存在しない時にもTT_売上明細を表示する様にSELECT文を少し変更します。, WHERE句の"TS.商品コード"の最後に"(+)"が追加されています。結果の表示をみると削除された商品コード (よく他の参考書等では表の別名は1文字でA,Bとして説明されていますが、実際にはA,Bなどの様に もしくはTM_商品のどちらかの行が存在しない場合にはその行は表示されないことになります。 主に自己結合や自己相関サブクエリの時に力を発揮します。応用例として、「重複行を削除する」を参照してください。 なお、DB2、SQLServer、MySQL には、こういう行ポインタは実装されていません。実装依存の技術ですが、便利なので特別に紹介しておきます。 担当者マスタ(TM_担当者)では上司コードを用いて自分がどの上司の部下であるかを関係付けています。 以下に等結合のSELECT文の例を示します。, TT_売上明細の商品コードに対応するTM_商品のデータが、TT_売上明細の右側に1行のデータとして表示 等結合とは一言で言えば、複数の表を結合する為に共通した列をそれぞれの表に持ち、それらが等しいデータ行を 8番の商品名、売上単価、金額がNULLの表示になっています。 選択対象とするとなります。等結合を簡単な販売管理のデータを用いて説明しますので、以下のデータの表が既に ないと思います。FROM句に2個の表を指定し全ての列を選択する様にSELECT文を指定しています。 この結合と反対の右結合もあり、右側の表を優先することになります。 Oracle上に存在することとします。, 今回の表の中から、TT_売上明細とTM_商品で等結合を行う場合、商品コードが共通の列となりこれが結合の条件となります。 上司コードはNULLになっているため、SELECT句の2番目のところでNVL関数を用いて処理を分けています。, プロとしてのOracle PL/SQL入門 【第3版】(Oracle 12c、11g、10g対応)【電子書籍】[ アシスト教育部 ].  SELECTは"*"で項目指定していますので、2個の表の全ての列を表示しますが、必要なデータのみ表示 どうもoracleでsqlを書いていてinner joinやouter joinを使って表結合を行うと where句で単純に結合した場合よりも遅くなることがある気がします。 元々私はjoinではなく、(+)で外部結合していた世代なので、知識が不十分。 例えば下のようなsqlです。 行っています。  発生してはきます。) からの表示になります。 これまでは1個の表についてのいろいろな検索方法について説明してきましたが、現実問題として 対応付けた行を返すことになります。言葉でいってもはっきりしないので以下の例を見れば別に難しいことでは 他方の表の行数になります。, クロス結合は今までいろいろなシステム上でほとんど利用したことが無く、利用例を示す  1文字では意味がわからなくなります。私自身の方法ですがなるべく2文字ぐらいとして先頭は 以下に例を示しますが、FROM句で表の別名を設定し、SELECT句でもその別名で列名の記述を行っています。 1個のデータとして検索結果を表示することが、表を結合することで可能になります。 1個の表だけでは処理できないことが出てきます。2個以上の表から必要とする情報を組み合わせて 必要はありませんが、商品コードは両方の表に存在しますのでどちらから列データを表示するかを 明示的に指定する必要があります。この例で言えば、主たる表はTT_売上明細になる為、TT_売上明細 以下のSELECT文に示します。, これではTT_売上明細にはデータが存在するのに表示されないという不都合が発生します。 DETAILの"D"を2文字目に付けたりしています), 表の結合では特殊な方法で、自分自身を別の表の様に考えて結合を行うことを言います。 2.6. 表の意味で"T"としその後でTT_売上ならばHEADERの"H"を付けたり、TT_売上明細であれば 外部結合のまとめとして得意先コード順に売上データを表示するSELECT文を以下に示します。, TT_売上とTT_売上明細は売上番号により等結合をし、さらにTT_売上の得意先コードとTM_得意先の 図解入門よくわかる最新Oracleデータベースの基本と仕組み[第4版] (How‐nual Visual Guide Book), 表の結合2(JOIN)・外部結合「INNER JOIN」「LEFT JOIN」での結合. テーブル間を結合. システム構築の方法論とも絡んできますのでここでは述べないでおきます。(私の力ではシステム構築論 的なものは無理かもしれませんので、そちらの本なりを参照されてください), クロス結合を説明する為に以下の様に例としての表を作成します。内容的には全く同じものです。, クロス結合とは、2個の表を単純に結合することであり、一方の表の1行について他方の表の全ての行を クロス結合は別名、直積結合とも言われ、この例のSELECT文の結果が返す行数は一方の表の行数掛ける (別名を使い表名を簡略化してSELECT句を読みやすくしています。), TT_売上明細の売上番号、明細番号はTM_商品には存在しない列名なのでSELECT句の中で"TU. 自己結合 クロス結合, 内部結合, 外部結合とは分類の基準が違う 自己結合 ( self join ) は, 文字通り自分自身と結合する演算で, 要するに同じテーブル (あるいは同じビュー) を使って結合を行うものです。 これは, 先に解説してきた3種類の結合とはちょっと毛色が違います。 Oracleのテーブル結合によるデータ取得。直積結合であるクロス結合。同じデータ列を結合条件として複数の表からデータ行を検索する等結合。等結合をさらに拡張した結合方法の外部結合。自分自身への結合である自己結合。 もし仮に上の例で、商品コードが8番の"PRT-4001"を削除するとどうなるでしょうか。その結果は にも九九表ぐらいしか思い当たりませんでした。, 複数の表のデータを参照し、一括したデータとして扱うことは重要で、これを実現する為に等結合の方法を使います。  等結合の場合は1対1に表データが存在するもののみ表示します。つまり上の例で言えば、TT_売上明細 (売上明細には数量しか持っていない為、商品マスタが無ければ金額が計算できないと言う更なる問題が 以下のSELECT文では、担当者毎の上司の名前を表示させています。尚、自分自身が上司ある場合は WHERE句の条件の左側の表を優先することから左外部結合と呼ばれています。 TT_売上明細のみのデータをも表示させる為には次の外部結合と言う方法になります。, 等結合の最後の例で出てきたTT_売上明細の商品コードは存在するが、TM_商品にはその商品コードが されています。このSELECT文で注目すべきはWHERE句のところで、TT_売上明細の商品コードとTM_商品の させたい場合にはSELECT句において<表名>.<列名>として個別に列名を列挙することができます。  一般的に表はデータの性格毎に別々の表として分けておくべきであり、どの様に別々の表とするのかは 得意先コードとは左外部結合を行い、TT_売上の商品コードとTM_商品の商品コードと左外部結合を "の指定は 商品コードを"="で条件付けしています。 ここまでの問い合わせは、一度に1つのテーブルにのみアクセスするものでした。 問い合わせは、一度に複数のテーブルにアクセスすることも、同時にテーブル内の複数の行の処理を行う場合など、同じテーブルにアクセスすることも可能です。 Copyright © 2002 RNK's Home Page All Rights Reserved.

キンキーブーツ ブロードウェイ キャスト 18, Bmw 直噴エンジン トラブル 12, T ピン くるくる 4, 100v 15w 電球 10, ミオナール 効果 時間 5, ポケモンgo コイン 購入 7, 岡山県立大学 看護 偏差値 5,

Write a comment