■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD for TW747 50」(S=54.5g/4.85、SR=53g/4.90、R=51.5g/4.95/中調子)。「VIZARD FD6」(X=65.5g/3.85、S=62.5g/3.95、SR=61.0g/4.00/中先調子)。「VIZARD FP6」(X=67.5g/3.90、S=64.5g/4.00、R=63.0g/4.05/手元調子)。 tw747ドライバーは2種類発売されている . 発売前から契約外プロがツアーで使用し、ゴル … ② tw747 455 ドライバー ・強い弾道が打ちたい ・つかまえてドローが打ちたい ・操作性も重視したい。 本間ゴルフ ツアーワールド tw747ドライバーが安く購入できる。 tw747 460 ドライバーのまとめ. ▽飛距離:10▽上がりやすさ:8.5▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9 ■ヘッド:ボディ=Ti6-4、クラウン=カーボン(ET60)、フェース=Ti6-4 っていうか、すごすぎ!!!! 「ゴルフ体験主義」の最新記事. HS45.8m/s、初速67.3m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量2878.3rpm、, 打感は、ソリッド系。弾き感とマイルド感がちょうどよく混ざった感じですが、本当に芯を食うと「もしかしてフェースが薄いのかな?」なんて思っちゃうほどシャコっとした感じもありました。音は、いわゆる中・高音系かな!, 弾道的には、高弾道。クラブがしっかり球を上げてくれるイメージでした。直打ちも何球か打ってみましたが、結構しっかり球が上がるので、これは安心感のある1本だと思います。スピン量的には、ほかのぶっ飛び系FWに比較すると、若干多めにも感じました。でも、実際の弾道的には、気にならない程度です。, 出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。ドライバーと比較しても、ヘッド自体のつかまりはそれほど変わらないイメージだったので、ボク的にはシャフトの違いかなと思っています。, そのシャフト挙動と振り感ですが、ボク的には素直にクセがなく中間がしなる感じでした。どこがギュンとしなるといった感じはないですね。だから、スイングタイプ的には受け入れ間口も広く感じるのかもしれません。振り感的には、ホントにクセがなく素直に振り抜けるイメージでした。, 今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sあたりがドンピシャかなと感じました。ホントにクセがなく、どんなゴルファーでも受け入れてくれそうなモデルに感じました。極端にHSが速いとか、遅いとか、よほどクセの強いスイングの持ち主でなければ、かなり幅広いゴルファーを受け入れてくれそうなイメージでした。このシャフトとのマッチングがいいのかもしれませんね!, <本間ゴルフ「TW747」FW> 素振りしてみると、クセのないしなり感が振りやすかったです。, 実際に打ってみると、これまたビックリ!! prgr「rs5 rs+」ドライバー [2020年11月11日] prgr「rs5 rs」ドライバー [2020年11月10日] prgr「egg extreme」ドライバー [2020年11月09日] アクアラインゴルフクラブ 後編 [2020年11月05日] アクアラインゴルフクラブ 前編 [2020年11月04日] たむ。 HS47.1m/s、初速69.1m/s、打ち出し角14.1度、バックスピン量2287.4rpm、サイドスピン-317.1rpm、飛距離268.2y ▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9 なんか、ここ最近紹介するドライバー、みんなすごいな・・・!! 「460」の方が、弾道が大人しくて、安定感は1枚上です。狭いホールでも思い切って振り抜けます。「455」は、強弾道のドローボールが打ちやすいが、気を抜くとプッシュが出やすい。ヒッター向けです。, 本間ゴルフ(HONMA)TOUR WORLD(ツアーワールド)/2018年11月発売モデル, 前モデルの TW737ドライバー には 460、455、450、445 と、4種類あったが、[ヘッドの大きさ≠商品名] だったから、ちょっと分かりにくかった。4種類もあるから、どれがいいのか選ぶのも大変でした。, ※こちらに詳しくレビューしてます。ホンマTOUR WORLD TW737ドライバー 4種類を比較してみた, ① TW747 460 ドライバー は、460ccのヘッドで、優しさを追求したシャローバック。, ② TW747 455 ドライバー は、455ccのヘッドで、強弾道のハイバック。, 両者ともカーボンクラウンが採用されたが、真っ黒に塗られてカーボンの織り目が確認できません。「カーボンを使ってるぞー」って演出してないのが、ホンマらしさを感じます。, ↑「460」丸型のどっしりしたシャローバック。安定感がうかがえる顔でとっても構えやすい。美しい仕上がりです。, ↑「455」バルジがしっかりと確認できます。ディープフェース&ハイバックで小顔のハードヒッター向けの印象。叩きたいゴルファーには構えやすい顔です。これも美しい仕上がりですね。, 飛距離性能は両者ともほぼ互角。インパクトでカチッとボールをキャッチしてくれるから、ブレずにしっかりと結果が残せます。ぶっ飛び感よりも、安心して叩ける感じ。, ↑オフセンターでも安定した飛距離が保証される「460」です。計測データが、どの打球もほとんど同じ飛距離になります。曲がり幅が少なく、フェアウェイキープ率が上がりそう。, ↑アゲンストでもグイグイ伸びる「455」です。ドローボールが打ちやすかった。ランも多い。ドローヒッターはこちらの方が飛ぶかも。, 「460」は打ち出し角が高くキャリーが稼げる。吹け上がる心配もなく弾道のばらつきが少ない。, 「455」は低スピンだがドロップする心配はいらない。しっかりとイメージ通りの強弾道になります。意外にやさしい。「タイトリスト TS3ドライバー」とよく似てる印象。, 「460」はナチュラルにターンしながら、つかまってくれる。フェースの動きが大人しいから、つかまり過ぎず、安定感があります。, 「455」は、ヘッドのターンがリアルに感じられる。つかまえたい時にしっかりつかまってくれます。タイミングが合わないと時々プッシュしたけど、シャフトが原因かも。つかまり感が気持ちいい。, 「455」は少しホールド感があるので、まずまずです。でも予想よりはやや硬め。従来のホンマとはちょっと違います。, 「460」は直進性がいい。それでもフェードとドローの打ち分けがやりやすいです。高弾道の低スピンという、現代の王道っていう感じ。, 「455」は、つかまえたい時にしっかりつかまって、逃がしたい時に逃がせる。ドローとフェードの切り替えスイッチが付いてるみたいな感じ。ずっとドローばかりで攻めたいゴルファーもコレがいいかも。, 「460」の方が、弾道が大人しくて、やさしい。安定感は1枚上です。狭いホールでも気にせず振り抜ける。, 「455」は、強弾道のドローボールが打ちやすいが、気を抜くとプッシュも出ることもあった。ヒッターは思い切って振り抜けます。小顔のハイバックなのにかなりやさしい。, ・VIZARD For TW747 50よくしなり振り抜きやすい。いつもホンマのVIZARDシャフトは表示スペックよりもハードだが、これはよく粘って、よくつかまる。(S)で42〜45m/sぐらい。, ・VIZARD FD 6よく走って、よく弾きます。VIZARDシャフトの伝統なのか、スペックが少しハードです。, ・安定した飛距離が欲しい。・オフセンターでも飛んで欲しい。・操作せずにやさしく飛ばしたい。, 本間ゴルフ TW747 460ドライバー は、ミスに強くやさしくて振り抜きやすい。平均飛距離が上がりそうな飛びです。, 各クラブメーカーが送り出す現代のニュードライバーの王道を行く感じです。クセがないからシンプルに飛ばせる。コレ買っとけば間違いない感じがする。, 本間ゴルフ TW747 455ドライバー は、風に負けない強い弾道が打てる。上級者好みの外観なのに、ミスに寛容で振り抜きやすい。, 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。, ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。, シャフトを回転させずに調節するので、バックラインありのグリップも装着できますよ。ちょっと驚きです。, ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!, 【試打&評価】ブリヂストン TOUR B X-F フェアウェイウッド(2020)/ミスに強い、高弾道, 【試打&評価】ダンロップ スリクソン ZX フェアウェイウッド/よく拾ってよく飛ぶ, 【試打&評価】ヤマハ inpres UD+2 アイアン(2021)/ナイスショットが連発でぶっ飛び. HS47.4m/s、初速69.5m/s、打ち出し角14.2度、バックスピン量2591.2rpm、サイドスピン-260.0rpm、飛距離272.3y, 打感は、ソリッド系。何度も書きますが、ゴルフ体験主義のソリッド系は弾き感とマイルド感がいい感じに混ざったイメージです。音は、やや高めだったかな。, 弾道的には、中弾道。ロフト角を考えれば、もう少し球が上がってもいいかなといったイメージでしたね。球質的には、見るからにスピン量少なめの弾丸ライナー系でした。いわゆる、強弾道ってやつです。スカイトラックデータで確認してみても、2200~2400rpmと理想的なスピン量でした。, 出球傾向は、ボクのスイングで、ほぼストレート。スイング的にプッシュアウト傾向はありますが、打ち出し方向にほぼストレートか、軽くドロー系なので、ボク的には打ち出し方向を意識できれば、あとはクラブがなんとかしてくれそうな感じでした。, シャフト挙動と振り感ですが、このシャフト、かなりハードなイメージでした。最近、軽量モデルが多くなって、そっちに慣れつつあるのか、実際に打ってもしなり自体をあまり感じられませんでした。その分、自分で振る必要はありそうです。そんな意味から、〝ヒッタータイプ向け〟かな、と判断しました。振り感は、ん~、自分で振る必要がある感じ、かな!, 今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低HS45m/sは欲しい感じでした。しかもこの組み合わせは、ヒッター向けだと思います。スインガータイプが打ったら、なんか力ない出球になりそうなイメージです。これは実際に試打していのであくまでも想像ですが、おそらくスインガータイプは「VIZARD for TW747 50」があっていると思います。「ヒッタータイプではない」と自覚されているかたは、「VIZARD for TW747 50」の組み合わせを試してみてください。その方が、間違いはないと思います!, <本間ゴルフ「TW747 460」ドライバー> なんか、ここ最近紹介しているFW、すごくない!? ■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD for TW747 50」(S=54.5g/4.85、SR=53g/4.90、R=51.5g/4.95/中調子)。「VIZARD FD6」(X=65.5g/3.85、S=62.5g/3.95、SR=61.0g/4.00/中先調子)。「VIZARD FP6」(X=67.5g/3.90、S=64.5g/4.00、R=63.0g/4.05/手元調子)。 ■ヘッド:(3W、3W/HL)ボディ=高強度カスタムスチール+カーボン、フェース=高強度カスタムスチール (5W、7W)ボディ=SUS630、フェース=高強度カスタムスチール 本間ゴルフ ドライバー tour world tw747 460 ドライバー vizard fp-6 カーボンシャフト カーボン メンズ 右 ロフト角:10.5度 フレックス:s posted with カエレバ 本間ゴルフ 2018-11-16 このコラムにはバックナンバーがあります。 「ゴルフ体験主義」の最新記事. ■KAZ’sインプレッション(10点満点) ■KAZ’sインプレッション(10点満点) ■価格:「VIZARD for TW747 50」装着モデル1本7万5000円+税。「VIZARD FD6」「VIZARD FP6」装着モデル1本8万5000円+税。, (C)2020,Nikkan Sports News. お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, KAZ 69年1月19日生まれ50歳。身長173cm、体重72kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.1』。ヘッドスピード平均44m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata, 本間ゴルフのニューモデル「TW747」シリーズを試打できました。今日紹介するのはFWですが、な、なんと先代「TW737」FWは試打出来ていなかったのですね(汗) 「先代はドライバー&アイアンのラインアップが豊富だったからな・・・」とか言ったりして(笑) そんなわけで先代との比較はできませんが、早速レポしてみましょう。, ウエートがソール後部に配置されているので、低深重心を意識したモデルというのが視認できると思います。大きさ的には、ドライバーのイメージからすると、気持ち小振りに感じましたね。, フェースは、セミディープかな。形状的にはオーソドックスですが、ややt中央部にボリュームがある感じでした。, ボディは、シャローでストレッチバックでした! 先代「TW737 460」ドライバーが、そのまま小振りになったようなイメージです。, 構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積はちょうどいい感じかな! ソールで感じた小さは、実際に構えてみると気になりませんでした。, 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「VIZRAD for tw747 50」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ42.75インチ、総重量321.5g、バランスD2。ヘッド体積183cm3。シャフトスペックは、重量54.5g、トルク4.85、中調子。, 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。, まず持ってみた感覚ですが、重量的にはまあまあかな。気持ち軽めなイメージもありましたが、今のモデルならこれくらいの重量は一般的でしょうね。グリップも、気持ち細めに感じました。シャフトを手しならせてみると、昨日紹介した「FP-6」Sに比較すると、かなりしなるイメージでした。まあ、フレックス表示に基準はありませんので、メーカーが「S」といえば「S」ですし、「R」といえば「R」ですからね。と言うわけで、同じSでも、「FP-6」に比較したらかなり柔らかめ。でも、一般的なSよりはちょっとしっかり感がある感じでした。しなりポイントは、ちょうど中間ですかね!! 今回は本間ゴルフの「tw747 460 ドライバー」を試打してみたいと思います。 最大の特徴は「p-sat」と呼ばれる、シャフトのスパインを… 2018/11/27 マーク金井の試打インプレッション. ■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度 際立つ直進性&調整機能 本間ゴルフ tw747 460 ドライバー. ■価格:「VIZARD for TW747 50」装着モデル各1本4万円+税。「VIZARD FD6」「VIZARD FP6」装着モデル各1本4万8000円+税。, (C)2020,Nikkan Sports News. ツアーワールド tw747 460 ドライバー [vizard for tw747 50 フレックス:s ロフト:9.5] 最安価格 27,280 円 ( 発売日:2018年11月16日 ) 価格.comで 詳細をチェック 【ベスト】 本間ゴルフから発売されているtw747シリーズ。ドライバーは、tw747ドライバー455とtw747ドライバー460ドライバーの2種類が … nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. 10.1 ヘッドスペック; 10.2 シャフトラインナップ; tw747ドライバーは2種類発売されている . 実際に打ってみましたが、結論からいえば、かなり叩けるモデル、というか叩く必要のあるモデルだと思います。これは、おそらくシャフトとの相性だと思いますが、この組み合わせは完全にヒッター向けでしょう。実戦投入したラウンドでも腐れフッカーのボクが打っても、スライスでしたからね・・・(汗) でも、460cm3と大型ヘッドのわりには、意外とヘッドの自体のつかまりは良さそうなイメージでした。ただし、いかんせんシャフトが若干ハード気味だったかな。ヘッドが返ろうとする動きをシャフトが止めているようなイメージでした。結果的には、ほどよいつかまりだったりしますが、この組み合わせはヒッターにオススメです。スインガータイプは、「VIZARD for TW747 50」が良さそうです。ドライバーでは打てていませんが、明日紹介予定のFWで打ったイメージからそう思いました。というわけで、おそらくヘッド自体はつかまりをよくしていると思いますが、この組み合わせだとヒッターが叩いてちょうどいい感じのようなイメージでした。出球的には、ロースピンの強弾道イメージ!! 本間ゴルフのアスリート向けモデルであるツアーワールドが2年振りにリニューアル。ニューモデルのtw747では、tw747ドライバー455とtw747ドライバー460ドライバーの2種類のドライバーが発売されています。本投稿では前者のtw747 455ドライバーを取り上げま … 9 tw747 460 ジャスティンローズモデルを試打; 10 tw747 460ドライバーのスペック. 【3球平均】 HS46.1m/s、初速66.9m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量3149.8rpm、サイドスピン-631.4rpm、飛距離256.5y 本間ゴルフ「tw747 460」ドライバー. <本間ゴルフ「TW747 460」ドライバー> KAZ’sインプレッション(10点満点) 飛距離:10 上がりやすさ:8.5 操作性:9 構えやすさ:9 打感の柔らかさ:8 ミスの許容度:9 ヘッド:ボディ=Ti6-4、クラウン=カーボン(ET60)、フェース=Ti6-4 お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, KAZ 69年1月19日生まれ50歳。身長173cm、体重72kg。ゴルフデビュー98年10月。05年夏オフィシャルハンディ取得。現在は『12.1』。ヘッドスピード平均44m/s。持ち球はドローと言いたいところだがフック。好きなクラブはAW。一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。ツイッター@kazkawata, 本間ゴルフのニューモデル「TW747」シリーズを試打できました。〝熱意系ホンマ〟もセカンドステージに突入のようですが、今回のニューモデルはラインアップがスッキリスリム化されました。ドライバーは「460」「455」の2モデル、FW、UTと「Vx」「P」の2モデルのアイアンとなりました。今回「455」ドライバーが打てていませんが、それ以外を紹介したいと思いますまずは、「TW747 460」 ドライバーから紹介しましょう。, 今回のTW747ドライバーですが、シャフトのスパイン管理に徹底的にこだわったようです。「スパイン」はいわばシャフトの背骨です。カーボンシートを巻く際、どうしても重なりがでますが、その重なりが「スパイン」です。, このスパインがシャフトのしなりに与える影響はかなり前から言及されていますが、より真っ直ぐ飛ばすために、この「スパイン」を6時の方向にセットするのが最適という結果に至ったようです。その結果、弾道調整のさい、シャフトを回さず、上部のアジャスターを回転することでロフト&ライ角を調整できるようになっているようです。, 「TW747」シリーズからは、ブランドカラーがオレンジに変更になりました。個人的には好きなカラーですわ! ウエートはソールの前後に配置されていました。また、形状的には、先代に比べると丸みを帯びていました。, フェースは、セミディープ。この辺は先代と変わりませんが、形としてはややネック側のボリュームが増したように感じました。, ボディも、セミディープですね。先代がシャローに見えるほどで、フェース側はディープですがソール後部に向けてかなりヒップダウンしていました。, 構えてみると、こんな感じ。フェースのセミディープ感に対して、クラウンの投影面積は適当なイメージですね。大きすぎず、かといって小さいわけでもないイメージでした。形も先代を踏襲したイメージですね!, 今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「VIZRAD FP-6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角60度、長さ45.25インチ、総重量318.5g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量64.5g、トルク4.0、手元調子。試打ポジションは、「FL」でした。, 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。, まず持ってみた感覚ですが、重量的にはいい感じ。グリップもいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、全体的にかなりしっかり感がある感じ。手ではあまりしなりませんでしたね。しなりポイントは中間よりも手元でした。素振りしてみると、素振り程度ではあまりしなりを感じませんでした。. 【ベスト】 弾道を見ても、以前の自分のドライバー弾道となんら遜色ないし、実際にスカイトラックデータを確認してみも、ちょっと前の自分のドライバーよりもむしろ飛んでいたりしていますからね・・・。実際、市原GC市原Cでの東9番のティショットは、かなり飛んでいましたしね! なんか、今年のモデルって、みんな〝ぶっ飛び〟ですな~! 昨日ドライバーを紹介した際に、「スインガータイプはこの『VIZRAD for tw747 50』シャフトとの組み合わせがいい」と書きました。そう書いたこと自体は変わりませんが、スインガータイプはもちろん、ヒッタータイプでもボクレベルなら充分使えるイメージでした。受け入れ間口はかなり広そうですね。FWでこれだけの弾道が打てるなら、真面目にドライバー抜くことを検討した方がよさそうですな(笑), 【3球平均】

扇風機 首振り 異音 43, 兵庫県 宅建業者 処分 9, 車 虫 サランラップ 6, コストコ 鶏ひき肉 レシピ 4, ベネッセ タイピング 点数 8,

Write a comment