・逆に「無線通信」でないなら契約する必要はない 「分波器を付けていないので、BSが見られる環境になっていません。NHKは地上契約をしており、見られるようにしていないBS契約をする理由がありません」 掛けて契約者以外は見れないようにして欲しいですね。NHKを見ない NHKの言い分は、見れる環境下にある場合は支払いつづけてもらいますと。 スカパ-の基本料金を払えなどと言われないですよね。 BSを受信するための設備である分波器を設置していないので、BS契約は不要、というロジックです。 結局のところ, ケーブルテレビ局にしろひかりTV にしろ「いったん NHK の放送を受信しなきゃならない」ことは自明で, これをどう解釈するかという問題です. なお、NHKカラー契約の受信料は払っています。, 「WOWOW 登録」に関するQ&A: 3月31日から放送される、SEVENTEENのある素敵な日をWOWOWの登録していなくても観る方法は, 「bsを見るには」に関するQ&A: BSアンテナ線に分配器を付けて、自分の部屋までケーブルを繋いでBSテレビを見ることが出来たのですがア, 「bs 室内アンテナ」に関するQ&A: BSアンテナ、アンテナケーブルを室内に引き込む, 「bs 受信料 nhk」に関するQ&A: NHK受信料についてです。 私は現在マンションに住んでいます。共同BSアンテナが屋上につけられている, 「nhk 住所」に関するQ&A: NHKの契約についての質問です。 先月、現在の住所へ引っ越して来て、本日NHKの人が料金徴収に来まし, 「アンテナ NHK」に関するQ&A: NHKだけ映らないアンテナに意味があるのでしょうか, 「受信料」に関するQ&A: ネット環境がある人には、NHKの受信料を払ってもらいます, 「番組無料視聴」に関するQ&A: 有料番組を無料視聴できるCYBER-CASについて, 「登録 nhk」に関するQ&A: NHK登録されたら契約したことになりますか?, わかりやすい説明で、ありがとうございます。 地上波が見られなくなるなら、理屈として地上契約の上乗せである衛星契約をする必要はない、と言えます。 最近、BSの視聴を考えております。 張、集金委託職員の殺人・死体遺棄事件など公共放送局というのもはば 初めて一人暮らしをし始めた時、 引っ越して間もなくNHKの契約をして下さいと 徴収員の方が家まで来ました。, この契約をするのかしないのか というのは自分で決められるのかと 思っていたのですが、 「必ず契約してもらわないといけないんです。」 と言われました。, 確かに、私の親も 昔からNHKの受信料は支払っていたと思いますが、 いつから義務化されたのでしょうか?, しかし、NHKを観ないという方からすれば、 観ないものにお金を払わなければいけないというのは ちょっとなぁ・・・ と感じるのが正直なところだと思います。, 今回は、このNHKの受信料の契約は いつから義務化されたのか、 そもそも義務だというのは本当なのか? 支払うのは絶対なのか? そして実際の支払い方法や金額などについてもお伝えします。, これは、放送法が施行されたのと 同じタイミングになります。 放送法が施行されたのは1950年(昭和25年)です。, 戦後5年で出来た制度ということですね。 当時はテレビ局がNHKしかなく、 テレビ=NHKだったそうです。, そして、テレビを買う事が出来るのも 一部の富裕層の方のみだったということで、 NHKを観る為にテレビを買った富裕層の人たちから 受信料をもらい運営していました。, なので、 当時はこの制度も納得出来たと思いますが、 現代では民放がたくさん開局していて テレビ=NHKではなくなっているにも関わらず 放送法は変わらないという状態です。, また、2017年12月6日に最高裁で “テレビが設置されていれば NHKとの受信契約を結ぶ義務”は合憲 であると判断されました。, NHKの受信料は義務だと言われてはいますが、 これって法律できちんと定められていること なのか疑問ですよね。, ・テレビなど放送を受信することが出来る設備を  設置すれば、NHKと受信契約しましょう。, ということは、 やはり契約の義務はあるという風に捉えられますが、 ここでは契約に関しては書かれていますが 支払いに関しては義務とは一言も書かれていません。, 少しややこしいですが、 放送法で定められているのは テレビがあり、 NHKを観る人は 契約しましょうということで、 受信料の支払いの義務があるということは 定められていないということです。, そして、この放送法を見ると NHKを観る目的でのテレビの設置でなければ 契約しなくても良いという風に捉えられるので、 「うちではNHKを観ないので契約しません!」 と言えば契約しなくて良くなる? と思ったのですが 実態はそうではないようです。, 会社などで、会議室でDVDを流す為や パソコンの画面を映すモニター代わりにする などの目的での設置であり、 その部屋にはアンテナ線が来ていないという状態であれば 認められる可能性があるようですが、 普通の一般家庭に関しては、 アンテナ線が来ており、 テレビが設置されていれば NHKは観ないと言っても 認めてもらえないのだそうです。, 契約をすれば、 NHKの受信料を支払うことになると思いますが、 実際はどうやって支払い、 いくら支払うのかについても気になりますよね。, 支払い金額は支払い方法と、 地上契約のみなのか 衛星放送も契約しているのか どうかによって金額が違います。, 基本的に2カ月分まとめての支払いとなりますが、 6カ月前払いと12カ月前払いがあります。 まとめて払った方が5%~7.61%お得になるそうです。, 放送法で契約すべきと定められてはいますが、 やっぱりNHKを観ないのに 契約するのは嫌だと納得出来ない人もいるかもしれません。, 契約を拒否した場合、 どうなるのかについてですが、 放送法には罰則規定がないため、 契約を拒否したからといって 特に罰則はありません。, また、契約をした後に 支払いをしなくても罰則はありません。 法律的に罪に問われるといったことはないということです。, ・受信契約をしたにも関わらず 受信料を支払わない場合、 支払うように求める裁判を起こされる。, 可能性は低いものの 実際に裁判を起こされた人もおり、 裁判に負けると強制的に契約となったり、 滞納した分の受信料を支払うことになります。, アパートやマンションなどに 最初から付いていたから 自分で付けたわけじゃないという場合でも 強制的に契約させられます。, ・テレビが設置されていて、 放送を受信出来る状態であれば NHKを観るかどうかは関係なく 契約しなければならない。, ・NHKとの契約は放送法で定められているが、 支払いに関しては法的な義務ではない。, ・2017年12月6日に 最高裁でテレビがあるなら NHKと契約を結ぶ義務は合憲だとの判決が下された。, NHKの受信料に関しては 戦争が終わって5年後から始まった、 昔からあるもので とても長く続いてきたものだということでした。. によると、 まだビデオは使えるので、処分はしたくありませんし、そんな事をNHKに言われる筋合いもありません。 みなさんはNHKの放送受信料を払っていますか? 払っている人の中には地上契約を結んでいる人と衛星契約を結んでいる人の2通りいると思います。 好きで衛星契約を結んでいるという人はいいと思いますが「WOWOWなどの衛... ワンセグ機能付き携帯電話やスマホでNHKと契約をしなきゃいけないかどうか(裁判事例). 当然NHKの徴収員の方が来て、 「NHK見ないし受信料払いたくない」「そもそもテレビ持ってないのに契約しなきゃいけないの?」と思われている方は多いのではないでしょうか?, NHKの受信料は月1,310円、BS/CSが受信できる場合は月2,280円とそれほど大きな金額ではないですが、普段NHKを見ない人にとっては不要な出費ですよね。, 支払いたくない!と思っていてもニュースで受信料を払わない人が裁判で訴えられていたりすると払わなければならないもののように思えます。, NHK受信料の支払いは税金ではないので国民の義務ではありません。NHKと契約をしなければならないかは放送法によって決められています。, NHKとの契約については放送法第64条で「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と定められています。, わかりやすくまとめると「テレビを受信できる機器を持っている人はNHKと契約しなければならない」ということです。, しかし、契約をしてなくてもテレビなどを持っている場合、NHK側から料金を請求する裁判を起こされる場合もあります。, ワンセグが付いているカーナビや携帯電話なども受信機と見なされます。ワンセグの機能を使っていないとしても持っているだけで支払い義務は発生します。, NHKの契約は1世帯ごとの契約になりますので、受信機をたくさんもっていても料金が変わることはありません。, 放送法で定められている通り「受信設備がある場合」のみNHKとの契約、受信料の支払い義務が発生しますので、受信機がないなら契約する必要はありません。, 受信機をもっていたとしても、放送を受信できない状態である場合には契約、支払いの義務は発生しません。, 受信機が壊れていたり、そもそも家に放送を受信するアンテナがない場合には契約の義務がなくなります。, NHK受信料には免除規定があります。NHKと契約する義務はありますが、受信料は半額もしくは全額が免除されます。, 時折、受信料を払わずNHKに訴えられているというニュースがありますよね。実際に訴えられてしまうとどうなってしまうのでしょうか?, 訴えられた男性側は「そもそもテレビを持っているだけで強制的に契約をしなければいけない放送法は違憲だ」と主張しました。, 結果、男性側の主張は認められず、最高裁でも「放送法は合憲である。受信できる機器を持った日からNHKとの契約は成立している」という裁判結果でした。, つまり、放送を受信できる機器を持っただけでNHKとの契約は成立しているため、受信機を持った日までさかのぼって受信料を支払わなければならないということです。, 契約してからだけではなくその前までさかのぼって支払わなければならないなんて何のための契約なの?と思いますよね。, NHKが敗訴している部分もあります。それは「申込書を送ってから2週間たったら自動的に契約したことになる」という部分のみです。, ですが、放送を受信できる機器を持っている以上契約は義務なのであまり意味がないように思います。, 実際にNHKに訴えられる可能性は低いものと思いますが、一度訴えられてしまうと勝訴することは難しいです。, 一度NHKと契約しても放送を受信できる機器がなくなったり、壊れてしまった場合は契約を解除することもできます。, テレビがないことを証明しなければならないので、「リサイクル券」や「買い取り証明書」など処分したことが分かる書類があることをNHKに伝えるとスムーズに解約できます。, テレビを知人に譲った場合などにはNHKに譲った相手の住所や連絡先を伝える必要があります。, 解約届に必要事項を記入し、NHKに返送します。「リサイクル券」や「買い取り証明書」をお持ちの場合には解約届に添付してください。, 解約前にNHKが本当に放送を受信できる環境がないか審査します。解約届のみで解約できる場合もありますが、電話での確認や自宅に訪問される場合もあります。, NHKの受信料は放送法によって受信機器を持っている場合、契約が義務づけられているため支払い義務を負わないことは難しいです。, テレビがなかったとしてもパソコンやスマホが受信機と見なされてしまうため、契約義務がない環境にすることも難しいですよね。, 放送法には「ただし、放送の受信を目的としない受信設備(中略)を設置した者については、この限りでない。」といった但し書きがあります。, インターネットで「NHK 受信料」と検索すると「但し書きがあるからNHKを受信するための機器ではない!と言って契約は断れる!」といった記事などもたくさんでてきますが、証明が困難なため万が一NHKに訴えられてしまった場合、敗訴する可能性が大きいです。, NHKとの契約を拒んだからといって100%訴えられるわけではありません。むしろ訴えられることの法が珍しいです。, ですが、やはりリスクがないとはいえませんので、法律にのっとり行動することをおすすめします。. 1.「放送」とは、公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信をいう。 なので、 NHKにまだ連絡していないはずなのに、 ?」という人に向けて、受信料を支払う必要があるかどうかについて書いています。, 私の考えでは「NHK放送は見ているけどお金は払いたくない」というのは、それはそれでおかしい言い分だという考えなので、あくまで「テレビは持ってるけど、NHKなんか見てないから受信料は払いたくない」という人だけ読んでください。, 私からすれば、NHKは「頼んでもいないのに勝手に電波を送ってきて、それを『受信してんだから金払え』と言ってきているジャイアンみたいな存在」です。, 私はお酒を飲まないので、居酒屋などである『お通し』という文化についても否定的な意見を持っているのですが、頼んでいないものを押し売りされて、それに対する代金を払わなきゃいけないっておかしくないですか?, 私がその辺の道で下手な歌を大声で唄って、通行人に対して「俺の歌聴いたんだから金払えよ!のびたのくせに!」とか言ったら腹立つじゃないですか?まじジャイアンじゃないですか?, まぁ私がそれをやったら恐喝罪とかでブタ箱行きですが、残念ながらNHKは法律の盾を持っているので、ちょいとばかし厄介と言えるでしょう。, NHKが持っている法律の盾は『放送法第64条』です。「放送法無視(64)してぇ」で覚えてください。ちなみに内容はコチラです。, 第六十四条  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。, 難しい文章で書かれていますが、ものすごく噛み砕いて表現すると「テレビを部屋に置いてる奴は、NHKと受信契約しろバカヤロー」って感じの内容です。, これは放送法という法律の1つになるので、バカ真面目に受け取るのであれば守らなくてはなりません。つまり義務か義務じゃないかという0か100かの見方をするのであれば、残念ながら義務になってしまいます。, ここで屁理屈を言うのであれば「テレビを設置していても、それが受信を目的としていなければOK」なので、例えばゲーム用に所有しているとか、パソコンのモニター代わりに使用しているという目的で所持していれば、NHKと契約しなくてもOKという気もするじゃないですか?, しかし、恐らくこれは認められません。というのも、テレビ自体がそもそも放送受信機と言っても過言ではないので、逆に「テレビをテレビ以外として使用している」という方がイレギュラーなんじゃないかと思うんです。, 現に私はこの可能性を危惧して、パソコンのモニターに使用していたテレビもやめてモニター専用にしました。, 前項では、テレビを見てる人は受信契約を結ばなければならないという法律があるという説明をしました。, そしてテレビを視聴目的で所有している場合に、結ばなくてはならないと言われている受信契約というのが、NHKが定めている『日本放送協会受信規約』と呼ばれるものです。, 受信機(家庭用受信機、携帯用受信機、自動車用受信機、共同受信用受信機等で、NHKのテレビジョン放送を受信することのできる受信設備をいう。以下同じ。)のうち、地上系によるテレビジョン放送のみを受信できるテレビジョン受信機を設置(使用できる状態におくことをいう。以下同じ。)した者は地上契約、衛星系によるテレビジョン放送を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければならない。, これも難しい言葉で書いていますが、噛み砕くと「普通のテレビなら地上契約、BSが映るなら衛星契約を結べ、そして金払えバカヤロー」という内容です。, ここがちょっとややこしいのですが、法律で締結しろと言われているルールはNHKが勝手に決めたルールなんですよね。, 日本放送協会受信規約と書いてあると、なんだか凄そうな感じするじゃないですか?でもこんなもんは、小さい頃にお母さんと約束した「ゲームは1日1時間」みたいなもんです。, いや、守らなかった際のペナルティが重そうという点でみれば、お母さんとの約束の方が重いかもしれません(ゲームを隠されちゃうかもしれませんからね)。, NHKを見ようが見まいが、残念ながら受信目的でテレビを所有している場合は、NHKと受信契約を結ばなければなりません。, …というか、もはや受信目的とか関係なくて「テレビ(またはそれに準ずる受信機)を持っていると放送受信契約を結ばなきゃならない」くらいの解釈の方がいいかも。, 集金人が来て「この契約を結ばなきゃいけないということは法律で決まっている!」と言ってきたとしたら、放送受信契約のことを指していると思われます。, で、受信契約を結ばなきゃならないなら結ぶしかないわけですが、その受信契約の内容を守らなきゃいけないかどうかというのは、また別の話になるんじゃないかという考えです。, テレビを所有しているのに「テレビは持っていない」という嘘をついたり、NHKと放送受信契約を結ばないというのは、バレるかどうかは別にして、現行の法律で考えると法律違反です。, 法律違反になりたくなければ、テレビを所有しているのであれば放送受信契約を結ばなくてはなりません。, ここでNHKは「じゃあ放送受信契約に則って、受信料を払ってください」と言ってきますが、受信料の支払いに関するルールを決めているのはNHKで、これはNHKが勝手に決めたルールです。, 言葉を選ばずに書くと「受信料を払わないという行為そのものは、法律違反ではない」ということになります。, 常識がある人ほど困惑してしまうのではないかと思いますが、NHK並びに集金人の人が「法律で決まってるんだから受信契約をしろ!」と詰め寄ってくるのであれば、返す刀で「法律で決まってる契約はしてやってもいいけど、法律で決まってない受信料の支払いは拒否する!」というのも筋が通っているのではないでしょうか。, まぁモラルとかそんな話を引き合いに出せば話はこじれますけど、個人的には放送法という遥か昔に作られた法律を盾に好き勝手あぐらをかいた商売をしている存在に対して、法律を盾に対抗することの何が悪いのかって感じもしますが。, あ、ちなみに放送受信契約を結んで料金の請求等を一切無視し続けると、運が悪ければ裁判に発展します。そして負けます。これは現行の法律がNHK寄りになっているので仕方ないことです。, 裁判と聞くと怖く感じてしまう人もいるかと思いますが、NHKが公表しているデータを紐解いて計算していくと「NHKと契約していて受信料を未払いだという人が訴訟に発展してしまう確率は約0.1%」です。, そしてNHKは「契約世帯数を水増しして報告することで、多くの国民が受信料を払っている(受信料を払うのは国民として当たり前)という印象操作をしようとしている」なんて意見もあるので、実際には未払いの人がもっと多いと思われます。, つまり訴訟に発展する可能性は更に低くなると考えても差し支えないでしょう(知らんけど)。, ここはNHKのミスリードが巧みだったり、テレビでNHK問題に意見するタレントさんが正しく理解していなかったりするのでアレですが…。, テレビを持っているのにNHKと契約しないのは法律違反です。ただし、契約をして受信料を支払わないというのは法律違反ではありません。, 法律上は「テレビを所有しているならNHKと契約しろ!」と言っているだけで「契約したら金払え!」と言っているのは、法律ではなくNHKです。, 「法律違反じゃないからと言って開き直るという行為はどうなんだろう」という気もしますが、NHKがやってきていることも大概ですよ?, というわけで、今回のテーマ「そもそもNHK受信料って払わなきゃいけないの?」という疑問に対しては「払わなくても法律違反ではない」とだけお答えしておこうと思います。, ちなみに「受信料なんか死んでも払いたくない!」という方は、以下の記事をご覧ください。, テレビ(ワンセグ機能付き携帯電話やスマホ、カーナビ等)を持っていない場合は、最初からNHKと契約する必要はありません。, ちなみに過去には「ゲーム専用のテレビは受信を目的とした受信設備に該当しない」というニュアンスの文章がNHKの公式サイトにも掲載されていたようですが、今現在はその文言が消されているので、NHKとしては「ゲーム専用とは言ってもテレビはテレビだから受信料を払え」という見解で間違いないでしょう。.

Fire 8 改造 29, Epson 紙詰まり 頻発 7, ハスラー エンジン かけたまま 鍵 5, エレメント 単語 レッスン2 5, Harden Vol 5 36, Vista Lesson8 日本語訳 6, フェアリーテイル Ft 読み方 5, トゥーン ブラスト 3201 10, テレ 玉 ライオンズ 中継 12, キム ヨングァン 年齢 4, プルマン 食パン レシピ 5, 猫 回転 目を回す 7, ガリバー フリマ コメント 12, 胚盤胞 グレード ブログ 43, オーディオ スペクトラム 3d 9, Latitude キーボード 外し方 10, バリカン 使い方 セルフカット 6, クォンナラ イ ジョンソク 6, Soundpeats Truepods 説明書 9, 地図記号 橋 意味 6, 4wd 前後異 径 4, 不登校 勉強 問題集 8, Dinner ドラマ 動画 4話 8, サンキュー ゴリラ なんj 14, つまみ細工 玉椿 作り方 7, Photoshop 文字 斜体 6, 早稲田 大学 フル単 4, カローラツーリング ナビ 配線 5, みまもり Switch 暗証番号 12, コレコレ ガードマン まとめ 6, Teratermマクロ 複数サーバ ログイン 8, アクリル絵の具 パレット 洗わない 4, テレビ 工事 配線 4, Javascript Date Format 4, 楽天モバイル Volte 設定 Android 6, 淡路島 ブリーダー いぶき 36, Va Vd006 取り付け 4, Powerdvd アップグレード版 違い 8, 損保ジャパン 入通院定額給付金 いつ支払われる 8, 丸顔 前髪 中学生 8,

Write a comment