(@fabrec_jp) Ankerから人気新の完全ワイヤレスイヤホンSoundcore Liberty Neo 第2世代が発売されました。, 第1世代からの変更点として、最大20時間の連続再生、IPX7防水、イヤホンの振動版の改良で音質もグレードアップ!, この記事ではSoundcore Liberty Neoの外観、音質、使い勝手などレビューしましたので、ご覧ください。, 前モデルのコンパクト&スタイリッシュなデザインはそのままに、約1.7倍の最大20時間の音楽再生が可能になりました。防水規格もIPX7へと進化し、優れた機能性でより音楽体験をお楽しみいただけます。, Soundcore Liberty Neoのために特別に設計されたグラフェン採用ドライバーを搭載。従来のドライバーの振動板より約35%軽量化することで、正確でクリアなサウンドを実現しました。, Ankerの高度な技術と高品質のバッテリーを使用することにより、イヤホン本体だけで最大5時間、付属の充電ケースを合わせて使うと最大20時間の音楽再生が可能です。, Soundcore独自のBassUpテクノロジーにより、聞いている音楽の低周波音域を即座に分析し、低音域を約43%増幅させます。20Hz~20kHzの広い周波数帯域で優れた音楽体験をご提供します。, 最新のBluetooth5.0に対応、イヤホン単体で5の連続再生、ケース込で20時間、SBCとAACコーデックに対応。技適認証済みなので国内でも安心して使えます。, 音質は中高域の解像度が高く、低域の厚みも程よくバランスが良い音質、ケースは44g・イヤホン本体は6gという軽量な仕上がり。, まずデザインが一新され、ハードとソフトの両面からチップセットの見直し、音飛びや接続不良を大幅に改善されているようです。, これらの接続性は完全ワイヤレスイヤホンの弱点でもあり、ユーザーからの改善要望が多いのでありがたい改善ですね。, 横に長いタイプ。表面にはラメのようなメタリックコーディングで光沢があり、美しいほどにきれいな仕上がり。, 最近の完全ワイヤレスイヤホンには標準搭載であるケース内部のマグネット。これにより逆さにしてもイヤホンがケースから落ちない仕組みです。, イヤホンのサイズはやや大きめ。最近よく見るこの形はフィット感が良い場合が多く、お気に入りの1つです。, その他特徴として、ズレ防止用のイヤーウィングがついており、操作ボタン周りはやや窪んでいます。, いつものことながら、好みに応じてサードパーティ製を取り付けることもできますが、ケースに収納できない可能性があるので注意です。, イヤホンは6gで、完全ワイヤレスイヤホンの中で軽量クラスです。ケースに関してもコンパクトかつ軽量クラスです。, 本体の他に入っていたのは、MicroUSBケーブル、イヤーチップ(XS / S / M / L )、イヤーウィング( XS / S / M / L)、ユーザーマニュアルとなります。, イヤホン単体で5時間、ケース込みで20時間です。同価格帯で比較すると3~4時間の再生に対応しているものが大半です。1万円ほど予算があれば、7時間以上のイヤホンもあります。, 長ければ充電の手間が省けるので便利ですが、まだ発展途上ジャンルなために仕方ないかと。ジムやランニング、通勤通学用途なら十分でしょう。, 試しに音量60%程で音楽を聞いてみると、3時間は持ちました。その時のバッテリー残量は3%だったので、十分実用的な範囲です。, 筐体は大きめですが、しっかりフィットします。そのため、頭を振っても落ちることはなく、運動時におすすめです。ただ遮音性が高いので、外でのランニング時は周囲に注意してください。, また複数サイズのイヤーウイングとイヤーピースがついているため、フィットするものを選ぶといいでしょう。, 好みに応じてComply社やSpinFit社のイヤーピースをつけて音の変化を楽しむのもありです。, 自己満の世界なので参考になりませんが、SpinFit CP100をつけるとフィット感はさらに良く、高い音が顕著に聞こえるようになりました。, マルチファンクションボタンが左右に搭載。物理のため、多少押し込まれる感じはありますが、反応は良いのでストレスフリー。, 個人的にはタッチ式より物理式が好きです。残念ながら音量調整はできませんが、再生・停止などの基本的な操作はできます。, 以下の手順が初回のみ必要です。2回目以降は取り出すとAnker独自のPUSH AND GO機能により、自動ペアリングされます。, また左右個別にペアリングできるので、どちらか片耳だけの使用(モノラル)ができます。, 1.蓋を開ける ?第二世代JPRiDEイヤホン, 【コスパ最強の理由】イチオシのAnker『Soundcore Life P2』レビュー, 【通販の闇】正体不明のワイヤレスイヤホン『OKIMO TWS-P10S』レビュー|口コミは本当?, 【コスパ最強】Bluetoothスピーカー『改善版 Anker Soundcore2』検証レビュー, 【有線並み】音質にこだわるならマジで良い。Noble Audio FALCONをレビュー, Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン)ノイズキャンセリング, Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン)ノイズキャンセリング /. リク/デザイナーカメラマン 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); リク/デザイナーカメラマン ・フィット感がよく、遮音性が高い ・片耳だけの使用可能(モノラル) ⇒ Yahoo!ショッピングで売れている完全ワイヤレスイヤホンを見る, 主に「スマホ・タブレット・家電・PC機器などのガジェットレビュー」記事を書いています。, これからも良い製品・情報・面白いサービスなどお伝えしていきますので、暇な時はPlusLOGを見ていただけると幸いです。, Soundcoreシリーズの最上位モデルとなるSoundcore Liberty 2 Pr…. 片耳約5gしかないので装着感はほぼゼロです。 ※ケース込の重量で約51g 先日購入したAnkerの完全ワイヤレスイヤホン『SoundCore Liberty Neo』が想像を超えるクオリティの高さだったので興奮冷めやらぬままこの記事を書きます。 ・途切れにくく、低遅延 使っていて何度か直面したのが使用直後に片耳しか聞こえない問題。とくに右耳しか聞こえなくという問題が1日の着用で3回ほど発生しました。この点も残念だったところと言えばそうかもしれません。 使っていて何度か直面したのが使用直後に片耳しか聞こえない問題。とくに右耳しか聞こえなくという問題が1日の着用で3回ほど発生しました。この点も残念だったところと言えばそうかもしれません。 (@fabrec_jp) 先日購入したAnkerの完全ワイヤレスイヤホン『SoundCore Liberty Neo』が想像を超えるクオリティの高さだったので興奮冷めやらぬままこの記事を書きます。. 最近の外付けSSD、転送速度とんでもないことになってますね。 ・どれを買えば良いのか悩んでいる方 アンカー社のブルートゥースイヤホン「Soundcore Liberty Neo(第二世代)」を使っています。最近なんとなくこのメーカーの商品が好きで、私の中ではあえて選んで買うブランドになりつつあります。, ところでこの商品に限りませんが、ブルートゥースを使用した無線接続機器によくある「認識されずに接続できない!」という経験はないでしょうか?多くの場合、突然認識されなくなったりという症状だと思います。一度認識されなくなったものは、以後自力で復活するということは少ないようでしっかりと充電されていようが、接続更新を何度やろうがほぼ元には戻りません。つまり、ずっと認識されないまま・・・。, こんな症状の時に真っ先に試してみるのが、機器のリセット!これでほとんどの接続不良は解決すると思います。では早速。, 取説にも書いてあることですが、イヤホンを本体に戻してからリセットという方法を取るので直感的にはわかりにくいので図解してみました。とてもカンタンです。なお現在Soundcore Liberty Neoの第二世代じゃないもの(A3906)も販売されていると思いますが、そちらのリセット方法はまた違うのでご注意ください。, 何と書いたら良いのか迷ったのですが、例えばスマホとかPCとか「イヤホンを読み込む側」でBluetoothデバイスの削除を行います。感覚的にはイヤホンのみリセットすれば復活しそうだけど?と思っていたのですが私の場合それでは不十分だったようで、このデバイス削除を行わないと再認識は無理でした。, という流れで削除していきます。画面はAndroidの削除画面ですが、iOSの場合も「Bluetooth環境設定」からデバイス選択をして×マークで削除という流れは同じだと思います(Mac OSではそういう流れなので・・・), 各リセットが終わったら、後は再度デバイスの認識を行ってあげるだけです。ほとんどの場合これで再認識されると思います。もしこれでもダメならお手上げなので、メーカーさんに相談した方が早いと思います。, なんとなく思い当たることがあります。これが理由かどうか正確ではありませんが以下のような場合に起きました。, Soundcore Liberty Neoは「d」の多機能ボタンを使い、押し方の変化によって通話や再生、選曲などの操作を行うのであまり変な押し方で操作を繰り返していると、誤作動をしてしまうことが原因のような気がします。実際子供に貸す直前までは何も問題なく使えていたので・・・。私の不注意でした。, 特にスマホの場合、機種によっては省電力にするためにBluetoothを切断することが多いと思います。これが結構曲者で一度ブルートゥースをオフにした場合、その後オンにしても認識済みデバイスを読み込んでくれないことがあります。これもよくある接続エラーなのだと思います。この場合は、何度か接続更新をすると大抵の場合認識してくれます。それでも無理ならやはりリセットが早いと思います。, 約5,000円程度という価格帯に魅力を感じたことと、まあまあ当てになりそうなレビューが多かったことで購入に至りました。これまでもANKER社製のモバイルバッテリーを購入して、その信頼性は確認済みだったので今回もそれほど“ギャンブル感”は無かったかなと。, 良い!この一言。ちなみにこのSoundcore Liberty Neoの機能は二つで, が可能です。ハンズフリー通話についてはどういう訳かメーカー公式サイトでもアマゾンなどでもセールスポイントとして押し出されていませんが、実はできます。, パッと見イヤホンのみで、如何にも「マイクですよ」的なものは見当たりません。ですが、しっかり通話が可能です。通話方法は上の画像「d」ボタンを1度押すだけ。私の場合、ジョギング中に使っているので、次のようなアプリを同時立ち上げしています, この状態でも、電話がかかってくると他がミュート状態になりお知らせしてくれます。なのでよほど鈍感な人じゃない限り電話がかかってきたのが気がつかないということはないのではないかと。特に自動車を運転している際なんか、片耳にイヤホンを入れておいて・・・なんて使い方が可能だと思うので重宝するんじゃないかと思います。, 音質については、コスパ的に考えれば全く文句などございません。なんなら今まで使っていた有線ヘッドフォンよりも遥かに高音質。ただし、たま〜にの頻度ですがBluetooth特有の「音遅延」というか、BPMが変わるというか、ゆっくりになるというか・・・そんな症状はありました(一度だけ)。, 高音と低音のバランスが良くて長時間聴いていても疲れることがありません。音質というのは好みが分かれる部分なのでなんとも言えない部分がありますが、ざっくり言うと「万人受けする平均的な音」だと思います。5,000円台ということを考えれば上出来なのではないかと思います。個人的に言えば、重低音に拘りのあるBose製品よりもこっちの方が聴き易いかな?と言ったところです。, インイヤーイヤホンなので、イヤーチップ?(耳にフィットさせるシリコンの素材のようなもの)が3種類ほど入ってくるので、耳の形や大きさに合わせて組み合わせて使うことが可能だと思います。私の場合はデフォルトで装着されてきたものでピッタリでした。, このタイプは音漏れなどの心配は無用です。逆にフィット感が良過ぎるので音量に気を付けないと、起動時に爆音でビックリ!なんていうこともあるかなと。, 音漏れとは少し違いますけど注意したいのがBluetooth未接続に気がつかずそのまま再生してしまったなんてこと。電車内などでこれをやるとちょっと気まずい。特に他で聴かれると非常に恥ずかしいような内容(音楽)などの場合、もうその場を離れる他ない・・・, それを避けるため、必ず以下ようなアイコンになっていることを確認してから再生した方が良いです。, 一応な生活防水仕様(IPX5)にはなっているので、日常使いのレベルであれば何も問題はないと思います。私の場合ジョギングにもたまに利用することがありますが、汗でズレ落ちるといったこともなくフィット感はなかなかのものです。同じインイヤーであっても造りが悪いと汗でズレてカンタンに外れてくるものもあるので、そういうものと比較した場合Soundcore Liberty Neoは優秀であると思います。, ハッキリ言って、充電するのを忘れるほど長持ちします。私の場合、一度の充電をすれば1日2時間ほどの利用で約2週間は余裕で使えるほどです。コンパクトなのに立派だと思います。, インイヤータイプ全てに当てはまることですが、耳の入り口に密着させて使うものなので、体の振動がイヤホンに伝わってその擦れを「音」として拾うということになります。なので、ジョギングなど歩く以上の運動をしている場合には一歩ごとに「ギュッギュッ・・・」という音(振動)が聞こえたりします。これはどうしようもないものですので、音量を上げて誤魔化す他ありません。ちなみに慣れてくるとこの振動音も気にならなくなってきますので気にならなくなるかも(私が神経質じゃないのでそうなのかも), 私が今まで使っていたものと比べると、密着感がちょうど良いのでこのSoundcore Liberty Neoはそれほどこの音が気にならないほうかもしれません。音量を上げても高音低音のバランスが良いので変な疲れも感じることはないです。この点も私にとってはちょうど良かったということに。.

中学受験 国語 選択問題 問題集, 指導と評価の一体化 音楽 中学, ドリカム ライブ 2020 配信, Iphone Suica オートチャージ ビューカード以外, 卵焼き 片栗粉 マヨネーズ, ハイエース モデリスタ スポーツ マフラー, デッド リミット 映画 ネタバレ, 阪急電車 遅延 神戸線, ドリカム ライブ 2020 配信, おーい お茶 俳句 二次審査通過, 白猫 どき わく 旅館 秘境, 阪神 東西線 乗り換え, ウエノコウジ ベース 機材, 調布 ラーメン しばた,

Write a comment