成績表や住所録などの表の中から条件に合うデータだけ取り出して、リストアップした一覧表を作りたいって事ありませんか?, 点数順や科目別に並び替えたりするには、エクセルのフィルター機能を使って行うこともできますが、リストアップする内容がいつも同じならば、ボタン一つで一瞬で男性リスト・女性リストとかできると便利です。, 下の図は、クラス生徒の成績「英語」「数学」「国語」の3教科のそれぞれの点数と3教科合計点数を表にして、合計点の評価別に名前をリストアップできるようにします。, フィルター機能では各項目の並び替えやリストアップしかできませんが、「合計点」の【A】評価の人の名前をL列に取り出してリストアップします。, 使うVBAコードはFindNextメソッドで、Findメソッドで設定した検索条件で連続して検索を行います。, 引数「After」で設定したセルの次のセルから検索を行ってくれて、検索内容の含まれるセルをRangeオブジェクトで返してくれます。, Private Sub CommandButton1_Click()Dim myRange As Range, meRange As Range, myAddress As String, i As IntegerSet meRange = Range(“J3:J22”)Set myRange = meRange.Find(What:=Sheets(“test”).Range(“L2”).Value, LookIn:=xlValues)If Not myRange Is Nothing ThenmyAddress = myRange.Addressi = 3DoCells(i, “L”).Value = myRange.Offset(, -8).ValueSet myRange = meRange.FindNext(After:=myRange)i= i + 1Loop Until myRange.Address = myAddressElseMsgBox”該当者がいません”End IfEnd Sub, これはあくまでも基本的な使い方なので、実際にはもう少し付け加えて、表の中から同じ検索条件で条件に合うデータだけを順に取り出しています。, 例えば、上の図のように「A評価」だけではなく「B評価」「C評価」も全て一括で検索して表示する場合でも使っていますし、各科目別に「A評価」だけ取り出してみたりして使っています。, 先ほどのA評価のみ表示されている図を参考にすると、残りのB評価とC評価も一緒に表示させることができます。, 簡単に言ってしまうと、15行目のEnd Ifと16行目のEnd Subの間にもう1回2行目~14行目を追加するという事です。, Private Sub CommandButton1_Click()Dim myRange As Range, meRange As Range, myAddress As String, i As IntegerSet meRange = Range(“J3:J22”)Set myRange = meRange.Find(What:=Sheets(“test”).Range(“L2”).Value, LookIn:=xlValues)If Not myRange Is Nothing ThenmyAddress = myRange.Addressi = 3DoCells(i, “L”).Value = myRange.Offset(, -8).ValueSet myRange = meRange.FindNext(After:=myRange)i= i + 1Loop Until myRange.Address = myAddressElseMsgBox”該当者がいません”End IfDim myyRange As Range, meeRange As Range, myyAddress As String, j As IntegerSet meeRange = Range(“J3:J22”)Set myyRange = meeRange.Find(What:=Sheets(“test”).Range(“M2”).Value, LookIn:=xlValues)If Not myyRange Is Nothing ThenmyyAddress = myyRange.Addressj = 3DoCells(j, “M”).Value = myyRange.Offset(, -8).ValueSet myyRange = meeRange.FindNext(After:=myyRange)j= j + 1Loop Until myyRange.Address = myyAddressElseMsgBox”該当者がいません”End IfEnd Sub, 同じ条件で探し続けなくていいから特定の値だけ探す、そうVLOOKUP関数を使わずExcel-VBAでできないかな?, お時間があれば、VLOOKUP関数の代わりにエクセルVBAでやる方法もご覧くださいませ。. 心を軽くし、楽にする方法がわかります。, あなたのとなりにいる人はサイコパスかもしれません。 2013技best 56回 offset関数,match関数. ExcelのVBA(マクロ)でCountIfを使用して条件に合ったセルを数える方法をご紹介します。VBAのCountIfの基本から空白以外のセルをカウントしたり、重複を判別する方法も合わせて解説しています。サンプルコード付きです。 vba集計業務に配列を具体的に取り入れる方法を、4つのサンプルコードを使いながら豊富な図を用いて丁寧に解説します。さらに段階的に配列化をする様子を通して、実際に配列による高速化を確認するこ … Copyright © 2017-2020 とりっぷぼうる All Rights Reserved. 別シートから複数の検索データをすべて抽出する 上級技 別シートに検索値に該当するデータが複数ある場合に、すべてを抽出したい時はどうすればいいでしょう。 そんなサイコパスについて知りたい方は、ぜひどうぞ。, 他人のホンネとココロの声がわかるようになります。 使用例: Ans = WorksheetFunction.SumIf(Range(“E2:E5”), “男”, Range(“F2:F5”)), 説明:検索範囲のセルE2~E5の中に、検索条件(性別)の”男”に一致する同じ行のセルF2~F5のデータを集計します。Ansには、1,300,000が代入されます。, 下記のプログラムは、Sumifを使ったサンプルプログラムになります。下表のデータ一覧から検索条件として「役職名」を入力します。入力した役職名の条件を満たす「支給合計」の合計金額をメッセージに表示させます。 同じ条件で探し続けなくていいから特定の値だけ探す、そうvlookup関数を使わずexcel-vbaでできないかな? 使い方覚えると応用範囲が広がります。 お時間があれば、vlookup関数の代わりにエクセルvbaでやる方法もご覧くださいませ。 Copyright © 2020 AKIRA SITE(EXCEL VBA初心者・入門者向きサイト) All Rights Reserved. ② シート名を「集計表」  ・・・集計表示されている。. (※下表のデータはサンプルデータです。), WorksheetFunction.SumIfs(合計範囲,検索範囲1,検索条件1,検索範囲2,検索条件2,‥‥), 使用例: Ans = WorksheetFunction.SumIfs(Range(“F2:F5”),Range(“E2:E5”), “男”,Range(“B2:B5”), “<103”), 説明:検索範囲のセルE2~E5の中に、検索条件(性別)の”男”かつ、検索範囲のセルB2~B5の中の社員番号が”103”未満に一致する同じ行のセルF2~F5のデータを集計します。Ansには、750,000が代入されます。, 【下記のプログラムを実行準備】 ① シート名を「データ」  ・・・給与データが一覧表示されている。 そんなあなたにオススメの本です。 それなら、VBAを使えばボタン1つ押すだけで、キー項目を指定して集計することができるよ。, イルセ・サン/浦谷 計子 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2020年02月21日頃, 【EXCELのINDIRECT関数の使い方】テーブルを利用して絞り込みリストを作りたい, Excel 最強の教科書[完全版]--すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術, 思い出すと心がざわつく こわれた関係のなおし方 (心理療法士イルセ・サンのセラピー・シリーズ), 「データ」シートの該当行のキー列の表示形式を、「データ集計」シートのセルA4にセット. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 月末が近づくたびに、 ・大量のデータ処理しないと… ・残業しなければ… ・またエクセルに入力… こんなことを感じていませんか? 実は、エクセルマクロを使えば、月別集計のデータ計算を一瞬で終わらすことができます。しかも一度仕組みを作ってしまえば、あとは面倒な入力も一切不要。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); エクセル関数のVLOOKUP関数。データ検索するのに便利なのですが、数式だと困るのでVBAを使ってVLOOKUP関数と同じことができると便利で、仕事の作業効率化になるのでぜひマネして取り入れてみてはいかがですか?, ちょっとの工夫でエクセル作業が飛躍的に早く終わったらいいなあ~と思いませんか? 面倒くさい作業よ!さようなら!. EXCELでデータ一覧を作成した際に、ある条件に合うデータを集計したり、指定したデータに一致するデータを集計する際に、便利な関数が、「Sumif・Sumifs」関数になります。「Sumif・Sumifs」関数を利用する事で、簡単なステップで指定した検索条件に合うデータを集計する事が出来ます。それでは、「Sumif・Sumifs」関数の使用方法をサンプルプログラムを交えて説明いたします。, 下記のプログラムは、Sumifsを使ったサンプルプログラムになります。下表のデータ一覧から複数検索条件として「役職名」・「性別」を入力します。入力した役職名と性別の条件を満たす「支給合計」の合計金額をメッセージに表示させます。, 下記のプログラムは、Sumifを使ったサンプルプログラムになります。指定する項目一覧に対して検索条件に一致する支給合計を役職名ごどに集計表示します。, 下記のプログラムは、サンプルプログラム③の応用になります。Sumifを使ったサンプルプログラムですが、今回は、データが登録されているシート(データ)と集計結果を表示させるシートを別シート(集計表)に分けて、指定する項目一覧に対して検索条件に一致する集計結果を役職名ごどにシート(集計表)に表示させます。, EXCEL VBA 積の計算・合計の集計(単価×個数)「SumProduct関数」の使い方, ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、「役職名」を入力します。入力された「主任」に一致するデータの支給データを集計しました。 (画面クリックして拡大), Range(“E2:E5”), “男”,Range(“B2:B5”), “<103”, ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、「役職名=主任」と「性別=男」を入力します。入力された「主任」かつ「男」に一致するデータの支給データを集計しました。このように、複数の検索条件を集計する事が出来ます。 (画面クリックして拡大), ●実行前~実行後 ※プログラム実行後、シート右側にある役職名・項目ごとに集計したデータが代入されました。, '******** AKIRA55.COM ******* https://akira55.com/sumifs/, ●実行前~実行後 ※サンプルプログラムのワークシート「データ」を元に、役職名ごとワークシート「集計表」に集計結果が表示されました。, EXCEL VBA Google Chrome(グーグルクローム)の操作・webスクレイピング・情報取得(Seleniumの設定・準備), EXCEL VBA Replace関数 複数の文字列の置換(セルの値・指定文字列位置・置換リスト・数式の置換), EXCEL VBA 請求書・領収書の作成・自動判定・自動押印(電子印鑑)丸印・角印(テクニック), EXCEL VBA Goto ステートメント(行ラベル・行番号)指定ラベルへジャンプ, EXCEL VBA Replace メソッド 複数の文字列の置換(セル範囲・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Substitute メソッド 複数の文字列の置換(大量・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Weekday関数・WeekdayName関数・日付から曜日を取得・祝日判定, EXCEL VBA RangeオブジェクトOFFSETプロパティ(基準セルからの行・列移動・相対参照・セル範囲を移動する), EXCEL VBA  2次元配列・セル範囲の内容を配列に格納・配列の内容をセルに代入(一括・高速化・セルの指定範囲), EXCEL VBA 連想配列で合計・グループ集計・別シート転記・重複削除 (Scripting.Dictionary), EXCEL VBA フォルダー・ファイルのショートカット作成(アプリケーション・共有フォルダー・URLのショートカット), EXCEL VBA 文字列の読み上げ・セルのデータを読み上げる(読み上げ機能:RangeオブジェクトのSpeakメソッド), EXCEL VBA  オーバーフローしました。(実行時エラー:6)エラー原因・修正・回避・対処・解決, EXCEL VBA 連想配列でクロス集計・項目別集計・グループ集計 (Scripting.Dictionary) テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作 住所から最寄り駅を検索する・自動収集(テクニック), EXCEL VBA フォルダー内のファイル名をシートに一覧表示(サブフォルダー含める:再帰呼び出し)テクニック, EXCEL VBA ハイパーリンクの追加・設定 別のシートへジャンプ・Webページを表示(Hyperlinkオブジェクト), EXCEL VBA InternetExplorerの操作(ブックマーク・お気に入り登録・管理)テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作(Webページ操作・監視・タイトル名取得・URL取得・ブックマーク)②, EXCEL VBA ワークシートの追加・複数追加・先頭・最後(Worksheets.Addメゾット). そうなれば、他人とうまく付き合うことができるようになります。, 複数EXCELのシートを1つのEXCELファイルに集約したい【簡単2ステップ:ExcelVBA】, 【EXCEL:VBA】EXCELファイルを開かれないように暗号化パスワードを設定したい, 業務アプリ開発を数十年やっています。これまでの開発経験を生かして、EXCELの基本操作・関数・マクロ・VBA・便利ワザなど仕事を進める上で役立つ情報をお届けします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. © 2020 くうねる All rights reserved. excelでデータを作成して、そのデータに対して条件によりデータを振り分ける事がありと思います。今回は、データの振り分け方法で会社で利用できそうなサンプルプログラムを3パターン作成いたしました。それでは順番に説明いたします。 データを集計する際に、Dictionaryオブジェクトを利用してデータを集計すると、とても便利です。今回は、Dictionaryオブジェクトを利用して連想配列化して、クロス集計する方法を説明いたします。なお、連想配列は、簡単に言いますと数値以外のキーと要素がセットになった配列の事です。 【excel:sumifs関数】複数条件を指定して合計を求めたい ... 5.キー項目を指定して集計するvbaプログラムの説明 ... 【excel:vba】2つのデータの差分を抽出したい . EXCELでデータ一覧を作成した際に、ある条件に合うデータを集計したり、指定したデータに一致するデータを集計する際に、便利な関数が、「Sumif・Sumifs」関数になります。「Sumif・Sumifs」関数を利用する事で、簡単ステップで指定した検索条件に合うデータを集計する事が出来ます。 この記事では、EXCELでキー項目を指定して、特定の項目を集計して、キー項目ごとの合計を求める方法について説明しています。, EXCELの関数を使えば、いろいろな合計を求めることができますが、数式を変えるのに結構時間もかかるし、ミスをしてしまいます。, 今回ご紹介するツールを一度作成しておけば、データを貼り替えて、キー項目と合計したい項目を指定するだけで、何度でも合計を求めることができます。, まず、キー列を指定する欄と合計列を指定する欄、キー列の項目名を表示する欄と合計列の項目名を表示する欄を作成します。, 例えば、担当者毎の売上金額を求めたり、日付毎の売上金額を求めたり、商品別の売上金額を求めたりシたい場合にこのツールは利用できます。, 注意点としては、1行目に項目名があり、2行目以降は各列の値が入力されているデータが必要ということです。, 「Microsoft Visual Basic for Applications」を起動します。, 以下の画像では、「B」を指定しています。つまり、「データ」シートの担当者を指定しています。, 以下の画像では、「F」を指定しています。つまり、「データ」シートの金額を指定しています。, 先程作成した自作関数「MainProc」が一覧に表示されていますので、選択します。, いかがですか、キー列と合計列の指定を変えるだけで、いろいろな集計をすることができます。, 何度も「ThisWorkbook.Sheets(“データ集計”)」と入力するより、「shtMain」と入力するほうが少なくてすむからです。, ここでは、セルA2に入力されていたキー列を利用して、「データ」シートのキー列の1行目の値(ヘッダー名)を取得し、「データ集計」シートのセルA3にセットしています。, ここでは、セルB2に入力されていた合計列を利用して、「データ」シートの合計列の1行目の値(ヘッダー名)を取得し、「データ集計」シートのセルB3にセットしています。, ここでは、変数「nowRow」に格納されている値+1を、変数「nowRow」に格納しています。, 2行目から1行ずつ値が入力されていない行まで繰り返しチェックし、空の行がみつかると集計処理を終わらせます。, この処理があるおかげで、データ集計範囲を指定せずに、集計することを実現しています。, 「データ集計」シートの4行目から集計結果を書き込む必要があるので、最初に3をセットしています。, ここでは、「データ集計」シートのキー列を書き込みする現在行のA列が空かチェックしています。, つまり、「データ集計」シートのキー列をセットする列に、「データ」シートのキー列の値がすでに存在するかチェックしています。, 空のセルが見つかるということは、まだ「データ集計」シートにセットされていないということがわかります。, また、キー列の表示形式をセットしているのは、キー列の値が文字列でも日付でも正しく表示させるためです。, ここでは、「データ集計」シートのキー列を書き込みする現在行のA列と「データ」シートの現在行のキー列の値が同じかチェックしています。, つまり、⑪と⑫の処理では、空の行か同じ値の行を探して、それぞれのキー列の値ごとに集計する機能を実現しています。, それでは、あなたの集計したいデータを「データ」シートに貼り付けして、いろいろな集計を手軽にやってみましょう。, あなた、がんばり過ぎていませんか!? スポンサーリンク Dim myyRange As Range, meeRange As Range, myyAddress As String, j As Integer, Set myyRange = meeRange.Find(What:=Sheets(“test”).Range(“M2”).Value, LookIn:=xlValues), Cells(j, “M”).Value = myyRange.Offset(, -8).Value, Set myyRange = meeRange.FindNext(After:=myyRange), 【最大450円オフクーポン配布中】Gゼロインソール 22〜28cm 耐圧分散で足の負担を軽減, 変数myRangeとmeRangeと文字列型の変数myAddressと整数型の変数iを宣言する, 指定したセル検索範囲変数meRangeに検索条件であるシート名【test】のセルL2と同じ値のセルを検索して、最初に見つけたセルを変数myRangeに保管する, 変数myRangeがNothingでない場合(見つけたら)Ifステートメントを開始する, i行目のL列(i,”L”)の値は見つけたセルの8列左の値(名前があるセル)を転記する, 同じ条件で変数myRangeの次のセルから検索を開始して見つけたら変数myRangeに保管する.

Itunes 拡張子 変換 4, たまごっちみーつ サンリオ 攻略 5, 缶バッジ 買取 袋 7, Lineworks Iphoneの基本通話 と 統合 38, 弓道 的 小さい 9, 新日本プロレス 速報 2ちゃんねる 15, 攻撃 実 数値 14, Google Maps Api リクエスト回数 5, お風呂 窓なし 臭い 5, 欅坂46 2ch 勢い 8, カブ レストア ベース 12, 地球防衛軍5 ニクスアサルト 入手 方法 14, ピラメキーノ 子役恋物語 動画 フル 9, 折り紙 くす玉 48枚 6, Too To 構文 書き換え 6, Justice 歌詞 リッキー 54, 関ジャニ∞ 安田 脱退 11, Itunes ボイスメモ Iphoneに戻す 8, 助教 学生 恋愛 10, アクア ツィーター 取り付け キット 6, 煽 られにくい車 レクサス 5, 野球 名前 ゼッケン 6, Youtube ダウンロードランキング Dd 6, Sh 01j Aquos 9, パワサカ ギガント Sb 4, Hp Probook 450 G3 Biosアップデート 8, Ff14 レベル カンスト したら 7, 猫 転嫁攻撃 薬 9, 麻雀 昔 のルール 6, B550 マザーボード 時期 4, 画像 検出 Python 11, コンフィデンスマンjp 家族編 感想 13, 裏千家 棚 手前 5, 荻野貴司 怪我 なんj 4,

Write a comment