べると細かい部分でトラブルはやや多い気はします。ただ、サポートに連絡すれば大抵は対応してくれます。, また、BIOSなどをアップデートしないと、CPUが全力で動いてくれないときもたまにあります。そのまま使っても問題ないですが、レノボの製品を購入したら、Lenovo Vantageなどを起動し、システムの更新作業を実施することをおすすめします。最新機種は、最新のBIOSが登場すると、ポップアップで教えてくれて、ボタン1つでアップデートできるので簡単です。, あえて悪い点を先に記載しましたが、問題ないときのほうが多く、正常に動いていればとても使いやすいです。筆者もメインPCとして、ThinkPad X201sを長く使っていましたが、特に故障もなく快適に使えていました。今は別機種を試すため別のメーカーのモバイルPCを使っていますが、あのタイピングのしやすさを思い出すと、またThinkPadに乗り換えたくなります。, レノボのパソコンのラインナップです。下のカテゴリをクリックすると、ページ下へスクロールします。, レノボの製品を買うなら、断然ThinkPadシリーズがおすすめです。キーボードの打ちやすさ、頑丈さ、静音性、トラックポイントの搭載など、素晴らしい品質のノートパソコンです。基本的にはビジネス用のPCですが、自宅用として購入する方も非常に多いです。, 人気の高い14型モバイルノートPC。レノボのフラグシップ機だけあって完成度が高く、とてもおすすめ。, アクティブペンを内蔵可能。2 in 1 PCだけど、ドッキングステーションも使え、メインPCとしても◎。, X1 Carbonの弟のような機種。より小型で、質量はやや重めだけど、入手しやすい価格帯。, 本体に収納可能なアクティブペンを標準装備。サイズと質量では、X1 Yoga Gen 5よりも扱いやすいかも。, 比較的軽量ながら、ロングバッテリー駆動が可能。外で使うことが多いビジネスパーソンに最適。, 法人での利用が多いLシリーズのモバイルノート。13.3型の割に重め。X13 Gen 1の方がよさそう。, ペンを本体に収納可能。13.3型の割に重めの質量だけど、Xシリーズの2 in 1 PCよりも価格は安め。, 外部グラフィックスを搭載しながら軽量なPC。広色域の4K液晶も選択でき、クリエイターにおすすめ。, 人気のモバイルノート。第10世代Coreを搭載したモデルもありながら、新モデルより安く買えるかも。, タイピングしやすく、画面も見やすい。最新にこだわらなければ、軽量・ロングバッテリー構成が安い。, ペンにも対応した大画面2 in 1 PC。新モデルにはない6コアのCore i7-10710Uも選択可能。, やや重いが変形できる2 in 1 PC。ペンも使える。最新モデルよりかなりお手頃な価格が魅力。, X13 Gen 1とボディサイズは変わらずに、価格が安い。Ryzenを搭載したThinkPad X395もあり。, 第8世代Core i7、16GBメモリ、512GB SSD、MS Office付きで14万円台。質量は少し重め。, サイズの割に重く、価格のメリットもイマイチ。ThinkPad X280やX390の方がおすすめ。, 第2世代Ryzenを搭載し、価格が安い。処理性能も高めなので、メイン兼モバイルPCとして適した機種。, 外部グラフィックスを搭載しながら、モバイル可能な軽量ノートPC。広色域の4K液晶も選択できる。, 基本的には移動はせず据え置きで使用する、もしくは室内でのみ移動するPCを紹介します。, 高処理性能のRyzen搭載。質量・サイズがダウンして扱いやすくなり、テレワークなどにもおすすめ。, 打ちやすいキーボードと、高い処理性能のRyzen 4000Uシリーズを搭載し、価格も安い。, インテルモデルには、MX330も搭載可能。少し重めだけど、メイン兼モバイルPCとしてマルチに使える。, GeForce MX330や、UHD液晶を選択できる。ライトなクリエイティブ作業にも対応可能。, Core i5、8GBメモリ、256GB SSDの構成が6万円台と安い。第2世代Ryzen搭載のE495もあり。, 第7世代Core i3、4GBメモリ、256GB SSDのモデルが5万円台。ライトな作業向き。, キーボード入力が多い方におすすめ。HD液晶モデルも多いので、購入時には液晶種類を要チェック。, テンキー付きキーボード搭載。高めの処理性能で、仕事をサクサクこなしたい方におすすめ。, MX250を選択可能。ボディサイズは新機種と変わらず、メイン兼モバイルPCとしても使用可。, Celeronモデルもあり。Office Home & Business 2019付きでも5万円台からと、価格も安め。, Quadroのグラフィックスを搭載したモバイルワークステーション。3D CG、CADなどのOpen GLを使ったアプリケーションを使う方や、10bitカラー表示を行い画像編集やRAW現像などを行いたい方におすすめです。, Quadroを搭載しつつ、非常に軽量でコンパクト。モビリティ重視なので、CPUはやや非力。, 軽めのボディ。Quadroを搭載した15.6型ワークステーションとしては、エントリークラス。, 従来機種から、CPUのアップと、LTE対応に変化した、最新機種。モバイルの適したボディには変化なし。, やや高めの性能のQuadroに、比較的軽いボディ。ThinkPad X1 Extremeと筐体は同じ。, ThinkPad P14sの旧モデル。第8世代Coreでよければ、こちらの方が安いかも。, 個人向けのノートパソコンです。かなり安いモデルが多く、ideapad C340シリーズや、ideapad Flex 550シリーズなど、ときどき、飛びぬけてコスパの高い製品が現れます。, まず、タブレットへも変形する2 in 1 PCのYOGAシリーズの一覧を掲載します。, IPS液晶を搭載し、デジタルペンまで付属して、5万円台からと驚くほどコスパが高い。, Core i5、8GBメモリ、256GB SSD、IPS液晶で5万円台!。家に1台あるとマルチに使えて便利。, アクティブペン付属 + sRGBカバー率98.1%の液晶。クリエイティブな作業にも使え、コスパも高い。, Core i5、256GB SSD、FHD IPS液晶が6万円台。アクティブペンまで付属。驚異的なコスパの高さ!, AMD Ryzen搭載。アクティブペンも同梱し、ハイコスパ。バッテリー駆動時間はやや短い。, タッチ対応の大画面なので、ファミリーにもおすすめ。ペンも付属し、価格が安いのもポイント。, Snapdragon 850を搭載したスマホのようなノートPC。x64(64bit)アプリは使用不可。, 次に、クラムシェル型のモバイルノートPCを掲載します。レノボのideapadシリーズは、他社より価格が安いことが多いです。, 気軽に使えるモバイルPC。初めてのモバイルPCや、子ども用PCとしてだったらいいかも。, 格安モバイルPC。非力なA4-9120Eなので、用途を限定して使用した方がよさそう。, QHD(2560x1600)の液晶に、HシリーズRyzenプロセッサーを搭載したモバイルノート。, 16GBメモリや、1TB SSDの少し高めの構成を選択できる。ただし、SDカードスロットはなし。, ライトなビジネスPC。第8世代Coreモデルと、第10世代Coreモデルがあり、後者がおすすめ。, レノボの14型ノートは、15.6型ノートよりも価格が安いことが多く、穴場の製品です。また、13.3型よりもやや重いですが、15.6型ノートよりはかなり軽量なことが多く、自宅内で持ち運ぶことが多いなら、取り回しが便利です。, ideapadシリーズの場合、3桁の数字の真ん中の数字の数が大きいほど世代が新しくなります。また、製品名に「S」が付くのは軽量化されたノートPCを表します。, 13型に引けを取らないほどコンパクトなボディ。4K液晶を搭載しているも特徴。ただし高い。, バッテリー駆動時間が非常に長い点が特徴。CPUにはグラフィック性能の高いIris Plusを内蔵。, 第10世代Core iを搭載し、モバイルPCとしても快適。ただ、液晶の視野角が悪く、バッテリー駆動も短め。, Ryzen 5 4500U、8GBメモリ、512GB SSDで5万円台。液晶の質を気にしなければ、おすすめ。, 100%RGBのIPS液晶を搭載。構成のバランスがよく、コスパも高くて、おすすめ。短納期モデルもあり。, Ryzen 4000Uシリーズ搭載。処理性能が高く、ハイコスパ。ただし、液晶の色域は45% NTSCと狭め。, テレワークにも使える、ハイコスパのビジネスPC。ただし、HDD搭載モデルもあるため、要確認。, 第8世代Core i5、SSD、FHD IPS液晶が5万円台から。高コスパが高くおすすめ。, Ryzen 5、8GBメモリ、256GB SSDが4万円台!高い処理性能を、割安で購入したい方におすすめ。, Core i3-1005G1、SSD搭載で3万円台と激安。モバイルPCとしても使える。ただ、液晶の視野角は悪い。, AMDプロセッサー搭載モデルで、処理性能が高い。視野角は狭く、バッテリー駆動時間が長くない。, 第10世代Core i、SSDで5万円台~。しかも、見やすいIPS液晶。コスパが高く、とてもおすすめ。, Ryzen 4000Uシリーズを搭載し、高パフォーマンス。売れ過ぎなのか、直販モデルがない場合も。, 第10世代Core i、SSDの構成が3万円台から。液晶にこだわらなければ、ハイスペックでも安い。, AMDプロセッサー搭載で、コスパが高い。ただし、液晶の視認性に劣り、バッテリー駆動時間も短い。, 信頼性の高いビジネスPCが、破格の4万円台から。目立って欠けたところがなく、おすすめ。, ビジネスモデル。光学ドライブ搭載以外、目立った特徴がなく、あえて選ぶ必要はなさそう。, レノボでは珍しい17.3型の大画面ノートPC。最近小さな文字が苦手になってきた方にもおすすめ。, 第10世代Core i、SSD、FHD IPS液晶が5万円台。高コスパノートPCとして、人気の機種。, 外部グラフィックスを搭載しゲームができるノートPCです。レノボのゲーミングノートは、カスタマイズがあまりできませんが、価格は安く設定されており、構成が気に入ればお買い得です。, エントリークラスのゲーミングノート。おとなしめのデザインで、日常遣いでも違和感がない。, Y540(15)とほぼ同じ製品。違いはキーボードバックライトが赤なのと、天板のデザイン。, エントリー~ミドルユーザーまでカバーするハイコスパ機種。初めてのゲーミングPCにもおすすめ。, RTX 2060 / 2070 S Max-Q / レノボのラック・サーバーは、成長著しい小規模の企業から大規模の企業のワークロードにいたるまでに、他に類のない価値と柔軟性、業界をリードする効率性をもたらし、実績のある品質と信頼性でミッション・クリティカルな要求に応えます。, Lenovo ThinkSystem SR670 は、最高クラスの GPU アクセラレーションを要求する HPC ワークロードと AI ワークロードに対し、スケーラブルなパフォーマンスを実現します。, Lenovo ThinkSystem SR665は、高い処理能力を必要とするワークロードに対応した、パワフルな 2ソケット/2Uラック型サーバーです。, Lenovo ThinkSystem SR655 は、GPU 集中型ワークロードとソフトウェア定義型ワークロード用に最適化された 2U/1P ラック型サーバーです。, Lenovo ThinkSystem SR650 は、スピードと拡張性を考慮して設計された 2 ソケットラック型サーバーであり、柔軟性の高いストレージとI/Oを備え、ビジネスクリティカルなワークロードで極めて高い信頼性を有しています。, Lenovo ThinkSystem SR645は、エンタープライズのさまざまなワークロードに適した、汎用性の高い2ソケット/1Uラック型サーバーです。, Lenovo ThinkSystem SR635 は、仮想化、データベース、スケールアウト・ソフトウェア定義型ストレージ用にチューニングされた 1U/1P ラック・サーバーです。, Lenovo ThinkSystem SR630は、汎用性があり信頼性の高いラック型サーバーで、IT基盤や HPC からハイパーコンバージドまで、ほとんどのデータ・センター・ワークロードに対応できるよう設計されています。, Lenovo ThinkSystem SR590は、高可用性、高信頼性、高性能、高セキュリティ、容易な管理、迅速な整備を提供する、予算に優しい 2U ラック型サーバーです。, Lenovo ThinkSystem SR570は、高可用性、高信頼性、高性能、高セキュリティ、容易な管理、迅速な保守対応を提供する、予算に優しい 1U ラック型サーバーです。, Lenovo ThinkSystem SR550は処理能力、内蔵ストレージ容量およびコストのバランスを最適化するためにデザインされた2ソケット2Uラック型サーバーです。多くの用途で必要とされるオプションやシステム管理機能に対応します。, Lenovo ThinkSystem SR530 は、エントリー・クラウドやホスティング、ファイル・サービスやスケールアウト型ワークロード用に適した、調達コストを抑えたいお客様に最適な2ソケット1 U ラック型サーバーです。, ThinkSystem SR250 はシングルソケットのコンパクトな 1U ラック・サーバーで、ハイブリッド・クラウドに対応するパワー、信頼性、柔軟性を提供します。, 誰もが安心して使えるよう、レノボ製品は設計開発段階から、実際の使用状況を想定した厳しい品質テストを実施しています。,