既存物理ボリュームへのエクステントの移動; 5.4… Tableau Desktop で、Tableau に付属の "Sample-Superstore (サンプル - スーパーストア)"保存したデータ ソースに接続します。 2. 8.2.6 論理ホストの削除. CRUD機能というのは、データベース管理システムのことで、作成(Create)・読み取り(Read)・更新(Update)・削除(Delete)という4つの機能の頭文字をまとめた用語です。 今回の記事でご紹介するdeleteステートメントは、その名の通り、CRUDの「D」を担当しているSQL文です。 Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes, Red Hat JBoss Enterprise Application Platform, 1.1.1. 5.4.1. ワークシートに移動します。 3. If your company has an existing Red Hat account, your organization administrator can grant you access. ナリ型等の基本的なデータ型を備え For your security, if you’re on a public computer and have finished using your Red Hat services, please be sure to log out. 元の論理ボリュームのアクティブ化とマウント; 5.4. Increase visibility into IT operations to detect and resolve technical issues before they impact your business. ローコード開発基盤「OutSystems」を用いたアプリケーション開発経験がある方向けに、簡単なWebアプリケーションの作成を通して、OutSystemsとMendixの開発基盤の機能や操作感に、どのような違いがあるか、ご紹介します。 みなさんこんにちは!フリーランスプログラマーのsatoです。 今回は削除を行う「delete」について学んでみましょう。 顧客データを全部削除してしまった!なんてことになったらシャレになりません。 … https://www.tdi.co.jp/solution/outsystemshttps://www.tdi.co.jp/solution/outsystems, 前回の記事では、OutSystems以外のローコード開発基盤として「Mendix」を取り上げ、OutSystems( OutSystems 11)とMendixの開発基盤としての機能や操作感を比較しました。, <MISO「ローコード開発基盤OutSystemsとMendixを比べてみた」> tdiは、AI・コグニティブやクラウド、IoTなど、最新技術をお客様のビジネスに合わせてご提案します。, Python/Kerasで学習させたモデルをJavaで動かすだけじゃ速くならなかった, 様々な形式(DB、Excel、SharePoint)のデータから、自由で柔軟性のあるアプリを一から構築します。Power Pointのような視覚的な設計画面と、関数を組み合わせて画面の作成をおこないます。, Common Data Service(※)の機能を最大限に利用することで、デバイス間の応答性が高いUIを自動的に構築します。自由度は少ない分、決まった形式なので短時間でアプリが作成できます。, 外部向けWebサイトを構築します。組織外のユーザーが様々なIDを利用しサインインが可能であり、Common Data Serviceのデータを作成したり閲覧したりできます。, Power Platformには3種類のコンポーネントが存在し、用途により使い分ける必要がある, モデル駆動型アプリとポータルアプリは自由度が少なく、決まった形式や少ないパーツで作成する必要がある. 5.3.4. 当社はかねてより、超高速開発のソリューションとしてローコード開発基盤「OutSystems」の導入支援およびアプリケーション開発に力を入れてきました。, OutSystems以外にも、ローコード開発基盤は数多く提供されています。その中でも、モデル駆動型の開発手法をはじめ、OutSystemsと共通項が多いとされるのが「Mendix」です。, 今回はOutSystems(OutSystems 11)を用いたアプリケーション開発経験がある方向けに、簡単なWebアプリケーションの作成を通して、OutSystems 11と比べて、Mendixの開発基盤の機能や操作感にどのような違いがあるか、ご紹介したいと思います。, Mendixは、モバイルアプリケーションとWebアプリケーションを大規模に構築し、継続的に改善できるようにする高生産性アプリケーションプラットフォームです。, モデル駆動型開発環境を提供し、拡張性の高いビジュアルモデリングスイートを通じてユーザーインターフェイス、データ、ロジックの開発を視覚的に行うことができます。, さらに詳しいMendixの情報は、Mendix公式サイト「Platform Evaluation Guide」を参照ください。, 今回Mendixで作成するサンプルアプリケーションは、従業員の登録及び一覧での参照・検索機能を有するWebアプリケーションです。, なお、筆者がOutSystems 11で上記仕様のアプリケーションを作成したところ、1時間程度で作成できました。おそらく熟練のOutSystems技術者の方は、もっと早く作成できるのではないでしょうか。, Webアプリケーションの構築には、「データモデリング」「ユーザーインターフェイスの設計」「ロジックの設計」「デプロイ」という4つの工程を踏みます。, 本記事ではOutSystems 11とMendixの比較に主眼を置くため、各工程の詳しい作業手順の説明は省略します。Mendixでのアプリケーションの作成方法を詳細に知りたい場合は公式のオンラインラーニングコースを活用してください。, Domain modelは、アプリケーションドメインの情報を抽象的な方法で記述するデータモデルで、EntityとEntity同士の関連付けであるAssociationで構成されます。(Domain modelの詳細は公式リファレンスを参照してください), 下の図は従業員管理アプリで作成したDomain modelです。見た目はER図に似ていますね。, Entityをクリックするとプロパティのダイアログボックスが表示され、ここでEntityへのAttributeの追加をはじめ、様々な設定を行うことができます。, Attributeに設定できるデータタイプの種類はOutSystems 11とMendixで異なります。しかし、文字列型、数値型、論理型、バイナリ型等の基本的なデータ型を備えている点や、各Attributeにデフォルト値やMax Lengthの設定を行える点は共通しています。, またEntity同士の関連の表現については、OutSystems 11のように外部キーをAttributeとして持たせるか、MendixのようにAssociationを定義するかという違いはあるものの、いずれもデータモデル上でEntity同士の多重度を表現でき、かつ削除規則の設定ができます。, 一方、MendixがOutSystems 11と異なる点には、次のようなものが挙げられます。, Mendixのアプリケーションにおける基本的なユーザーインターフェイス(以下UI)はPageと呼ばれます。, Widgetと呼ばれるUIの構成要素(データを表示するためのコンテナやボタン、ドロップダウンやインプットボックス等の各種データ入力フィールド)をPageに配置してレスポンシブな画面を設計できます。(Pageの詳細は公式リファレンスを参照ください), 下の図はStudio ProでPageの設計をしているときの画面です。Page内(図中赤枠部分)にToolBox(図中青枠)のWidgetを配置してUIを設計していきます。, 今回従業員一覧画面を作成するために、「Data grid」のWidgetを利用しました(下図赤枠部分)。EmployeeのEntityをWidgetにマッピングし、検索条件や各種ボタンの設定をWidgetに行った状態が下の図です。, Widgetを組み合わせてUIを視覚的に設計する点や、予め基礎的なwidgetが配置されたテンプレートを用いて画面の作成を行える点は、MendixにおけるPageの設計とOutSystemsにおけるWeb Screenの設計で共通します。, 異なる点としては、Mendixでは、Widget自体に基本的な機能を実現するためのロジック(データ取得・検索・保存の処理や、一覧のソート、ページング処理等)が備わっている点が挙げられます。つまりData Widgetにデータモデルをマッピングすればデータの取得ロジックを作成することなくデータを表示ができ、保存ボタンのWidgetを用いれば、保存ロジックの作成なしにデータの保存ができるというわけです。, 今回のサンプルアプリケーション作成でも、仕様として上述した機能1~5の実現にあたり、ロジックの作成はしていません。Data grid Widgetの持つ機能のみを使って実現しています。, MendixにおけるアプリケーションのロジックはMicroflowとして表現されます。ボタンを押したときの標準動作を拡張・変更する必要がある場合などはMicroflowでカスタムロジックを作成します。, 下の図はStudio ProでMicroflowを設計しているときの画面です。Start EventとEnd Eventを結ぶ矢印の上にToolBox(図中赤枠部分)内のMicroflow構成要素を配置することでMicroflowを設計していきます。, 下の図は、設計中の従業員登録・編集画面において保存ボタン押下する際の、入力チェック処理のMicroflowです。完成したMicroflowはフローチャートのような見た目になります。, プログラムの処理をフローチャートとして視覚的に設計できるという点では、MendixのMicroflowの設計とOutSystemsのLogicの設計は似ています。, 異なる点としては、フローチャートの構成要素や表記方法が挙げられます。これらはMendixとOutSystemsでかなり異なっており、OutSystemsでLogicの開発経験がある人でも、MendixのMicroflowの設計に慣れるまでに多少時間がかかるかもしれません。, Mendixの体験用無償環境の場合は、Studio proからワンクリックでクラウドサーバーにデプロイ可能です。, (※無料アプリとライセンスアプリではデプロイ手順が異なります。ライセンスを取得したアプリのデプロイの手順は公式ドキュメント「ライセンスされたアプリをMendix Cloudにデプロイする」を参照してください), Studio Proで「Run」をクリックしデプロイを実行後、隣の「View」をクリックするとデプロイされたアプリを確認できます。, 開発ツール上から簡単にアプリのデプロイを行える点は、OutSystems 11とMendixで共通しています。, 両者が異なる点として、Mendixはローカル環境でのアプリケーションの実行が可能な点が挙げられます。, アプリケーションを作成しながらOutSystemsとMendixをざっくり比較してきましたが、最後に改めてOutSystems 11とMendixの比較結果を表にまとめます。, 今回作成したようなシンプルな機能のアプリの作成では、Mendixの機能に不足は感じませんでした。しかし、もう少し高度な要件がある場合、例えば複雑な条件でEntityを結合してデータを取得する必要があったり、画面のレイアウトを細かく調整する必要があったりする場合は、MendixよりもOutSystemsでの開発が適していると感じました。, またデータモデリングにしろUIやロジックの設計にしろ、Mendixのアプリケーション開発では、各種設計の過程でとにかく多くの設定画面、設定項目と向き合う必要があります。直観的な操作で設計を行うことのできるOutSystemsと比べると、設定画面を開いてはポチポチ項目を設定をして閉じ、また別の設定画面を開いては項目を設定して閉じ…という作業をひたすら繰り返すMendixの設計は、かなり煩雑に感じるかもしれません。, 筆者個人の主観としては、MendixよりもOutSystemsの方が活用できる場面が多く、また操作性も優れていると感じました。そして同時に、特定の場面においては、Mendixが十分な有用性を発揮することもよく理解できました。将来有望なローコード開発基盤の一つとして、今後もMendixの動向に注目していきたいです。. OutSystemsについてです。データ(Aggregate)の内容をもとにラジオボタンを使おうと考えています。設定項目のVariableやValueには何を設定したらいいのでしょうか? ラジオボタンをクリックする … ファイル選択画面が表示されるので、事前にダウンロードした「Contacts.xlsx」を選択します。, この操作によってExcelファイルからデータベースが構築されます。また下図のように、データ構成ツリーの[Entities]以下にDatabase関連のノードを確認できるようになります。, 次にアプリケーション画面とロジックを作っていきます。はじめは「顧客一覧」画面です。OutSystemsには「アプリケーションテンプレート」という機能が備わっており、この機能を活用することで驚くほど簡単にこの実装を実現できます。, アプリケーションテンプレートは、OutSystemsアプリケーションの構成部品である「モジュール」の雛形に相当するものです。この雛形には事前定義されたテーマやCSS、レイアウトやロジックが含まれています。, 今回、開発するアプリケーションの種類として「Traditional Web」を選択しました。この操作によって現在IDEでは「ビルトインアプリケーションテンプレート」の設定が有効になっています。この効果により、データ構成ツリーから任意の要素を選択の上、画面中央にドラッグアンドドロップするだけで、テンプレート設定を適用したUIとロジックが自動生成されるようになっています。, OutSystemsの備える「アプリケーションテンプレート」について、少し詳しく解説しましたが、使用にあたって特別な設定は必要ありません。データ構成ツリーにある[Contact]ノードをマウスで選択し、IDE中央の白いエリアにドラッグアンドドロップしてください。, 上記のGIFアニメーションでご覧のように、アプリケーションにおける画面フローのひとつとして[Contact]が生成されました。, このようにして出来上がった画面フローやUIは、IDEの左側上部にある[Interface]タブでも確認可能です。今回の例では以下の画像のように[UI Flows]ツリー配下にWebScreenとして[Contact]が追加されます。, このツリーや、IDE中央の[MainFlow]エリアにある[Contact]をマウスでダブルクリックすると、そのUIを確認することができます。, UI上に、データベース構築でインポートしたデータが表示されているのをご確認いただけるでしょうか。これはつまり、たった1回のドラッグアンドドロップ操作で、UIのみならずデータベースからのデータ取得ロジックや表示ロジックまでもが自動生成されたことを示しています。, このような処理がアプリケーションテンプレートの設定に基づき実行され、ローコード開発を可能にしています。, ドラッグアンドドロップ操作でもう1画面、作ってみましょう。それから少し、カスタムもしてみたいと思います。, まずはじめに前項「ドラッグアンドドロップで一覧画面を簡単作成」と同じ操作要領で、アプリケーション構成のツリーにある[Contact]ノードをもう1回、IDE中央のエリアにドラッグアンドドロップします。, 今度は画面フロー[ContactDetail]が出来上がりました。ダブルクリックしてUIを見てみましょう。, [Save]と[Cancel]ボタンを含む編集画面がしっかり出来上がっています。この状態では各入力エリアが空欄になっていますが、一覧画面同様にロジックも自動生成されており、実行時にはしっかり編集データが入るようになっています。, この編集画面には[削除]ボタンがありませんので、追加したいと思います。ここでも難しいコーディングは必要ありません。次の手順を実行して削除ボタンおよびそのロジックを素早く追加してしまいましょう。, 次の動画にあるように、IDE左側のツールボックスから[Button]を選択の上、[Cancel]ボタンの隣にドラッグアンドドロップします。画面上に新しいボタンが生成されたら右クリックしてコンテキストメニューを表示し[Link to New 'DeleteContact' Screen Action]を選択してください。, いよいよ作ったアプリケーションを実行します。IDEのツールバー中央にある[1-Click Publish]ボタンを押下して、自身の環境に開発したアプリケーションをデプロイします。, デプロイが終わると、[1-Click Publish]ボタンが[Open in Browser]ボタンに変わります。このボタンを押下して、デプロイしたアプリケーションの動作をブラウザで確認してみましょう。, 下図のように「顧客管理アプリケーション」が動作しています。1行もコーディングせずにWebアプリケーション開発が終わってしまいました!, 今回はローコード開発プラットフォーム「OutSystems」を使ったアプリケーションの開発方法をご紹介しました。同プラットフォームの利用により、少ないコーディング量(今回はゼロ!)で高機能なアプリケーションを開発できることがお分かりいただけたかと思います。, 本シリーズ、次回の記事では弊社製品が採用されたグリッドコンポーネント部品「Data Grid」をこのOutSystems上で使用する方法についてご紹介したいと思います。ぜひ、お楽しみに!, グレープシティ株式会社のDeveloper Tools〈開発支援ツール〉の情報発信メディア「GrapeCity.devlog」です。製品のTIPSや発売情報、イベントのお知らせなどを中心に、さまざまな最新情報をいち早くお届けします。, OutSystemsによる簡単アプリケーション開発3 Data Grid データ編集・更新編, OutSystemsによる簡単アプリケーション開発2 Data Grid データ表示編, OutSystemsによる簡単アプリケーション開発 SpreadJS for OutSystems編, 【オンラインセミナー】多様な要件にコレ1つ!オールインワンなJavaScriptライブラリ「Wijmo」の魅力. OutSystemsのチュートリアルページからサンプルデータファイル「Contacts.xlsx」ダウンロードし、お使いのPCの任意の場所に保存してください。, 2. Engage with our Red Hat Product Security team, access security updates, and ensure your environments are not exposed to any known security vulnerabilities. You can record and post programming tips, know-how and notes here. 近年、「ローコード」というソフトウェア開発手法が注目を集めています。これはグラフィカルなUIを備えたアプリケーション開発プラットフォームを用い、少ないコーディング量で高性能なアプリケーションを開発するやり方です。, 弊社とのつながりでは2020年2月、JavaScript製品「Wijmo(ウィジモ)」に収録のグリッドコンポーネント「FlexGrid(フレックスグリッド)」が、OutSystems社様提供によるローコードプラットフォーム「OutSystems」のグリッドコンポーネント「Data Grid」に採用されたことを当ブログでもお知らせしました。, 今回は2部構成でお送りするシリーズの初回として、このOutSystemsで簡単にアプリケーションを作成する方法をご紹介します。なお、つづく第2回では前述の「Data Grid」をOutSystems上で使用する方法についてご紹介する予定です。, OutSystemsを使ったアプリケーション開発は、専用のIDE「Service Studio」を使用して行います。今回は無料で試用できるトライアル版を使い、開発を進めていきたいと思います。以下の手順でService Studioをダウンロードし、お使いのPCにインストールしてください。, Service Studioの利用にはアカウントの登録が必要です。OutSystems社のWebサイトにある[無償トライアル]ボタンを押下すると、アカウント登録フォームが表示されます。, 氏名やメールアドレスなどの必要事項を入力して[Try now for free]ボタンを押下し、アカウントを作成してください。, アカウント登録後、いくつかの質問に回答すると以下のような画面が表示され、IDE「Service Studio」のインストーラが自動的にダウンロードされます。, ダウンロードが完了したらインストーラを実行し、お使いのPCにService Studioをインストールしてください。, インストールが完了したらService Studioを起動し、アプリケーション開発を始めていきましょう。, 今回はOutSystemsのヘルプに掲載されているチュートリアルの内容を踏まえながら「顧客管理Webアプリケーション」を開発してきます。なお、この開発では次のような作業を実施します。, 大規模ではありませんがデータベース構築、バックエンド開発、フロントエンド開発を含む本格的なアプリケーション開発です。技術者がスクラッチで開発する従来のやり方ではそれなりの実装時間が必要ですがOutSystemsを使った場合はどうでしょうか。実際のところアッという間に、それもコーディング無しで終わってしまいます!さっそく作っていきましょう。, Service Studioを起動すると次のような画面が表示されます。[New Application]を選択して、アプリケーションの新規作成を開始します。, Service Studioでは開発の内容によって最適な設定が行われるようになっています。アプリケーションの新規作成を始めると以下のように「アプリ開発の始め方」を選択する画面になるので、今回は[Start from scratch]を選び[NEXT]ボタンを押下してください。, つづいて「どんなアプリケーションを作るか」を選択します。これから開発する「顧客管理アプリケーション」は、シンプルでオーソドックスなWebアプリケーションになる予定なので[Traditional Web]を選択してください。, 最後に、開発するアプリケーションの概要を入力します。今回は名称を「Sample」にして「My 1st application」という概要説明を設定しました。ここはお好きな内容で構いません。入力が完了したら[CREATE APP]ボタンを押下します。, これでIDE上に「OutSystemsアプリケーション」が作成されました。次の手順では「モジュール」と呼ばれるアプリケーションの中身を作っていきます。, OutSystemsアプリケーションは、用途や開発要件に合わせて機能実装された「モジュール」という部品で構成されます。今回はシンプルに1つのモジュールを作成し、そこに前述の機能を実装してアプリケーションを動作させる予定です。, アプリケーションの作成後に表示される以下の画面でモジュール設定を行なっていきます。[Module name]の欄に任意のモジュール名を入力して[CREATE MODULE]ボタンを押下してください。今回はアプリケーション名と同じ「Sample」という名称にしました。, モジュール設定を完了すると次のような画面が表示されます。MicrosoftのVisual Studioを使い、GUIベースの開発を行ったことのある方には馴染みのある外観ではないでしょうか。, OutSystemsではこの画面を操作しながら直感的にノンコーディングでアプリケーションを開発していくことが可能になっています。次項からはこの画面でモジュール機能の実装を行なってきます。, 今回はExcelファイル(顧客データ入力済)を使用してデータベースを構築します。構築というと難しい響きがありますが、そんなことはありません。Service Studioのデータインポート機能を活用することで、Excelファイルから簡単にデータベースを作成できるようになっています。, 1.

ゆうパケット サイズオーバー 返送 いつ 14, Realtek Hd オーディオマネージャ Dell 6, 弥生会計 サポート 解約 8, インセット 45 50 6, 元彼 連絡 40代 7, ダイソー スピーカー 売り切れ 9, コメリパワー 大網 白 里 店 9, パナソニック 懐中電灯 ブログ 4, トイレ 黄ばみ 水の中 5, Autocad 世界 座標 10, Centos8 Dnf メタデータのダウンロードに失敗しました 13, 猫 トライアル 返す 10, ローバー ミニ 曇り 対策 26, インスタ 送信先 順番 9, Lazy Day 意味 11, 鍵 ボックス 自作 17, 羽生 凄さ コピペ 42, 冨岡義勇 犬 小説 31, 出光 Cm 女優 4, Amg Cla45 4matic 故障 10, Lineビデオ通話 映り たくない 7, ヒロシ キャンプ道具 マット 4, 井荻トンネル 事故 リアルタイム 18, 数字 語呂合わせ 面白い 42, Gas Json 追加 18, ジェシー Ff7r 死亡 5, 子供 寝相 ガード 7, ガンプラ エフェクトパーツ 自作 4, 折り紙 花 ダリア 6, 刀剣乱舞 7 1 検非違使 6, World Universe 違い 4,

Write a comment